Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

代行運転手の仕事内容や豆知識7|代行運転手になる前に知っておきたいこと

代行運転手の仕事内容や豆知識7|代行運転手になる前に知っておきたいこと

代行運転手とは、どんな職業なのでしょうか。また、仕事内容や注意点などはどうなっているのでしょうか。この記事では、「代行運転手」をテーマにして、特徴やさまざまな豆知識、働く前に知っておきたいポイントなどについて、考察・ご紹介しています。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年09月18日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


代行運転手とは?

運転手という職業は、実はさまざまな種類がある職業の1つです。何の運転手として働くかによっても、異なる業種として扱われるケースもあります。

「代行運転手」もまた、運転手の1種で、運転ができない人の代わりに運転をする職業だとされています。

今回は、そんな「代行運転手」をテーマにして、タクシー運転手との違いや豆知識などを考察・ご紹介しています。

タクシー運転手と代行運転手の違い

代行運転手とは、運転できないドライバーに代わり車を運転する職業だとご紹介しました。しかしタクシー運転手も、ドライバーとして車を運転する職業です。代行運転手とタクシー運転手では、どんな違いがあるのかも、知っておきたいところです。

代行運転手とタクシー運転手の大きな違いは、運転する車にあります。タクシー運転手は自社のタクシーを運転する職業ですが、代行運転手が運転するのは、依頼人が所有している車です。

代行運転手の仕事に関する豆知識7つ

代行運転手がどのような職業なのか、より詳しく理解するために、続いては代行運転手に関する豆知識をご紹介していきます。

意外と知られていない、代行運転手の仕事内容や必要な免許などについてご紹介していくので、代行運転手を目指している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

代行運転手の仕事に関する豆知識1:2人一組で仕事をする

代行運転手は、基本的に2人一組のペアで仕事をします。

随伴車に乗り、目的地までは2人で仕事へ向かいますが、代行運転手の仕事は、依頼者の車を依頼者や所有者の代わりに運転することです。目的地からは、依頼された車に乗り換えて運転しなければなりません。

1人が依頼された車に乗り換えて運転をし、もう1人は随伴車の運転をして運転代行の仕事を行う必要があるため、2人で仕事を行います。

週末や夜中の仕事が多い

運転の代行に関する依頼は、週末や夜中に多いと言われています。運転の代行を依頼する理由は、人によりさまざまですが、特に多いのは飲み会などの飲酒により、車の所有者が運転できないといった背景での依頼です。

飲み会などは、週末や夜遅くに行われることが多いため、依頼も週末や夜中が多くなりがちです。そのため、代行運転手の仕事もまた、週末や夜遅くが多いと言われています。

代行運転手の仕事に関する豆知識2:2種免許が必要

代行運転手として働くためには、2種免許が必要になります。普通2種免許は、タクシー運転手などとして働く際に必要となる免許でもあり、1種免許よりも取得が難しいと言われています。

普通2種免許を取得するには、保有年数をクリアする必要があります。1種免許は初心者でも取得できるのに対して、普通2種免許は1種免許取得後3年以上の人が対象とされているため、その点に注意することが大切です。

普通自動車第二種免許を取得する場合、まず普通自動車第一種免許保持者で運転歴が3年以上、満21歳以上という条件を満たしていなければなりません。その上で、公安委員会より指定された自動車教習所へ通い、技能卒業検定に合格する必要があります。あるいは、直接運転免許試験場での技能試験を受験する方法もありますが、人の生命を預かるという点で合格の難易度は高いです。

出典: http://www.menmado.com/lodge/kiso/kiso05/ |

代行運転手の仕事に関する豆知識3:お客さんの車を運転する

運転手は全体的に、車を運転することを仕事にしている職業ですが、代行運転手は特にさまざまな車を運転する仕事だと言われています。

基本的に、代行運転手が運転する車は、随伴車か依頼者の車です。お客さんの車を運転することになるため、ある程度車の運転に慣れている人やドライバーとしてのスキルや経験がある人が向いている考えられます。

いろいろな車に乗れるのはメリット

上述したように、代行運転手は、随伴車とお客さんの車の運転を中心とした職業です。お客さんの車は、車種やタイプなどがそれぞれ異なるため、毎回いろいろな車を運転することになります。

車好きの人や、ドライバーとして経験を積みたい人にとっては、いろいろな車を運転できることは、メリットだと考えられます。

代行運転手の仕事に関する豆知識4:運転代行の始まり

運転代行がどのようにして始まったのかは、諸説あると言われています。

特に有名な逸話は、かつて海外へ行った日本人が、「お酒を飲んだら誰かに運転を頼めば良い」という考えで、現地の人々が気軽に飲酒を楽しんでる様子を見て運転代行をひらめいたという説です。

