Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年01月01日

車のタイヤ交換の値段と目安・頻度・自分でのやり方|時間/工具

車のタイヤ交換の値段と目安・頻度・自分でのやり方|時間/工具

車のタイヤは非常に重要な役割がありますが、タイヤ交換を行うタイミングやメンテナンスする方法はあまり知られていません。そのため、車のタイヤ交換を行う時期はいつなのか、タイヤを交換するために必要な工具についてご紹介して参ります。


車のタイヤメンテナンスを行う方法は?

車のタイヤは数多くある部品の中でも重要な部品で、車を運転する時も意識されやすい部品です。基本的に車のタイヤは走行距離に応じて減っていくため、定期的に交換する必要があります。しかし、車のタイヤは簡単に外すことができるため、メンテナンスが簡単に行うことができます。

そこで今回は、車のタイヤ交換をする方法や交換時期の目安などについてご紹介します。

車のタイヤ交換する時にかかる費用は?

車のタイヤ交換をする場合はタイヤの大きさによって値段が変わりますが、タイヤは決して安い買い物ではないため、タイヤ交換にかかる費用が気になります。車のタイヤ交換にはいくつかの種類があるため、タイヤ交換のメニューによって値段が変わります。

そこで、次の項目からタイヤ交換の種類と料金について見ていきましょう。

タイヤを丸ごと交換する方法

タイヤを丸ごと交換する方法は、車からタイヤとホイールを外して交換する方法です。スタッドレスタイヤへの交換と同じ方法で交換するため、自分で行うことができますが、古タイヤの処分や新品のタイヤホイールを購入する必要があるため、新しいタイヤを購入するまでに費用がかかります。

タイヤを丸ごと交換するときにかかる費用はタイヤの大きさによって変わりますが、新品のタイヤホイールは安くても数万円かかり、車によっては10万円以上してしまう場合があります。タイヤと同時にホイールも交換したい場合はこの方法で交換しても良いでしょう。

タイヤのゴム部分を交換する方法

タイヤ交換で一般的な方法がタイヤのゴム部分のみを交換する方法です。ホイールそのまま再使用するため、一番現実的なタイヤの交換方法です。

タイヤのゴム部分のみを交換する場合は、タイヤ本体の値段とタイヤを取り付ける工賃、タイヤのバランス調整料金と古タイヤの処分料がかかります。タイヤ交換の費用で一番差が出やすいところは、タイヤ本体の値段です。

タイヤ本体の値段にはタイヤメーカーやグレード、タイヤの大きさなどによってサイズが異なります。安いタイヤであれば1本の値段が5,000円未満のものもありますが、タイヤの値段が高くなると、1本数万円する場合もあります。そのため、タイヤ交換にお金がかかると感じた時は、タイヤ本体の値段がいくらなのか聞いてみても良いでしょう。

タイヤを入れ替える方法

この方法はタイヤローテーションとも言われれており、前後のタイヤを入れ替える作業です。

車のタイヤは前輪と後輪で減っていく量が変わります。特に前輪駆動の車は前輪のタイヤが減っていきやすく、タイヤ溝が前輪と後輪で変わってしまいます。そのため、前輪と後輪のタイヤを入れ替えることによってタイヤ溝の量を均等にし、できるだけ長くタイヤを使えるようにする方法です。

タイヤローテーションにかかる費用はお店によって異なりますが、大体5,000円未満で作業してもらうことができます。

タイヤを交換する目安はどのぐらい?

タイヤには使える限度があり、タイヤ溝が1.6mmよりも少なくなってしまうと車検を通すことができません。また、タイヤ溝が少なくなってくると、雨の日に滑りやすくなってしまいます。そのため、タイヤ溝が1.6mmに近づいてきた時は、タイヤ交換を行う必要があります。

タイヤにはタイヤ溝の限界を示すための「スリップサイン」というものがあり、スリップサインが出てしまうと、タイヤを交換する必要があります。タイヤ溝の他に、以下の症状が出ているタイヤは交換時期と考えて良いでしょう。

・タイヤにひび割れがある。
・タイヤの側面が出っ張っている。
・タイヤが磨り減って、下地が出てきている。

タイヤ交換を判断する距離はどのくらい?

タイヤ溝が減っていくスピードは走行距離で判断することができません。同じ1万キロの走行でもハンドルを切った回数や走行していた場所、急ブレーキの回数や車の重さなどによって減り方は異なります。そのため、タイヤ溝の量は小まめに点検すると良いでしょう。

一方で、タイヤローテーションは定期的に行う必要があります。タイヤローテーションを行うタイミングは、大体1万キロから1万5千キロごとにタイヤローテーションを行うと良いでしょう。

車のタイヤ交換に必要な工具は?

タイヤローテーションやタイヤをホイールごと交換する作業は、自分でも行うことができます。しかし、自分でタイヤ交換を行う場合はどうやって作業すれば良いか分からない方もいるでしょう。そこで、自分でタイヤ交換をする場合はどんな工具が必要になるか、ご紹介しましょう。

ジャッキ

タイヤ交換をする場合は、車を持ち上げる必要があります。そのため、車を持ち上げるためのジャッキが必要になります。

車によってはジャッキが車に付いているものもありますが、車にあるジャッキは応急用のジャッキになので、あまり安定感がありません。また、人によっては車載ジャッキを回すのに重たいと感じる方もいるでしょう。そのため、多頻度にタイヤ交換を行う方は、車の整備に使うジャッキを使うと良いでしょう。

整備に使うジャッキは耐久性や安定感があり、車載されているジャッキよりも楽に車を持ち上げることができます。

インパクトレンチ

インパクトレンチとはタイヤホイールを取り外すための工具になります。インパクトレンチを使うと、タイヤホイールを取り付けているナットを女性でも楽に外すことができます。

工具をセットし、スイッチを入れればナットを外すことができるため、力に自信がない方はインパクトレンチを使ってタイヤを外すと良いでしょう。

インパクトドライバーはインパクトレンチと一緒?

