Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月12日

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ゴールド免許とは、有効期限の部分が金色になっている免許証のことで、優良な運転手に対して与えられるものです。この免許を保持していることで、様々な優遇を受けることができます。本記事では、ゴールド免許を取得するための条件とそのメリットについて解説します。

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ゴールド免許になる条件やメリットとは?

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ゴールド免許とは、有効期限の部分が金色になっている免許証のことで、優良な運転手に対して与えられるものです。ゴールド免許の有効期限は最大で5年となっています。ゴールド免許という名前を聞いたことがある人は多いでしょうが、実際にどのような条件を満たせばゴールド免許を取得できるのかや、ゴールド免許を取得するメリットについては知らない人が多いのではないでしょうか。

本記事では、ゴールド免許になるための条件や、ゴールド免許を取得することのメリットについて解説していきます。

ゴールド免許とは?

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ゴールド免許の正式名称は、「優良運転者免許証」と言います。運転免許証は、その有効期限の部分の地の色がグリーン、ブルー、またはゴールドのいずれかになっています。その部分の色がゴールドになっているものが通称「ゴールド免許」と呼ばれ、優良な運転者に与えられます。

ゴールド免許になるための条件

ゴールド免許になるためには、原則として以下の2つの条件を満たすことが必要です。

免許を5年以上継続して所有している

初めて免許を取得すると、有効期限の地の部分の色がグリーンの免許が交付されます。この免許の有効期限は、免許取得日から二年以上三年以内にくる誕生日の一か月後までとなっているため、この期間に免許の更新をする必要があります。この更新を終えると、有効期限の地の部分の色がブルーの免許が交付されます。この免許の有効期限は3年間となっています。

このブルー免許を更新する際に、免許を5年継続して所有していることになりますので、ゴールド免許を交付される資格を得られることになります。

免許証の更新忘れなどの理由により免許が失効してしまった場合は、失効日を基準として、そこから5年間経過後にゴールド免許を交付される資格を得られることになります。

過去5年間無事故・無違反であること

免許更新年の誕生日から40日前にあたる日付までの過去5年間「無事故・無違反」の場合、免許更新の際にゴールド免許が交付されることになります。この誕生日40日前というのが、ゴールド免許になるか否かの判定日となります。

最短でゴールド免許になる条件

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ゴールド免許となる条件として、無事故無違反で免許を5年間保持していることが必要だということがわかりました。では、このゴールド免許を最短で得るためには、どのような条件を満たせば良いかを解説していきます。

誕生日の前に免許を取得する

これはまだ免許を取得していない人に限って有効な方法です。同じ誕生日の2人を比較した場合、誕生日直前に免許を取得した人と、誕生日直後に免許を取得した人とでは、前者の方が初回の免許更新が1年早くなります。1回目の免許の更新期限は、免許取得日から二年以上三年以内にくる誕生日の一か月後までとなっているためです。

2回目の免許の更新は、1回目の免許更新のさらに3年後となっています。そのため、誕生日の前に免許を取得することで、あとは「無事故無違反」という条件を満たせば、取得から最短の期間でゴールド免許を得ることができます。

ゴールド免許になる期間の計算に注意

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ただし、ここでゴールド免許になる期間の計算に注意することが必要です。ゴールド免許になるか否かの判定日は2回目の免許更新年の誕生日の40日前です。そのため、誕生日の40日前から誕生日当日までの間に免許を取得してしまうと、判定日に過去5年の無事故無違反という条件をギリギリ満たさなくなってしまいます。

その場合、もう一回免許が更新されるのを待たないとゴールド免許を交付されず、ゴールド免許の取得日が5年ほど遅くなってしまいます。これを防ぎたいのであれば、誕生日の40日前から誕生日までの間に免許を取得するのはおすすめできません。

免許を併記するタイミングに注意する

これは途中で新たな免許を追加する場合においての注意です。例えば、既に普通自動車の免許を取得している人が、追加で二輪自動車の免許を取得し併記する場合が挙げられます。

併記のタイミングが誕生日前であるか誕生日後であるかによって、ゴールド免許取得の時期に差が出てくる場合があります。新しい免許を併記した場合、その免許の更新期限は併記から二年以上三年以内にくる誕生日の一か月後までとなっています。そのため、この更新期限をもって免許の所有期間が5年間にギリギリ達しない場合、ゴールド免許取得のためにはさらに3年後に来る次の更新を待たなくてはいけません。

免許を併記したいと考えている人で、ゴールド免許をできるだけ早く保持したい場合は、併記のタイミングをよく考えるようにしましょう。

無事故・無違反に最大限気を付ける

違反点数としてカウントされない軽微な物損事故やミスであれば、ゴールド免許の取得は可能です。しかし、注意を払っていても運悪く違反切符を切られてしまう場合もあるので、ゴールド免許を保持したい方で運転をするという方は、当然のことではありますが、安全には特に注意を払うべきです。

