Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月28日

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

雪国在住の方にとって大きな道路だけでなく、家の前の道も除雪してくれる除雪車が働いている姿は、おなじみの冬の光景であり、生活に欠かせない頼もしい存在でもあります。今日は除雪車の運転に必要な免許の種類と取得に必要な費用について紹介します。

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

種類別除雪車の運転に必要な免許の種類

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

雪国、北国在住の方であればおなじみの冬の光景と言えば、除雪車が雪を処理している姿ではないでしょうか。大きな道路だけでなく、家の前の道も除雪してくれる除雪車は豪雪地帯に住む方にとって生活に欠かせない頼もしい存在です。

ひと口に除雪車と言っても、さまざまな種類があります。公道で見かける除雪車と店舗の駐車場などで使用される小型の除雪車の他、ロータリー除雪車もあります。

大型から小型の除雪機には、おのおの必要な免許があります。今日は除雪機の種類別に必要な免許と取得に必要な費用についてご紹介しましょう。

大型の除雪車に必要な免許とは

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

大型の除雪車とは、主に公道で見かける除雪車となります。積雪が多い季節の早朝や夕方などは大型の除雪車が働いている姿を見かける機会があるでしょう。

大型の除雪車に必要な免許の種類を除雪車のタイプ別に紹介します。

除雪トラック

除雪トラックとは、車体前方に「プラウ」と呼ばれる樹脂やゴム製の除雪用ディフレクタを装着したトラックのことを指します。除雪トラックの除雪方法は、プラウで雪を運転席から助手席側へと流し、その雪をサイドウイングを利用してさらに左側へ寄せるという除雪方法になります。

トラックの特性上、高速で走りながら除雪することが可能で、長距離を走ることができるのが最大のメリットです。しかし、大型で小回りが効きにくいので狭い道の除雪には向いていません。国道などの大きな行動を長い距離に渡って除雪するための除雪車と言えます。

除雪トラックを運転するには大型免許と、大型自動車の運転経験が1年以上あることが必要な条件となります。

除雪グレーダ

除雪グレーダとは、ホイールベース内に除雪や水掃きができる大型ブレードを装着した車両のことを指します。除雪グレータの除雪方法は、ブレードと呼ばれる刃上の器具を路面に引きずり、路上に固く凍りついた雪を削り取るという方式になります。

除雪トラックと違い小回りは効きますが、スピードが遅いため、広範囲の除雪には向きません。またブレードに溜まってしまった雪を定期的に除去する必要もあります。

除雪グレーダを運転するには、大型特殊免許(装輪式)と、装輪式大型特殊自動車の運転経験が2年以上必要です。それに加えて建設機械施工技士(3種)または技能講習修了も必須です。

除雪ドーザ

除雪ドーザとは、道路工事で使用しているブルドーザによく似た形状の除雪車です。ブルドーザーと違い、キャタピラではなく大きなタイヤが4輪取り付けられているところが特徴です。除雪ドーザの除雪方法は、前方に取り付けられたUブレードで深く、固く積もってしまった雪を力強くゴリゴリと押し出すという方法です。

除雪ドーザを運転するには、大型特殊免許と、装輪式大型特殊自動車の運転経験が1年以上必要です。それに加えて建設機械施工技士(1種)または技能講習修了も必須条件です。

ロータリー除雪車

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

ロータリー除雪車とは、ロールバーが回転しながら雪を砕きつつ掻き込み、ブロワーで巻き上げ、シュートで側方に飛ばして除雪を行う機器を搭載した除雪車です。

ロータリー除雪車を運転するには、大型特殊免許(装輪式)と、装輪式大型特殊自動車の運転経験が2年以上求められます。

小型除雪車

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

豪雪地帯では、公道を除雪する大型除雪車だけでなく小型の除雪車も活躍しています。小型の除雪車はロータリー除雪車を小型化したものが多く、家庭でも使用している方もいます。

運転席があるタイプと運転席がなく、ハンドルを押して歩くタイプがあります。運転席があるタイプは小型特殊免許が必要です。

除雪機械運転員資格基準

公道で除雪作業を行うには、国土交通省が定める「除雪機械運転員資格基準」をクリアしている必要があります。)除雪機械運転員資格基準とは下記の条件になります。

・除雪車が該当する運転免許を所持している
・除雪機の種類によって異なる運転経験の条件を満たしている
・建設機械施工技士または、車両系建設機械運転技能講習を修了していること

除雪車の免許取得にかかる費用

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

大型から小型の除雪機には、おのおの必要な免許があります。ここでは免許の取得方法と費用について紹介します。

大型特殊免許

大型特殊免許とは、工事用車両などの重機や除雪車など、作業をするための車を公道で運転するための運転するための免許です。普通免許と同様、第一種と第二種免許が存在しますが、大型特殊自動車で旅客運送をするための車はほとんどありません。そのため通常は第一種免許の取得をおすすめします。