Bottom banner

インパクトレンチと似たような構造を持つ工具で、インパクトドライバーというものがあります。

インパクトレンチとインパクトドライバーの構造は似ていますが、インパクトレンチは主にプラスネジなどを外すときに使う工具になります。そのため、大きな力をかけることができません。

タイヤホイールを固定しているナットは強い力で取り付けられているため、工具を購入する時は間違えてインパクトドライバーを購入しないように注意しましょう。

トルクレンチ

トルクレンチとは、タイヤホイールを固定しているナットを締め付けるための工具になります。トルクレンチは締め付ける力を設定することができ、誰でも同じ力でナットを締め付けることができます。

タイヤホイールを取り付けているナットはちょうど良い力で締め付ける必要があり、力一杯締め付けてしまうと、ナットやネジ山を壊してしまいます。逆に締め付ける力が弱いと、走行中にナットが緩んできてしまいます。そのため、トルクレンチで規定の力に設定して締め付ければ、ネジ山を壊してしまったり走行中にタイヤが外れてしまうことを防ぐことができます。

タイヤを持ち上げられなくても、タイヤ交換ができる!?

タイヤ本体の重さは車の大きさやタイヤの大きさによって異なりますが、タイヤホイールの重量は重たいです。そのため、人によってはタイヤを持ち上げることができません。しかし、タイヤを持ち上げる力がない方でも、タイヤ交換を行うことができます。

力がない方でもタイヤ交換を行うには、上記で挙げた工具の他に「カードーリー」という工具を使うと、楽にタイヤ交換ができます。

カードーリーとはタイヤを乗せるための台車で、カードーリーにはタイヤを持ち上げることができるものもあります。そのため、カードーリーでタイヤを持ち上げれば、台車でタイヤを移動させながらタイヤを固定することができます。

タイヤホイールを持ち上げることができないけど、自分でタイヤ交換を行いたい方は、カードーリーを購入すると良いでしょう。

タイヤ脱着で注意するポイントは?

タイヤローテーションを自分で行う場合は、いくつか注意する点があります。タイヤ交換で注意する点をしっかりと踏まえた上で作業しましょう。

インパクトレンチは外すときに使う。

インパクトレンチは力をかけずにナットを回すことができます。そのため、タイヤを付けるときにも使いたくなりますが、インパクトレンチでタイヤを付けてしまうとネジ山を壊してしまう原因になるため、取り付けを行う時にインパクトレンチを使わないようにしましょう。

ナットの締め付けは、最初は手で締める。

ナットを取り付ける時は、最初から工具を使わないようにしましょう。最初から工具を使って締めてしまうと、ナットがずれて入って行き、ネジ山を壊してしまうため、できるだけ手で入れていきましょう。

ナットは対角線で締めていく。

ナットを対角線で締めていくと、ナットを全て均等に締めていくことができます。また、対角線で締めていくことでタイヤを真ん中に取り付けることができるため、ナットは対角線で締めていきましょう。

車のタイヤ交換にかかる時間は?

タイヤ交換をお店で行う場合は、作業の内容によって異なります。また、店舗の混み具合や事前に予約していたかによって作業時間が変わります。以下にタイヤ交換の作業時間目安を記載します。

作業内容作業時間
タイヤホイールの交換15〜20分
タイヤローテーション15〜20分
タイヤのゴムのみを交換30〜40分

車のタイヤ交換を安くで行う方法は?

タイヤ交換はお店によって差があります。また、タイヤ交換には費用がかかるため、できるだけ安くタイヤ交換をしたい方もいるでしょう。

タイヤのゴム部分を交換する場合、タイヤ本体の値段を安くすることができれば、トータルでかかる料金を安くすることができます。また、同じ銘柄のタイヤであっても購入するお店によって値段が変わる場合があります。そのため、できるだけ安くでタイヤ交換を行うのであれば、自分でタイヤを購入し、タイヤをお店に持ち込んで交換してもらうと良いでしょう。

タイヤ交換を行うお店では持ち込んだタイヤに交換できるお店もあるため、近くのお店で持ち込みで交換できるかどうか確認してみると良いでしょう。

タイヤローテーションを安くで行う方法は?

タイヤローテーションを安くで行う場合は、車検や定期点検と同時にローテーションを行うと良いでしょう。車検や定期点検を行うときは、タイヤを外して点検する場合があります。そのため、タイヤローテーションを車検のときに行うと、ローテーションにかかる費用を無料にしてもらえる可能性があります。

また、タイヤローテーションは自分でも行うことができる作業のため、何度もローテーションを行う場合やスタッドレスに交換する方などは、自分でタイヤ交換をするための道具を揃えると良いでしょう。

タイヤ交換は簡単にできる作業

ここまでタイヤ交換についてご紹介しましたが、タイヤ交換は自分でも簡単にできる作業です。また、道具があれば力がない方でもタイヤ交換を行うことができる作業です。

自分でタイヤローテーションを行えば、工賃をかけずにタイヤの寿命を長くすることができます。そのため、タイヤのメンテナンスを定期的に行い、いつでも快適に乗れる車にしておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人