Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

運行管理者の仕事とは?運行管理者の仕事内容5つと運転管理者になる方法

運行管理者の仕事とは?運行管理者の仕事内容5つと運転管理者になる方法

「運行管理者」とはどんな職業なのでしょうか。また、実際にどのような仕事をするのでしょうか。このぺージでは、「運行管理者」をテーマにして、仕事の内容や存在の重要性、資格を取得する方法や試験の内容などについて、考察・ご紹介しています。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ!

ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。

もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが?

またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますのでトラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

運行管理者の仕事とは?

タクシーやバスなどに関連している職業というと、ドライバーを連想する方も多いでしょう。

しかし、実際にはドライバー以外にも、タクシーやバスなどに関連している職業やポジションは複数存在します。「運行管理者」もその1つです。

運行管理者は、タクシーなどの営業用の自動車が、安全に走行・営業できるようにする、国家資格を要する職業の1つです。今回は、「運行管理者」をテーマにして、仕事内容などをご紹介していきます。

自動車運送事業者は、利用者や社会の信頼にこたえるため、安全で確実な輸送を行う義務があります。
公共の道路を使い、一般の車や歩行者と混在して走行するなか、ハンドルを握るドライバーに最終的な安全確保の措置がゆだねられるため、ドライバー一人ひとりの健全な心身と高い安全意識が求められるのです。一方で、新規参入や台数制限などの規制緩和による過当競争や、一部の企業の安全管理の欠如による重大事故の発生などを受けて、安全に対する社会的要求が一層高まっています。そのため自動車運送事業者は、法律に基づき、安全運行に必要なドライバーの勤務時間を設定し、運行管理のための指揮命令系統を明確にしなければなりません。
この安全体制の確立に中心的役割を果たすのが運行管理者です。

出典: https://www.unkan.or.jp/about.html |

運行管理者の仕事内容5つ

運行管理者は国家資格が必要な職業の1つですが、具体的にはどのような仕事をするのか、知っている方は少ないでしょう。

そこで、これから運行管理者の仕事内容や役割、必要性について考察していきます。

運行管理者という職業や資格に興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

1:点呼によりドライバーの健康状態の把握

タクシーやバスは、ドライバーの体調管理が重要です。ドライバー本人が健康管理をすることも大切ですが、ドライバーだけでなく営業所や会社側でも、体調管理を徹底する必要があります。

ドライバーの体調を管理することも、運行管理者の仕事の1つです。運行管理者は、健康だけでなく、ドライバーのアルコールの状態なども、点呼で確認しなければなりません。また、持病の状態などについて確認することも、運行管理者の仕事です。

2:安全な走行を確保するための具体的な指示

当日の状況などに合わせてドライバーに運転指示などを行うのも、運行管理者の仕事です。

日によっては、事故や工事、各種イベントなどの影響で、通常どおりに運行できない道路などもあります。運行管理者はスムーズな運行のために、各種情報をドライバーに伝えたり、より安全な運転をするための運転指示を出したりしています。

その他、状況などに応じて、安全な運転のための具体的な指示を出すこともあります。

3:ドライバーの勤務時間の適正な管理

運行管理者の仕事には、ドライバーの勤務時間や勤務状況などを管理することも含まれています。

ドライバーという職業は、特に睡眠や休憩が重要な仕事だと言われています。睡眠時間や健康状態は、運転に影響が出やすく、最悪の場合は事故の原因にもなる危険性があるためです。

運行管理者は、ドライバーが安全に運転できるよう、労働時間や休憩の有無なども、しっかり把握して管理しなければなりません。

4:ドライバーに対する指導監督

運行管理者の仕事には、時にドライバーへの指導なども含まれることがあります。運転技術以外の部分で、ドライバーを育成していく必要もあり、安全教育や社会人としてのマナーなどを指導することもあるとされています。

また、ドライバーを指導・教育した場合、その内容について記録を取ることも、運行管理者の仕事に含まれると言われています。ドライバーの教育や指導もまた、運行管理者の重要な仕事の1つなのです。

5:国への専業用自動車の自己報告等

運行管理者の仕事は、ドライバーの健康状態や勤務時間の管理だけではありません。業務に使用している専業用自動車についても、しっかり管理することを任されています。

国に対して、専業用自動車の自己報告を行ったり、業務に使用する自動車の状態や台数などをしっかり把握しておくことも、運行管理者の仕事の1つだと言われています。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

