Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

牽引免許の取得方法・費用目安・難易度・コツ・正式名称・種類

牽引免許の取得方法・費用目安・難易度・コツ・正式名称・種類

運転免許の中でも牽引免許は難関とされている免許です。あまり知られていませんが、所持しているとキャリアアップやプライベートを大幅に充実させることができる免許なので、ここで紹介した方法やコツ、費用などを参考にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2018年06月15日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年06月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ!

ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。

もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが?

またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますのでトラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

牽引免許の取得方法

牽引免許とは、「自走できない車両総重量750kgを超える車(重被牽引車)」を牽引する場合に必要な免許です。牽引免許の取得方法について紹介します。

一発試験

自分ひとりで独学で練習し、直接運転免許試験場で技能試験を受ける方法があります。いわゆる一発試験と呼びます。一発試験の場合、費用が安く済むというメリットはありますが、難易度が極めて高く合格率はかなり低いです。合格するまで何度も挑戦して、かえって費用や時間がかかるというケースもあります。

一発試験は、技能卒業検定に合格した後、運転免許試験場での視力検査などの適性検査をクリアすれば、牽引免許を取得することができます。

練習する環境が確保できない場合は、教習所に通った方が安く済む場合もあります。試験を受けるだけではありますが、試験の回数分だけ独学で練習する時間も多くなるので、必ずしも拘束時間が短いとは限りません。

教習所

公安委員会より指定された教習所に通いながら、決められた時間と検定を行って免許を取得する方法があります。独学で一発試験を受ける場合に比べると費用や時間はかかりますが、合格率は、一発試験より高くなります。

教習所の場合は、入校後に適性検査(聴力検査や視力検査など)を受け、12時間の技能教習を受けます。第一種牽引免許取得の際に学科はありません。その後、技能卒業検定を受け、合格後に運転免許試験会場での視力検査などの適性検査をクリアすれば、牽引免許を取得することができます。

教官から上手く運転するコツたヒントを教えてもらいながら、じっくり練習ができるので卒業試験の合格率は高いです。自分のペースで練習でき、スケジュール管理もしやすいため、仕事をしながら取得したい人にはお勧めです。

合宿

教習所が行っている合宿に参加するという方法があります。あらかじめカリキュラムを組んであるので、短期間で効率よく免許を取得することができます。一発試験に比べると費用はかかりますが、パック割があったり、大型免許など、他の免許を同時に取得することができるなど、サービスが充実しているのも特徴です。


決められたスケジュールで短期間で取得を目指すので、すぐに牽引免許が必要な場合や、長期的な休みが取れる人にはお勧めです。

牽引免許取得にかかる費用・料金目安

牽引免許習得にかかるおおよその費用を、一発試験、指定教習所、合宿に分けて紹介します。

一発試験の費用

一発試験は独学なので、取得費用は、試験手数料6,100円のみになります。内訳は、受験料2,600円、試験車使用料1,450円、免許交付料2,050円となります。


ただし一発試験の場合、合格率がかなり低く、一回で合格することはかなり難しいといってよいでしょう。何回も受験し合格するまで結果的に時間も費用も費やしてしまう可能性も考慮した上で決めてください。

教習所・合宿の費用

教習所に通う場合にかかる費用は約10万~15万円、合宿の場合は約12万~16万円が相場と言われています。また、合宿で相部屋の場合は部屋代込みですが、個室希望の場合は別途料金が発生するところが多いでしょう。

合宿は、教習所によって、入学金・学科教習料、検定料、適性検査料、教材費、保険料など教習に関する基本料金がすべて含まれるパック割や、牽引免許と大型免許とセットで取得できるセットプランなどもあります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

牽引免許取得の難易度

難易度が高いと言われている牽引免許ですが、第一種牽引免許と第二種牽引免許に分かれています。それぞれの難易度を合格率から考察していきます。

牽引第一種免許

まずは、牽引免許を取得するまでに「普通免許」「大型免許」「大型特殊免許」のうちいずれかを所持していることが必須条件です。

牽引免許の取得は難しいと言われています。そのなかでも、牽引一種免許と牽引二種免許では難易度に大きな差があります。平成29年の警察庁の「運転免許総計」のデータによると、牽引一種免許の合格率は次のようになっています。

受験者数28,317人中、合格者数23,519人で、合格率は83.1%になります。うち、82%にあたる19,345人が「指定自動車教習所」の卒業者であることから、自動車教習所で試験を受けると高い確率で合格できる傾向にあります。

牽引第二種免許

受験者数は2,052人で合格者数は445人となっています。牽引第二種免許の合格率は21.7%となっており、免許を取得するまでに平均4回~5回ほど試験を受ける人の割合が高いです。

第二種免許を取得するためには最初に学科試験を受け、次に技能試験に合格しなければなりません。さらに合格した後、応急救護講習、旅客者講習を受講して免許が交付されます。一種の学科試験の合格率が約70%に対して、二種の合格率は35%ほどで約半分にまで落ち込みます。

