Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由8つ|メリットは?

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由8つ|メリットは?
リネンサプライはリネンを貸出ながら回収・クリーニングを行うサービスです。それだけにリネンのルート配送はきついと言われています。そこで今回は、その理由8つとリネンサプライのルートドライバーになるメリットについてご紹介していきます。

初回公開日:2019年6月25日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2019年6月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


リネンサプライとは

きついと言われるリネンサプライのルート配送は一般的なクリーニング業とは違います。

リネンサプライ事業者がクリーニングを終えたリネン製品の在庫を持っている点が普通とは大きく違っています。リネンサプライのサービスとはリネンサプライ事業者が用意したさまざまなリネン製品を契約しているホテルなどに貸し出し配送する仕事です。

使用済みのリネン類を回収して新しい物と交換するルート配送が、ドライバーの主な仕事です。

ルート配送の仕事の内容

ルート配送の仕事とは毎日決められた契約先へドライバーがトラックでクリーニング済みのリネン類を運び、汚れた物と交換するという繰り返し業務です。

契約者はリネン類を購入することなく回収・選択仕上げをしてもらいながらレンタル製品として利用できます。補修や補充も行われます。

リネンサプライは一般的なドライバー業よりも労働時間が少なく年間休日が多めに設定されているためプライベートを充実させられる利点があります。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由8つ

リネンサプライという言葉は一般にはあまり馴染みの無い単語です。主に病院・ホテル・介護施設などにシーツやタオルなどをのリネン類を毎日配送するきつい仕事です。

ルート配送がきついと言われる所以は毎日のルーチンワークに忍耐力が必要なことと、リネン類を回収する作業に手間がかかる点です。また、リネンサプライは一般ドライバーよりも給与が少なめであることもきついといわれる理由のひとつです。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由1:思ったより体力が必要

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由の第一原因は体力の問題です。リネンサプライは毎日、使用済みのきれいなリネンをトラックで運び使用済みのリネンを回収する仕事です。

リネンというのは1つ1つは薄く軽くても、量が増えるとたいへん重い荷物となります。まして汚れたリネンは水分などを含んでいるため重く、幅を取ります。毎日の入れ替え作業がドライバーの負担として重く圧し掛かりきつい作業となります。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由2:給料が上がらない

リネンサプライのルート配送業はきついため、辞める人がたいへん多いです。一説では入ってすぐが3人に1人、1ヶ月後が10人に1人、3年から5年で半数が辞めていくといわれています。

リネンサプライのルート配送がきついと辞める原因に仕事内容だけではなく給料が上がらないという理由もあります。リネンサプライのルート配送が思ったよりもきついだけではなく、昇給しないというさらなる打撃で辞めていく人が多いです。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由3:大型の休みなどが取れない

リネンサプライのルート配送は毎日同じルートを回収して回らなければいけないので長い休みが取れません。

リネンサプライのルート配送がきついと思われる理由に挙げられる大型連休がもらえないという悩みは、長い目で考えるとたいへん重大な問題です。家庭がある人は満足に家族サービスができない恐れがあります。実家や親族との付き合いも自由にできなくなる可能性があるからです。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由4:スキルアップができない

リネンサプライのルート配送はスキルアップできない点がきついと言われる理由のひとつです。

リネンサプライのルート配送は1年半ほどでルート換えがあります。そのため新しく入った人と仕事内容が変わらないことを不満に感じる人がいます。いくら頑張っても業務内容に変化や発展がないと、仕事をきついと思ってしまう原因になります。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由5:汚れたリネンに対する不満

リネンサプライのルート配送は汚れた物を回収するので、神経質な人はきついと感じる仕事です。

病院のリネンは血などが付着する恐れがあります。汚れに異常に敏感な人はリネンサプライのルート配送の仕事に不向きといえます。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由6:ルーチンワークがきつい

同じ道、同じ仕事に違和感を感じる人はリネンサプライのルート配送はきつい仕事になります。

変化に富んだ仕事に就きたい人はリネンサプライのルート配送はあまりお勧めできません。同じことのくりかえしに耐えられない人はリネンサプライのルート配送の仕事を退屈だと感じて早期に辞めてしまう可能性があるからです。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由7:ドライバー不足

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由に人材不足が挙げられます。

人件費や人材そのものの不足でリネンサプライのルート配送の人員を減らされた場合は、ドライバーへそのひずみがやってきます。仕事だけ増えて給与も上がらず時間だけ取られればリネンサプライのルート配送はきつい業務となってしまう可能性があります。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる理由8:嫌な顧客とも毎日応対

リネンサプライのルート配送は毎日同じ顧客に会わなくてはいけないのでトラブルがあった場合はきつい業務になります。

リネンサプライのルート配送はトラブルがある契約者にも毎日応対する必要があります。それがストレスになり仕事がたいへん辛い作業になる可能性があります。リネンサプライのルート配送は運転だけでなくサービス業としての部分が大きい仕事だと覚悟しておく必要があります。

リネンサプライのルート配送ドライバーになるメリット

リネンサプライのルート配送ドライバーになるメリットについて考えていきましょう。

リネンサプライのルート配送はきついと言われていますが、その仕事に就いている人はメリットがあるから続けているのではないでしょうか。

特に年代が若いドライバーや臨時でどうしても仕事がしたい人などには最適の職業であるといえます。それらリネンサプライのルート配送ドライバーの利点について詳しく見ていきましょう。

初任給が良い

きついと言われるリネンサプライのルート配送ですが初任給が良いという利点があります。初任給が良いというのは仕事を選ぶ上で最優先される事項です。

リネンサプライのルート配送は内容はきついですが初任給はいいので、短期間や若いうちなどいますぐお金が欲しい人にはたいへんメリットがある仕事です。

特に早急にお金を工面する必要がありドライバー業の中で転職したい人にはリネンサプライの仕事は最適であるといえるでしょう。

道さえ覚えれば仕事内容は難しくない

リネンサプライのルート配送はきついですが、毎日のルートが決められているため仕事を覚えるのはらくです。

リネンサプライのルート配送は1年半は毎日同じ場所を回るので、運転ルートに関してのストレスはありません。リネンサプライのルート配送はきついと言われていますが、転職に対する不安が少ない業種だというメリットがあります。

仕事後のプライベートな時間を持つこともできる

リネンサプライのルート配送はきつい面もありますが、ルートや仕事内容が決まっているので毎日定時で帰れる利点があります。余暇を楽しむ時間ができるため有効活用すればプライベートを充実させることもできます。

仕事自体は毎日同じルーチンワークなので、1ヶ月ほどベテランの方に教えてもらえればあとはマイペースに業務をこなしていくことも可能です。トラブルがなければ余裕をもって毎日の仕事を終えることができます。

リネンサプライルート配送の実態を把握しよう

リネンサプライルート配送の実態を把握して適切な転職を目指しましょう。

リネンサプライのルート配送はきついと言われる所以がわかっていただけたでしょうか。しかし人によってはリネンサプライのルート配送が性に合っていてプライベートも充実できると長く続けている人もいます。

リネンサプライのルート配送の仕事を今回の記事を参考によく吟味して、自分のライフスタイルに合っていると感じた方は就職を検討してみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related