Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラック事故の対策における取り組み10個|対策が必要な原因3つ

トラック事故の対策における取り組み10個|対策が必要な原因3つ
トラック事故の対策を行いたいが、具体的にどうすれば良いかわからないと言う方はいませんか?事故を防ぐための対策方法は多く、運輸業界全体で対策を行うことが事故を防ぐ重要なポイントです。この記事では、トラック事故の対策における取り組みを10個ご紹介します。

初回公開日:2019年6月25日

更新日:2019年6月25日

記事に記載されている内容は2019年6月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラックの事故は大惨事に繋がりやすいので業界全体で対策に取り組んでいる

トラックの事故は、周りの車を巻き込んでの事故が多く、大惨事に繋がりやすいです。

そのため、運送業界全体で事故防止の対策に取り組んでいるところが多いです。では、実際にどのような対策を行えば良いのでしょうか。今回は、トラック事故の対策における取り組みや対策が必要な事故の原因などについてご紹介していきます。

トラック事故の対策における取り組み10個

トラック事故を防止するための対策は、さまざまな種類があります

あらゆる観点から対策を立てることによって、トラック事故の防止する取り組みがなされています。これらの対策は実際の現場に取り入れられつつあり、トラックによる交通事故防止の重要性が認知されつつあります。

ここからは、トラック事故対策の取り組みを10個ご紹介します。

トラック事故の対策における取り組み1:安全体質の確立

会社全体における安全体質の確率は、トラック事故を防止するための最初に行うべき対策であると言えます

全日本トラック協会が主催する講習会に参加する、国土交通省の作成した「指導・監督マニュアル」などの内容を周知徹底するなど、ドライバーだけでなく管理者にも安全対策を徹底させることが大切です。

組織全体が安全意識を向上させることが、トラック事故防止の対策につながるでしょう。

トラック事故の対策における取り組み2:コンプライアンスの徹底

荷主や元請け業者からの不当な要求によって、安全確保が遅れトラック事故が発生するリスクが高まってしまいます。

運送業界全体が、コンプライアンスの徹底を行うことで、トラック事故を防ぐ対策となります。荷主などからの不当な要求には毅然とした態度で対応する、日常点検・定期点検などのチェックを怠らない、などと言った対策が必要です。

トラック事故の対策における取り組み3:飲酒運転防止のための管理体制の強化

飲酒運転による事故はドライバーだけでなく、管理体制にも責任を問われる重罪です。

安全なトラック輸送を行うために、飲酒運転根絶は必要な課題です。飲酒運転を防止するための管理・監視体制を強化し、ドライバーに定期的に指導を行うことが求められます。ドライバーだけでなく、運行管理者にも飲酒運転を管理・監視するための指導を行う事も重要です。

トラック事故の対策における取り組み4:IT・新技術の活用

近年、事故防止のための新技術が発達し、実際の運行車両にも活用されつつあります。

新技術には、衝突被害ブレーキ軽減システムや後方視野確認支援装置などと言った、ドライバーの不注意・死角を補えるものがあります。これらの技術を積極的に利用し、安全を意識した対策を立てていくことも重要でしょう。

最近では、旧型車両に取り付けるタイプの新技術もあるため、新車を購入するコストを抑えることも可能です。

トラック事故の対策における取り組み5:道路交通環境の改善

道路環境の悪化は、ドライバーに過度なストレスを与え、交通事故につながるおそれがあります。

長年の使用により老朽化が進み、ひびや穴が開いた道路が増加しています。道路環境を整え、走りやすい道路の提供を呼びかけることが重要です。また、事故多発地点や危険個所の情報共有も欠かせません。

道路の混雑具合や工事予定など、道路のさまざまな情報共有を円滑に進める動きも必要でしょう。

トラック事故の対策における取り組み6:ドライバー同士の情報共有

トラックドライバー同士が情報共有を行い、安全運転の意識をお互いが持てるような取り組みも大切です。

通ったルートはどのような特徴か、道中の交通状況はどうかなどの情報を共有し、コミュニケーションを図ることが大切です。

また、ドライバーは運転中はひとりになるため、不意に襲ってくる睡魔にむしばまれてしまいます。こうした状況を防ぐためにも、ハンズフリー機能を使って会話ができるよう工夫するとよいでしょう。

