Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

運送業界が抱えている課題10個|運送業界で働く上での心得3つ

運送業界が抱えている課題10個|運送業界で働く上での心得3つ
運送業の職場で抱えている課題はさまざまです。ドライバーの体に関わることや運送業全体で問題になっていることなどがあります。ドライバー一人一人が安全運転に徹して、顧客のことを考えた仕事をすることができれば運送業で活躍することができるでしょう。

初回公開日:2019年5月20日

更新日:2019年5月20日

記事に記載されている内容は2019年5月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


運送業界は今現況を変えるため様々な取り組みを行っている

運送業界は現状を変えるために様々な取り組みを行っています。例えば採用枠を増やしたり、新たな再配達のシステムの構築、働きやすい職場作りなどです。どの職種でも人手不足になっており、運送業も人を集める対策を講じています。

運送業を経営する人は、他の運送会社にはない取り組みを行い、人を集めることが大切になります。そのためには従業員の立場を考えた職場環境作りが必要になります。

運送業界が抱えている課題10個

運送業界が抱えている課題はたくさんあります。そのほとんどが労働環境が整っていなかったり、十分な賃金が払えないことが理由になっています。そのため運送業の会社として飛躍するには従業員の立場に立った労働環境を作ることが大切です。

運送業を経営する人は、従業員が働きやすい職場作りをするとともに10年後、20年後を見据えた経営が必要になります。

運送業界が抱えている課題1:ドライバー不足

運送業界が抱えている課題にドライバー不足の問題があります。十分な人数のドライバーを雇うことができなければ、仕事をこなせなくなり、運送会社として成り立たなくなるので運転手の確保は大切なこととなります。

運送会社を経営する人で、ドライバー不足に悩んでいる場合は労働条件を明確にして、好待遇で求人を出すようにします。また、労働条件そのものではなく、家族が増えた場合に手当てを出すといったことでも会社の魅力をアピールできます。

運送業界が抱えている課題2:正規雇用と非正規雇用の格差

運送業界が抱えている課題に非正規社員と非正規社員の格差があります。非正規社員は正規社員と同じ仕事をしても給料が低く、そのことが仕事へのモチベーションを下げることとなり、会社として生産性を上げられない理由となっています。

運送業を経営する人は、非正規採用からでも正社員へ登用される道があることを示し、どうすれば正規社員の道が開けるのかを明確にします。そうすることで非正規社員は仕事に打ち込むことができます。

運送業界が抱えている課題3:ベテランドライバーの高齢化

運送業界が抱えている課題にベテランドライバーの高齢化が挙げられます。ベテランドライバーは高齢化することで、勤務時間が限られてしまったり、体の不調などにより思うように仕事ができないことがあります。

運送業を経営する人は、若いドライバーの採用枠を増やし、ベテランドライバーに仕事の引き継ぎを行わせます。また、高齢のドライバーが多い職場では管理者が健康管理の指導をするようにします。

運送業界が抱えている課題4:後継者が育てられない

運送業界が抱えている課題に後継者が育てられない問題があります。後継者を育てられる労働環境を作らなければ、仕事を引き継げなくなり、運送会社として仕事をしていくのが難しくなってしまいます。

運送業を経営する人は、十分なドライバーを確保するようにして、ベテランドライバーが後継者を育てやすい環境を作るようにします。例えば、高齢ドライバーに新人研修だけを専門に行わせるような工夫が必要になります。

運送業界が抱えている課題5:運送会社同士のサービス合戦

運送業界が抱えている課題に運送会社同士のサービス合戦があります。運送業界として生き残るには他社より優れたサービスを提供しなくてはならなくなり、そのことが運送業全体の仕事を困難にしています。

運送業を経営する人は、運送会社同士で協定を結び、過剰なサービス合戦にならないようにします。また、サービス合戦をすることで運送業の仕事がしづらくなることを認識しましょう。

運送業界が抱えている課題6:ドライバーの長時間労働

運送業界が抱えている課題にドライバーの長時間労働の問題があります。ドライバーは顧客の都合や道路状況を考慮して仕事をしなくてはならなく、どうしても長時間労働になりがちです。

