Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月22日

車の免許取得にかかる費用は?|取得方法別・免許種類別

車の免許取得にかかる費用は?|取得方法別・免許種類別

車の運転免許を取る場合、結構な費用がかかります。どのようにしたら車の免許をとる時に費用は押さえられるか、ご紹介します。入学金が高畔も、受験料も込みの場合もあります。どれを選べばトータルで安上がりになるか、よく確かめてみましょう。

車の免許取得にかかる費用取得方法別

車の免許取得にかかる費用は?|取得方法別・免許種類別

最近はほとんどの人が取得する言われている自動車免許ですが、免許取得になそれなりのお金が必要になります。車の免許を取るには、合宿、通学、短期コースがありますが、それぞれ費用の方はどうなのでしょうか。

免許取得に必要な費用は、まず入学費用があります。キャンペーンなどで無料という所もあれば数万円の入学金がかかる所もあります。入学金が無くても総額の費用は高いということもあるので注意が必要です。学科に必要なのは教科書費用です。他にも技能費用、学科費用、効果測定費用、終了検定料、卒業検定料、仮免許交付費用、免許交付費用などがあります。

合宿で車の免許を取得する

合宿所に滞在しながら運転技術や座学を学び免許を取得します。期間は平均2週間という短期間で取れて、費用も格安のため人気です。まとまった休みをとれる学生には、時間の有効活用と低予算が魅力です。

宿泊先もさまざまで、会社によってはレジャー施設の近くに合宿所があり、みんなでバーベキューをしたり、温泉に入れたりするところもあり、旅行気分を味わいながら免許を取得できるので、友達同士やカップルで参加する人も多いです。

通学で取得する費用

教習所の通学の流れは、自動車学校への入学、説明会、適性検査、学科教習、技能教習、終了研修、学科教習、技能検定、卒業検定、免許書センターで試験、免許取得となります。免許を取得する方法として、一番多くの人が利用しているのは、通学です。

自宅から教習所に通って所定の講習を受けて卒業してから、本免許を受けるという流れになります。教習所では学科教習と技能教習があります。技能講習は担当者が毎回認定をしないと次に進むことができません。教習所を卒業すると指定の免許センターで本免許試験を受けることになります。卒業から本免許までの総額費用は、MT車35万円、AT限定30万円となります。技能教習が受からなかったり、仮免許に落ちるとそれだけ費用が追加されていくことになります。

短期通学

自動車教習所によって、通学短期コースを用意している所があります。AT車なら16日程度、MT車なら18日程度で免許が取れるスケジュールを組んでいます。卒業までの最短日数を3週間ほどの日程で組んでいます。

通学短期性のメリットは、自宅から通いながら短期集中で免許取得を目指せることです。教習のスケジュールは教習所の方で組んでくれるので、教習の予約を毎回入れる必要はありません。デメリットは教習料金を上乗せしている教習所が多いことです。通常の通学コースに比べると高めになることがあります。また、入学日が決まっていて、定員もあります。

免許種類別

車の免許取得にかかる費用は?|取得方法別・免許種類別

免許の種類は、第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の3種類に分類されます。第一種運転免許と第二種運転免許の違いは、報酬を含むか含まないかの違いです。第二種運転免許は、報酬を目的として旅客を乗せて運転しています。タクシーやバスなどが該当します。

第一種運転免許は人を乗せることはできますが、報酬を得てはいけません。仮免許は、原付免許、二輪免許、小型特殊免許以外の免許を取得する際に必要で、各免許を取得するための運転目練習、また技能試験や技能検定受ける際に必要な免許です

AT車

MT車免許は普通自動車免許です。AT車免許は普通自動車免許のAT限定です。免許の取得時間数はMTは技能34時限、AT31時限です。料金は教習所にもよりますが、ある教習所では差額は税込み12,960円です。

全国の自動車教習所において、MT免許とAT免許の取得者数はAT車の方が7割近くです。近頃車を購入する時もAT車がほとんどですので、普通の人ですとMTの免許を取る意味があまりありません。

MT車

車の免許取得にかかる費用は?|取得方法別・免許種類別

今、自家用車はほとんどオートマチック車です。AT免許を選ぶ人が増えてきました。仕事の関係でどうしてもMT免許が必要になった、などの理由からAT限定を解除しなければならない人もいます。

