Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月19日

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

今回は「大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策」と題して、「大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「大型免許取得に関するお役立ち情報」の数々を徹底紹介いたします。

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得の視力検査の合格基準

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得の場合でも、運転技術や交通ルールの制約を覚えるなどという基本的な条件項目は変わりませんが、中でも「視力検査による合格基準の設定」はかなり違ってきます。

特に「目の病気を持つ場合や視力矯正が必要な場合」、「斜視や弱視がある場合」、「左右の視力が大幅に違う場合」などの目の疾患がある場合は、この視力検査にパスすることはむずかしくなるでしょうか。

逆に言えば上記の「視力検査」によって合格できる人の場合は、あとは運転技術を向上させるだけで大型免許取得が可能となるため、その場合の免許取得は時間の問題となるでしょう。

大型免許取得の視力検査

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得の場合の視力検査の内容は、一般車(普通車)や軽自動車の場合の視力検査とはかなり違って、さらに専門的な視力検査が必要とされます。特に(後述しますが)深視力や融像視などによる対象物の捉え方・確認能力は絶対視されるため、この2つの視力検査は確実にパスできるよう常日頃から把握しておきましょう。

大型免許の深視力検査と通常の視力の違い

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得の場合に必ず課される試験項目に、深視力検査というものがあり、これは後述しますが、「通常の視力検査」の場合と大きく違った視力検査項目となります。特にこの深視力検査では「立体感の把握」や「動体視力によって得られる物体・対象物の把握能力」が求められ、大型免許取得の際には必須の検査項目として扱われています。

深視力

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

深視力というのは通常の視力のことではなく、特に「対象物をいかに立体物として捉えることができるか」という、遠近感・立体感(奥行感)を動体視力によって捉える判断能力のことを指します。

大型免許取得の場合は特にこの「動体視力によって、物の奥行がどれくらいあるか」ということを絶えず目測で計ることが義務付けられるため、この深視力の調整・補強は非常に重要になります。

融像視

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

融像視というのは「左右の目で確認した物体を1つの対象として捉える動体視力による把握・確認」のことを言い、たとえば右目を閉じて見た場合と左目を閉じて見た場合とでは「微妙な見え方の違い」があるに関わらず、左右の目で同時にその対象を見ることによって、その対象を「1つの物体・景色」として捉える立体の捉え方を指します。

この融像視というのも大型免許取得の際には非常に重要視される項目で、これは大型免許取得の場合だけでなく中型免許を取得する際でも大切な条件項目となります。

中型免許取得との視力検査の違い

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

中型免許取得の場合と大型免許取得の場合との視力検査の違いは明確にはありませんが、1つだけ違う点は「立体感の目視能力の確認」という項目で、中型免許取得の場合は「大型免許取得の場合ほどに厳しい検査は行なわれない」という流れになります。

もちろん大型免許取得の場合は大型自動車を常に運転することが日常となるため、その大型自動車を運転する際に前方・サイド・後方確認を怠らないで運転する能力に長じている必要があります。

上記の点で中型自動車の場合とは明らかな違いがあり、大型自動車の場合は中型自動車よりも遥かに大きな死角ができやすく、それによって多少離れていてもその対象物を正確に捉え、交通トラブルを起こさないで運転できる技術・能力が問われることになります。

奥行

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

この場合の「奥行」というのは「動体視力によって確認できる奥行・立体感」のことを指し、特に大型自動車を運転しているさなかに外景の情報をどれだけ「立体的に把握し、その把握した情報を得ることによって、自分はどう対処して運転すればよいかを即座に判断する能力に長けている必要がある」となります。

立体感

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

立体感というのは、その対象物を「高さ・奥行・深さ・厚み」などの四方の側面から読み取ることによって得られる物体情報の確認能力を指し、大型免許取得の場合はこの「立体感への認識・把握能力が抜群であること」がまず求められます。

立体感把握能力の訓練

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

「立体感への把握能力を高めること」などかなりむずかしいことのように考えられますが、この立体感への把握能力の高め方は訓練によって補うことができます。

しかし、生来、目の疾患や中途疾患がある場合では、この立体感を把握する能力の向上に障壁が出る場合があるため、その場合はあらかじめ医師や検査官に相談することが必要となります。

動的な遠近感を捉える

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得の場合によく言われるのがこの「動的な遠近感を養うこと」で、車はもちろん動きながら外景にある物体を確認・把握し、その上で事故回避を念頭に置いて運転技術を高めていくため、この動体視力によって得られる情報確認能力というのは必須の能力となります。

この動的な遠近感を養う方法も訓練によってある程度は向上するため、初めから「むずかしいかも」などと悲観的になることはありません。ただしこの場合も、元から目に疾患を持っている場合や、何らかの理由で視力に自信がない場合には、前もって医師や検査官に相談しておくとよいでしょう。

大型免許更新時の視力検査が不合格だった場合の対処

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得を検討する場合によくある例は、先述してきました「視力検査の項目でパスできなかった人が多い」というもので、この視力検査にパスできなかったために大型免許取得ができなかった例がいくつもあります。

