Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年02月07日

車の免許の合宿の費用・最短の期間・おすすめの期間|ローン

車の免許の合宿の費用・最短の期間・おすすめの期間|ローン

車の免許を合宿の教習所で取る場合は、費用や時間が短縮できます。仕事や学校でどうしても免許が必要な場合は短期間で車の免許が取得できる合宿での教習が向いています。教習所に入学するということは教習所の規則を守って行動しなくてはならずマナーを守る事が必要です。


車の免許を合宿で取得する場合の費用・値段は

車の免許は高校卒業や大学卒業の際に取得する事が多いです。その後就職してからも、どうしても車の免許がないと仕事を進める事ができなくなることもあるので、免許は重要になってきます。

近所の教習所と合宿で免許を取る場合でも費用は劇的には変わりません。利点は短い期間で免許が取得できる事くらいです。また、大型免許や牽引免許、2種免許なども合宿で取得した方が総合的に考えると楽です。

1月から2月に合宿でオートマの免許を取得する場合の費用は21万円から25万円程です。マニュアルでもプラス2万円程になります。合宿の利点は免許の取得期間の短さです。合宿では期間内に取得できないと延長の費用を払って教習を受けます。なるべく学校や会社が始まる前に教習を終えておきましょう。

普通に教習所に通うよりも安い

マニュアルの免許を合宿で取得する場合は費用を抑える事が出来ます。近所の通うタイプの教習所だとマニュアルの免許は28万円から30万円かかるのに対して、合宿だと取得までの費用が22万円から26万円程です。教習所によっても金額は違ってくるので、安く免許を取得したい場合は安い教習所を選ぶ事も可能です。

合宿で免許を取る事の利点は時間の短縮ですが、デメリットは自由が利かなくて多少不便なこともあることです。免許を取得しないと帰れないというプレッシャーがあるので、合宿はメンタル面が強い人向けの教習法だと言えます。

費用を抑えたい人にはもってこいの教習法なので合宿は学校や会社が始まるまでにどうしても免許を取っておきたい人向けの賢い免許取得法です。

合宿に通って免許を取る場合は取得まで時間が節約できる

オートマの車の免許を合宿で取るのは14日ほどです。マニュアル車の免許を取る期間も15日から1日か2日ほど余計に時間がかかるくらいです。通常の教習所に通って車の免許を取得するには最低でも35日ほどかかります。個人差はありますが、合宿だと車の免許の取得に集中できるので短時間で免許が取れる仕組みになっています。

友人などと宿泊する施設も相部屋でも可能ですし、また最近は一人部屋を宿泊できるプランも用意している教習所も増えています。合宿で車の免許を取得する場合も利用する人に合わせてサービスを展開しています。時代のニーズに応えるように教習所も考えて運営しています。

合宿で免許を取る場合教習期間は

オートマの車の免許で14日間、マニュアルでも15日ほどです。寝ても覚めても車の免許のことを考えて朝から一日中教習や学科の勉強をするので、嫌でも免許の取得に集中できます。約2週間程我慢すれば車の免許が取得できるので、合宿は合理的な免許の取り方です。

効果測定や仮免なども合格しなければ先に進めません。またスケジュールがぎっしり組まれているのでメンタル面などに強い人でなければ合宿で車の免許を取得するのは向いてません。

通常の通うタイプの教習所より、合宿の教習所の教官の方が免許の取得で分からない事や困った事があれば相談に乗ってくれたり、どうすれば問題が解決できるのかを考えてくれます。合宿してまで車の免許を取りにきている若者にいい加減な対応はしないでしょう。

最短でどのぐらいで免許が取得できるのか

オートマの車の免許で14日、マニュアルで15日ほどです。これでも教習期間をかなり短くしています。1段階の場合、一日2時限以上の車の乗車はできなく、また2段階の場合でも一日3時限以上の車の乗車はできません。

一日に車に乗車できる回数も決まっているのでオートマの免許で14日間マニュアルの免許で15日間という期間をこれ以上縮めることは難しくなっています。合宿で車の免許を取る際も合宿の教習所の決まりがあるので決まりを守りながら、教習を進めないと免許を手にするのは難しいです。

