Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月29日

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

車検にかかる費用は各ディーラーやカー用品専門店などとを比較した場合費用にばらつきがみられます。ここでは少しでも車検費用を抑えるためにどのような点に注目して見積もりを比較すればよいのか、また軽自動車に係る車検費用も比較していますのでご参考にしてください。

車検の見積もり比較について

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

2年に1度の車の健康診断が車検ですが、その車検にかかる費用は安いものではありません。法定費用と言われている自賠的保険や重量税、印紙代は値引きができなくても、車検にかかる費用は値引きが可能です。できることなら少しでも車検費用を安く済ませたいという気持ちは誰にでもあります。そこで今回は車検の見積もり比較や外車と国産車の車検見積もり比較などについてお伝えさせていただきます。

車検のディーラーの比較

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

今や車検をしてくれるのは最初に自動車を購入したディーラーだけでなく、イエローハットやオートバックスといったカー用品専門店でも車検の依頼が可能です。車検を実際に受ける店舗で車検費用や車検の品質に差があることはご存知でしょうか。ディーラーやカー用品店などでの車検のそれぞれのメリットやデメリットを交えて、どのように比較していけば良いかをお伝えさせていただきます。

ディーラーでの車検は高いって本当?

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

車検は自動車を新規で購入された場合は購入されたディーラーより車検の案内状が届き、車検の時期が来たと知らされます。何度も車検の経験がある人と比較して、今回の車検が初めてという人はディーラーでの車検がほかの民間整備工場やカー用品店、ガソリンスタンドといったディーラー以外と費用の比較をした場合、その高さに驚くでしょう。

ディーラー車検のメリットってなに?

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

ディーラーでの車検が高いとわかっていてもやはり安心できるからという理由でディーラーに今回も車検を依頼したという人もいらっしゃるでしょう。そこで、ディーラー車検のメリットについて考えてみます。ディーラー車検のメリットでは全部で4つです。

①純正パーツを使用している
②整備の質が保証されている
③ディーラーならではのサービスが受けられる
④ディーラーのメーカー車種に強い

どうして純正パーツがいいの?

ディーラーではメーカーの各車種の純正パーツを保有しています。部品交換のときはその純正パーツに交換していただけます。自動車とは例が異なりますが、スマートフォンのイヤホンでもアップル社が出している純正のイヤホンと、各携帯会社が保有しているイヤホンとでは性能に然程差はないにしても、純正を選んでしまいます。それはどうしてでしょうか。純正パーツは高品質が保証されていますので安心感があるからです。

整備の質が保証されているとは?

車検の見積もり比較をするときのポイントとして整備の質が保証されています。ディーラーの車検は万が一車検後に不具合が生じてしまったとなるとお客様からの信用を失墜してしまいます。そのため、車検には万全を期して取り組んでいます。

ディーラー車検では次回の車検もしくは点検まで安全に乗れるように整備を行っています。そのため整備のチェックも厳重になっています。お客様に選んでいただけるために、ディーラーの看板の下で働けることに誇りを持った整備士がたくさんいることにつながっています。

ディーラーならではのサービスが受けられるとは?

車検の見積もりを比較するときに何を重点にするかという問いがあった時、ディーラーのサービスが良いからという理由を挙げられる方もいます。それくらいディーラーのもてなしや何かあったときに融通を聞いてもらえるというメリットがあります。

ディーラーのメーカー車種に強い

当たり前のことですが、ディーラーは独自のブランドの車種に精通しています。そのため他のカー用品店や民間の業者では聞けないちょっとしたトラブル、エンジン音がおかしいや、ブレーキパッドが緩いといったことまで丁寧に対応していただけます。また、車検時の整備内容だけでなく自動車の買い替え時期についても案内をしていただけるとことはうれしいところです。

イエローハットの車検の比較

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

ディーラーの車検とイエロハットの車検の比較を考えた時に何に重点を置いて私たちは比較するのでしょうか。イエローハットとディーラとの車検の見積もり比較はどのように違うのでしょうか。イエローハットでの車検のサービスの特徴は次の5点です。

①車検前に車両状態を確認してもらえる
②整備個所を事前に伝えてもらえる
③車検費用が全国平均で約1万3千円ほど安い
④車検で整備した箇所は6か月もしくは1年の整備保証付き
⑤車検後は24ヶ月無料修理保証がある

