Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ルート配送のバイトがきつい理由10個|ルート配送がきつい人の特徴3つ

ルート配送のバイトがきつい理由10個|ルート配送がきつい人の特徴3つ
ルート配送のバイトはハードな仕事なのできつい面が多くなります。また同じルートを毎日回るので、忍耐強くなければ仕事をしていくことはできません。ルート配送のバイトがきついと感じないためにも体調を整えて、仕事に向き合う気持ちを作ることが大切です。

初回公開日:2019年6月5日

更新日:2019年6月5日

記事に記載されている内容は2019年6月5日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


そもそもルート配送とは

配送とは、コンビニエンスストアや自動販売機の商品を定期的に運ぶ仕事です。ルート配送は宅配便とは違うので、日により荷物が増えることはないですが、生活になくては困るものばかりなのでルート配送の仕事は責任が伴います。

ルート配送の仕事を考えている人は、取り扱う商品の知識を高めて、破損しないように時間を厳守して慎重に運ぶようにします。

ルート配送のバイトがきつい理由10個

ルート配送のバイトをしていくには辛いことが多くなります。ルート配送のバイト自体が稼げる仕事ではなく、また仕事自体がハードなためバイトとして仕事をしていくにはきついと感じることが多いです。

ルート配送のバイトをしている人は、バイトや契約社員から正社員への登用がある会社へ入社するようにしましょう。また、仕事がきついと感じないために体力作りをするようにします。

ルート配送のバイトがきつい理由1:毎日毎日同じ道を通る

ルート配送のバイトがきつい理由に毎日同じ道を通り、仕事をすることが挙げられます。ルート配送の場合は同じルートを担当するので、同じ道を通る確率が高くなるのできついと感じてしまうからです。

ルート配送のバイトをしている人で同じルートに飽きてしまった場合は、本社へ違うルートでの仕事ができないか尋ねるようにします。

ルート配送のバイトがきつい理由2:体力仕事がきつい

ルート配送のバイトがきつい理由に体力仕事自体が辛く感じることが挙げられます。もともとデスクワークで仕事をしてきた人が体力仕事を始めたり、体力を使う仕事に慣れていても重労働なのできついと感じる場面が多くなります。

体力仕事がきついと感じる人は、休日も体を動かす機会を作り、栄養バランスがとれた食事を摂ることで体力をつけるようにします。また、体を動かすことで怪我がしにくくなるメリットがあります。

ルート配送のバイトがきつい理由3:朝が早い

ルート配送のバイトがきつい理由に朝が早いことが挙げられます。ルート配送のバイトはその日配達するものを積み込んだり、車両の整備が必要になり、アルバイトでもその補助をすることになり早朝の出勤をするからです。

ルート配送のアルバイトをする人で、朝が苦手な場合は前日の疲れを残さない工夫をするようにします。例えば、夜にスマホを見ることを避けて、早めに寝ることを心掛けるようにしましょう。

ルート配送のバイトがきつい理由4:拘束時間が長い

ルート配送のバイトがきつい理由に拘束時間が長いことが挙げられます。ルート配送の仕事は配達するルートが決まっているとはいえ、長時間運転するドライバーの補助作業をしなければいけないからです。

ルート配送のバイトをしている人は、社員ドライバーと会話を交わすことを心掛け、車内で過ごしやすい雰囲気を作るようにします。

ルート配送のバイトがきつい理由5:一人の時間が長い

ルート配送のバイトがきつい理由に一人の時間が長いことが挙げられます。ルート配送のバイトでも一人で全ての作業をまかなうこともあるので、一人でいることで責任の重さを感じて辛くなる場面があるからです。

一人の時間が長いと感じる人は、現場で共同作業の仕事を選んだり、車内でもラジオをつけたり、無線での会話をするようにしましょう。

ルート配送のバイトがきつい理由6:社員ドライバーの指示に逆らえない

ルート配送のバイトがきつい理由に社員ドライバーの指示に従わなくてはいけないことが挙げられます。ルート配送のバイトは社員ドライバーと一緒に仕事をすることが多く、無理難題を突きつけられることもあるからです。

ルート配送のバイトの人で、社員ドライバーとの仕事に疑問を持っている場合は本部の責任者へ報告して労働環境の改善を提案するようにしましょう。

ルート配送のバイトがきつい理由7:仕事が外の気温に左右される

ルート配送のバイトがきつい理由に外の気温に慣れなければいけないことが挙げられます。ルート配送の仕事は外仕事となるので、冬の寒さや夏の暑さに合わせて体調を整えなくてはいけないからです。