学科試験も応用が多く難易度が高いですが、技能試験は極めて難しくなっています。試験は100点からの減点方式になっていますが、牽引一種免許が70点以上で合格に対し、第二種牽引免許は80点以上を合格としています。

技能試験で最も難しいと言われているのが「方向転換」で約70%の人がここで失敗してしまいます。

牽引免許取得のコツ

牽引免許取得のコツについて考察してみました。体で覚えるしかないのですが、最も難しいとされる「方向転換」の気を付けるべきポイントと、シュミレーション用のアプリを紹介します。

方向転換

Bottom banner

牽引免許取得で、山場とされているのが方向転換です。方向転換の際は、ヘッド部分とトレーラー部分がまっ直ぐになっていることが求められます。また左折する際に、いかに余分に膨らまずに曲がれるかが、合否を分けます。

大型車独特の内輪差や、エアブレーキの揺れなどにも慣れる必要があるでしょう。普通のバックと違って、逆ハンドルを切らなければならないので、慣れるまでは難しく感じる人もいるでしょう。

第一種牽引免許は技能中心の試験で、課題は方向転換とS字走行しかありません。

ポイント

方向転換のコツは、車庫入れの動きの体得です。車体を折り曲げながらバックして最終的に車体を一直線に伸ばす動きです。

牽引車のバック時は、ヘッドの首振り方向と逆に角度がつきます。切り返しのポイント側路側帯は1メートル前後のスペースが必要なので、切り返しポイントから多めに距離を取りましょう。

普通車ならハンドルを左に切ってバックしますが、牽引車の場合は、右切りが基本です。車体の折れを見ながら、ハンドルはいったん戻し、それからハンドルを左に切って、微速後退しながら角度を調節しましょう。

慌てると、折れすぎてしまいます。試験場で使用する車は全長が長いので、入れたいポイントを頭でイメージして、ゆっくりハンドルを切りましょう。

スマホアプリなどでシュミレーションするのも有効です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

牽引免許が不要で牽引できる重量

車両総重量が750kg以下の車両を牽引する場合や、故障車をロープやクレーンなどで牽引する場合には、牽引免許は必要ありません。とはいえ牽引免許が必要ない牽引は、トラブル解決などの特別な目的がない限り、体験することが少ないでしょう。故障車の牽引であれば、どれだけの車両総重量でも牽引免許は不要になります。

最近では趣味としてアウトドアを楽しむ人が増え、小さなキャンピングカーで車中泊できるような内装を備えた車もじわじわ人気が出ています。750kg以下ならば、普通免許で運転でき維持費もそれほどかかりません。アウトドアだけでなく、居住スペースやオフィス、災害時などに活用することもできます。

牽引免許の正式名称

牽引免許は、道路交通法第84条で「牽引免許」と呼称されています。第二種牽引免許と区別して「牽引自動車第一種運転免許」としても構いませんが、履歴書に書く場合は、シンプルに「牽引免許」と書くことが多いです。

牽引二種免許を取得している人は、2ではなく、漢数字の二を使用するようにしましょう。

牽引免許の種類

牽引免許の種類を紹介します。

牽引自動車免許

750㎏以上のトレーラーや台車に載せた荷物などを乗用車に連結させて移動させるために必要なのは第一種免許です。

牽引免許というと、この免許を指すことが多いでしょう。

牽引二種免許

お客さんを乗せて走るトレーラーバスなどを運転するときに必要な第二種免許です。牽引二種免許の実用性はゼロに近いのですが、運転免許の最高峰と言われており、主に免許マニアの2,000人が毎年受験しています。

トレーラーバスは、電車のように車両を連結させていますが、普段はあまり見かけることはありません。日本の路線バスでは、東京都西多摩郡日の出町にある「生涯青春の湯 つるつる温泉」とJR五日市線、武蔵五日市駅を結ぶ、西東バス「青春号」があります。

牽引小型トレーラー限定免許

通称「ライトトレーラー免許」と呼ばれる免許です。750~2,000㎏以下のトレーラーに限定して牽引できます。自分の所有する小型トレーラーがあるときは、「限定条件付きの牽引免許」というのも一つの選択肢です。

ただし取得条件には以下のような注意点があります。牽引第二種免許と同じで、自動車教習所での講習、試験は受けることができないという難点があります。試験を受けるときは運転免許試験場に前もって連絡しなければいけません。受験者は運転できないので、すでに牽引免許を持っている人に運転してもらい、持ち込むことになります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

キャリアアップや余暇の充実に役立つ牽引免許

牽引免許そ取得することで、仕事の幅が広がり、昇給の難しいトラックの運転手をはじめ、多くのドライバーがキャリアアップをはかることができます。また、資格を持っているとアウトドア、簡易オフィスなど趣味や実生活を充実させる際にも活躍できます。

今まで見てきたように、牽引免許の取得は簡単ではありませんが、だからこそ公私ともに一目置かれる免許です。一発試験や教習所など、自分のスキルとライフスタイルに合った方法を選んで、牽引免許取得に挑戦してみましょう。

交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ!

ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。

もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが?

またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますのでトラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人