Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

大型トラックドライバーが不足している原因8つ|不足解消の方策4つ

大型トラックドライバーが不足している原因8つ|不足解消の方策4つ
大型トラックドライバーは日本の物流を支えるなくてはならない存在ですが、その人手は近年慢性的な不足状態にあると言われています。この記事では大型トラックドライバーが不足する原因やその対処法についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

初回公開日:2019年7月1日

更新日:2019年8月20日

記事に記載されている内容は2019年7月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


大型トラックドライバーの仕事とは

大型トラックは、その積載量の多さゆえに多くの荷物を積んで納品先に効率的に運搬することができるため、それを運転するドライバーは日本の物流システムの根幹を支える存在と言っても過言ではないでしょう。

物流システムだけではなく日本経済においても大型トラックドライバーは今やなくてはならい存在ですが、近年ではその人手不足が指摘されています。

大型トラックドライバー不足の現状

ここではまず、大型トラックドライバーの現状について確認しておきましょう。

大型トラックドライバーの仕事は長時間労働が常態化していることが多く、加えてその仕事のハードさゆえになり手が少なく、慢性的な人手不足の状態にあります。

このような人手不足ゆえに、すでにいる大型トラックドライバーへの負担が増大し、それが離職者を招いてさらなる人手不足に陥るという悪循環が存在しています。

大型トラックドライバーが不足している原因8つ

以上で見たように、私たちの便利な生活を陰ひなたに支えてくれている存在が大型トラックドライバーです。

ですが、トラック業界はどこも慢性的な人手不足にあり、小型トラックドライバーならばまだしも、大型トラックドライバーの人手不足はより顕著な状態にあります。

それは一体なぜなのでしょうか。ここからは大型トラックドライバーが不足している主な原因を8つピックアップしてご紹介していきます。

大型トラックドライバーが不足している原因1:ECサイトの普及

大型トラックドライバーが不足している主な原因としてまず挙げられるのが、ECサイトが普及したということです。

ECサイトが普及したことでネット通販を利用する人が増えましたが、その分大型トラックドライバーの業務量が激増し、朝から晩まで休みなくトラックを走らせても仕事をこなしきれない状態が続いています。

ネット通販利用件数の増大により激務になったことが、人手不足の原因のひとつです。

大型トラックドライバーが不足している原因2:労働時間が長い

労働時間が長いというのも、大型トラックドライバーが不足する原因のひとつとして挙げられるでしょう。

上述の通りECサイト利用者の激増によって大型トラックドライバーの仕事量が増大した結果、長時間労働が常態化しています。

ろくに休憩も取れずに朝から晩まで働きづめの毎日を繰り返すならば、離職率が高くなるのも人手不足になるのも致し方ありません。

大型トラックドライバーが不足している原因3:稼げない

大型トラックドライバーが不足している原因のひとつとして考えられるのが、意外と稼げないということです。

もちろん小型・中型トラックドライバーと比べると大型トラックドライバーの年収は高いと言えますが、それでもその仕事量の多さや長時間労働に見合った稼ぎが得られないため、働き手からすると給与に不満を抱くのも致し方ありません。

大型トラックドライバーが不足している原因4:休日が少ない

休日数が少ないというのも、大型トラックドライバーが不足する原因のひとつに数えられるでしょう。

どこのトラック会社も特に大型トラックドライバーの人手が不足しており、すでにいるドライバーの労働力をできる限り活用しようとするため、結果として大型トラックドライバーの休日数は少なくなってしまいます。

毎日長時間働いているのにろくに休日も取れないのならば、仕事を辞める人が出るのも当然だと言えるでしょう。

大型トラックドライバーが不足している原因5:大型免許取得者が少ない

大型トラックドライバーが不足する原因のひとつとして、そもそも大型免許取得者の数が少ないということも含まれるでしょう。

小型・中型トラックを運転するための免許を持っている人は多くとも、大型トラックを運転するために必要な大型免許となると、取得がやや難しくなりますし費用もかなりかかるため、絶対的な取得者数が少ないのが現実です。