そんな場合でも打開策というのはあるため、「合格できなかった」と悲観に暮れる必要はありません。この場合は視力矯正をはじめ眼鏡・コンタクトの適切な装備、また両目の視力を均等に調整することなどによって、大型免許取得に間に合わせることは多く見られます。

眼鏡やコンタクト

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得に不合格だった場合、それも視力検査によって「視力が悪いために不合格だった場合」には、最も手っ取り早い方法としてあげられるのがこの「眼鏡やコンタクト矯正」による補強です。

眼鏡・コンタクトレンズを装着するだけでも当然視力はかなり違ってくるため、早期にどうしても大型免許取得に合格したいと言う場合はこの「眼鏡・コンタクトによる打開策」を検討してみるとよいでしょう。

片目

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

先述で「眼鏡・コンタクトによる視力矯正」についてご紹介しましたが、この眼鏡・コンタクトによる視力矯正を行なう場合でも注意点があり、それは「片目だけでなく、両目を均整に視力矯正すること」が重要ということです。

片目だけ視力を回復できてももう片方と視力との折り合いが合っていない場合は、同じく深視力の検査で不合格になる可能性が高いでしょう。

片目だけでなく両目の視力矯正が必要

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

必ず視力矯正を行なう場合はどんな状況においても「片目だけでなく両目の視力矯正を行なうこと」を心がけ、左右の視力をもって「0.8以上」の最低視力を克服しておき、さらに大型免許取得の場合は「左右の視力それぞれが0.5以上」の視力を補強できるようにしておきましょう。

両目

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

一般的に大型免許取得の場合に必要な「両目合わせての視力」は「0.8以上」とされています。もちろん1.0や1.5などとそれ以上の視力があれば越したことはないですが、最低でもこの「0.8以上の視力」は有しておかなければなりません。さらに先述しましたように「片目の視力もそれぞれ0.5以上」に補強しておくことが大切です。

三桿法による視力検査

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

基本的に大型免許取得の場合に行なわれる視力検査方法は「三桿法(さんかんほう)」と呼ばれる奥行知覚検査器によって行なわれ、この視力検査を3回行なった上での平均値の視力の値が採用されます。

上記において「片目の視力がいくら良くても、もう片方の目の視力が0.5以下の場合」は視力検査に合格することはできず、必ずそれぞれの目の視力が0.5以上なければならないことを覚えておきましょう。

大型免許の深視力検査に合格するコツや対策

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

一般的に大型免許取得の場合に合格できるコツや対策を検討する際には、やはりまず「視力検査における視力補強」がピックアップされ、まず「片方の目ずつの視力を0.5以上に補強しておくこと」と「両方の目の視力が0.8以上(もしくは1.0以上)あること」を念頭に置く形で、視力の矯正を図ることが義務付けられる傾向があります。

大型免許取得の重要ポイント

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許を取得する場合に必須の能力は「動体視力によって得られる立体物の判断・観測」であり、これは大型自動車を運転する際には必須の能力として扱われているため「この視力矯正・向上・補強」を回避して試験にパスすることはかなりむずかしくなります(基本的には合格できません)。

そのため大型免許取得の場合はまず「視力矯正」を行なっておき、先述しました「片目ずつの視力・左右の目の視力の矯正・補強」を合格ラインに近付けることを検討しましょう。

免許更新日は誕生日の一か月くらい前

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得をした後での免許更新日は、だいたいその人の誕生日の一か月くらい前に通知が送られてくることによってわかります。そのため、免許更新年月をしっかり前もって把握しておき、その期日に合わせる形で視力矯正が必要な場合は準備しておくとよいでしょう。

大型免許取得の必須項目

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

大型免許取得の場合に限らず、この「動体視力によって得られる立体感への判断能力・把握能力の維持・向上」は中型免許取得時にも問われる内容となるため、必ず視力矯正・補強を確認しておき、大型免許取得・中型免許取得それぞれの免許取得の合格ラインに近付けることを意識しましょう。

視力や動体視力の向上が必要な免許には「パイロット」や「電車の運転手」「サーキットレーサー」などという一般車両よりも特殊な能力が必要とされる免許取得の場合が多く、この視力矯正・向上や動体視力能力の訓練というのは、大型免許取得の場合だけではく他分野の免許取得にも役立ちます。

大型免許取得についてしっかり把握しましよう

大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策

いかがでしたか。今回は「大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査・合格対策」と題して、「大型免許取得に必要な視力検査の合格基準・深視力検査」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「大型免許取得に関するお役立ち情報」の数々を徹底紹介した。

大型免許取得の場合にまず必須の検査項目(合格するための必須項目)としてあげられるのは「片目ずつの視力・両目の視力が最低基準である視力を超えていること」で、その視力補強に加えて「立体感への判断能力・目測能力がどれだけあるか」という試験項目となります。

Related