Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月21日

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

派遣社員・契約社員・正社員・アルバイトと、働き方にはいろいろな種類があります。それぞれどのようにちがうのでしょうか。条件や給与やボーナスなどをもとに、それぞれの仕事について解説していきます。仕事選びの際の参考にしてください。

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

職安や求人情報誌で、気に入った仕事に応募する際、派遣社員・契約社員・正社員・アルバイトなどの職種条件が提示されています。仕事内容以前に、これらの仕事条件は、どのようにちがうのでしょうか。給与とボーナス面から、それぞれ解説していきます。

給料

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

派遣社員・契約社員・正社員・アルバイトの場合、それぞれの給与はどうちがうのでしょうか。順番に解説していきます。

派遣社員

派遣社員は、まず派遣会社に登録することから始まります。派遣会社に登録された後、派遣先で働くのですが、派遣先は全くの別会社ですので、派遣社員は、派遣会社から給与をもらう形になります。派遣会社によっては、各種保険を完備しているところもあり、時間給も通常のアルバイトやパートよりも良いところもあります。

また、仕事内容が気に入らない時には、派遣担当者に相談して、別の会社に派遣してもらうこともできますし、派遣先で気に入られた時は、その会社で正式採用されることもあります。その際、派遣先は派遣会社にお礼金を支払うのが一般的となっています。

契約社員

契約社員は、会社と契約期間を決めて、その期間働くシステムです。いい仕事をすれば、契約延長になりますし、逆に向いてないと判断された場合は、契約期間前に終了されてしまうこともあります。また、会社によっては、長期契約社員には、契約更新時に給与アップすることもあり、正社員に正式採用されることもあります。

一般的に、月の給与は、アルバイトやパートよりもやや良いけれど、かかる責任は重いという場合もあります。また、アルバイトやパートを契約社員として扱う会社もあります。

正社員

正社員は、将来的に、その会社の幹部になったり、子会社の社長になったりと、会社を支える柱となる働き方です。そのため、派遣社員や契約社員よりも責任が重く、場合によっては、下の者の責任を負わなければいけないこともあります。また、時間帯もきっちりと決められて拘束されていますので、希望する休みを取りずらいです。

しかし、厳しい分、派遣社員や契約社員よりも給与が良く、収入も安定しています。また、正社員のみに特典を与えている会社もあります。

アルバイト

アルバイトは、働き方の中で、一番自由がきく働き方です。派遣社員や契約社員は、期間や働き方が決っている場合が多いですが、アルバイトは、基本は自分の空いている時間を利用して働きますので、好きなように労働時間が決められます。しかし、会社によっては、シフトで身動きがとれなかったり、正社員と同様の労働を求めたりするところもあります。

ボーナス

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

年に2回、ボーナス商戦が、家電量販店などで行われますが、派遣社員・契約社員・正社員・アルバイトのボーナスはどのようになっているのでしょうか。それぞれのボーナスについて解説していきます。

派遣社員

派遣社員は、派遣会社のスタッフですので、当然ですが派遣先からボーナスはもらえませんし、派遣会社からもボーナスがでない事が多いです。しかし、長く派遣会社で働き、仕事時間が多い人の中には、寸志や金一封という形で、少しですが給与以外のお金をもらえることがありますが、ボーナスのように時期が決まっていません。

契約社員

契約社員の場合、ボーナスがない場合が多いですが、会社によっては、ボーナス月にかかっていることと、1年以上勤めていることや、契約を次回以降も更新するなどの条件で、正社員ほどではありませんが、ボーナスを支給する会社もあります。面接時や契約する際に確認しましょう。

正社員

正社員の場合、派遣社員や契約社員と違い、年に2回のボーナスがあり、会社によっては退職金が支給される場合もあります。しかし、売上重視の販売会社などの場合、売り上げが目標に達していないなどの理由で、ボーナスカットやボーナスそのものがない会社もあります。

アルバイト

アルバイトは、派遣社員や契約社員よりも時間が自由に取れる反面、労働時間が短い場合もありますので、ボーナスの対象にはなっていません。しかし、長時間アルバイトやパートの場合、各種保険が完備されるだけではなく、少ないながらもボーナスがでる会社もあります。

派遣社員と契約社員への切り替え方法

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

派遣社員は、派遣元の会社に所属しており、契約社員は、会社と契約を結んで働いています。つまり、派遣社員から契約社員に変わる場合は、派遣先の会社に契約社員として入ることになりますから、派遣社員を退職しなければいけません。その後、契約社員として、新たに契約を結ぶ形になります。

契約社員から派遣社員になる場合は、その逆で、まず契約社員としての契約を解除して、改めて派遣会社に派遣社員として登録しなければいけません。これは、あくまでも職場が同じと言う前提ですので、違う職場で掛け持ちが可能な場合は、派遣社員登録をしつつ、契約社員で働く事もできます。

派遣社員と契約社員のメリットとデメリット

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

派遣社員と契約社員ですが、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。こちらでは、派遣社員と契約社員に分けて、それぞれ解説していきます。

派遣社員

派遣社員は、前述のとおり派遣会社に所属しています。そのためメリットとしては、派遣先とのしがらみにあまり左右されません。また、仕事が合わない時は派遣担当者に気軽に相談でき、絶対ではありませんが自分の働きやすい環境で働くことができます。

デメリットとしては、時間の短い仕事の場合は、複数掛け持ちしなければいけないこともありますし、各種保険が完備されないこともあります。

さらに、派遣先の都合で突然派遣終了になることもあり、次の派遣先が見つからなければ、それまで無収入になってしまうこともあります。

契約社員

契約社員のメリットは、最低でも決められた期間内は働くことができますので、安定収入を得ることができ、さらに、その会社で働いていますので、契約終了後に、正式採用されることもあります。デメリットとしては、契約期間が終わった際に、次の契約にならなかったり、契約更新で、条件が悪くなったりすることもあります。

派遣社員と契約社員の履歴書

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

派遣社員の履歴書は、派遣先の会社に登録する際、提出します。名前と住所と連絡先だけで良いという派遣会社もありますが、派遣先で提出を求められる場合もありますので、用意しておいた方が良いでしょう。契約社員の場合は、アルバイトやパートなどの面接と変わりませんので、写真付きの履歴書が必要になります。

郵送の場合と面接時に持って行く場合とありますので、条件に合わせて提出しましょう。また、契約社員は履歴書に書かない人もいますが、履歴書に契約社員の経験があり、各種保険を登録したことがある場合は職歴に書いておくと有利ですが、期間が短い時には不利になることがあります。

派遣社員でも、契約社員のどちらでも、履歴書は必要になりますので、きちんと書いておきましょう。

切り替え

派遣社員から契約社員に切り替えの際には、契約社員として働く会社に、履歴書を提出します。派遣会社によっては、切り替え時に登録時の履歴書を契約先に提出してくれることもありますので、きちんと確認し、念のために履歴書を用意しておきましょう。

それぞれに違いはあるけれど

派遣社員と契約社員・正社員・アルバイトの違い・切替方法|給料

派遣社員・契約社員・正社員・アルバイトと、それぞれ責任も働き方も違いますが、同じ会社で働く場合、目的を同じにするスタッフです。それぞれができることを、それぞれの立場できちんと行うことが重要です。皆が働きやすい環境になるように、それぞれの立場でしっかりと考慮していきましょう。また、給与面は、働く上で重要です。面接時にしっかりと確認しましょう。

Related