Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月20日

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

運転免許はさまざまな種類がありますが、一部の仕事にとても役立つ大型特殊免許があります。大型特殊免許を取得すると、どのような仕事に役立つのでしょうか?大型特殊免許で運転できる車はどのような種類か給料アップになるのかなど調べてみましょう。

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

大型特殊免許を使った仕事の特徴

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

大型特殊免許を取得すると公道で運転する事ができるようになります。走行に関する知識をしっかり学んで、仕事に役立てましょう。工事現場などで作業を目的にするなら作業用の免許もあわせて取得しましょう。

車両系建設機械

大型特殊免許を使った仕事に就くなら、車両系建設機械の免許を取得しておくと就職に有利でしょう。車両系建設機械運転技能講習で資格を取得すると、ブルドーザーやパワーショベル、トラクターなど大型の特殊車両が運転できます。

この免許を取得すると、機体重量に制限される事無く無制限で扱うことができます。工事現場に就職を考えるなら取得しておいて損は無いでしょう。講習科目は以下のとおり。

「学科」
・走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識(4時間)
・作業に関する装置の構造、取扱いおよび作業方法に関する知識(5時間)
・運転に必要な一般的事項に関する知識(3時間)
・関係法令(1時間)
「実技」
・走行の操作(20時間)
・作業のための装置の操作(5時間)

トレーラー

大型車の運送業に慣れてきたらトレーラーの仕事をしてみましょう。ヘッド(運転席)と シャーシ(荷台部分)を繋げて走るトレーラーは物流業界に欠かせない車です。普通の車とは違い、バックする時は逆ハンドルになるため運転技術が必要です。

大型特殊免許とは

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

大型特免許とは大型特殊自動車で行動を運転するための免許です。運転できる車は、クレーン車、ブルドーザー、ショベルカー、ロードローラなど働く車と言われている特殊作業車になります。

普通免許と同じく第一種と第二種がありますが、大型特殊自動車で旅客運転することはほとんどありませんから第一種で十分でしょう。

大型特殊自動車

特殊自動車は小型特殊自動車と大型特殊自動車に分けられています。これらの線引きは道路交通法と道路運送車両法で定められています。2つの基準があって紛らわしいですが、運転免許の根拠は道路交通法なので、道路交通法で定められているものを大型特殊車両として考えましょう。

小型特殊自動車

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

小型特殊自動車とは道路交通法で定められています。全長4.7m以下で幅が1.70m以下、高さ2.80メートル以下で、自動車の大きさがこのサイズで最高速度15km毎時以下のものとしています。

ロの自動車になる農耕トラクタなどは、最高時速35km毎時未満のものと定めています。農作業で使う作業者は速度の関係で、道路運送車両法では大型特殊に含まれることがあります。

大型特殊で公道を走る

大型特殊免許を取得すると公道を走れるようになります。その時の注意点がいくつかあります。大型特殊車を運転する時には、最低速度規制のある自動車専用道路で注意が必要です。時速50km以上出して走ることは危険とされています。

そして、道路によって特殊車両の通行許可が必要になります。道路によって通行できる大きさや重さの制限がありますから、基準を超えた大型特殊車両を運転する時は、道路を管轄してる所に申請して許可をもらいましょう。

大型特殊免許所持の仕事の平均給料

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

大型特殊免許を使った仕事は多岐に渡りますが、大型トラックの運転手ですと一か月約35~50万位の給料でしょう。大型特殊免許を使った仕事は、免許を取得したばかりの人や経験が浅い人などは比較的給料は安いです。仕事内容にもよりますが、長距離配送になると給料が高くなる傾向です。

大型特殊免許を使った仕事は、工事現場や農作業、荷物の積み込み作業などありますが、会社によっては免許手当がもらえる仕事もあるでしょう。

限定免許もある

大型特殊免許には限定免許があります。例えば、農耕者限定もので、トラクターに限って運転できる免許もあります。自衛隊などで戦車を運転するにはカタピラに限られる免許も存在します。