また、工事現場の作業員の人々が、休日に飲酒を気兼ねなく楽しめるよう、居酒屋の店員が運転代行をする様子から、運転代行が生まれたという説もあります。

代行運転手の仕事に関する豆知識5:運転代行が広まった経緯

上記のようなエピソードから誕生したとされる運転代行のサービスですが、どのようにして普及していったのかも気になるところです。

上述したように、運転代行サービスは、飲酒によりドライバーが運転できなくなった場合に利用されることが多いと言われています。そのため、特に飲酒運転が厳重に禁止されるようになってきた近年の傾向や流れもまた、運転代行の普及に関係していると予想できそうです。

Bottom banner

代行運転手の仕事に関する豆知識6:運転代行の利用方法

運転代行サービスを利用したい場合、どのようにすれば良いのかは、意外と知られていないと言われています。

代行運転手を呼んで、自分の車を自分の代わりに運転してもらいたい場合は、代行業者に連絡して依頼をするところから始まります。

業者へ依頼をした後は、代行運転手が到着するのを待ち、代行運転手が到着したら指示に従うだけで利用することが可能です。

代行運転手の仕事に関する豆知識7:代行運転中の事故

代行運転手は、運転のプロと言える存在です。そのため、お客さんの車を安全に目的地まで運転することを第一にして仕事をしていますが、事故が絶対に起こらないとは言いきれません。

代行運転中に起こりがちなトラブルとしては、酔っぱらったお客さんとのトラブルが挙げられます。飲酒をして酔っているお客さんに「もっと速く運転してほしい」と怒られたり強引な要望をされたりすることも少なくありません。

代行運転手になる前に知っておきたいこと5つ

上記でご紹介した豆知識を通して、代行運転手がどんな職業なのか、把握したという方は多いでしょう。しかし、実際に代行運転手を目指したい場合は、より深く理解することが大切です。

そこで続いては、代行運転手になる前に知っておきたいポイントや情報について、考察・ご紹介していきます。

代行運転手になる前に知っておきたいこと1:代行運転手の求人を見つける方法

代行運転手を目指すためには、代行運転手の求人情報を見つけて、応募する必要があります。

代行運転手の求人情報の探し方はさまざまですが、求人サイトやハローワークを使用するなどの方法があると考えられます。

求人サイトによっては、ドライバーや運転手の求人情報を多く取り扱っているサイトや業界に対してパイプがある会社も存在するので、運転手に特化した求人サイトを利用するのも1つの方法です。

代行運転手になる前に知っておきたいこと2:随伴車の運転に2種免許は不要

2種免許が必要とされる代行運転手の仕事ですが、2種免許を取得していなくても、随伴車の運転手としてならば、採用される可能性もあります。

随伴車の場合は、普通免許があれば運転することが可能なため、代行運転手とともに乗っていき、随伴車を運転するドライバーとしてならば、仕事ができると考えられます。

そのため、アルバイトなどでは、随伴車のドライバーが募集されることもあります。

代行運転手になる前に知っておきたいこと3:代行運転手の給与や福利厚生は?

高い運転技術が求められる代行運転手の仕事ですが、待遇はどのようになっているのか、気になるところです。

代行運転手の仕事は夜中に多いとされています。そのため、深夜手当などがつくケースもあり、収入面での待遇は比較的良いと言われています。

とはいえ、各々の経歴や会社の方針によって、代行運転手の給与や待遇・福利厚生の内容は変わります。ですから、各会社の条件や待遇をよく確認してから志望することが大切です。

代行運転手になる前に知っておきたいこと4:運転代行のお客さんはほぼ飲酒している

お客さんが代行運転の依頼をする理由はさまざまですが、飲酒によって運転ができないことを理由に依頼をするケースが圧倒的に多いと言われています。

ですから、代行運転手として働く場合は、お酒を飲んだお客さんと接することが多くなることを、あらかじめ把握しておくことが大切です。

酔ったお客さんに理不尽なことを言われたり、無理のある指示を出されたりする可能性もあるため、接客や対応について考えておく必要があります。

代行運転手になる前に知っておきたいこと5:タクシー運転手と代行運転手の兼業は可能?

代行運転手に限らず全ての職種に言えることですが、副業できるかどうかは、勤めている会社の規約やルール次第と言えそうです。

しかし、タクシー運転手の中には、代行運転手として副業している方も、少なくないと言われています。

ですから、会社の規約などに問題がなく、本業に支障が出ない程度であれば、タクシー運転手と代行は、不可兼業はないと考えられそうです。

代行運転手の仕事を知ろう!

いかがでしたでしょうか。今回は、「代行運転手」をテーマにして、どんな職業なのかについて、豆知識や働く前に知っておきたいポイントを通して、さまざまな角度から考察・ご紹介しました。

代行運転手は、飲酒運転による危険な運転を回避するのに欠かせない、重要な職業の1つです。責任のある仕事なので、仕事内容や特徴をよく理解した上で志望することが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人