Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

免許書き換えの方法・かかる時間の目安・場所・期間間隔・費用

免許書き換えの方法・かかる時間の目安・場所・期間間隔・費用

初めての免許書き換えや引っ越し先の免許書き換え事情、数年に一度の事で忘れていることもあるのではないでしょうか。各都道府県の免許センター・警察署によって手続きが違うこともあるのをしっていますか。免許書き換えの案内ハガキをなくした時はどうしますか。

初回公開日:2018年06月20日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年06月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


免許書き換えの方法は?

免許の書き換えは、免許証の有効期日までに必ず行う必要があります。住んでいる県の免許センターや警察署に行き、免許書き換え手続きをしましょう。

免許証の更新は数年に一度しかないため、どうしてもやり方を忘れてしまいがちです。免許書き換えのための必要書類や免許証の書き換えをするために必要な情報をご紹介します。

免許書き換えが近くなると、お住まいの都道府県の公安委員会から免許書き換えのお知らせハガキが送付されてきます。

免許書き換えにかかる時間は?

免許書き換えをする事になり、手続きにはどれくらい時間がかかるのか気になるのではないでしょうか。施設別に免許書き換えに時間がどれくらいかかるのかご紹介します。

免許センターではどれくらい時間がかかる?

免許センターや試験場で更新するデメリットですが、混雑していて待ち時間が長いことです。すいていれば免許書き換えは2時間くらいで終了し免許証を受け取れますが、混雑していると免許書き換えだけで1日かかってしまうこともあります。

警察署ではどれくらいかかる?

「免許センターや試験場が遠い」「行く時間がない」という人は、警察署で免許書き換えができます。警察署で免許書き換えができるかどうかは、各都道府県によって違うので住んでいる地域の警察署で、免許書き換えを受け付けているか確認をしましょう。

免許センターは試験場がある地域では、免許書き換えを受け付けていないところもあります。警察署で免許書き換えをした場合、受け取ることができるのは講習を受けた後になります。免許書き換えの申請をしてから2~4週間かかるでしょう。

免許書き換えができる場所は?

免許書き換えは・免許センター・運転免許試験場・住んでいる地域を管轄している警察署の、3ヶ所で書き換え手続きをすることができます。

免許センターでは?

免許センターや試験場での免許書き換えをすると、その日のうちに新しい免許証を受け取ることができます。また、免許証で使う写真も手続きの途中で撮ってくれるので、用意して持っていく必要がありません。

ただ、上記の「免許センターではどれくらい時間がかかる?」で紹介したように、すいている時は2時間くらいで終わりますが、混んでいる時は1日かかってしまうこともあるので混みそうな曜日は避けるといいでしょう。

警察署では?

「免許センターや試験場が遠い」「行く時間がない」という人は、警察署で免許書き換えができます。警察署で免許書き換えができるかどうかは、各都道府県によって違うので住んでいる地域の警察署で、免許書き換えを受け付けているか確認をしましょう。

警察署での免許書き換えは都道府県で違う?

引っ越しなどで住む場所が変わってしまった方は一度確認をしておいくと、免許書き換えの案内が届いたときに慌てなくてすむでしょう。一部の都道府県ですが、免許書き換えができる人、免許書き換えができる警察署や受付時間などを紹介します。

東京都では?

「書き換えできる人」優良運転者

「書き換えできる警察署」・田園調布・世田谷・成城・板橋・石神井・下谷・竹の塚・本所・立川・青梅・高尾・町田に住んでいる方のみ管轄している警察署で手続きできます 。

「書き換えできる曜日」・月曜~金曜※祝日・振替休日・年末年始を除く

「受付時間」・8:30~11:30・13:00~16:00 までです。

島部警察署では、運転者講習の区分に関係なく申請することができます。

大阪府では?

「書き換えできる人」・優良運転者・一般運転者・初回更新者・違反運転者・高齢者講習受講済者

「書き換えできる警察署」・大阪水上・関西空港署を除いた府内の警察署ならどこでもできます。

「書き換えできる曜日」・月曜~金曜※祝日・振替休日・年末年始を除く

「受付時間」・9:00~17:00 までです。

初回更新者は、なぜ免許センターで書き換えするの?