これらの限定免許を持っている人が他の大型特殊車両を運転する時は、限定を解除しなければなりません。

大型特殊免許所持が条件の仕事を探す方法

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

大型特殊免許を取得したら公道を走ることができるようになります。免許をいかして本格的に働くなら作業用免許も取得して仕事を探しましょう。

募集

大型特殊免許を使った求人は正社員やアルバイトで募集しています。作業免許をしっかり取得すれば、活躍できる場はとても広がります。運転する仕事に就きたいなら取得しておいて損は無いでしょう。

有利

運転する仕事を探すなら大型特殊免許を取得すると有利になるでしょう。運送業で活躍できるようになるため、仕事の幅が広がります。

ただし、気を付けたいのが大型特殊免許を取得するだけでは明日から仕事に就くことはできません。大型特殊免許はあくまで公道を走行するための運転免許ですから、工事現場で働く時は「作業免許」が別途必要になります。

もし、無資格のまま工事現場で作業をすると、50万円以下の罰金と無資格者を使った事業者にも、6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられますので注意しましょう。

アルバイト

大型特殊免許を取得してれば、アルバイトで働くこともできます。短期間だけ工事現場で働いたり、農作業のお手伝いもできます。繁忙期だけに限って働く事ができるので、自分の都合に合わせて仕事ができます。

大型特殊免許が生かせる仕事

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

大型特殊免許を取得すると「大型特殊自動車」「小型特殊自動車」「原動機付き自転車」を運転できるようになります。道路交通法では、大型特殊自動車は全長12m以下、全幅2.5メートル以下、全校3.8m以下で最高速度の制限なしとされています。大型特殊免許を取得するとどのような自動車が運転できるようになり仕事にいかせるのか見ていきましょう。

フォークリフト

大型特殊免許を取得するとフォークリフトを使った仕事ができるようになります。市場に流通している大きな荷物や人の手では運べないものをフォークリフトを使って運びます。

工場や倉庫の仕事では欠かせないフォークリフトのオペレーターとして活躍することができます。フォークリフトの種類によって免許が異なり、敷地内で運転するか公道に出るかで必要な免許が違ってきます。

フォークリフトを運転できるようになると、出荷をする製品を運搬し物流に乗せる積み込み作業の仕事ができます。フォークリフトを使って効率よく仕事する事で人手が大幅に省けます。物流や倉庫の仕事では欠かせない大型特殊免許でしょう。

農耕トラクター

農業の仕事では欠かせない農耕トラクターも大型特殊免許を取得すると運転できます。トラクターとはラテン語で「引く」と言う意味です。単体では動かせないものを動かす牽引車のことを言います。稲作に使われるものは農業用トラクターと呼び農家の仕事で役立ちます。

農業用トラクターは、農業機械を牽引したり、農作業機を取り付けることで田んぼを耕したり、肥料を散布したりできます。農業の現場で仕事したい人は、大型特殊免許を取得すると良いでしょう。

除雪機

家庭用の除雪機を動かすには大型特殊免許はいりませんが、乗って運転する大型タイプの除雪機を使って公道で仕事する時は大型特殊免許が必要です。除雪機の運転ができると、雪の降る地域で除雪機を動かす職員として働いたり、冬季だけ限定で除雪の仕事をする仕事に就くことができます。

兼業農家をしている人は、冬場に仕事が無くなるので除雪作業でしっかり稼ぐこともできるでしょう。

大型特殊免許を取得して有利に働こう

大型特殊免許を使った仕事の特徴・平均給料・仕事を探す方法

仕事によって、大型特殊免許が必要になるケースがあります。大型特殊免許を取得すると運転できる車種がとても多くなるので、建設現場や運送関係の仕事している人はとても役立つでしょう。

経験を積んで特殊作業者を自在に操れるようになると、給料アップに繋がるので大きなメリットになるでしょう。

Related