そのため、募集をかけてもなかなか人数が集まらないと言えるでしょう。

大型トラックドライバーが不足している原因6:ドライバーの高齢化

ドライバーの高齢化も、大型トラックドライバーが不足している原因のひとつです。

トラック業界全体に言えることですが、若い世代の就職が減り、すでにいるドライバーがどんどん高齢化してきているため、彼らの退職後の後任がいないのが問題となっています。

ちなみに、若い世代の就職が減っているのは、少子高齢化による労働人口の減少や若者の車離れなど、複合的な要因があると言えるでしょう。

大型トラックドライバーが不足している原因7:事故の危険性

大型トラックドライバーが不足している原因のひとつとして挙げられるのが、事故の危険性が高いということです。

長時間トラックの運転をするだけでも一般の人より事故に遭う確率が上がるものですが、操縦の難しい大型トラックドライバーならば余計に事故のリスクが高まってしまいます。

中には実際に事故を起こしたり、あるいは事故にあいそうになったことで退職を決意するドライバーもいるほどです。

大型トラックドライバーが不足している原因8:トラックドライバーのイメージ

トラックドライバーのイメージが悪いというのも、大型トラックドライバーが不足している原因のひとつとして考えられるでしょう。

残念ながらトラック業界に対するイメージとしては、「きつい・きたない・きけん」のいわゆる「3K」が根強く存在しています。

そのため、若い世代などトラック業界未経験者にとっては大型トラックドライバーになることにはかなりの心理的なハードルが存在すると言えるでしょう。

大型トラックドライバー不足解消の方策4つ

以上で見たように、大型トラックドライバーは現在恒常的な不足状態にあり、その原因も多岐にわたります。

しかし、このまま大型トラックドライバーが不足したままならば、日本の物流は危機的状況に陥ってしまうこともありえるでしょう。

では、どうすればこの不足状態を改善することができるのでしょうか。ここからは、大型トラックドライバーの不足解消の方策について解説していきます。

大型トラックドライバー不足解消の方策1:労働環境を改善する

大型トラックドライバーの不足解消の方策としてまずご紹介したいのが、労働環境を改善するということです。

長時間労働や休憩時間・休日数の少なさなど、大型トラックドライバーを取り巻く労働環境はハードなため、離職者を防ぎ新規参入者を定着させるためにも、ドライバーにとって働きやすい環境を整えることが急務だと言えるでしょう。

大型トラックドライバー不足解消の方策2:賃金を上げる

賃金を上げるというのも、大型トラックドライバーの不足解消のための方策のひとつとして挙げられるでしょう。

労働実態に見合わない低い賃金に不満を抱いて離職する大型トラックドライバーも多いため、まずは賃金を上げて給与に対する不満を解消し、ドライバーとして働くモチベーションを維持するようなシステムを構築することが必須だと言えます。

大型トラックドライバー不足解消の方策3:女性大型ドライバーの雇用

大型トラックドライバーの不足解消のための方策のひとつに、女性トラックドライバーを積極的に雇用するということも含まれるでしょう。

大型トラックドライバーのほとんどは男性ですが、その仕事は性別に関わらず女性も十分にこなすことができるものであるため、女性の潜在的な労働力を活用し、女性のトラックドライバーを増やすことが不可欠です。

そのためにはセクハラ防止策の徹底やトイレの整備なども必要でしょう。

大型トラックドライバー不足解消の方策4:モーダルシフト

モーダルシフトも、大型トラックドライバー不足解消のための方策のひとつです。

現在のように大型トラックドライバーにばかり運送の負担をかけるのではなく、輸送手段をより柔軟かつ多様に変えていくことによって、大型トラックドライバーにかかる負担を軽減させることが可能になります。

大型トラックドライバーが不足している原因を知ろう

今回は大型トラックドライバーが不足している原因やその対処法について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

大型トラックドライバーによって日本の物流が支えられ、私たちは便利な生活を送ることができていると言っても過言ではありません。

生活になくてはならない存在だからこそ、大型トラックドライバーの不足の現状を知り、その原因と対策を考えることが必要だと言えるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related