Bottom banner

初回更新者違反運転者やの書き換えの講習は2時間と規定されており、警察署には2時間の講習を行う施設、十分な駐車場施設を確保することが困難です。

免許書き換え期間の間隔はどれくらい?

免許書き換え手続きは、3年または5年に一度しか行いませんので、更新方法を忘れてしまうことも多いのではないでしょうか。

免許証には有効期日が記載されています。有効期日は自分の誕生日の1ヶ月先の日付になっています。免許書き換え期間は、免許書き換えをしなければならない年の誕生日の前後1ヶ月間と決められています。

免許書き換えをしなければならない年の誕生日の35日前までに、自分が住んでいる都道府県の公安委員会からハガキが自宅へ送付されてきます。ハガキには書き換え場所、書き換え期間、受付窓口、受付日時、講習区分、講習時間、手数料、当日の持ち物・必要なものなどが記載されています。なくさないように気をつけましょう。

免許書き換えにかかる料金・費用の相場は?

免許書き換えにかかる料金・費用ですが一般講習、初回講習など講習区分によって免許書き換えの料金は違ってきます。

一般的には、「優良運転者」3,000円「一般運転者」3,300円「違反運転者」3,850円「初回更新者」3,850円

となっています。

免許の書き換えに必要な持ち物は?

免許書き換えには書類などが必要ですが、メガネやコンタクトをしている人は必ず持っていきましょう。メガネやコンタクトを忘れてしまうと、もう一度手続きをしなくてはならない場合があります。眼鏡やコンタクトがあわなくなってきている人は、免許書き換え前にあらかじめ調整しておきましょう。

視力検査は、視力検査専用の検査機を使って行います。係員に申請書と免許証を渡すさいに眼鏡、コンタクトレンズを使用していることを申し出ましょう。

どんな書類が必要?

免許書き換えのハガキで持ち物・必要書類を確認しましょう。基本的な必要書類は、運転免許証・免許書き換えの通知(ハガキ)その他、必要な場合は住民票の写しなども必要になります。

写真は必要?

写真撮影の部屋へ行き顔写真の撮影をおこないます。ここで撮影された写真が新しい免許証の写真になります。係員の指示に従って撮影してもらいましょう。

写真は持ち込みもできますが、必要なサイズや服装など細かい条件があり、なんでもいい訳ではなく派手な服装だと許可されないことがあります。

旧免許証はどうなるの?

免許センターで免許書き換えをした場合、現在保有している免許証に上書きするのではなく新たに発行された免許証を更新時に受け取ります。つまり、古くなった免許証は不要となり、免許センターで回収され、物理的な方法で破棄されます。

何も言わず返却してくれる免許センターもあるようですが、記念に古い免許証を集めたい方など、古い免許証が欲しければ申請しましょう。申請と言っても、何か手続きをするわけではなく受付の時や古い免許証を回収している時、写真撮影の時に伝えるといいでしょう。

海外にいる間に免許証の期間が切れそうな時は?

海外に行く前に前もって書き換えの手続をすることができます。すでに免許証の更新期間に入っているときは、通常の書き換え手続をすれば大丈夫ですが、書き換え期間の前だった場合は、通常の手続書き換えに必要な書類のほかに、海外旅行に行くことを証明する書類(パスポートなど)が必要になります。

案内のハガキをなくしてしまったら?

ハガキが無くても免許を更新をすることはできます。書き換え期間内に免許センターや警察署などで手続きをしましょう。

通常は書き換えの受付窓口で運転免許証と一緒に案内ハガキを提出します。しかし、なくしてしてしまった場合は、受付窓口で「免許書き換えの案内ハガキを無くしてしまった」と伝えてください。

講習区分などを確認するために改めて別の窓口での手続きをすることになったりなど、ハガキを持参した時とくらべて時間がかかる可能性があります。免許書き換えの手続きは問題なくできるので安心してください。免許センターの施設によっては案内ハガキを持ってない方向けに案内が出ているところもあります。

免許の書き換えは事前に準備をしておきましょう

免許書き換え時に、気になるのが場所・必要書類・時間・手続きの流れ・混み具合・講習・視力検査などではないでしょうか。

免許の書き換えは数年に一度のことです。事前に準備して忘れ物せず、混んでいる日や混んでいる時間をさけて、できるだけ短い時間でスムーズに書き換え手続きを終わらせましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related