「ATに限る」を取るには限定解除審査を受けて合格する必要があります。審査を受ける方法は、運転免許試験場で受ける方法は、一発試験と呼ばれるように、MT車を運転する技能があるかをチェックされ、その場で合否が判断されます。指定自動車教習所の場合は技能講習を4時間以上受けてから、教習所内で限定解除の審査を受けます

技能講習で受ける内容は、ギアとクラッチ操作、坂道発進、踏切での停車と発進、S字走行、クランク、縦列駐車、方向転換などです。AT免許の限定解除の講習は教習所だけで行われ、路上講習はありません。

準中型

新しい免許制度として、準中型自動車免許が設けられました。準中型が登場することで、未経験者でも最初から準中型免許を取得できます。今までは、普通免許を取ってから2年経って中型にステップアップしないと運転できなかった大型トラックが運転できるようになります。仕事でトラックの運転が必要な人には嬉しい知らせです。

中型

中型自動車は、平成29年3月から改正されて、普通と大型の二つに区分されていた院展免許に「中型」が追加されました。それによって普通免許で運転できる自動車の制限がきびしくなりました。普通免許で運転できていた4トントラックが、中型免許がないと運転できなくなりました。

具体的な例として、一般的な4トントラック、6トントラック、マイクロバスが該当します。ただし、これらの車両であっても特殊なボディーや、架装などをしている場合は中型自動車の規定から外れ、大型自動車となる場合もあります。このことは、物流の仕事でドライバー不足を引き起こす一因となりました。

二輪

二輪車の運転免許の種類には、原付、もっとも手軽な二輪免許です。総排気量50㏄までのGバイク、住民登録をしている都道府県で試験を受けてください。普通二輪小型限定排気量125㏄までのバイクです。普通二輪は、排気量400㏄までで、高速道路に乗ることができます。二輪は大型排気量は制限がありません。

大型

車の免許取得にかかる費用は?|取得方法別・免許種類別

正式名称は「大型自動車免許」となります。大型特殊自動車、大型自動二輪車、小型特殊自動車が運転できる免許のことをいいます。大型の免許を取る方法としては、自動車教習所と、一発試験の二つがあります。教習所で取得する場合持っている免許の種類で費用と日数が変わってきます。

大型自動車とは、車両総重量11トン以上、最大積載量6,5トン以上、乗車定員30人以上の自動車を指しています。

追加でかかる費用

車の免許取得にかかる費用は?|取得方法別・免許種類別

普通に教習所で免許取得をするとした場合にかかる費用は、35万円前後となり、少し高めです。教習所での費用についての内訳は、入所料金は2万円~10万円程度です。教習所によりますが学科教習料が含まれていることもあります。技能教習料は1時限で4000円~5000円で、規定の時間内に技能が習得できない場合は、追加費用が発生します。学科教習料は5万円~10万円となり、こちらは追加費用はありません。

終了、卒業検定は4,000円~6,000円となります。終了検定とは、コース内の教習を終え、路上での講習を行う前に行われる技能試験です。また、卒業検定は「卒検」ともいわれ、本来ならば運転免許センターで行われる実技試験を免除するための試験です。この検定に不合格となると、追加の費用が発生します。

補講

1回の補講の料金が4,000円~5,000円で、教習所によってはプラス15,000円で3回以上の補講が無料というところもあるます。

仮免再試験

仮免許料金は3,800円です。受験料は1,700円ですが、試験に合格すると交付手数料が1,100円の交付手数料が発生します。仮免に落ちた場合は、補講を一度以上行って、検定を受けても大丈夫との見極めをもらってから、また仮免を受けることになります。

賢く選択して免許取得費用をおさえよう

車の免許取得にかかる費用は?|取得方法別・免許種類別

MT車免許とAT車免許がありますが、特にMT車は乗らないという方は、技能時限が3時限も短く、費用も2万円程度安くなるAT車免許を選ばない理由がありません。

免許を取得する人が集中するのは、2月~4月上旬と、7月中旬~10月上旬です。逆に4月中旬~7月上旬、10月中旬から1月は閑散期で、料金を下げて教習生を集めようとしますので、費用が安く押さえられます。

後は、不合格だった場合に講習の追加料金を払わなくてもいいように、オプションを付けないことです。よく比較した上で、賢く選択し免許取得費用を抑えましょう。

Related