Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

スーパーの配送の仕事の内容10個|スーパーの配送の仕事のメリット3つ

スーパーの配送の仕事の内容10個|スーパーの配送の仕事のメリット3つ
スーパー配送の仕事をはじめたい方必見です。自分にやれるか不安だったり、どんな仕事内容なのか知りたいなど、素朴な疑問に答えた記事になっています。ドライバー職が未経験でも比較的はじめやすいのがスーパー配送の仕事です。なぜ、はじめやすいのか見ていきましょう。

初回公開日:2019年6月3日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年6月3日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


スーパーの配送の仕事は運転に慣れていない人でも始めやすい仕事である

スーパーの配送は毎日決められたルートを同じ時間に走るので、トラック運転手入門者にとっては運転に慣れていないという人でも始めやすい仕事と言えます。ルートの特徴を憶えれば、天気や時間帯による車や人の流れなど道路状況の変動のみに注意点を絞れます。

注意しなければならない、細い道やカーブは充分に減速し、大きな車には譲り合いの気持ちで運転する事が無事故で安全運転で続ける重要なコツです。

スーパーの配送の仕事の内容10個

スーパーの配送の基本的な仕事内容を大まかに10個見ていきましょう。女性ドライバーも大勢頑張っている業界なので、女性でチャレンジしてみたい方もぜひ参考にして見てください。会社によっては託児所があったり、女性が働きやすい環境づくりに力を入れ、歓迎しています。

その他にも主婦の方には嬉しい社販制度がある会社では、毎日お得な値段で食材が買える特典もあります。

スーパーの配送の仕事の内容1:車両点検

スーパー配送の一番の相棒はトラックなので日常的な車両点検は欠かせません。マニュアルチェック表を義務化している会社もありますが、勤務中は常に目と耳と動作に注意しトラックと接する姿勢が、安全作業と安全運転には非常に重要で点検は自己責任です。

台車は荷物の内容によっては重いので、初心者女性ドライバーの方は最初は少し大変ですが、台車の扱い方などに慣れれば女性でも大丈夫です。

スーパーの配送の仕事の内容2:集合・点呼

スーパー配送での集合・点呼は、アルコールチェックなども含む朝礼です。アルコールが検知された場合は勤務できません。作業に入る前に今日の配送の連絡事項なども伝えられ、事務所と現場のちょっとした意見交換など日々の伝達の場としても毎朝行われます。

もし、勤務中の気が付いたことや不明なことなどがあれば、そのためにやっている場なので、遠慮せずにどんどん積極的に聞いてみましょう。

スーパーの配送の仕事の内容3:荷物の積み込み

スーパー配送の荷物の積み込みは、発注伝票を見ながら大体のところでは積み込みと検品を二人一組で行います。二人作業にする事で積み込みミスを事前に減らす効果があります。手積みや台車単位・ドライバーは確認のみなど会社により積み込みのやり方は違います。

積み込みの際の注意すべき点は、台車の転倒や、台車の車輪に踏ん張った自分の足が引かれるなどがあります。いずれも気を抜いた不注意で起こる自己責任なので、注意しましょう。

スーパーの配送の仕事の内容4:配達

「急」がつく「急発進」「急ブレーキ」「急ハンドル」などの運転はすべてNGです。配達先が一カ所の場合は、重い台車から先に積み車の安定性をはかるベテランドライバーもいます。配達中は無理をせず、運転に不慣れなうちは細い道は避けた方が無難です。

どうしても通過しなければいけないルートの場合は、先を譲る気持ちを心がけましょう。焦ったりイライラする気持ちが、一番事故のもとです。そのためにも余裕を持って出発しましょう。

スーパーの配送の仕事の内容5:配送センターへの帰還

スーパー配送の荷下ろしが無事終われば、配送センターへの帰還ですが空台車を積んで帰るケースが多いでしょう。荷束バンドでしっかりと固定し、荷台で台車が暴れないようにし破損を予防するのもドライバーの仕事であり責任です。

配送時と同じくゆったりと余裕を持って安全運転で帰りましょう。万が一、事故による渋滞などに巻き込まれた時は、心配されるのでセンターに連絡しましょう。

スーパーの配送の仕事の内容6:車両の清掃

車両の清掃は、同じ車両を共用するスーパー配送会社の場合はエチケットでもあり、昨日との違和感を見つける車両点検も兼ねた重要な作業です。毎日汚れたトラックに乗るより、きれいな車両にして乗った方が仕事へのモチベーションもだいぶ変わります。

