Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年05月15日

トラックの特徴と必要免許|メーカー別8tトラックの特徴

トラックの特徴と必要免許|メーカー別8tトラックの特徴

8tトラックの特徴や業務内容などを知ることで、自身のスキルアップや仕事をするうえでの選択肢が増えます。8tトラックを運転したい人や8tトラックを運転する仕事を検討している人に必要な、免許の種類や8t限定解除の方法についてまとめています。


トラックの特徴と必要免許

トラックには4t、8t、10tの三種類があり、種類によって取得する免許が異なります。

このように種類によっては取得する免許が変わるため、分かりづらい面があります。そこで、4t、8t、10tのトラック別の特徴と、取得が必要な免許についてまとめてみました。

4tトラック車の特徴と運転に必要な免許

4tトラックを運転するためには中型普通免許の取得が必要ですが、2007年6月1日までに普通自動車免許を取得している場合、中型普通免許を取得しなくとも運転することが可能です。

4tトラックは別名中型トラックとも呼ばれ、運送業者や土建業界、食品業界などのさまざまな分野で使用されています。

8tトラック車の特徴と運転に必要な免許

8tトラックの運転するためには、大型免許が必要になります。

4tトラックと大した見た目の違いがない8tトラックですが、4tトラックの最大搭載量が5t未満なのに対し、8tトラックは最大搭載量が8t未満となっています。8tトラックは搭載量が1.361tと大きく、価格が安いというメリットもあります。

10tトラック車の特徴と運転に必要な免許

10tトラックを運転するためには、大型免許が必要となります。

10tトラックは、大型トラックとも呼ばれています。最大搭載量がおよそ10t前後のトラックを指します。主に遠距離に荷物を運ぶための車両で、年間の走行距離は乗用車の10倍を超えるケースもあります。トラックの荷台の形状には車種で差があり、横幅や高さも変わります。

メーカー別8tトラック車の特徴

トラックの特徴と必要免許|メーカー別8tトラックの特徴

8tトラックは、国産トラックメーカーが主流です。国産トラックメーカーは、いすゞ・三菱ふそう・日野自動車・UDトラックスの4社が圧倒的にその存在感を誇っています。これらのトラックメーカーは国内4大トラックメーカーとして、広く認知されています。

また、普通乗用車のメーカーとして名高いトヨタやマツダなども、トラックの分野では圧倒的な地位を誇っています。

8tトラック車は8t限定免許で運転できる?

8tトラックは中型トラックと大差がないことから、中型免許で運転ができると誤解されがちです。

8tトラックは増トントラックと呼ばれ、大型トラックに近い特徴がありますが、8tトラックのサイズは最大積載量が7.3tで、車両総重量が13.61tなので、8t限定免許や中型免許の規定をオーバーしています。

そのため、8tトラックを運転するには大型免許の取得が必要となります。

8tトラック車両総重量・最大積載量

8tトラックは大きさが中型トラックくらいで、積載は大型トラックと同じくらいの料を運べる増トン車です。

8tトラックの車両総重量は13.61tで、最大積載量は7.3tになり、大型トラックと特徴が似ています。中型免許でも運転ができると誤解されがちですが、増トントラックというカテゴリーに分類されるので、大型免許の取得が必要となります。

三菱ふそう・ファイター

三菱ふそう・ファイターは、輸送環境を高めるべく進化を遂げたトラックです。ハイウェイでも現場でも都市でも、どんな現場でも大活躍します。

内装は、ビジネス内装・ベーシック内装・ラグジュアリー内装の三つの内装から選ぶことができ、好みと用途で選べるワンシステムになっています。

いすゞ・フォワード

いすゞ・フォワードはエコカー減税対象車で、トラックの中でも燃費ナンバーワンとなっています。

このため、重量税と取得税が75%減税されます。人と社会、また経営のために、トラックに必要な安全性能を備えています。

いすゞ自動車はトラックやバスなどをメインに生産しているメーカーで、国内のシェア数も高く、小型、大型トラック共にトップクラスと言われています。

Bottom banner

UDトラックス・コンドル

UDトラックス・コンドルは、トラックに求められる安全性能・運転性能・燃費性能と確かにしています。軽量でコンパクトなボディでありながらも高効率エンジンが搭載されているので、全てのドライバーに快適な操作性を提供しています。

日野・レンジャー

日野・レンジャーは衝突を回避した安全性で、ドライバーの安全をサポートしています。

国が定めたセーフティー・サポートカーの基準を満たし、ドライバーの安全をサポートするだけでなく、停止車両や歩行者を検知し衝突を回避します。また、燃料費を少しでも節約したいドライバーのために、ダウンサイジングによるA05Cエンジンが搭載されています。

8tトラック車で行う業務例

トラックの特徴と必要免許|メーカー別8tトラックの特徴

8tトラック車で行う業務はさまざまで、業務の幅がとても広いのが特徴です。

8tトラック車で行う業務は主に3つの業務内容に分けられます。食品配送と同材運搬、ダンプを利用しての運搬などがあり、仕事選びの視野が広く持てます。以下に、これら3つの業務の詳細をまとめています。

食品配送

食品の配送は、食品やその食材が段ボールや専用のバスケットをトラックに積み込むので、体力勝負な仕事と言えます。また、食品の衛生面を考えて配送する必要があります。

食品や食材の中には形が崩れやすいものもあるため、配達に関しては最大限の配慮必要になり、食品のルート配送は、配送先に到着する時間が定められています。また最近では、女性ドライバーも多く活躍している業務です。

鋼材運搬

鋼材には種類が豊富にあり、コイル・鉄板・H鋼と呼ばれるHの形をした鋼材・鉄管パイプなどがあります。また、鋼材の多くは水に濡れしてはいけないので、シートで覆って運搬します。

鋼材運搬は、走行中荷物が崩れないために、トラックへの積み方と縛り方が重要となり、運転面での技術も問われます。そのため、業務に慣れるために小さいトラックから始めることもあります。

ダンプ

トラックの特徴と必要免許|メーカー別8tトラックの特徴

ダンプカーは運搬がメインです。ダンプカーのドライバーは、砂利や土砂などを建設現場に搬入する仕事です。砂利や土砂を運ぶため、食品や鋼材のようにドライバーが荷物を積み込む必要はありません。

砂利や土砂をトラックに積んだ後建設現場や工事現場に運送するので、近距離と長距離のどちらの運搬も可能です。生産工場から生産工場へと運搬したり、工場内の運搬作業を行うパターンもあります。

8t限定を解除してドライバーとして活躍しましょう

トラックの特徴と必要免許|メーカー別8tトラックの特徴

8t限定中型免許は旧普通自動車免許とも呼ばれ、2007年の道路交通法改正前の普通自動車免許を取得した人の免許証には、中型車は中型8tに限るという記載がされています。

この免許で運転できる車は、車両総重量8t未満で最大積載量8t未満の貨物車か、車両総重量8t未満で乗車定員10人以下の乗用車が対象になります。

8t限定を解除するだけでも、仕事を選ぶ視野が広がります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related