Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月05日

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

タクシーの仕事で必須になるのが二種免許です。その二種免許費用はどれぐらいなのか、就職する場合には必要なのか、二種免許費用を会社に負担してもらうには、などタクシーの仕事に関してのさまざまな疑問の答えを紹介していきます。二種免許でお悩み身の方は必見です。

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

タクシー二種免許費用の相場

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

タクシーの二種免許を取得したい場合、どうしたらいいか、取得できる条件や二種免許費用の相場はいくらなのか、そして二種免許費用をタクシー会社は負担してくれるのかなど、タクシーの二種免許についての疑問について紹介します。

まずは二種免許費用の相場の紹介からしていきます。

20万円から30万円

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

タクシーの仕事をするのにおいて必要な、第二種免許を取得するときのモータースクールの二種免許費用の相場は、20万円から25万円ほどです。近年の取得にかかる第二種免許費用は少なくなっている傾向にあり、概ね25万円前後が一般的でしょう。

一発試験

一発試験の場合は、約1万円で済みます。二種免許費用の中では格安ですが、試験の採点が厳しいので、費用はかかりますがモータースクールに通うほうが一般的です。豊富な知識や、技術、本番に強い精神力などあれば、一発試験は二種免許費用を格段に抑えられる方法なので、狙ってみるのもいいでしょう。

モータスクール

モータスクールに通って取得するという方法は最も一般的であるといえるでしょう。二種免許費用は25万円前後です。第一種免許を取る時と同じような流れで免許取得を目指すもので、時間はかかりますが、ほぼ確実に取得できるでしょう。二種免許費用はかかりますが、ほぼ確実に取得できるので、万人向けの方法です。

また、合宿という方法もあり、その場合は時間や二種免許費用を少し抑えることができます。しかし、場所や、時間的な制約は受けてしまいますので、時期や、二種面許費用の予算などを鑑みて決めましょう。

タクシー会社に就職する時って二種免許は必要?

タクシー会社に就職する場合、事前に二種免許が必要とされる場合はほぼ無いといえます。ほとんどの場合は二種免許を持っていなくても採用される可能性はあり、就職後に二種免許を取得するといった場合が一般的です。

また、就職前に二種免許を取得し、取得できた場合に採用されるといった場合もありますので、それぞれの会社の条件を事前に調べておきましょう。

もちろん、就職前に二種免許を取得していれば、採用率は跳ね上がりますし、制約も少なくメリットは多いです。事前に二種免許を取得しているという方の大半は転職や再就職の場合です。

二種免許費用はタクシー会社が負担してくれるの?

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

二種免許費用は20万円を超えるものであり、一般的にはかなり大きな出費でしょう。仕事を探しているのにお金が無くなってしまっては本末転倒になってしまいます。そのような出費である二種免許出費は、タクシー会社が負担してくれるのか、そうでないのかを紹介していきます。

負担してくれるケースが多い

結論から言うと、タクシー会社が二種免許費用を負担してくれる場合は多いと言えます。未経験の状態から始める方も多く、二種免許を所持していない方は珍しくはありませんし、会社側が負担しないと新人が一向に増えないという状態を避けるためにも、会社側が負担することが一般的です。

ただ、二種免許費用を負担してくれる制度は、養成制度といい、二種免許費用を負担する代わりに、会社とかわす契約が多く、入社から数年は自由に転職できなかったりと制約は多めです。

また、個人の理由での退職を余儀なくされた場合などには、返金の請求をされたりなどもあるため、慎重に入社する会社を決めましょう。慣れた土地から離れた場所で就職するなどするとうまくなじめず負担になるなど考えることも多いでしょう。

支援制度

養成制度の他にタクシーの二種免許費用を負担してくれる制度があり、支援制度という選択肢があります。支援制度は、タクシーの会社に入社する前に、二種免許費用を負担してくれる制度であり、二種免許を取得した後に入社できるので、選択の幅が広くなります。安心感もあり、精神的な余裕もできることがメリットです。

二種免許費用をタクシー会社に負担してもらうには?