大型特殊免許は18歳以上から取得でき、普通免許を取得していない人でも取得可能です。

大型特殊免許の取得方法と費用

普通免許と同じように、自動車教習所に通う方法と、試験場で一発試験を受ける方法があります。教習所で取得する場合、学科22時間、技能12時間のの教習が必要ですが、普通自動車と違い路上教習などはありません。普通免許を取得している方なら学科は免除され、技能教習は最短6時間で済みます。

費用は教習所によっても異なりますが、免許がない方は16~17万円、既に普通免許をお持ちの方は8~9万円程度の費用が必要です。

試験場で取得する場合に必要な費用は6550円( 受験料2,950円、試験車使用料1,550円、免許証交付料2,050円)となります。

大型自動車免許

大型自動車とは、下記の条件を満たす自動車のことを指します。

車両総重量:11トン以上
最大積載量:6.5トン以上
乗車定員:30人以上

大型自動車の免許は、21歳以上で普通免許取得後3年以上経過していれば、取得することが可能です。ただし、大型免許には「AT限定」はないので「AT限定」の普通免許をお持ちの方は、「AT限定」の解除も同時に行う必要があります。

大型免許をもっていれば、大型だけでなく、中型車も運転できるため、運転できる車の幅は大きく広がります。

大型免許を教習所で取得する条件と費用

普通免許と同じように、自動車教習所に通う方法と、試験場で一発試験を受ける方法があります。教習所へ通う場合、現在お持ちの免許の種類によって教習期間と必要な費用は変わってきます。

2007年6月に改正された道路交通法により、普通免許の種類も2つに分かれます。2007年6月1日以前に取得された方は「中型免許(8t限定)」となり、2007年6月1日以降に取得された方は「普通免許」となります。

また中型免許の「8t限定」を解除された方は中型免許と同等の資格となりますので、中型免許と同じ教習期間と費用で大型免許の取得が可能です。

教習期間と費用については下の表を参考にしてください。ただし、AT限定の解除費用は含んでいません。

取得済み免許教習期間(最短)費用
普通免許(8t限定中型免許)10日20万~25万
普通免許13日30万~35万
中型免許7日18万~23万

大型免許の一発試験の費用とは

運転試験場で一発試験を受ける方法に必要な費用は、自治体によって多少費用の差はありますが、38650円(構内試験5950円、路上試験8650円 、取得時講習22400円、免許交付料1650円 )になります。

一発試験は難易度が高く、試験が行われるのは平日のみとなりますが、運転技術に自信があり、大型免許取得までの費用を抑えたい方にはおすすめです。

小型特殊免許

小型特殊免許とは、小型特殊自動車を公道で運転するために必要となる免許です。小型特殊自動車とは、長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.80m以下、最高速度15km/h以下である車を指します。

小型特殊免許は普通自動車免許の下位免許にあたるため、普通自動車免許をお持ちであれば、改めて小型特殊免許を取得する必要はありません。原付免許しか持っていない方は、小型特殊免許の取得が必要となります。

小型特殊免許は満16歳以上になると受験資格があります。試験時間は30分、問題数は50問で90%以上の正答率で合格となり、実技講習はありません。

小型特殊免許取得にかかる費用は3550円(受験料1500円、交付手数料2050円)になります。

私有地での除雪車の運転に免許は要るのか

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

私有地での除雪車の運転に免許は必要ありません。しかし国土交通省では、実際に除雪作業にあたる方には、講習受講義務を課しています。

道路除雪講習

公道や私有地問わず、実際に除雪作業にあたるには、一般社団法人日本建設機械施工協会(JCMA)が開催する道路除雪講習を受講する必要もあります。)有効期間は5年です。

こちらは公道での除雪作業だけでなく、自宅敷地内で使用する小型除雪車やハンドガイド式小型除雪機を操縦する場合にも受講が求められます。

毎年10月頃に開催されるので、必要な方は、夏頃からJCMA公式サイトをチェックしましょう。

除雪車を皮切りに仕事の幅を広げてみよう

除雪車の免許取得にかかる費用・必要な免許の種類・要るのか

除雪車は豪雪地帯に住む方にとって生活に欠かせない頼もしい存在です。大型免許や大型特殊免許が必要なタイプも多いですが、大型免許や大型特殊免許を持っていれば除雪車以外にも大型トラックやダンプカーなどの運転も可能です。冬以外は他の仕事にも利用できる、汎用性の高い免許です。

除雪車を運転するためだけでなく、仕事の幅を広げるためにも大型免許や大型特殊免許の取得にチャレンジしてみましょう

Related