合宿中も宿泊施設での決まりも決まっており、最低限のマナーやルールを守れない人には合宿で車の免許を取る事は向いてません。教習所に入学する事は教習所の規則に従うことも了承しているものとみなされます。

車の免許を合宿で取るのはオススメなことなのか

Bottom banner

通常の通うタイプの教習所と合宿の教習所はほとんど費用の面では変わりません。利点は短期間で免許の取得が出来る点のみです。普段の生活も車の教習だけ考えなくてはいけないので、免許を取る事に執念を燃やしているか、短時間での取得を目標にしているのかが問われます。

合宿で免許を取ることになれば車のことを一日中考えるので、絶対免許が欲しいと思っている人に取ってはオススメの免許取得法です。

通常の通うタイプの教習所は途中でやめてしまう場合もあるので、合宿は免許の取得に関してはある程度保障されています。

教習所は生徒が免許を取得しやすいように教習も考えられています。通常の教習所より合宿で免許を取るとなると教習全体で考えても無駄なことはしないです。

合宿で免許を取る場合に教習費のローンは可能か

最近は車を購入する際に自社ローンを備えている会社も多いので、合宿教習でもローンが組みやすくなっています。ローンの審査に通らないとローンは組めませんが、高校生や大学生でもローンは組めます。

アルバイトや定収がない人でもローンが組めます。今は楽器や車を購入する際もローンを主婦や定収がない人でもお金を貸し出す事ができます。ローンを組む際は信頼できる教習所でローンを組みましょう。

免許を取得する事は人生にとって重要な事になります。その後の人生を左右する事もあり得るのでローンを組んででも車の免許は取得しておきましょう。車の免許は18歳からなので、ある程度の社会的な責任を負う事ができると判断されるので、ローンの審査が通る事は難しくないでしょう。

合宿で車の免許を取る場合、毎年何月頃が向いているのか

教習所が繁忙期なのかどうなのかで教習費も変わってきます。一番教習費が高くなるのは2月から3月です。学校を卒業した人が殺到するので3月などが込み合いまた教習費も高くなります。

2月3月以外の月だと比較的免許を取得する費用が抑えられて、教習所も混雑してないでしょう。合宿でも教習所が混雑している時があるのでなるべく安い費用で空いている期間で教習を受けたいものです。2月3月は避けて教習を受ける事が理想です。

2月に取得する場合

2月は卒業した後もしくは学校の卒業である程度メドがついている場合が多く、合宿でも通常の教習所でも混雑して費用も他の月よりも高くなるでしょう。合宿は月によって金額が変わってくる教習所です。学校が卒業近くなると混雑して、費用がかさむ事になっています。

3月に取得する場合

合宿で車の免許を取るには一番3月が人で混雑する月です。合宿で免許を取るには2月と並んで費用がかかる期間でまた混雑しているので、合宿でも思い通りの教習を受ける事が他の月より難しくなります。なるべく他の月を選んで教習を受けましょう。

誕生日を迎えて18歳になった時点で合宿教習を受けても2月3月の繁忙期は避ける事が出来ます。2月や3月に誕生日だった場合は繁忙期に教習を受けるか、入社、入学してから教習を受けても良いでしょう。

普通の教習所に通っても最短で1ヶ月で車の免許は取得できる

近所の教習所に通っても最短で1ヶ月ほどで免許が取得できます。毎日教習所へ通って夏休みや冬休みなどを利用して教習所に通う時間を作る事で、合宿の倍の時間で免許を取得できます。仮免や学科なども順調に進んだ場合は、短い期間で免許を取得できます。

時間や費用を節約したい場合は合宿で免許を取得しよう!

費用も時間も短縮したい場合は合宿で免許を取りましょう。合宿は車の事に集中できるので車の知識や交通規則なども早い段階で理解できます。合理的に免許を取得できるので、メンタル面に自信がある人や仕事や学校が始まる前に免許が必要な人には、合宿での免許取得が向いています。

自由な時間を使いながら教習を進めたい場合は、通常の教習所を利用しましょう。合宿でも通常の教習所でもじぶんに合った方法で免許を取りましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人