Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Driver works logo
ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!
2019年03月21日

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

タクシードライバーは転職先の職業として人気が高まってきています。しかし、ドライバーの仕事はタクシードライバーだけではありません。他にも車を運転する仕事にはいくつもの種類あり、タクシードライバーと同様に人気が高まってきています。

ドライバーの仕事を選ぶメリット3選

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

タクシードライバーが転職先として人気が高まってきています。人気の理由には給与が歩合の割合が高いため、努力次第で収入が上げられる事や、隔日勤務などで自由な時間を確保しやすいことなどがあります。

しかし、ドライバーの仕事はタクシードライバーだけではありません。他にも車を運転する仕事はあり、タクシードライバーと同様に人気が高まってきています。それだけドライバーという仕事にはメリットがあるということです。

1:求人数が多い

ドライバーの仕事をするためには免許が必要となります。また、その免許は普通免許だけではできない仕事もあります。

他の仕事であれば、仕事をしながら資格などを取得するということができるものもありますが、ドライバーの仕事の場合には、仕事を始める前に必要な免許や資格を取得しておく必要があります。

そのため、ドライバーの仕事は気軽に転職できないことも多いため、人手不足の企業が多く、その分だけ求人が多いです。

2:職種によっては中高年でもできる

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

転職をするのであれば、若いうちの方が有利とよく言われます。若い世代の方が、新しい知識が頭に入りやすく、仕事の経験によって知識や技術の偏りが少ないことなどが理由です。

しかし、ドライバーの仕事の場合は、年齢よりも技術を優先されることが多いです。そのため、ドライバーの仕事の内容によっては、経験の浅い若い人よりも、ベテランドライバーの中高年の方が転職の際に有利となることがあります。

3:基本的に一人でできる

多くの仕事は、他の人と連携をしながら作業を進めることが多いです。そのため、周囲にペースを合わせて仕事をしないといけないため、自分のペースで仕事ができなかったり、人間関係を面倒に感じたりすることがあります。

しかし、ドライバーの仕事の内容によっては、1人で作業が完結する仕事もあります。1人で仕事が完結するので、自分のペースで仕事ができたり、人間関係で悩んだりする必要がありません。

ドライバーの仕事11選

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

ドライバーの仕事にはいくつも種類があります。そのため、ドライバーの仕事をする際には、どのような仕事があり、そのドライバーの仕事をするためには、どのような免許や資格が必要であるかを事前に把握しておく必要があります。

なので、ドライバーの仕事は他の仕事よりも、しっかりとした事前の準備が必要となります。

1:タクシードライバー

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

先に述べた通り、タクシードライバーは転職の際の職業として人気が高まっています。タクシードライバーは隔日勤務で自由な時間が確保しやすかったり、給与が歩合の割合が大きいため、努力次第で収入をあげることができるためです。

ただし、タクシードライバーの仕事をするためには、普通自動車免許と普通自動車二種免許の2つが必要となります。また、仕事エリアによっては地理試験を受ける必要もあります。

2:長距離トラックドライバー

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

長距離トラックドライバーも長時間の運転が必要となるため、タクシードライバーと同様に隔日勤務の勤務形態を採用している会社もあります。

また、トラックの種類や、距離や荷物の内容などにもよりますが、長距離トラックドライバーの仕事は給与が高いことも多いです。

しかし、トラックは大型になるほど、非常に高い運転技術が求められ、免許を取得することも容易ではないため、事前の準備に労力が必要となります。

3:バスドライバー

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

子供の頃の将来の夢がバスの運転手であったという人も少なくはありません。しかし、バスはタクシーと同様に、お客さんからお金をもらって運転をするため、普通自動車免許とは別の免許が必要となります。

バスの場合は大型二種自動車運転免許が必要となり、大型二種自動車運転免許の試験合格率は10%ほどと言われています。また、バスにも路線バス、高速バス、夜行バス、観光バスなどの種類があり、それぞれ仕事内容は異なります。

4:社長専属ドライバー

社長や役員、政治家などの偉い人は専属ドライバーを雇うことがあります。人を乗せて車を運転するため、タクシードライバーと同様に、普通自動車免許と普通自動車二種免許の2つが必要と思ってしまう人が多いです。

しかし、専属ドライバーの仕事は営利目的の運転ではありません。そのため、普通自動車二種免許は必要ありません。専属ドライバーとなるためには無事故や運転歴などで雇用主から運転に関する信頼を得る必要があります。

5:従業員送迎ドライバー

従業員の送迎や幼稚園バスなども営利目的ではないため、自動車二種免許が基本的には必要ありません。しかし、多くの人を乗せて送迎するために大型の車両を利用する場合には、その車に対応した免許が必要となります。

また、送迎であれば基本的には自動車二種免許は必要ありませんが、もし運行中に事故などのトラブルに遭った場合に、自動車二種免許がない場合は適切な対処ができなこともあります。

6:福祉車両ドライバー

介護タクシーやデイサービスの送迎など、福祉車両の場合には普通自動車二種免許以外に介護職員初任者研修を受けておいた方が良いでしょう。介護職員初任者研修は2013年までホームヘルパー2級と呼ばれていた資格です。