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

タクシー会社に二種免許費用を負担してもらうには、養成制度や支援制度のある会社を探しましょう。下記で詳しく紹介します。

養成制度がある場合

養成制度といい、タクシーの運転手を養成するために、二種免許費用をタクシー会社が負担する制度です。タクシーの会社のほとんどが養成制度で二種免許費用を負担してくれます。

タクシーの仕事を選ぶと同時に大抵の場合は二種免許費用を負担してもらえる状況になりますが、タクシー会社によって契約の内容が細かく違っていたりするので、入社前にチェックすることも大事です。

支援制度がある会社を探して取得する

雇用される前に二種免許費用を負担してもらう、という方法も少ないながらありますので、そういった会社を選んで二種免許費用を負担してもらい、免許取得後にタクシー会社に就職するという選択肢も頭に入れておきましょう。

教習所で行っている場合もありますので、タクシー会社を探すだけでなく、教習所もチェックしてみると選択の幅を広められますので、広い視野で探してみましょう。

タクシー二種免許が取れる条件

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

二種免許を取得するにあたっての条件がいくつかあります、どれも満たされていないと取得は不可能なので、あらかじめ知っておきましょう。

21歳以上

二種免許を取得する場合の条件で、満21歳以上であることが前提となります。21歳に満たない場合には第一種免許を所持していても、取得できませんのでご注意ください。

後ほど紹介いたしますが、18歳に第一種免許を取得しておくと21歳で取得できますので、タクシーの運転手を目指すのであれば、なるべく早いうち第一種免許を取得しておくといいでしょう。

第一種免許を取得してから3年が経過

第二種免許を取得する条件として、第一種免許を取得してから3年以上経過していることがあります。前述の21歳以上という条件はあまり気にしなくても3年以上の経過を満たすのに伴いますので、基本的には、第一種免許を取得してから3年以上経過していることを覚えていれば問題ありません。

先ほども紹介しましたが、18歳で取得していれば21歳での取得が可能になありますので、早めに取得したいという方は第一種免許を早めに取得しておくことが望ましいでしょう。したがって、タクシー会社で仕事をしたいと考えている方は、まずは第一種免許を取得を考えなければいけません。

視力や聴力

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

第一種免許でも必要となりますが、第一種免許においての合格ラインが両目で0.7かつ片目でそれぞれが0.3以上であるという条件に対し、第二種免許の合格ラインは、両目で0.8片目でそれぞれ0.5以上となっております。それに加え赤、黄、青の三色が認識できることと深視力検査で平均誤差が2センチ以下であることが条件となります。

もちろん視力はメガネや、コンタクトレンズを使っての値でいいため、視力が足りないから二種免許は取れないということはまずないと考えていいでしょう。

聴力については、10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえることが条件となります。具体的にはカラオケボックスの中にいて何も聞こえない、という方でなければ問題ありません。

一般的な的な日本語の読み書きができ、その内容を理解できることも条件です。この記事の内容を読み理解できれば何も問題はありません。

二種免許費用を抑えて働こう

タクシー二種免許費用相場・会社が負担してくれるのか

タクシーの会社で働く場合二種免許費用を負担してくれるタクシー会社は多く、タダでタクシーの運転に必要な免許を取れるので、将来的に役に立つ場合も多いでしょう。車の運転が好きな人などにはいい職業ですし、適正であるとも言えます。

タクシーの運転手を目指している方は免許がないからと言ってあきらめる必要がないということはご理解いただけたでしょう。タクシー会社にしばらくは縛られてしまいはしますが、タクシーの仕事が苦にならないのであれば、決して長い時間ではありません。二種免許費用は会社が負担してくれるので、ぜひ目指してみてはいかがでしょう。

Related