ドライバーをしている人で長時間労働に悩んでいる場合は、労働時間に対しての休憩時間を本社に確認してみます。また、運送会社が長時間労働にならないように仕事自体を見直すことも大切です。

運送業界が抱えている課題7:原材料高騰による低賃金化

運送業界が抱えている課題に原材料高騰による低賃金化があります。経済が世界的に不透明な部分が多く、そのため原材料の高騰化を招いており、ドライバーへ支払われる賃金が少なくなっています。

運送会社を経営する人は、低賃金化を避けるために取引先を増やしたり、会社としての収益を上げて好待遇でドライバーを雇うようにしましょう。

運送業界が抱えている課題8:環境を考慮した車両の配備

運送業界が抱えている課題に環境を考慮した車両の配備があります。近年、企業に対して環境への配慮が問われるようになり、地球環境を考えた車両の配備のための莫大な予算が必要とされるようになりました。そのため、十分な予算が用意できない会社にとっては大きな打撃となります。

運送業を経営する人は、古い車種でも排ガス規制に沿っているかを調べて使える場合は車を長く使うようにします。

運送業界が抱えている課題9:再配達による労働時間の延長

運送業界が抱えている課題に再配達による長時間労働があります。現在は夫婦共働きが多く、不規則な時期帯に仕事をしている人が多いので、再配達が多くなり労働時間の延長につながっています。

運送会社を経営する人は、新たな配達のシステムを構築して、再配達の数を減らすようにします。そのためにはドライバーからの情報を集めることが大切です。

運送業界が抱えている課題10:ドライバーの健康管理

運送業界が抱えている課題にドライバー自身の健康管理の必要性があります。ドライバーの仕事は不規則な生活になりがちになるので、運送業の仕事を続けていくには運転手本人による健康管理が必要になるからです。

ドライバーの仕事をする人は、自分でバランスの取れた食事を取り、十分な睡眠を取るように心がけます。また、健康診断で不安が残る結果が出た場合は、病院の医師の指示を受けるようにします。

運送業界で働く上での心得3つ

運送業界で仕事をしていくには心得ておくことが3つあります。運送業界の仕事は体力仕事なので、そのことをわきまえて作業をしないと中途半端になり、危険を招くことになります。また、運送業界だけでなくその職業の本質を捉えることが大切になります。

運送業界で仕事をする人は、体力仕事であることを忘れず、体力維持に取り組み、安全な作業心がけます。

運送業界で働く上での心得1:肉体労働であることを忘れない

運送業界で仕事をするには肉体労働であることを意識しましょう。運送業は運転をしたり、重い荷物を運ぶので体力の維持や向上が必要になります。そのため、本人が肉体労働の仕事だと割り切ることができれば体力の維持に努めることもできます。

ドライバーの仕事をする人は、運送業が肉体労働だという意識を持ち、体力の維持に努めて、中途半端な作業にならないようにします。そうすることで、大きな事故を防ぐことができます。

運送業界で働く上での心得2:安全運転には絶対に気を付ける

運送業界で働くには安全運転を徹底させることが大切です。運送業は大きなトラック使う仕事なので、もし事故を起こした場合、大惨事になりかねないからです。そのため、トラックを扱う人はより高度な安全運転を心がけることが必要になります。

ドライバーの仕事をする人は、事故の悲惨さを学ぶ機会を持ち、常に安全運転ができるように体調管理をするようにします。

運送業界で働く上での心得3:常にプロ意識に徹する

運送業界で働く上での心得に、常にプロ意識に徹することが挙げられます。ドライバーがプロ意識に徹することで、顧客への配慮や安全運転の必要性を考えて仕事をすることができます。また、プロ意識に徹することで責任感を高く持つことができます。

ドライバーの仕事をする人は、率先して社内の研修に参加して、仕事への意識を高めるようにします。また、上司や同僚と会話を交わして、常に新鮮な気持ちで仕事をするようにします。

運送業界で活躍しましょう

ドライバーとして仕事をするからには運送業界で活躍できるように努力をしましょう。運送業は他の仕事よりもやりがいが大きい職業ですが、危険な作業が多く、それだけ責任感が求められる仕事です。

運送業界で活躍したい人は、安全に配慮した運転をして、顧客への配慮を忘れず、プロ意識を持ち仕事をしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related