ゴールド免許のメリット

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

さて、ここまではゴールド免許を取得するための条件について説明しました。ここからは、そのゴールド免許を取得することによるメリットについて解説していきます。

運転免許の更新が簡単に安くできる

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ゴールド免許保有者は、過去5年間無事故無違反の優良ドライバーということになります。そのため、他のドライバーと比べて、免許の更新時の講習の時間が短いなどの優遇を受けることができます。

更新頻度が少なくて済む

グリーン免許・ブルー免許の有効期限は、「過去5年間に軽微な違反1回のドライバー」を除き、基本的に3年となっています。一方で「ゴールド免許」の場合は、更新期限が前の更新から5年後となっています。ただし、70歳以上のドライバーはゴールド免許であっても3年間の有効期限となっているので注意しましょう。

免許更新時の講習が短くなり、更新手数料が安くなる

グリーン免許・ブルー免許の保有者が免許の更新をする場合は、120分または60分の講習を受ける必要があります。しかし、ゴールド免許を保有している優良運転者の場合、講習時間は30分と短くなっています。

また、更新手数料も、ゴールド免許の場合は500円となっています。これも一般運転者・違反運転者よりも300~850円安くなっています。

自動車保険の保険料の割引を受けられる

任意自動車保険に加入している場合は、その保険料の割引を受けることができます。ゴールド免許を保有している人は、事故に遭うリスクも少ないと考えられるからです。

保険会社により差はあるものの、保険料の割引率は概ね3~10%ほどとなっています。他にも、ゴールド免許を取得した場合には、家族にも割引が適用される場合や、生命保険でも割引を受けられる場合などもあるので、保険会社に問い合わせてみるのが良いでしょう。

SDカードを取得できる

SDカードとはSafe Driverカードのことで、自動車安全運転センターが発行する無事故無違反の証明カードのことです。SDカードを持っていると、全国にある優遇店にて、ガソリン代や食事代、宿泊代などの割引を受けることができます。

ゴールド免許の運転者が違反をした場合

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ゴールド免許の保有者が一回でも違反をした場合、次の免許更新時にはゴールド免許を取得できません。次の免許更新まではゴールド免許を所持することができますが、免許を更新するとブルー免許となります。

ブルー免許となってから、再びゴールド免許に戻るための期間には以下の2パターンあります。

3点以内の軽微な違反を1回のみの場合

ブルー免許の有効期限は5年間です。したがって、ブルー免許に更新してから無事故無違反であれば、更新から5年でゴールド免許に復帰することができます。

4点以上の違反または3点以内の違反を2回の場合

この場合のブルー免許の有効期限は3年間です。そのため、ブルー免許の有効期限終了時に、最後の違反から5年が経過していない場合は、有効期限3年のブルー免許への更新が必要です。

ただ、1回目のブルー免許更新時に、最後の違反からすでに5年が経過している場合は、3年のブルー免許の有効期限終了時にすぐ、ゴールド免許に復帰することができます。

例えば、ゴールド免許3年目に違反をして以降、ゴールド免許の残り2年間+ブルー免許の3年間無事故無違反である場合には、この時点で5年間の無事故無違反の条件を満たします。反対に、ゴールド免許4年目に違反をした場合、ゴールド免許の残りの期間の1年間+ブルー免許の3年間無事故無違反であっても、この時点では過去5年間の無事故無違反の条件を満たすことができず、もう一度ブルー免許に更新する必要があるのです。

ゴールド免許になれる裏ワザ

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

ゴールド免許を取得できるタイミングは、免許の更新時です。そのため、すでに最後の違反から5年が経過していても、免許の更新タイミングでなければ、ゴールド免許を取得することはできません。

しかし、免許の更新タイミングでなくても、このタイミングで新規の免許を取得すれば、ゴールド免許を取得できるのです。例えば、今までの免許が普通車の免許で、自動二輪の免許を新たに取得した場合などが考えられえます。この新たな免許を取得日の過去5年間が無事故無違反であれば、それまで保持していた普通車の免許更新を待たずにゴールド免許を取得できます。

ゴールド免許について知り安全運転を心がけよう

ゴールド免許になる条件・メリット・なれる条件・裏ワザ・計算

いかがでしたか。ゴールド免許という名前はきいたことがあっても、その条件やメリットを知らない方もいたことでしょう。無事故無違反の証明となるゴールド免許は、保持していることでさまざまなメリットがあります。運転者として、安全運転には常に気をつけ、常にゴールド免許を保持していたいものです。

Related