Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

物流危機の具体的な内容10個|物流危機解決のための取り組み4つ

物流危機の具体的な内容10個|物流危機解決のための取り組み4つ
物流危機とは物が運べなくなることです。物流危機が起きる原因として、環境問題が関わることが多く、原材料の高騰やグローバル化が進むことでも物流危機を起こしてしまいます。その場合、取り入れられる技術は取り入れて対応していくことが大切になってきます。

初回公開日:2019年6月3日

更新日:2019年6月3日

記事に記載されている内容は2019年6月3日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


物流危機への対応は物流部門だけでは実現できない

物流危機への対応は物流に携わる人たちだけでは解決できなくなっています。物流危機自体が環境の問題やグローバル化が進むことで起きていることもあるからです。そのため物流危機の問題は社会全体の課題として取り組まなければ解決することはできません。

物流の会社を経営している人は、環境問題に配慮しながら、社員が働きやすい職場作りをして物流危機への問題に取り組む体制を整えるようにします。

物流危機の具体的な内容10個

物流危機の具体的な問題を把握しなければ、問題を解決することはできません。物流危機自体を解決するには、雇用の問題や物価の上昇への具体的な対応策が必要になっています。

物流の会社を経営する人は、社会全体が抱えている問題を捉えながら、自社で取り組めることに着手していくことが必要になります。

物流危機の具体的な内容1:生産人口の減少に伴う人手不足

物流危機の具体的な内容に生産人口の減少に伴う人手不足の問題が挙げられます。日本は高齢化が進んでおり、生産人口が減ってきているため物流に携わる人材を確保しづらくなっています。

物流の会社を経営する人は、高齢の人が働きやすい職場作りをして、人手不足の問題に向き合うようにします。また、若い世代が働きやすいように待遇の見直しをするようにしましょう。

物流危機の具体的な内容2:物流委託コストの値上げ

物流危機の具体的な内容に物流委託コストの値上げがあります。物流の仕事が増えることで、外注会社や請け負い業者が忙しくなり、雇うために高い賃金を支払わなくてはいけなくなるからです。

物流委託コストで悩んでいる人は、物流の委託をしないで自社のアルバイト社員や非正規社員を育て仕事をさせてコストを下げるようにします。また、非正規社員から正規社員への登用も検討することも大切です。

物流危機の具体的な内容3:輸送コストの値上げ

物流危機の具体的な内容に輸送コストの値上げの問題が挙げられます。原材料の高騰や十分な人手を確保できないことで人件費が上がり、輸送コストが上がってしまうからです。

輸送コストの問題で悩んでいる人は、貨客混載や無人輸送をなどの導入を検討するようにしましょう。また、新しい技術を取り入れるための環境整備をしておくことも大切になります。

物流危機の具体的な内容4:働き方改革による労働力不足

物流危機の具体的な内容に働き方改革による労働力不足の問題があります。政府が働き方改革を進めてきており、勤務時間を減らし、残業をしないで生産性を上げることを求めてきているので労働力を集めにくくなっています。

物流の会社を経営する人は、働き方改革に従いながら、採用枠を広げて雇用を増やすことで労働力を確保するようにしましょう。そのためには働き方改革自体を理解して対応していくことが重要になります。

物流危機の具体的な内容5:荷主企業の事業の縮小化

物流危機の具体的な内容に荷主企業の事業の縮小化があります。海外からの輸入品が増え、国内市場が縮小化されることで、物流企業も国内の市場縮小に合わせた事業展開がなされて事業を縮小するため対応しきれなくなっています。

物流の会社を経営する人は、物流の現場が抱えている問題を捉えて、より安定した物流システムの構築に取り掛かることが大切になります。

物流危機の具体的な内容6:環境問題に配慮した車両・器具の完備

物流危機の具体的な内容に環境問題を配慮した車両・器具の完備があります。物流の仕事は環境に直接関わる部分が多いので、そのための車両や器具を完備するための費用がかかってしまう問題があります。

物流の会社を経営する人は、現在使っているトラックが排ガス規制に違反していなければ、引き続き使うようにしましょう。また、作業に必要な器具なども、コストパフォーマンスが良い物を選ぶようにします。

物流危機の具体的な内容7:物流現場に関わる社員の高齢化

物流危機の具体的な内容に現場に携わる社員の高齢化の問題が挙げられます。物流に関わる社員が高齢化することで、勤務時間が短くなり、労働力の確保が難しくなるからです。また、物流に携わる人が少ないことで後継者が作りにくい現実があります。

