Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

大型特殊自動車免許取得方法・費用目安・乗れる車・一発取得コツ

大型特殊自動車免許取得方法・費用目安・乗れる車・一発取得コツ

こちらの記事では、大型特殊免許について詳しく記載しております。大型特殊免許の取得方法や、取得までの期間また、大型特殊免許の一発合格のコツなどをご紹介しております。自身に合った大型特殊免許の取得方法をお探しの方はぜひご参考にされてください。

初回公開日:2018年06月26日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年06月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ!

ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。

もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが?

またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますのでトラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型特殊自動車免許を取得しよう!

世の中には、さまざまな免許があります。その中でも、仕事上で使用する事の多い「大型特殊自動車免許」という免許証が存在します。一般の方は聞きなれない免許証の種類かもしれません。しかし、大型特殊自動車免許は土木関係のお仕事をされている方や、特殊な車両を使って作業をしていくお仕事などではとても重要な免許証になってきます。

今回は、そんな大型特殊自動車免許取得方法や、大型特殊自動車免許取得料金、一発で取得する方法などをご説明していきます。これから、大型特殊自動車免許を取得しようと思われている方はぜひご参考にされてください。

大型特殊自動車免許の特徴

大型特殊自動車免許と言っても、ただ大型の車両に乗れるという訳ではありません。どのような車両のための免許なのでしょうか。大型特殊自動車免許の特徴を見ていきましょう。

作業車が公道を走るための免許

仕事上で使われる工事用の車や、除雪車、道を清掃していく路面清掃車など特殊な大型の車両を公道で走らせるための免許です。大型特殊自動車免許は、あくまでも公道のための免許ですので作業を行う際はその作業車のための作業用免許が必要になります。主に、会社などから作業現場への大型特殊車両を動かすさに使われます。

大型特殊自動車免許の注意点

大型特殊自動車免許を取得しているからと言って、全ての公道で運転できる訳ではありません。また、大型特殊自動車車両は時速50km以上出す事はできず、速度制限のある道路や進入禁止の道路も存在します。仮に、その道を作業上どうしても通らないといけない場合は、道路を管轄している場所への申請が必要となってきます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型特殊自動車免許の種類

大型特殊自動車免許にも種類があります。では、種類ごとにどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

第1種免許と第2種免許がある

大型特殊自動車免許にも、第1種と2種があります。しかし、大型特殊自動車車両を使用してタクシーのように人を乗せて料金をいただく事は、考えにくいので1種免許だけの取得で良いでょう。

大型特殊自動車免許の限定免許がある

大型特殊自動車免許にも限定免許があります。カタピラに限るという限定免許であって自衛隊の方が運転する戦車などの大型特殊自動車車両を運転するさいに使用する免許です。一般の仕事上では、限定免許は自衛隊などでない限り使用することはありませんので、普通の大型特殊自動車免許で良いです。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

小型特殊免許もある

小型特殊免許になると、長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.80m以下、最高速度は15kmとなっています。農作業用のトラクターなどを公道で運転するさいに使用されるので、農家の仕事をしている方が主に取得される免許です。

大型特殊自動車免許取得方法は?

大型特殊自動車免許を取得したい場合は、まず取得手段を知る必要があります。では、どのような機関を利用し大型特殊自動車免許を取得していけば良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

教習所で取得できる!

大型特殊自動車免許を取得するさいに、一番簡単な取得手段は、大型特殊自動車免許の取り扱いのある教習所で取得する方法です。実は、大型特殊自動車免許は教習所で取得する場合は、6時間の技能講習のみで取得することができます。

また、教習所内での講習のみになりますので、実際に公道に出て教習することが無いのが特徴です。6時間の講習を受けた後、卒業検定を受ける事ができ見事合格すれば、大型特殊自動車免許を発行することができます。なので、1日2時間の講習が可能でしたら3日講習+卒検合格日数で大型特殊自動車免許が取得できてしまいます。

大型特殊自動車免許の平均合格期間は、一週間ほどなので仕事をしながらでも安易に取得することができるでしょう。

教習所が少ないのが特徴!

大型特殊自動車免許を取得するには、広い土地が必要になります。しかし、都心など土地が狭い教習所などでは十分な敷地がとれないため、大型特殊自動車免許を扱っていない教習所が多いです。なので、都心から少し離れた教習所や、比較的広い土地が取れている教習所を探す必要があります。

今は、ネットで安易に大型特殊自動車免許を扱っている場所を探すことができるので、ネットなどを使い近くの教習所を探すことをおすすめします。

合宿所でも取得できる!

合宿所で取得する場合は、4日ほどの期間で免許取得までたどり着けます。合宿することで短期に集中して講習を受けていくため早く取得できます。大型特殊自動車免許を取得する場合、一番早い方法と言えるでしょう。また、夏休みやGWなど大型連休を活用しての免許取得もできるので中々休みが取りにくい方でも即座に免許を取得できるのでとてもおすすめの取得手段です。

大型特殊免許取得の条件

大型特殊免許取得条件は、普通免許と変わらず、満18歳以上、教習所内での視力検査合格、識別判断、運動能力、運転に支障をきたす持病の有無、、聴力検査などに問題がない方が取得対象となります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型特殊自動車免許の取得料金の目安

大型特殊自動車免許は、教習所や合宿所で取得できることがわかりましたが、費用はどのくらいかかるのでしょうか。場所ごとに取得の平均費用を見ていきましょう。

Bottom banner

教習所の平均料金は?