点呼の重要性

上記でも述べたように、ドライバーの健康状態や勤務時間の管理などは、運行管理者の大切な仕事だと言われています。

ドライバーの健康状態や勤務時間は、運転への影響も大きく、時には大事故の原因となることもあるため、徹底して管理する必要があるのです。

そこで続いては、運行管理者の仕事の中でも重要度が高い、ドライバーへの点呼の重要性について考察していきます。

睡眠時間は十分取れているか

睡眠不足は体調不良などの原因にもなってしまうなど、運転においては特に深刻で居眠り運転や事故の原因につながってしまいます。

そのため、運行管理者はドライバーに点呼して健康状態を確認する際、ただ点呼をするのではなく、どれくらい睡眠時間を取り、しっかり眠れているのかなども、把握しておく必要があります。

また、睡眠時間が少ないドライバーへ指導や注意をすることも運行管理者の仕事の一つだと言えそうです。

Bottom banner

前日のお酒は出勤時に残っていないか

運転手だからと言って、飲酒をしてはならないというわけではありません。しかし、翌日の業務時に法律に違反するアルコールが残っている場合は運転できないため、お酒の飲み方や飲むタイミングなどについて気を付ける必要があります。

ドライバーのお酒の管理については、運行管理者も徹底する必要があります。ドライバーが前日に飲酒したのか、その時のアルコールが残っていないか管理することは、運行管理者の大切な仕事です。

健康面で異常はないか

アルコールや睡眠以外にも、ドライバーの健康面には十分注意する必要があります。ドライバーが運転中に突然体調を崩すと、事故の原因となる可能性もあり、乗客も危険にさらすことになります。

ですから、ドライバーの健康面や体調に異常がないかどうか、こまめに確認することも運行管理者の仕事の1つと言えそうです。特に、持病などを持っているドライバーの健康面の管理は、重要な仕事だといわれています。

精神面で異常はないか

運転には、ドライバーの精神状態も反映されると言われています。運転手がイライラしていると、運転も荒くなりがちだと言われ、また悩みや不安があると集中力が落ち、ミスなどをしやすくなるという見解も存在します。

ですから、運行管理者は、ドライバーの精神面や精神状態にも、注意して把握しておく必要があります。精神的に落ち込んでいたり異常があったりする場合は、ケアが必要なケースもあります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

運行管理者になるには?

ドライバーや専業用自動車の状態を把握し、管理することを仕事にしている運行管理者ですが、どうすれば運行管理者になることができるのでしょうか。

そこで続いては、運行管理者になる方法について、考察していきます。運行管理者を目指している方や、運行管理者という職業に興味がある方は、ぜひ受験資格や試験科目の内容などを参考にしてみて下さい。

運行管理者になるためには、自動車運送事業の種別に応じ、旅客、または貨物の「運行管理者資格者証」(以下、「資格者証」という。)の交付を受けることが必要ですが、それには、次の2つの方法があります。

(試験による方法)
○資格者証の交付を受けようとする事業の種類と同じ種類の運行管理者試験に合格する。

(受験資格)
次のいずれかの要件を満たしていること。
①運行管理に関して1年以上の実務経験を有する。
②基礎講習を修了している。

(実務経験などによる方法)
○事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務について、国で定めた一定の実務の経験その他の要件を備える。(一般貸切旅客自動車運送事業を除く。)

出典: https://www.unkan.or.jp/about.html |

受験資格

上記でも述べたように、運行管理者は国家資格の1つでもあります。ですから、運行管理者になるには、試験を受けて資格を取得しなければなりません。

運行管理者の資格を取得するための試験は、誰でも受けられるものではありません。専業用自動車業の運行の管理に関わる実務を1年以上した経験がある人か、実務経験にかわる講習を受けて修了した人でなければなりません。

試験の種類

運行管理者の受験資格がある人は、試験を受けることになります。そこで続いては、運行管理者の試験の種類について考察していきます。

運行管理者の試験の種類は、大きく分けて2種類あります。1種類目は旅客に関する試験であり、2種類目は貨物に関する試験です。

試験科目

続いて、運行管理者の試験の科目について考察してきます。運行管理者の試験科目は幅広く、道路運送法や貨物自動車運送事業法、道路運送車両法などの法礼に関する問題が出題されると言われています。

また、運送管理者として業務をするときに必要な実務に関する知識の問題も、出題されると言われています。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

運行管理者の仕事の内容を理解しよう

いかがでしたでしょうか。今回は、「運行管理者」という職業・資格をテーマに、仕事の内容や運行管理者によるドライバーの健康管理の重要性、運行管理者になるための資格の詳細などについて、考察しました。

運行管理者は、ドライバーが安全に運転できるように管理やサポートをする存在です。運行管理者は、タクシーやバスなどの安全な運行のためには、欠かせない存在なので、仕事内容などを正しく理解することが大切です。

交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ!

ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。

もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが?

またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますのでトラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人