オートバックスの車検の比較

ディーラの車検内容とオートバックスの車検を比較してみましょう。どのような違いが見受けられるでしょうか。オートバックスには、タイヤがパンクしたとき、窓ガラスの修理、バンパーの傷などの修理交換保証が3つセットになったものがあります。

お支払い時には各種クレジットカード払いの他、Tポイントカードも使え賢くポイントを貯めることもできます。メンテナンスメンバーカードをお持ちの方は、各種基本工賃が無料になるというメリットがあります。

コバックやホリデー

コバックやホリデーは車検専門のフランチャイズ店です。こちらの車検専門店とディーラーとを比較してみましょう。どのような点に違いがあるでしょうか。

メリットについて
明確で安価な価格設定がある
早期予約割引やキャンペーンをしていることが多い
幅広い車種に対応している
無料の代車貸し出しがある店舗がある
車検時間が30分から60分と短い

デメリット
車検に必要でない項目の点検整備は行わない
持ち込み持ち帰りが基本

車検のディーラの比較

ディーラーとカー用品の車検の比較する上での特徴をお伝えさせていただきました。ディーラーはどちらかというとマニュアル基本とおりに対して、カー用品店のほうは消費者の視点から考えた車検サービスを提供していると言うことがうかがえます。イエローハットでもオートバックスでも言えることは、ディーラーよりも車検時に万が一交換などが発生しても、部品代が安く入手できる方法があります。

一方、ディーラーの方はカー用品店と異なり独自の自動車の特徴に関しては熟知している部分が多く、お客様の不安を安心に変える技術を持っています。

外車と国産車の車検の見積もり比較

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

外車だから国産車だからという理由で車検の見積もりに違いはあるのでしょうか。外車の車検ってどういうわけか高いというイメージがありますが本当でしょうか。それでは外車と国産車の車検の見積もり比較についてお伝えさせていただきます。

外車の車検費用が高い理由

国産車と外車の車検費用を比較した場合、輸入車の方が車検費用が高いです。その理由は何でしょうか。外車を整備する知識が国産車の場合よりも多くあるという点です。外車の場合は国産車と違って部品がすぐに用意できないというのも大きな違いです。ある程度はストックしているのですが特殊な部品などは海外から取り寄せることになるので費用も時間もかかてしまいます。

何といっても輸入車の車検費用と国産車の車検費用を比較したときに何が一番費用に差があるかと言うとブランドです。フェラーリやロールスロイスといった高級車になるとやはり特別感を意識するという意味合いでも車検費用が割高になります。

車検の比較のポイント

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

車検を少しでも安く抑えたいときのポイントについてお伝えさせていただきます。車検をするのに多くのディーラーまたは修理工場、カー用品店から見積もりを取った時は無いでしょうか。見積もりを取ったものの何がどのように違うかわからず、結局前と同じ会社に車検を依頼する羽目になったと言うことはないでしょうか。ここではどう言う点に注意して比較すればよいかお話をさせていただきます。

車検費用を比較する時期

車検の時期が間もなく来る、今年は車検の時期だということで早くから比較する目的で、複数の店舗から車検の見積もりを取る方もいることでしょう。しかし車検費用を比較する時期があるのを皆さんはご存知でしょうか。早くてもダメですし、短くてもダメです。適度な時期というのがあります。その時期は車検の有効期限が切れる2か月前です。

車検費用を比較する6つのポイントとは

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

車検費用の見積もりを複数社からとったけれども、どこをどのように比較したらよいかがわからないということが多いでしょう。そこで車検費用を比較するポイントを6つお伝えさせていただきます。

①車検費用の内訳の確認
②点検費用以外の項目の確認
③検査日数や時間などの確認
④代車の確認
⑤外車もしくはハイブリッドが可能かどうか
⑥支払方法の確認

①車検費用の確認とは

車検費用の見積もりを複数社撮った場合の比較のポイントの1つに車検費用の確認があります。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、複数社から車検の見積もりを取得して比較した場合、車検金額は一定額ではありません。車検費用には法定費用と点検費用とがあります。法定費用はどの自動車にもかかる費用、点検費用は各ショップの売り上げの部分ですので、ショップごとに金額が大きく変わってくる部分です。

車検費用の確認どのように見る?

