Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年02月17日

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

自動車との出会いは人それぞれですが、新車を購入するときは「買う前」「契約時」「納車時」「購入後」、全てにおいて、人それぞれの、格別なるドラマがあります。そして新車となる愛車への思いも、人それぞれです。多くの人が新車購入時に利用する自動車ローンと新車のお話です。


初めての新車購入

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

多くの人にとって、社会人になって初めて購入する高額な商品と言えば、自動車でしょう。まして新車となると、働き出してすぐに大金を用意するのは、難しいことではないでしょうか。

気に入った自動車との出会いは人それぞれでしょうし、特に気に入った自動車が無くて、必要に迫られて購入するのであれば中古車も良いでしょう。でも、初めて自動車を購入する場合、その中古車の故障やメンテナンスのリスクを考えたら、案外、安い買い物とは言えない場合があります。

初めて自動車を購入するのであれば、故障のリスクが少なく、長期メーカー保証が付帯する、新車の購入をお勧めします。一番の問題は「お金」かも知れませんが、自動車ローンという助け舟がありますので、じっくりと検討してみてはいかがでしょう。

既にお目当ての新車があるのなら、すぐにディーラーに行って試乗するのも良いでしょう。でもおよその予算も知っておきましょう。

車の新車のローンの組み方

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

新車の自動車ローンは、大きく分けて銀行系のローンと、ディーラー系のローンの2種類があります。また、固定金利、変動金利という2種類の金利があり、借りる期間とローン金額により、毎月の支払額や、支払う総額が変わります。まずは、新車ローンの種類についてを知りましょう。

新車のローンの種類

新車のローンは、どのくらいの期間で、いくらの金額を借りるかで決まりますが、銀行系のローン審査はディーラーローンに比べて審査が厳しく、目安として、ご自身の年収のおよそ半分程度なら借りられます。

「審査が厳しい」とは、ご自身の勤務先や勤続年数によって借りられるかどうかの審査が厳しいということで、その審査や手続に1か月程度など、時間がかかる場合がほとんどです。銀行への来店が必要な場合もあります。

一方、ディーラーローンは、新車を売りたいディーラーと契約している信販会社のローンで、ディーラーで商談したその日に、ローン審査が通るかどうかを知ることも可能な場合がほとんどです。

また、ディーラー提携ですので、面倒な手続もありません。ディーラーに言われる必要書類を揃えれば、こんなに簡単に購入できるのかと、納車までラクに進むことがほとんどです。

新車のローンの金利の相場

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

ところで金利って何?

新車ローンの金利とは、借りた金額に対する「利子率」のことで、例えば100万円を3%の金利で借りた場合、1年で3万円の金利を負担することになります。金利が高くなる、あるいは借りている期間が長いほど、支払う利息負担は大きくなりますが、後ほど述べる返済方法も知っておく必要があります。

金利の相場

ここ数年は、景気の状況に応じて低い金利が続いています。年収に対する審査が厳しい銀行系ローンの場合は低金利の場合が多く、2~4%の金利で借りられる場合があります。一方、ディーラー系ローンは審査が甘い代わりに4~10%など、銀行系ローンに比べて金利は高くなります。

金利の相場はあくまでも一般的なお話です。タイミング良くキャンペーンを行っている金融機関もあります。今はネットで簡単に金融機関の比較検索ができる時代ですので、一度ご自身の目で調べてみることをお勧めします。

固定金利と変動金利

金利の種類には固定金利と変動金利の2種類があります。固定金利は返済期間中の金利は「固定」という契約になりますが、変動金利の場合は借入期間の間に金利が変動ます。通常は固定金利よりも変動金利の方が低く設定されていますが、一般的に景気が良くなれば金利は上昇しますので、支払額が増えるリスクがあります。

返済方法

新車ローンの返済方式に「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。前者は毎月の返済額が一定ですが返済当初は元金がなかなか減らないというのが特徴で、後者は返済する元金が一定で、これに利息をプラスするというもので、返済当初は支払う金額が高く、元金が減るにつれて金利が減るので支払額が減るという特徴があります。

いずれにせよ、毎月支払う金額と、返済後の総支払額の二つを比較して、無理せずに納得の行く返済計画で契約(サイン)を行いましょう。多かれ少なかれ、新車購入で長期間の返済が生じるのですから、一つでも納得がいかない点がであれば、契約へのサインはやめましょう。

新車のローンの平均年数

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

新車ローンの返済期間は3年、5年が一般的ですが、最近では7年もあります。また、審査が通れば、頭金ゼロ円での借り入れも可能な世の中です。返済期間に3年や5年を選ぶ人が多い理由には、新車購入から3年目にやってくる車検、それ以降は2年毎にやってくる車検が関わっています。また、自動車保険や毎年支払う自動車税も念頭において、無理のない返済期間を選びましょう。

他にも、ディーラー金利優遇のキャンペーンや、5年後の自動車の価値金額を見越しての「残価設定ローン」もあり、契約する前には、必ず納得いくまで確認をしましょう。特に残価設定ローンでは、年間走行距離や5年限定などいろいろな制約がありますので注意が必要です。

最長10年

ディーラーローンの最長は7年が多く、今のところ長くても8年までですが、銀行系ローンであれば、最長10年のマイカーローンも存在します。長く借りられることで毎月の返済額は低くなりますが、支払期間が長いので、総支払額が高くなることも念頭に置くべきです。また、長く乗れば自動車の故障リスクや修理代金も高くなります。