社員の高齢化に悩んでいる人は、会社の利益を上げて、好待遇で若い世代を雇う準備をするようにします。また、女性が働きやすいように育休や産休を備え、託児所を完備しましょう。

物流危機の具体的な内容8:多様化する荷物ごとの保証と対応

物流危機の具体的な内容に多様化する荷物ごとの保証と対応の問題があります。現在はさまざまな物を取り扱うことが多くなり、それらの物に対する対応や保証がなければ他の業者に勝つことはできなくなっています。

物流の仕事をする人は、荷物ごとの特徴を捉えて、どのようなことに留意すれば良いかを考えるようにしましょう。また、運送会社の本部に特別な荷物の扱い方の確認を取り、仕事をするようにします。

物流危機の具体的な内容9:震災・自然災害に備えた物流ルートの確保

物流危機の具体的な内容に震災・自然災害に備えた物流ルートの確保の問題があります。昨今は自然災害が増えてきており、災害が起きた際の物流ルートの確保しておかなければ救援物資や通常の物資を送れなくなるからです。

ドライバーとして仕事をする人は、走行する土地のハザードマップを確認しながら、会社で指定された物流ルートを利用するようにしましょう。

物流危機の具体的な内容10:さまざまな世代に対応したサービスの提供

物流危機の具体的な内容として、さまざまな世代に対応したサービスの提供の問題があります。ほとんどの世代が物流を利用するので、世代ごとのニーズを考えたサービスを提供しなければ効率良く物を運べなくなり、物流危機を招いてしまいます。

物流の会社を経営する人は、ドライバーが接客の際に気づいた意見を集めて、新しいサービスを考えるようにします。

物流危機解決のための取り組み4つ

物流危機を解決するためにはさまざまな取り組みをしなければ問題の解決にはつながりません。物流危機がどうして起きているかを捉えて、企業としてできることをしなければ物流の会社として飛躍することは難しくなります。

物流危機の取り組みを検討している人は、労働環境を整えて、新しい技術を取り入れる準備を備えましょう。

物流危機解決のための取り組み1:ダブル連結トラックの導入

物流危機を解決するための取り組みとしてダブル連結トラックの導入が挙げられます。トラックを連結することで、多くの荷物を載せることができるので輸送コストや人件費を下げることができます。

ダブル連結トラックで仕事をする人は、けん引の免許を取得して、安全運転を心がけるようにします。また、社内で運転の研修があれば率先して参加するようにしましょう。

物流危機解決のための取り組み2:電気三輪トラックの導入

物流危機を解決するための取り組みとして電気三輪トラックの導入が挙げられます。電気トラックは電気を動力にしており、車輌が小さいのでランニングコストを低く抑えられるメリットがあります。また、大型普通免許も必要ないのでさまざま人が扱えます。

電気三輪トラックを運転する人は、三輪車の特性を理解しながら、転倒しないように運転しましょう。

物流危機解決のための取り組み3:無人配送の導入

物流危機の解決のための取り組みとして、無人配送の導入があります。ドローンなどの空のラジコンを利用することで渋滞を避けることできます。また無人の車両を使う場合も、時間内に正確に届けることが可能となります。

物流の経営をする人は、無人配送を考えている地域にドローンや無人車両がふさわしいかを考えるようにします。例えば道路が整備されていなかったり、ドローンの規制が厳しい地域ならば運用を控えるようにします。

物流危機解決のための取り組み4:貨客混載の導入

物流危機の解決のための取り組みとして、貨客混載があります。貨物と乗客を一緒の車両に載せることで、輸送コストを下げることができ、多くの荷物を運ぶことができます。

物流の会社を経営する人で貨客混載を検討している場合は、時間がかかっても構わない物を載せるようにします。また、運送会社を利用する人に貨客混載であることを了承して利用してもらうようにしましょう。

起こりうる物流危機の具体的な内容を把握しましょう

物流危機の具体的な内容を知ることで、起こりうる危機に対応することができます。そのためには地球環境が抱えている課題や、新しい技術を取り入れることも大切になってきます。

運送業の仕事をする人は、ニュースなどから情報を集め、常に時代の流れを掴みながら新しい技術を取り入れて物流危機の問題に取り組むことが大切になります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related