Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月22日

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車免許という言葉がありますが多くの人は自転車免許を持っていません。自転車免許とはどういった制度なのかや罰則の有無、自転車運転免許のメリットや堂乳児に考えられるさまざまな問題点など、自転車運転免許についてご紹介します。

自転車免許制とは

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

近年の健康ブームや、エコブームに引っ張られる形で自転車ブームがおきました。また動力によるアシストで、移動が楽な電動アシスト自転車の普及など自転車の台数が増えたことなどから、自転車が引き起こすさまざまな問題も表面化しました。そのため一部の自治体や学校などの組織で自転車免許と呼ばれる物が導入されていますので、ご紹介いたします。

自転車免許は自転車に乗るための免許ではない

自転車免許は、普通自動車免許や原付免許のように自転車に乗るための免許と思いがちな名前をしています。しかし、自転車免許は自転車に乗るための免許ではなく、一部の自治体や学校などの組織で独自に行われる講習制度で、自転車免許証はその講習を受けたことを証明するものです。

そもそも免許とは、何かを取り扱っても良いことを証明しているのではなく、本来は禁止されていることを国などの行政機関に「免」じて特別に扱うことを「許」された証明です。

日本の法律としてはまだ施行されていない

ご紹介のように一部の地域や学校などの組織で独自に行われている講習ですので、自転車免許証自体に特別な効力はありませんし、自転車免許が無いまま自転車に乗ったとしても無免許運転として起訴される事はありません。あくまでも一部の組織や自治体で独自に行われている講習制度です。

自転車運転者講習制度ではない

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車によるスマホを使いながらの運転や、死亡事故など危険な運転が社会問題化したことを受けて平成27年に改正された道路交通法で導入されている「自転車運転者講習制度」は自転車免許で行われる講習とは異なります。こちらは自転車免許制度とは異なり法で定められています。

自転車運転者講習制度は、危険なルール違反を3年以内に2回摘発された場合に自転車の正しいルールについて受講を受けるように命令される制度です。受講する命令を受けていながら受講しなかった場合は、5万円以下の罰金を支払う可能性があります。

自治体や学校などの組織で運用されていることがある

自転車免許は法で定められた制度ではなく、自治体が行っている制度である事は紹介しましたが、自転車免許を行っていない自治体であっても学校などが自転車で通学する生徒向けに独自に自転車免許を導入していることがあります。これらも自転車免許と呼ばれます。

自転車免許を持っていることで特典が有る場合がある

自転車免許を持っていることで法律上の特典を受ける事はありませんし、持っていないことで処罰されることもありませんが、自転車免許制度に賛同している加盟の自転車店などで点検が無料で受けられ、パンク修理などの修理が値引きになるなどの特典を受けられる場合もあります。

自転車免許の制度の詳細

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車免許制度が法律で定められたものではなく、あくまでも自治体や学校などの組織で独自に行われる講習などの制度である事はご紹介しましたが、自治体が導入しているものと学校などの組織が導入しているものでは異なりますのでご紹介します。

学校などの自転車免許は自転車通学に必要

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

学校などの組織で導入される自転車免許は、自転車通学を許可している場合に学校まで自転車で通学する場合などに必要となることの多い免許です。本来は認められていない自転車通学を特別に許可される免許なので、免許という言葉が持つ正しい免許ともいえます。

自治体などの自転車免許は特典も罰則も特になし

自治体などで独自に導入される自転車免許は特典も罰則も特にありません。自治体の条例で自転車の安全運転に関わるものなどが施行され、自転車の安全な使い方を啓発する。というものが根拠の場合もありますが、罰則などは規程されていません。あくまで交通安全意識の向上が目的の制度です。

自転車免許制のメリット

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車免許は取得していないことで罰則も無ければ、自転車の無免許運転で摘発されることもない、あくまで独自の制度です。自転車免許制にはさまざまなメリットがございますのでご紹介します。

交通安全意識の向上

自転車は子供からお年寄りまで誰でも自由に乗ることができる乗り物です。高校生以上になれば自動二輪などの免許を取得できるため、道路の走り方を学ぶ機会が増えますが小学生や中学生、幼稚園児などは道路の走り方を学ぶ機会が余りありません。また高校生であっても、3ない運動でバイクの免許の取得が制限されていることも少なくないでしょう。

お年寄りの場合は免許の取得から時間がたち交通法規を忘れてしまった、身体能力の低下で自転車に安全に乗れないということもあります。自転車免許は法的な効力を持たない独自の資格ではありますが、自転車の免許という形で道路の走り方を学ぶことで、交通安全意識の向上が見込める制度です。

特典があることも

自転車の運転免許は、法的根拠がないあくまで独自の講習の制度の名前なので、基本的には罰則も無ければ特典もありませんが、自転車免許制度の協会や自転車免許に賛同する自転車屋などで、特典を受けられることがあります。

特典内容は自転車の点検を無料で受けることができるや、パンク修理が割り引かれるなど自転車の安全や自転車の運用で役立つものがあります。

自転車免許制の問題

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車免許制度にはメリットがありますが、デメリットもあります。現在の自転車免許ではなく、法的根拠を持つ免許制度を導入した場合に想定される問題点などもあわせてご紹介します。