車両が汚れていると、稀にではありますが「当たり屋」に狙われるケースもあり、防犯的にも車両は綺麗にしていた方がいいでしょう。

スーパーの配送の仕事の内容7:業務報告

スーパー配送の業務報告は、会社によって違いますが主に走行距離、納品内容、作業事項チェック、その他の伝達事項、運転注意点、作業改善点、など簡単な事です。伝票、領収書を提出すれば省略される項目も会社によってはあるでしょう。

書類の報告の他にも、センターの事務から口頭での作業確認などもある場合もありますので、作業内容を、ざっと頭のなかでまとめておくと流れがお互いにスムーズでしょう。

スーパーの配送の仕事の内容8:明日の配送量確認

配送作業終了後、明日の配送量をチェックすることがあります。明日の配送伝票が届いている場合に限りますが、明日の配送量があらかじめわかれば、明日の朝の段取りや作業イメージができます。祝休日周りなどとくに配送量が激変します。

荷物が激増した時などは、一便いつもよりも追加して、二便体制に変更になる場合もあります。そういった業務連絡がないか、祝休日周りは注意してから帰るようにしましょう。

スーパーの配送の仕事の内容9:シフト確認

同じスーパー配送の仕事でも、シフトが二交代制以上の場合もありますので、そういった会社ではコマメなシフト確認が重要です。急用で休むドライバーの代わりに、出勤せざるを得ない状況もあるでしょう。「困った時は助け合い」の精神は会社も後々答えてくれます。

普段からのそういった自発的な協力体制が、あなたと会社、同僚の関係性を良好にしていきます。常に自分がいることで、周りが助かることは何かという考え方は重要です。

スーパーの配送の仕事の内容10:先輩の話を聞きに行く

どんな仕事でも共通で言える事ですが、スーパー配送でも経験者ならではの話に耳を傾けると、思いもよらない話を聞くことができたりし、スキルアップへの近道になります。ただし、休憩時間など仕事の邪魔にならないタイミングに聞くような、気配りが重要です。

そういったアドバイスを聞きに行く姿勢は、先輩も嬉しいもので、その後もいろいろと教えてくれたり、困った時に手を貸してくれたり良好な関係性を築くことができます。

スーパーの配送の仕事のメリット3つ

ここまでスーパー配送の仕事を紹介してきましたが、その他にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。もちろんデメリットもありますが、仕事内容自体は慣れてしまえば、意外とそんなにキツイものではありません。

どんな仕事にも必ずメリットがあります。その辺りもイメージして参考にして頂ければ幸いです。

スーパーの配送の仕事のメリット1:普通免許だけで仕事ができる

スーパー配送のトラックは、大体が4t車から2t車なので2007年6月2日以前に普通自動車免許を取得した方は、普通免許だけで仕事ができます。それ以降に普通自動車免許を取得した方は、「中型免許」が別途必要になりましたので、注意しましょう。

実際に普通車よりは大きいので、車体の長さやサイドミラーまでの幅などの間隔がわかるまでは、緊張しますが慣れてしまえば、普通車を運転する感覚とそんなに変わりません。

スーパーの配送の仕事のメリット2:勤務シフトが選べる

スーパー配送の仕事に限った話ではありませんが、ドライバーの仕事環境は一昔前に比べればだいぶ改善されました。会社にもよりますが、大体がシフトが自由に選べるのでプライベートを優先したり、家族との時間を大切にする働き方も現在なら可能なので、女性も安心です。

スーパーの配送の仕事のメリット3:人間関係のわずらわしさがない

スーパー配送の仕事は、ほとんどが運転とスーパーへの荷物の積み下ろしがメインで、基本的に一人作業なので人間関係のわずらわしさは少ない仕事と言えます。喋るのが苦手な人でも、挨拶をきちんとできる程度の社交性さえあれば、別段なんの支障もありません。

スーパーの配送の仕事の内容を一通り把握しましょう

スーパー配送の仕事をやりたいと検討している方へ向けて、初歩的な仕事内容10個に分けて紹介してきましたが、いかがでしたか。

スーパー配送の仕事のメリットも含めて、大体の仕事内容が把握できたのではないでしょうか。社用車と荷物を安全に時間どおりに届けることが最も重要で、精神的には自由度が高い仕事です。

ぜひ検討している方はこの記事を参考に、スーパー配送の仕事にチャレンジしてみてはかがでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related