この資格がないと利用者のケアができないため、ドライバーだけでの業務ができません。そのため、ドライバー以外に、他に資格を持ったスタッフに同乗してもらわなければいけなくなります。

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

7:集配ドライバー

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

集配ドライバーはお金をもらい、お客さんを乗せて走るわけではないため、特別な免許や資格は必要ありません。ただし、使う車に合わせた運転免許は必要となります。また、ルートや集配する荷物の知識など、仕事内容に合わせた知識と運転技術が必要となります。

仕事内容によっては、集配内容によってはドライバーに危険物取扱者、移動監視者、けん引免許などの資格を求められる場合もあります。

8:生コンミキサードライバー

大きな工事現場などでよく見かけるコンクリートミキサー車も特殊は免許は必要ありません。ただし、コンクリートミキサー車には4トンの物から11トン以上ある物までいろいろな大きさがあります。

そのため、コンクリートミキサー車を運転するためには、車の大きさに合わせた免許が必要となります。また、コンクリートミキサードライバーの仕事は朝が早く、清掃が大変などの特徴があります。

9:宅配ドライバー

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

宅配ドライバーも集配ドライバーと同様に特殊な免許は必要ありません。ただし、使う車に併せた免許は必要となります。また、宅配サービスに関する知識や運転技術などが必要なことも集配ドライバーと同様です。

10:運転代行ドライバー

飲酒をすれば車が運転できなくなるため、タクシーを利用して帰るという人も多いです。しかし、お店まで車できている場合には、運転代行を利用することが多いです。

運転代行の場合はお客さんの車を運転することになりますが、営利目的でお客さんを乗せて車を運転するため、その仕事内容はタクシーと同様になります。なので、運転代行ドライバーの仕事をするためにも二種運転免許が必要となります。

11:バイク便ドライバー

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

近場に急ぎで荷物を届けたい場合には、小回りが利くバイク便が重宝します。そのため、ビジネス街などでは書類やデータのやりとりによく利用されます。また、食品などを急ぎで送り届けたい場合などにも利用されます。

バイク便ドライバーの仕事は、当然ながらバイクを利用するため、自動二輪車の免許が必要になります。また、スムーズに荷物を届けるために、バイクならでは小回りを活かせるルートなども把握しておく必要があります。

ドライバーの仕事に必要な運転免許4選

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

上記で述べてきた通り、ドライバーにはいくつも種類があり、それぞれドライバーの仕事内容によって、必要な車の免許や資格が異なります。

そのため、これからドライバーの仕事をしようと考えている人は、その仕事に必要な免許や資格を確認して、事前に取得しておく必要があります。

また、会社によっては入社後に研修などで免許を取得するまでサポートしてくれる場合もあるので、併せて確認しておきましょう。

1:普通自動車免許

ドライバーの仕事をするのであれば、普通自動車免許は必須となります。また、ドライバーの仕事をする際には、単純に普通自動車免許を持っていれば良いというわけではありません。

普通自動車免許を持っていても、事故を起こした経験が多かったり、ペーパードライバーなどであれば、雇用主から信頼を得ることはできません。

なので、普通自動車免許を持っていることは最低条件というだけであり、その他の要素は必ず求められます。

2:中型免許

中型免許では車両重量が11トン未満で、最大積載量が6.5トン未満の車両を運転することができます。なので、従業員の送迎などでマイクロバスなどが扱えるようになります。ただし、乗車人数は30人未満となっています。

中型免許を取得するためには、普通免許か大型特殊免許を取得して2年以上が経過しているか、中型8トン限定免許を取得していることが条件となります。また、年齢や視力、色彩認識などにも条件があります。

3:大型免許

大型免許を取得していれば、中型以上の車も運転できるようになります。大型免許の取得は容易ではなく、また免許取得のために30万円ほどの費用も必要となります。

そのため、大型免許を持っている人は重宝されるため、転職などに非常に有利であったり、収入が大幅に上がることもあります。特に、2020年の東京オリンピックや、大阪のIRなどで大型免許の需要はさらに高まっています。

4:牽引免許

車自体が大きいのではなく、大きなコンテナを連結させて走っている車もあります。このような車を運転する場合には牽引免許が必要となります。

大型車両よりもさらに運転技術が必要となるため、大型免許と牽引免許を持っている人はさらに重宝されます。

牽引免許を取得するための費用には15万円ほどかかります。また、試験も容易ではないため、取得までに時間がかかることもあります。

自分に合ったドライバーの仕事を見つけて働こう

ドライバーの仕事の種類11選|自分に向いたドライバーの仕事は?

タクシードライバーは隔日勤務であったり、給与の歩合の割合が大きいことなどが理由で転職先の職業として人気が高まっています。

しかし、ドライバーの仕事はタクシードライバーだけではありません。ドライバーの仕事にはいくつもの種類があるため、タクシードライバーが人気だからと転職先の職業に決めてしまうのではなく、いろいろなドライバーの仕事を把握して、検討してみましょう。

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

Related