ルート配送のバイトをしている人は、着用するユニフォームに違反しない程度に服装の調節をして仕事をするようにします。また、カイロや保冷剤を利用して、栄養のある食事をとり体調を整えておくようにします。

ルート配送のバイトがきつ理由8:勤務時間に見合った給料がもらえない

ルート配送のバイトがきつい理由に勤務時間に見合った賃金が支払われないことが挙げられます。ルート配送のバイトはドライバーの補助をするとはいえ、拘束時間や作業時間が長くなるのでその分の給料が支払われなければ辛くなるからです。

ルート配送のバイトをする人は、労働契約の内容を見直しながら、労働時間に見合った休憩や賃金をもらえるように会社と掛け合うようにします。もし、無理な場合は労基などに通告しましょう。

ルート配送のバイトがきつい理由9:繁忙期は社員ドライバーより忙しいことがある

ルート配送のバイトがきつい理由で、繁忙期に社員ドライバーより忙しいことが挙げられます。バイトという雇用形態である以上、繁忙期に仕事が増えれば安い労働力を使い、会社が人件費を抑えようとするためです。

ルート配送のバイトをする人は、繁忙期の仕事で成果を残し信頼を得ることで、正規社員への道を切り開くようにします。そのためには仕事でできないことをなくすようにしましょう。

ルート配送のバイトがきつい理由10:体調を崩しても休みが取りにくい

ルート配送のバイトがきつい理由に体調を崩した際に休日が取りにくいことが挙げられます。ルート配送の仕事をする人が少なかったり、生活に必要な物資を運搬するので、補充要員の余裕がなく休みにくい現実があります。

ルート配送のバイトをしている人は、体調を整えて仕事をするとともに、会社から発給される年休や有給を利用して休みを取るようにしましょう。

また、体調を崩して入院した場合の休日の取得方法を聞くようにします。

ルート配送のバイトがきつい人の特徴3つ

ルート配送のバイトがきつく感じる人にも特徴があります。きついと感じる理由は人それぞれですが、体力や同じ作業を繰り返すことで苦痛に感じることが多いので、仕事に向き合う気持ちを作ることが大切です。

ルート配送のバイトがきついと感じる人は、体力をつけて心身の負担を減らしたり、自分なりの目標を立てて仕事をするようにしましょう。また、プライベートを充実させて仕事に臨むことも大切です。

ルート配送のバイトがきつい人の特徴1:ルーチンワークが苦手

ルート配送のバイトがきつい人の特徴にルーチンワークの仕事が苦手なことが理由になっています。ルート配送の仕事は同じルートを周り、同じ荷物を運ぶので飽きてしまうことがあるからです。

ルーチンワークの仕事が苦手な人は、一緒に回る人と受け持つ作業を分担するようにして、仕事自体が飽きないように工夫するようにします。また、納品する店の店員と会話をして、仕事の必要性を感じるようにします。

ルート配送のバイトがきつい人の特徴2:体力仕事が苦手

ルート配送のバイトがきつい人の特徴に体力仕事が苦手なことが挙げられます。ルート配送のバイトは正社員ドライバーよりも作業が多くなるので、体力がなければ務まらないからです。そのため、体調維持を心がけて、体力をつける努力をしなければいけません。

ルート配送のバイトがきつい人は、休日に体を動かす機会を持ち、体に負担がかからないように腰を落として物を持ったり、工夫しながら一つ一つの作業をこなすようにします。

ルート配送のバイトがきつい人の特徴3:長時間一人でいることが苦痛

ルート配送のバイトがきつい人の特徴に一人の長時間に耐えられないことが挙げられます。長時間運転や荷物を運ぶ時間も一人なので、一人での作業に慣れていなければ苦痛になりやすいからです。

長時間作業が苦痛な人は、ペアでの作業を選んだり、私生活で一人でいることに慣れるようにして、忍耐力や持続力をつけることに努めましょう。

ルート配送のバイトがきつい理由を把握しましょう

ルート配送のバイトはハードな仕事なので、仕事内容を把握して仕事をすることが大切になります。ルート配送の仕事は同じルートを回ることを認識して、仕事に取り組まなければ長く勤めることが難しくなります。

ルート配送のバイトをする人は、必要な免許を取得して、体力を備えて仕事に向き合うようにしましょう。また、バイトとして採用されても、責任感を持って仕事に臨むことが重要です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related