トラック事故の対策における取り組み7:体調管理の徹底化

無理な運行計画によるドライバーの体調不良は、大きなトラック事故を招く要因となっています。

深夜のトラック輸送はドライバーの体に大きな負担がかかりやすく、安全運転の妨げとなってしまいます。ドライバーの体調管理をしっかり把握し、健康管理を行うことが事故を防止する対策につながります。

近くの医療機関と連携し、ドライバーの心身のケアを行うなど、専門機関との連携が必要となります。

トラック事故の対策における取り組み8:ドライバー不足の解消

運送業界ではドライバー不足が深刻化し、人手不足による長時間労働が問題となっています。

長時間労働によって疲労をためたまま輸送を行っているドライバーも多く、事故のリスクを高めている要因にもなっています。ドライバーが働きやすい環境を整え、新たな人手を確保することが事故対策につながります。

無理な運行計画は策定しない、なるべく近距離の輸送にとどめるなどの工夫が必要となるでしょう。

トラック事故の対策における取り組み9:現場と管理部の連携強化

ドライバーと管理部の連携強化は、事故を未然に防ぐための重要な対策です。

管理者側が現場で働くドライバーの状況を把握しておかなければ、万が一の際の対応が遅れ大事故につながる恐れもあります。日頃からドライバーと管理部の連携を強化しておき、ドライバーの身に何かあったときに迅速な行動ができるように意識しておきましょう。

また、ドライバーが抱えている悩みや不安な点など、話を聞いて解消させてあげることも大切です。

トラック事故の対策における取り組み10:車両整備の徹底化

荷物を運ぶトラックの日常点検は、荷物だけでなく人の命を守るための重要なものです。

日常点検を怠ったことにより、部品の故障に気づかず大事故につながるというケースは少なくありません。トラックの状態を常に確認し、安全な運転を心がけを意識づけることが重要となります。

日常点検にかかる知識を全員で共有し、故障箇所をすぐに見つけられる技術を身につけることも大切です。

対策が必要なトラック事故の原因3つ

トラック事故が起きる原因が判明したら、早急に対策を行う必要があります。

事故が起こる原因にはさまざまなものがありますが、これから紹介する3つの原因は特に早急な対策が必要です。3つの原因をしっかり把握し、事故防止につなげましょう。

対策が必要なトラック事故の原因1:運転者の技術不足

ドライバーの運転技術不足は、大事故につながり易く甚大な被害が発生することが多い原因です。

瞬時の判断ミスで防げる事故が防げず、大きな事故を招いてしまいます。また、担い手不足の影響から、若手ドライバーに教える人材が足りないという現状もあります。ドライバーの運転技術を高めるトレーニングで、運転技術の向上を目指すことが必要です。

運転技術だけでなく、安全への取り組みや意識なども指導することも重要です。

対策が必要なトラック事故の原因2:運転者の安全に対する意識不足

運転者の安全運転を行う意識の欠如により招いた事故は、多くの場合大事故につながっています。

運転者の安全の意識が薄いと、小さな不注意でも大きな事故につながりかねません。また、危険な運転を繰り返しているとドライバー本人だけでなく、会社全体への責任を追及されかねません。会社全体が、安全意識を徹底させることが重要です。

ドライバーへは、日頃から安全運転を意識した運行を行う事を意識づけさせる必要があります。

対策が必要なトラック事故の原因3:企業側の無理な運行計画

無理な運行計画で行われる輸送は、ドライバーの集中力を途切れさせ、小さなトラブルで大事故につながるリスクがあります。

ドライバーには一定の休憩時間が与えられていますが、休憩もできないほど過密な運行日程を策定する企業が少なくありません。これにより、ドライバーの人手不足が深刻化し、さらにドライバーの負担が大きくなるという悪循環に陥っています。

ドライバーの体調を考慮した運行計画を策定することが大切です。

トラック事故の対策を一通り把握しましょう

トラックによる事故を未然に防ぐためには、対策方法を一通り把握し、現状と比べて何が問題か把握することが大切です。

事故の原因はさまざまで、それぞれの原因によって適した対策方法があります。むやみやたらと対策を行っても効果は薄く、トラックの事故を防ぐことは難しいでしょう。

幅広い対策方法を知ることで、ドライバー個人に適した事故対策を行うことができます。まずは、対策方法を知るところから始めましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related