点検費用の部分は各ショップの売り上げの部分であることをお伝えさせていただきました。見積書の点検費用の内訳はショップごとにその名称が異なります。点検費用、整備費用、検査料はいずれもすべて同じ内容です。そこに代行手数料が別途加算されるという仕組みとなっています。複数社からお見積もりを取得した場合はこの部分を比較します。

消耗品交換は各ショップごとに点検費用の中の項目の中に含んでいる場合もあります。ブレーキランプやヘッドライトの電球の交換には実費分が請求されます。ショップによってはこのように交換しなくても良い部品を交換する場合がありますので確認が必要です。

②点検費用以外の項目の確認

お見積もりを取得した場合の複数社の比較において、車検では点検費用以外に費用が発生する場合もあります。初めて車検の見積もりを複数社から取得した人にとっては寝耳に水な情報でしょう。ブレーキランプやワイパーなどの保安部品の交換は切れてしまっては困るや使えなくなっては困るという観点から交換は致しかたないです。

しかしバッテリー交換やエンジンオイルの交換などはどうしても車検時に必要と言うことではありません。車検の見積もりの中に含まれていたら、必要かどうか確認が必要です。

③検査日数や時間などの確認

お見積もりを取得した場合にどの点を比較するかについて、車検費用の比較のときに見るポイントとして検査日数や時間などがあげられます。いつ検査が完了するかの確認が必要です。

④の代車の確認のところでもお伝えさせていただきますが、検査にかかる時間が延びれば伸びるほど、どうしても仕事で自動車が必要、あるいは公共機関などを利用できる場所ではなく自動車が生活の中で欠かせない場合は代車が必要となるからです。

④代車の確認

お見積もりを取得した場合どの点を比較するかについて次にお伝えするのが代車です。なぜ代車の確認が必要なのでしょうか。③の検査日数や時間などの確認と連動している部分ですが、検査日数や時間が長ければ当然、代車が無くては困るという生活圏の人の場合は当然代車費用が発生するからです。

車検を受ける店舗によっては代車をレンタルする場合自動車保険料を徴収もしくはレンタル料を上乗せしてくるところもありますので確認が必要です。

⑤外車もしくはハイブリッドは可能かどうか

お見積もりを取得した場合にどの点を比較するのかについてお伝えさせていただきます。

まず注意が必要なのがこの外車もしくはハイブリッドの持ち込みが可能かどうかという点です。カーショップやディーラーの場合、外車は断れる場合もあります。逆に、ハイブリッドは取り扱いができない場合もありますので、お手持ちの自動車が外車もしくはハイブリッドの場合は確認が必要です。

⑥支払方法の確認

法定費用のお支払いは原則現金払いです。しかしディーラーやカー用品専門店などでは車検費用と合算でクレジット払いで応対していただけるところもありますので、事前に確認したほうがよいでしょう。ただし、クレジットカード払いの場合は手数料を徴収される場合もありますのでその辺も併せて確認したほうが良いです。

軽自動車の車検の見積もり料金

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

軽自動車は普通乗用車と違って車検費用も安いというイメージがあります。軽自動車の車検にかかる費用を比較してみましょう。あるカー用手品専門店の見積もりとディーラの見積もりを表にしてみましたのでご参考にしてください。この表には法定費用は含まれていません。また、金額はすべて税込表示です。

軽自動車の場合の車検費用の内訳ディーラー一般カー用品専門店
基本点検費用23,004円7,450円
整備費用7,020円80円
検査代行費用12,960円10,800円
法定費用26,170円32,770円

ディーラーの基本点検と整備費用はなぜ高いの?

上の表を見ても一目瞭然ですが、ディーラーと一般カー用品専門店の基本点検費用と整備費用を比較してみても費用に大きな差が生じています。これはどういうことでしょうか。ディーラーと一般カー用品とでは何がこんなにも費用に差を生じだすものがあるのでしょうか。

実はこれは人件費の差額です。大手ディーラーはやはり抱えている社員も多いと言うこと、そして何よりも故障や不具合を出してはいけないと言うことで車検や整備に確実で丁寧な作業で取り組んでいるということがうかがえます。

安心できる車検を選ぶコツもこれで万全!

車検の見積もり比較|料金/軽自動車

いかがでしたでしょうか。今回は車検の見積もりの比較についてお伝えさせていただきました。ディーラーとカー用品店ではどのように車検に違いがあるのか、外車と国産車の車検の見積もりはどのような違いがあるのか、興味があることは尽きませんが、車検の見積もりを比較するうえで必要な項目はすべてお伝えさせていただきました。参考にしてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related