Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

免停とは?免停通知から免停講習修了までの流れ3つ

免停とは?免停通知から免停講習修了までの流れ3つ

免停になりたくてなる人はいませんが、免停になってしまった場合、どのような手続きが必要になるのでしょうか。現在優良ドライバーでも、いつ免停を起こしてしまう可能性がないともいいきれません。いざと言う時のために、免停について知っておきましょう。

初回公開日:2019年04月23日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2019年04月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ!

ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。

もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが?

またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますのでトラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

免停とは?

車を運転するためには運転免許証が必要です。運転免許証は、自動車学校に通い試験を受けて得ることができます。最初は3年ごとに更新しますが、無事故無違反であればゴールド免許となり5年ごとの更新になります。

車を運転する際には運転免許証が必要ですが、違反をしてしまった場合、点数が加算されてしまいます。この点数が一定数になると免停になってしまいます。免停は最短で30日で最高150日まで6段階あります。

点数と期間

免停の違反点数は、過去3年の間に6点以上14点以下の場合に免停という事になります。道路交通法では6ヶ月を越えない範囲でとされていますので最大で180日ですが、現在の免停期間の最大日数は150日です。他に一番少ない30日から60日と90日と120日があります。

累積点数制度とは?

免停になるかならないかは、3年以内の累積点数で決められます。基本的に運転免許証の点数は加算方式で計算されます。それ以上前に違反があった場合には、免停の対象にはなりませんが免許更新の際にゴールド免許証が普通の免許証になってしまうことはあります。

前歴とは?

前歴とは逮捕されて起訴された場合、不起訴処分になることがあります。その場合に用いられるのが前歴です。似た言葉で前科と言うものがありますが、こちらは逮捕起訴されて有罪になってしまった場合に用いられます。基本的に前科がついた場合は、前歴もつくことになります。

交通違反は軽い刑のものが多いですので、逮捕や起訴をすることは少ないです。交通違反で前歴という場合には過去3年間の免停の回数を意味しています。

免停講習ではなにが行われるのか?

免停講習とは、停止処分講習というのが正式な名前です。この講習を受けることで、免停期間を通常の規定期間よりも短くすることができます。この講習は強制ではなく任意講習ですが、期間が短くなりますので免停になった場合、受ける人がほとんどです。

免停の期間によって受ける講習も変わります。実際にどれくらいの期間短縮されるかは、筆記テストにより決められます。一番良い優判定の場合は85%以上の期間が短縮になります。

短期講習

短期講習は免停の日数が30日の人が受ける講習です。期間が短いからと言ってテストで優判定をもらっても、居眠りをしたり受講態度が悪かった場合には1段階引き下げられることがあります。

中期講習

中期講習は免停期間が60日の人が受ける講習です。こちらもテストの結果で優良可の三段階が決められ、短縮される日数が決まりますが、受講態度が悪いと下がる場合がありますので、反省して真面目に受けているという態度を持って受けましょう。

長期講習

長期講習は、免停期間が90日から180日の人が受ける講習です。最短でも90日ですので約3ヶ月車に乗ることができなくなります。そうなってしまうと、車を普段から使っている人にとっては痛手になりますので、優判定で真面目な態度で受講できるように対策しておきましょう。また、違反していたことに対する反省と同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

実技や座学

Bottom banner

免停講習は、短期中期長期に関係なく同じ内容の講義が行われます。中期と長期の場合には、講習や検査などの時間が長くなります。講習は座学で行われ、運転シュミレーターによる指導もですが実車による実技講習も行われます。

この実車教習は免停期間に影響があるものではありませんが、直した方が良い部分や良い部分などを指摘してもらえますので、今後の運転に役立ちます。

講義の内容3つ

運転免許を持っている人やいつも運転している人からすれば、受けたくない免停講習ですが、世の中何が起こるか分かりません。こちらでは、免停講習で実際に行われている講義の内容について説明します。