ローンの支払いが残っている間に事故に出会うリスクも考慮しましょう。また、新車とは言えども、自動車は長く乗ると、一般的には自動車の価値は下がり、故障するリスクも高くなり、補償に対する車両保険金額も高くなっていきます。長期ローンのリスクに備えましょう。

Bottom banner

新車購入でのローンの審査基準と通らない時の理由

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

新車ローンの審査に通らない理由は、はっきりと当事者には伝えられませんが、いくつかの原因が考えられます。年収に対する年間の返済額が高い可能性があります。年間の支払い額は、おおよそ年収の40%以下という基準があります。ただし、年収の40%の金額を毎年支払う生活は楽ではありませんので、年収の25%以下が無理のない返済額と思われます。

年収に対して借り入れ金額が低いのに、新車ローン審査が通らない場合は、過去に借り入れした際に、金融事故と言われる支払いに関する問題を起こしたことはないでしょうか。また、すでに他社から融資を受けている場合、借り入れ総額が年収の50%以内であることも目安となります。他にも勤続年数が1年未満ですと、審査が通らない可能性があります。

新車のローンの月々の平均支払い額

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

新車ローンの平均支払額は、借入額と借入期間、借入金利によって決まります。ディーラーローンは必ずしもベストではありませんし、ご自身にとって無理のない返済方法の選択が大切です。金利が低くて来店不要の銀行系ローンの比較を、ネットで検索できる時代です。時間を作って比較をして、ご自身にとって最も良い新車ローンを探しましょう。

軽自動車は月々15000円前後、小型車(フィットクラス)は月々15000円~18000円、普通車(オデッセイクラス)は20000円~30000円です。

出典: https://www.hondaall.com/car-loan/average-pay/ |

シュミレーション

「新車ローン」または「マイカーローン」という言葉でネット検索すると、銀行系ローンなど、およその月々の返済額がわかるサイトが存在します。また、金利による比較を行っているサイトもありますので、時間を作って比較してみましょう。毎月の支払可能額がわかれば、欲しい新車を購入するのに、より具体的な必要金額が見えてきます。

新車の購入はそうそう何度も行う機会はないでしょうから、「絵に描いた餅」のような新車購入プランを、より現実的にイメージして、直接感じることで、納車に向けて大いに楽しみましょう。

新車購入時のローンでの頭金の目安

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

頭金は、あくまでも毎月の返済額を減らすための手段として考えるのが良いでしょう。金利が低ければ、頭金ゼロ円で借り入れして、手元の現金を他のことに使用することも可能な時代です。あるいは、まさかの事態に備えて、手元に資金を残しつつも、生活に余裕のある返済ができれば、それこそベストの選択だと言えるでしょう。

平均頭金は、50万円前後が多い。軽自動車や小型クラスでは20~30万円が最も多く、普通車クラスでは50万円~100万円の頭金が多い。

出典: https://www.hondaall.com/car-loan/average-pay/ |

ローンで新車を購入するときの流れ

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

新車ローンを利用して、とにかく早く手続したいというのであれば、ディーラーローンが最短でしょう。もし、急いでないのであれば、およその予算を決めて、いざディーラーへ行ってみましょう。もし、あと少しで目標とする毎月の支払額に手が届くのであれば、頭金を用意する代わりに、ディーラー担当者に、思い切って指値で値引くという交渉も行ってみるのも良いでしょう。

営業マンはいかに高値で売るかが仕事です。新車購入の契約サインをする前であれば、購入するあなたの方が優勢です。これから長くローンと付き合うのはあなたご自身なのですから、妥協しないで交渉してみる価値はあるはずです。それでも駄目なら、他店に行って相見積もりをするか、銀行系ローンを探すという方法もあります。ただし、契約までの時間は必然的に伸びます。

手続に必要なもの

ローン審査を終えて、いざ購入契約のサインをしてしまえば、あとはディーラーの担当者が示す書類と印鑑を用意するだけです。普通車の手続に必要な書類は実印、印鑑証明書(軽自動車は住民票になります)、委任状、車庫証明(地域により軽自動車は不要の場合があります)です。

それから、ローン返済が始まるのですから、自動車保険の手続きも忘れないようにしましょう。

新車を楽しもう

車の新車のローンの組み方・金利の相場・平均年数・審査基準

新車を購入すると、「新車」と書かれた車検ステッカーが、フロントガラスに貼られます。また車内には、新車ならではの独特の匂いが溢れかえります。新車を購入した人ならではの至福の時間でしょう。なかには、車内のシートのビニールカバーも取り外したくない人もいるのではないでしょうか。

まして、初めての新車であれば、その車の初めてのオーナになったことなのですから、毎日どこかへ出かけたくなることでしょう。それだけ、新車のマイカーには魅力があります。ディーラーを訪問してから、自分仕様の新車を選んで、自分仕様のオプションをつけて、さぞ納車日が待ち遠しかったことでしょう。

日本は景気が悪いと言われている時代ですが、毎月働ける仕事があれば、景気が悪い分、低金利で新車を購入する機会を与えられています。また、購買意欲が高まることで消費が増えれば、結果的に景気も好転するでしょう。おおいに新車を楽しむチャンスです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人