Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

運送業界の現状を知ろう!運送業界が抱える課題10|課題解決のポイント

運送業界の現状を知ろう!運送業界が抱える課題10|課題解決のポイント
運送業界はさまざまな課題を抱えています。それは労働環境や地球環境の問題だったり、人手不足や高齢化が課題になっていることもあります。運送業界に関わる人たちが日々の経験で得た知識を活かすことで、課題の解決をすることができます。

初回公開日:2019年6月21日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2019年6月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


運送業界の現状

運送業界はさまざまな課題を抱えているので、業界自体が厳しい現状になっています。常に人手不足の職場が多く、運送業界への需要が高まっているので配達ドライバーへの負担が大きくなっています。

運送業界で働く人は、自分が働くポジションで物流の課題に取り組みながら、運送業の現状を変えていく努力をしましょう。

運送業界が抱える課題10

運送業界が抱える課題が10点ほどあります。それらの課題は、実際に運送業界で仕事をする人たちの労働環境や労働条件の課題であったり、運送業の作業をしていく上で問題になっていることが多いです。

運送会社を経営している人は、運送業界が抱える課題を考えながら、労働環境を整え、顧客に喜ばれるサービス展開をしましょう。そのためには、運送ドライバーの声を聞き、十分なマーケティングが必要です。

運送業界が抱える課題1:小口配送の増加

運送業界が抱える課題に小口配送の増加があります。通販で運送業の需要が高くなり、本や小さなものでも通常の大口配送と一緒に運ぶことになるため作業が増えています。そのため、小口配送の取り扱いを変えていく必要があります。

運送会社を経営する人は、メール便のサービスを展開させて、本など小さなものを大口配送と別に扱うことでドライバーの負担を減らすようにしましょう。

運送業界が抱える課題2:再配達

運送業界が抱える課題に再配達の問題があります。現在はさまざまな労働時間で働く人が多いので、荷物を届けても留守でいることが多くなり、何度も再配達のために動かなくてはならない問題があります。

再配達の課題を解決したい人は、届け先の在宅時間を覚えておき、荷物を届けるようにします。また、運送会社は再配達のシステム構築に力を入れましょう。

運送業界が抱える課題3:労働環境や賃金の改善

運送業界が抱える課題に労働環境や賃金の改善があります。運送ドライバーの職業はハードな仕事なのに、十分な賃金を支払えないことが多いからです。そのためドライバーの定着率向上や、若い担い手を育てるためにも労働環境や賃金の改善は必要になってきています。

運送会社を経営する人は、会社の収益をあげる経営をしながら、ドライバーの労働環境や賃金の見直しを図りましょう。

運送業界が抱える課題4:人手不足

運送業界が抱える課題に人手不足の問題があります。運送業界の職業はハードな仕事であり、また責任を求められる場面が多くなるので人が集まりにくくなっています。ドライバーの立場に立った労働環境を整備しなければ人手不足の課題をクリアすることはできません。

人手不足に悩んでいる人は、免許取得のサポートを備えたり、福利厚生の手当を充実させて応募人数を増やす努力をしましょう。

運送業界が抱える課題5:高齢化

運送業界が抱える課題に運送ドライバーの高齢化が挙げられます。若い世代のドライバーを採用することができなければ、ベテランドライバーの負担が増えてしまうので運送会社として長く経営することが難しくなります。

運送会社を経営する人は、経験者だけでなく未経験者や女性のドライバーの募集を募り、人を集めることで高齢化の課題に向き合うようにしましょう。

運送業界が抱える課題6:運送以外の作業

運送業界が抱える課題に運送以外の作業が多いことが挙げられます。運送ドライバーの仕事は荷物を運ぶこと以外に伝票の整理や新人の教育をしなければならないので、それらの負担を減らすことができなければ運送業界の課題を解決することは難しいです。

運送ドライバーの人で、負担が多いと感じる場合は作業を分担したり、運送の仕事をしていない時間で洗車や車両の点検などをするようにします。

運送業界が抱える課題7:待ち時間

運送業界が抱える課題で待ち時間の問題が挙げられます。届け先が時間指定をしている場合は、その時間まで車内で待つこともあるので、顧客の都合を考えた待機や荷下ろしの時間などの待ち時間の有効活用が必要になっています。