講習を受ければ良いというものではなく、しっかりと理解して生かすことが大切です。また、講習が終わればテストもありますが、次に免停講習を受けなくても済むようにしておきましょう。

1:道路交通の現状と交通事故の実態

道路交通の現状はそれぞれの都市や地方によって違う部分もありますが、交通違反を起こしてしまう場合もあります。また、自分は安全だという場合でも、知らず知らずのうちに危険運転をしている事もあります。その結果、交通事故につながってしまうケースもあります。

今の道路交通の現状と交通事故の実態を知ることで、自分が今まで危険な運転をしたいなかったかや、これからどのような運転をしていけば良いのかなど反省しましょう。

2:安全運転の心構え・基礎知識

安全運転をするためには、ゆとりをもった運転が必要です。また、知っているようで忘れてしまっているのが道路標識などの基礎知識です。特に3年間の間に、一方通行を見落としてしまったりスピード違反をしてしまって捕まってしまうことがないともいいきれません。

免停講習を受けるという事は、それだけ違反をしてしまったという証拠でもありますので、初心忘るべからずで基礎から勉強し直しましょう。

3:事故事例に基づく安全運転の方法

交通事故とテレビなどで聞いても、いまいたよくわからないという人もいます。免停講習を受ける人は、それだけ違反をしているという事でもありますので、いつ事故を起こしても不思議ではありませんし、事故による免停という場合もあります。

免停講習では、事故事例を詳しく説明しどのようにすればこの事故が起こらなかったのかなど、安全運転の方法を講義で教えます。次に同じ失敗をしないように、しっかり聞いておきましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

免停通知から免停講習修了までの流れ3つ

車を運転していて、いろいろな違反が重なって免停になることが決まっても、その日から免停になるわけではありません。こちらでは、免停通知とも言われる行政処分通知が届いてから免停講習が終了するまでの流れについて説明します。

本来であれば無事故無違反で優良講習を受けた方が良いのですが、人生何が起こるか分かりません。免停を受けた人もそうでない人も、勉強の1つとして知っておきましょう。

1:行政処分出頭通知が届く

免停が決まる際には、交通違反による取り締まりを受けています。取り締まりを受けて免停になるというショックもありますが悪いのは自分です。まずは反省しましょう。

免停を受けて、1週間から1ヶ月程度で行政処分出頭通知書が届きます。出頭する日は平日が多いですので、都合の悪い場合には変更や代理人にお願いすることもできます。この行政処分出頭通知書を無視すると罰金や懲役刑になる場合もあります。

2:免停講習を受講する

免停期間に自分が悪いからということで、免停期間をそのまま受けて全く車に乗らないというのも1つの方法ですが、免停講習を受けることで免停期間が短縮されます。車に乗らない人なら受けなくても良い場合がありますが、仕事などで車を使用する場合には少しでも早く運転免許証が使えるようにならなければいけません。

免停講習は、免停期間によって受講料もかかりますので、その時の状況に合わせて検討しましょう。

3:免許返還

講習を受けなかった場合は、満了日の翌日以降に警察署に免許停止処分書を持って返還してもらうことができます。短期講習を受けた場合には、免許返還予定日というものが決まりますので、その日以降に返還手続きを取ります。

いずれの場合も、最終的に免許証を返してもらうのは自動車学校ではなく住所地を管轄する警察署ですので勘違いをしないようにしましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

免停講習を受けることで停止期間が短縮される

車を運転していれば、どんな形でスピード違反や信号無視といったペナルティを受る可能性がないとは言い切れません。自分では大丈夫と考えていても、たまたまいた白バイ警官に違反切符を切られてしまう場合もあります。

それが重なると免停になってしまう事もあります。反省することも大切ですし、次に違反をしないよう心がけることも必要です。免停講習で期間を短くできますが、受けなくてもいいような運転を心がけましょう。

交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ!

ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。

もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが?

またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますのでトラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人