教習所で取得するさいには、普通免許を持っていれば、平均10〜13万とされています。また、普通免許を持っていない場合は平均17〜20万ほどかかります。また、教習の期間は3ヶ月なので、3ヶ月以内に取得しないとまた料金を払わなければなりませんので、必ず3ヶ月以内に取得するよう心がけましょう。

合宿所の平均料金

合宿で大型特殊自動車免許を取得する場合は、平均8〜13万程です。教習所よりも、若干安い傾向にあります。

一発で取得する平均料金

一発で取得する場合は、平均6.700円+合格するまでの期間の料金がかかります。ぱっと見、凄く安くおすすめの方法だと思ってしまいがちですが、一発での合格率はとても低く試験時間や試験日も限られますので教習所や合宿所で講習を受けて確実に取得して行く方法がおすすめです。

何かしらの理由で、大型特殊自動車免許を失効してしまい運転歴がある方などは合格率がぐんっと上がりますので一発取得を行うのも良いでしょう。

大型特殊免許を一発で取得するコツ

大型特殊自動車免許は、先ほど述べたように一発で取得する方法が一番費用がかかりません。ですので、何とか一発合格をしたいと考える方も多いでしょう。では、大型特殊自動車免許を一発で取得するコツはどのようなものなのでしょうか。見ていきましょう。

大型特殊自動車免許のメリットデメリット

まず受験する前に、大型特殊自動車免許のメリットとデメリットをご説明しておきます。こちらを、わきまえての受験になりますので必ず確認しておきましょう。

メリット

費用は、平均6.700円ととても安いです。また、うまくいけば最短1日で大型特殊免許取得が可能です。教習所での講習を受ける時間も必要なく、負担はとても軽いものです。

デメリット

一発合格率はとても低く、初心者ではほぼ無理でしょう。また、うまくいけば最短1日であり、何度も落ちれば教習所や合宿所よりも時間を使ってしまう恐れもあります。試験日は、平日のみとなっており仕事をされている方は中々難しい条件となります。

試験内容も当日まで分からないため、練習する手段もなく免許も無いので公道を走らせる訳にもいかないので、事前準備がとても難しいです。このように、メリットよりもデメリットの方が圧倒的に多いことを理解しておきましょう。

大型特殊車両の運転のコツ

大型特殊車両を、普通車などと同じと思って運転してはなりません。大型特殊車両には、内輪差がほぼ無いのが特徴です。なので普通車のように曲がってしまうと、大回りしてしまい対向車や後続車への危険行為とみなされて原点の対象となります。なるべく、縁石から離れぬよう運転するのがコツです。

直線走行は25キロ

直線走行時は、25キロの最高速度が必要です。大型特殊車両は、以外とスピードが伸びませんので直線が終わる前に25キロ出してしまわないといけません。最高速度が一瞬でも25キロに到達できれば良いのでアクセルは全開に踏み込んで良いでしょう。25キロに達したら一度アクセルペダルを弱め25キロ以下で運転しても良いです。

あまり、長時間25キロでいると教習所によっては直線にデコボコが施されている場所もありデコボコでの振動がとても強くなってしまいますので、一度25キロまで上げてしまえばある程度の速度で運転していきましょう。

フラつきが多い!

大型特殊車両は、その車体の特徴で外部環境に弱くフラつく事が多いです。風の影響をもろに受けてしまったり、右折時に運転席は左を向いてしまったりと普通車では考えられないような事も起こります。

また、デコボコ道にも弱くもろに地面からの振動を受けているように感じます。まずは、その試験場の試験車両を知る事が一番の運転攻略法です。事前に確認しておきましょう。

コースを覚える!

試験開始前に、コースの説明が行われます。コースは単純なものが多く安易に覚えられますが、メモを忘れないようにしましょう。本番中緊張のあまり忘れないように、何度もコースチェックをしましょう。試験中にメモを見てはいけません。

運転終了時も気を抜かず!

運転が終了し、ほっと一息いきたいところですが、サイドブレーキを引くのを忘れてしまう方が非常に多いです。普通車同様、サイドブレーキは運転終了時にとても大切な最後の工程です。最後まで、気を抜かず気をつけましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型特殊免許で運転できる車種

大型特殊免許で運転できる代表的な車種は、ショベルカー、クレーン車、など工事の現場で使用されるものや、除雪車、路面清掃車、などの公道を掃除する車、農作業時に使用される車など、作業車全般を運転することが可能です。

特殊な車種を公道で移動させることができるため、土木関係へ進みたい方は面接時とても有利な資格保有者とみなされるでしょう。また、大型特殊免許を持っているため、手当てなどが出る所も多いです。

大型特殊免許の正式名称

大型特殊免許を保有している場合、履歴書などの資格欄には、どのように名称を記載すれば良いのでしょうか。見ていきましょう。

大型特殊免許の履歴書への書き方

大型特殊免許の正式名称は、「大型特殊自動車免許」です。免許証自体には、「大特」と記載されていますが履歴書などに記入する場合は、大型特殊自動車免許と記入しましょう。一種か2種を問われる事はほぼ無いですが、多くの方は一種で取得されているので問われた際、一種で取得していたらそれを伝えましょう。

大型特殊免許で特殊車両を運転しよう!

いかがでしたでしょうか。大型特殊免許は、以外と簡単に取得でき、取得までの期間もとても短いことが分かりました。また、大型特殊免許を保有している事により、仕事の幅も大いに広がりとても重要な人材として見なされるでしょう。

仕事上で、とても活躍のできる優れた免許です。ぜひ、大型特殊免許を取得し大いに活躍をしていきましょう。

交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ!

ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。

もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが?

またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますのでトラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人