待ち時間が多いことで悩んでいる人は、再配達でも同じ区域での配達を心掛けて、届ける前に詳しい訪問時間を顧客へ報告するようにします。

運送業界が抱える課題8:積載効率

運送業界が抱える課題に積載効率が挙げられます。トラックの荷台はスペースが限られているため、荷物をバランスよく積まないと仕事をスムーズにこなすことができません。また、忙しい中で効率を考えながら、荷物を載せていくのでドライバーの負担が増えています。

運送会社を経営する人は、同じエリアの荷物をまとめながら、ダンボールの大きさを考慮して荷物を載せるようにしましょう。

運送業界が抱える課題9:ガソリンや電気代の経費高騰

運送業界が抱える課題にガソリンや電気代の経費高騰が挙げられます。長い時間での仕事が多くなり、トラックのガソリンや本部の建物の電気代が予想以上にかかるので、社員に経費節減に協力してもらう必要があります。

運送ドライバーの人は、アイドリングス有数を取り入れながら、急ブレーキ、急ハンドルを避けるようにして、本部の事務所の使わない部屋の電気は消すよう心掛けましょう。

運送業界が抱える課題10:競争過多

運送業界が抱える課題に競争過多の問題があります。顧客獲得のために運送会社同士が過剰なサービス合戦をしており、競争をすることで企業の力が落ちていることがあります。

競争過多に悩んでいる経営者の人は、行き過ぎたサービスの展開をやめて、他の運送会社を刺激しないように経営をしていきましょう。極端に運賃を下げたり、上げることは良い結果に繋がるとは限りません。

運送業界の課題を解決するポイント5つ

運送業界の課題を解決するポイントが5つほどあります。運送業界は常に人手不足に陥っているので、ITや他の技術の導入や既にあるものの活用を考えなければ課題は解決できません。

運送会社を経営する人は、会社自体の収益を上げておき、新しい技術を導入するための基盤を作るようにしましょう。

運送業界の課題を解決するポイント1:IT化

運送業界の課題を解決するポイントにIT化が挙げられます。人手不足の中で仕事をしていくので、ITのネットワークを活用しなけば作業の効率化はできません。また、人を集めるためにも会社が取り組んでいることをアピールするためにITの技術が必要になってきています。

運送会社を経営する人は、ITを取り入れた配送システムの構築をしながら、社員がITの技術を学べる環境を整えるようにしましょう。

運送業界の課題を解決するポイント2:自動運転

運送業界の課題を解決するポイントに自動運転が挙げられます。2020年の東京オリンピックに合わせて自動運転の技術は日進月歩で進んでいるので、ドライバーへの負担を減らすためにも自動運転での配送を検討する必要があります。

運送会社を経営する人は、ドローンでの無人配達の技術を取り入れて、自動運転の業務のヒントを得るようにしましょう。

運送業界の課題を解決するポイント3:宅配ボックスやコンビニ受け取り

運送業界が抱える課題を解決するポイントに宅配ボックスやコンビニ受け取りの活用が挙げられます。宅配ボックスやコンビニでの受け取りを充実させることで、再配達の手間を省くことができます。

運送ドライバーの人は、集合住宅の宅配ボックスを活用するようにして、訪問した家のお客様にコンビニ受け取りのサービスの利点を話せるようにしておきます。

運送業界の課題を解決するポイント4:共同配送

運送業界の課題を解決するポイントに共同配送があります。他の運送会社の商品を一緒に運ぶことで積載の効率を上げたり、輸送コストの低減につながります。

共同運送を検討している経営者の人は、他の運送会社との規定を定めて、共同運送を考慮した中継地点の営業所を設けるようにします。

運送業界の課題を解決するポイント5:モーダルシフト

運送業界の課題を解決するポイントにモーダルシフトがあります。船便や貨物列車に混載することでコストを下げられるので、ドライバーの負担を減らすためにもモーダルシフトが必要になってきます。

運送会社を経営する人は、貨物列車や船便の混載を検討しながら、より効率を考えた配送システムの構築に力を入れましょう。

運送業界が抱える課題を知ろう

運送ドライバーとして仕事をしていくには運送業界が抱える課題を知るようにしましょう。運送業界の課題を知らなければ、そのためにどのような技術の習得が必要かが分からないので、会社の経営方針に合わせながら資格や免許の取得をする必要があります。

運送業界で仕事をする人は、働いている運送会社の経営方針に従いながら、日々の仕事で得た経験を基に運送業界の課題に取り組むことようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related