法的には何の意味もない

自転車免許という名前が付いていますが、法的には何の根拠を持たず何の意味もありません。すでに何度もご紹介しているように、自治体や学校などの組織で独自に行われている講習の制度の名前として使われているだけに過ぎません。

更新が無いので形骸化する恐れ

更新がある普通自動車免許など通常の法的根拠を持つ免許であってもペーパードライバーや交通法規を忘れてしまう問題点がある中で、現状の法的根拠を持たず更新制度がない自転車運転免許は、試験の時にだけ交通法規を覚えてその後は忘れてしまい、形骸化してしまう恐れがあります。

本当に制度化すると免許センターがパンクする

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

現状の自転車運転免許は法的根拠を持たない、あくまでも独自の講習制度の名前ですが、これを本当に普通免許や原付免許のような免許にしてしまうと、自転車の数や自転車を利用する人が非常に膨大なため免許センターが膨大な処理によりパンクしてしまう可能性があります。

さらに、導入時に現在免許を持っていない全ての人が一斉に駆け込む可能性があり、この問題に拍車がかかる可能性があります。

本当に制度化すると交通弱者がより弱者になる

健康意識やエコブーム、電動アシスト自転車の登場で自転車を普段利用する人は増えましたが、相変わらず自転車を主に利用するのは小中学生や高校生など免許の取得ができない、経済的にもまだまだ未熟で他の輸送機関を利用しにくい、そもそも交通機関がないエリアに住んでいるなど、交通弱者と呼ばれる人たちです。

更なる問題点は、小中学生や高校生は毎日の通学などで自転車を利用する機会が非常に高いため移動の需要が高いにも関わらず、利用できる交通手段が少ない点です。現状として気軽に利用できる自転車が免許制になり気軽に利用できなくなった場合に、ただでさえ利用可能な交通機関の少ない交通弱者から交通手段を奪う可能性があります。

本当に制度化した場合の経済的負担

自転車免許を、普通自転車免許などのような法的効力を持つ免許とした場合、現状として気軽に取れる原付免許でも無料で取得する事はで来ません。法的根拠を持つ免許として導入した場合に交通弱者の問題と合わせると、特定の人々に大きな負担となる可能性があります。

本当に制度化すると外国人観光客も困る

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車を免許が無ければ運転できないとした場合に、外国人観光客がレンタサイクルを借りる場合などにも問題が発生します。自動車の運転免許の場合、国際免許証や日本と同等水準と認められる免許制度の国の免許を持っている場合は、日本国内でも運転することができます。

自転車の運転免許を制度化している国はまだ無いため、日本国外の人が日本国内で一切自転車の利用ができなくなってしまいます。

自転車免許制はいつから始まるのか

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

独自に行われている自転車免許制度は既に始まっていますが、法的な根拠は持っていません。あくまで提起的に行われている交通安全講習や交通安全教室の名前といえますが、普通自動車免許のような無ければ運転することができないような制度化は当面行われません。

自転車免許を制度化した場合は、既にご紹介したようなさまざまな問題点が発生してしまい、その問題のクリアが難しいために現状としては議論の話題として登場するだけです。

自転車免許の取り方

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車運転免許は各自治体や学校などの組織で独自に行われている制度なので、統一された取得方法はございません。また子供とお年寄りだけを対象としている場合など、取得の対象となる人々もさまざまです。基本的には定期的に開催される交通安全教室や交通安全講習の一環ですので、それらに参加することで取得できます。

小学校では授業の一環として取得できることがある

小学校では、交通安全教育の一環として授業として自転車運転免許が取得できることがあります。従来から行われていた交通安全教室の新たな名前とも言える自転車免許ですが、小学校などが独自で自転車に乗っても良いとする自転車免許を発行している場合もあります。

多くの場合は子供が対象

大人になれば、自動車の免許などで交通法規を学ぶ機会が増えますが、子供の間はそういった機会が少なくそれを補う形で行われているのが自転車免許制度ですので、多くの場合は自転車免許を取得できるのは子供だけです。ただし、大人でも取得できる場合がございますので、取得したい場合は各自でお調べください。

自転車免許をとる費用

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

自転車免許を取得する費用は現在はほとんどの場合無料が多いようですが、統一された制度ではなく独自に行われている制度ですので、取得を考える場合はご自身でそれぞれの自転車免許講習を行っている場所へお問い合わせください。

現在はイベントなどで行われる出張講習安全教室や、定期的に行われている交通安全講習などに申し込み、そこでの講習を受けて試験をパスし、場合によっては実技試験も行い取得できます。また、ご紹介のように学校の授業の一環として出張で自転車免許講習が行われる場合もあります。これらは多くの場合無料です。

自転車を安全に使おう

自転車免許制はいつから始まるのか・取り方・問題・メリット

現状は誰もが自由に乗れる自転車は免許は必要ありませんが、法律上は軽車両と呼ばれる車両です。自転車が加害側となる人身事故も少なくありません。悪質なマナーの自転車も問題視され始めています。自転車は自転車免許などの資格なしで誰もが乗れるからと油断せず、自転車を安全に使いましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related