Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラックの営業マンの仕事内容10個|トラックの営業マンの魅力3つ

トラックの営業マンの仕事内容10個|トラックの営業マンの魅力3つ
よりトラックが売れるために、営業マンは毎日頑張っています。トラックの営業マンはトラックを販売するための仕事をするでしょう。また、仕事をしているのか、トラックの営業マンの仕事内容を10個とトラックの営業マンの魅力を3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

初回公開日:2019年6月5日

更新日:2019年6月5日

記事に記載されている内容は2019年6月5日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラックの営業マンとはどんな仕事?

トラックの営業マンの仕事は、事務仕事から営業の仕事まで幅広くこなします。トラックを利用した仕事を増やすため、営業マンは色々な会社に営業することも多いでしょう。

また、トラック会社に訪問してきた客の接待からメーカーとの打ち合わせ、メールのチェックに送受信、各種書類の作成などの事務的な仕事もおこないます。トラックの営業マンは頼まれれば雑用もこなしますし、外回りから内勤での営業もする仕事です。

トラックの営業マンの仕事内容10個

トラックの営業マンはどのような仕事をしているのか気になる人も多いのではないでしょうか。では、どのような仕事をしているのか、トラックの営業マンの仕事内容を10個ご紹介します。

トラックの営業マンの仕事内容1:営業マン同士のミーティング

トラックの営業マンの仕事内容は、営業マン同士のミーティングをすることです。会社に出勤したら、営業マン同士で今日はどのようなお客様が何時に訪問するから誰が対応するか、メーカとの打ち合わせはどのように、誰が行うかなどを決めるでしょう。

また、課長からの指示を貰い、営業に行く先の確認や、どのようなルートを周り、どんな営業をするのか、書類の作成についてアドバイスを貰うなど、幅広く仕事内容の確認をします。

トラックの営業マンの仕事内容2:お客様訪問

ミーティングが終われば、お客様訪問をするのがトラックの営業マンの仕事内容です。新規のお客さまにトラックの営業マンが訪問し、明るく挨拶してから新型の発売されたトラックの良さや特徴を丁寧に説明するでしょう。

セールスポイントをアピールしてお客様が興味を持つよう、上手くプレゼンテーションをすることも大切な仕事内容です。お客さまに理解してもらえるよう再度プランを練り直し、別の日に再度訪問することもあります。

トラックの営業マンの仕事内容3:メーカーとの打ち合わせ

メーカーとの打ち合わせをするのもトラックの営業マンの大切な仕事となります。車両と架装メーカーは別になりますので、架装の専門的な知識も学んでおかなければなりません。

そして、メーカーにどのようなウィングボデーに架装にするのか、メーカーの担当者と念入りに打ち合わせをして、依頼することになります。

また、トラックの仕ように間違えがないかも何回かチェックし、最終的な打ち合わせをすることが仕事です。

トラックの営業マンの仕事内容4:メールのチェック・送受信

メールのチェック・送受信をするのもトラックの営業マンの仕事です。外回り営業をして、帰着を課長に報告した後、自分宛てに届いたメールの内容をしっかりチェックします。メールをチェックして、すぐに返事がほしい人にメールを送信していくでしょう。

課長や社長に伝えるべきメール内容は紙に控えておき、伝えたり、トラックの営業マン同士のミーティングの際に伝えます。

トラックの営業マンの仕事内容5:各種書類の作成

各種書類の作成をすることがトラックの営業マンの仕事内容となります。トラックの受注報告書を作成したり、車両発注書を作成する営業マンは、訪問日報に明日予定している訪問計画書の作成も行うでしょう。

また、トラックの見積書を間違えずにしっかりと作成し、事務処理まで行うなど、色々な各種書類の作成をすることが営業マンの仕事となります。

トラックの営業マンの仕事内容6:新しい顧客を探して開拓する

新しい顧客を探して開拓することがトラックの営業マンの仕事内容です。もっと会社が売るトラックの良さを知ってもらい、購入してくれる顧客を増やすために話を聞いてもらえそうな企業へ飛び込みをしたり、電話で説明して、セールスするテレアポをするでしょう。

契約にこぎつけるまで粘り強く説明し、売れるまで通うことが求められる仕事です。どんどん新規に客を増やすことでトラック会社にも活気をもたらし、開拓して、会社の知名度を広めることも仕事となります。

トラックの営業マンの仕事内容7:広告やダイレクトメールで宣伝する

広告やダイレクトメールの内容を考え、トラックを宣伝することが営業マンの仕事内容となります。トラックを一台でも多く販売するために、会社のロビーや店などに大きな看板を掲げたり、ポスターを貼って宣伝するでしょう。

トラックの魅力を宣伝するため、広告のデザインを考えるのも仕事となる営業マンは、過去に購入してくれた顧客に、新しいトラックを販売したことをダイレクトメールを送って宣伝するでしょう。

トラックの営業マンの仕事内容8:電話営業をする

電話営業をするのがトラックの営業マンの仕事となります。外回りができない雨風の強い日や時間が空いている時、相手企業の決裁者やキーマンなどに電話をけて、アポイントをとることが仕事です。

電話営業をしてトラックの魅力を伝え、アポイントを多く取ることが仕事になります。電話は切られても根気良くかけることが求められるトラックの営業マンは、相手が興味を持つように、趣味の話や楽しい会話で距離を縮めるでしょう。

トラックの営業マンの仕事内容9:既存顧客への信頼関係の構築

既存顧客との信頼関係構築をすることがトラックの営業マンの仕事内容です。購入してくれた顧客に対して、お正月なら年賀状を書いて感謝の言葉を伝えたり、新商品があることを伝えます。

夏はお歳暮を送り、電話で購入してもらったことへの感謝と季節ごとの挨拶を交えた言葉を伝えて、自分と会社を良く印象付けるのが仕事です。

そして、またこの会社の好印象の営業マンよりトラックを購入したいとの気持ちにさせるのが仕事です。

トラックの営業マンの仕事内容10:掃除をして整理・整頓する

トラックの内勤の営業マンは、社内の掃除や整理、整頓を行うのも大切な仕事です。いつお客様が訪問してもいいように、ロビーの床を掃除し、汚れを取っておくでしょう。壁や窓も磨いてピカピカにして、気持ち良くお客様が訪問できるようにしておきます。

テーブルの上の物を片付けて綺麗に拭き、灰皿を磨いて置く、椅子の埃を取る、棚の装飾品をきれいに並べるなど、トラックの営業マンは会社のイメージを良くすることが仕事です。

トラックの営業マンの魅力3つ

会社の利益に関わる仕事をするトラックの営業マンの仕事は、頑張れば頑張るほどより利益になります。そんな、トラックの営業マンの魅力とはどのようなことか3つ取り上げ、詳しくお伝えしましょう。

トラックの営業マンの魅力1:価格が大きい商品を扱える

トラックの営業マンの魅力とは、価値が大きい商品を扱えるところです。一般の自動車よりも価格が高い大型トラックを扱い、販売するトラックの営業マンは、売れば大きな売り上げになります。

価値が大きい商品を扱う営業マンは、トラック会社からもお客からも信頼され、頼りにされることも多いでしょう。

頼りにされる営業マンは、より価値が大きい商品が売れるようになり、仕事にやりがいを持てて、楽しく営業できるようになります。

トラックの営業マンの魅力2:トラックに詳しくなれる

トラックに詳しくなれることがトラックの営業マンの魅力となるでしょう。トラックの型番や形状、サイズ、内装について色々なことを知ることができるトラックの営業マンは、営業の仕事をしているうちに、自然とトラックについて詳しくなっていきます。

リッターあたりどのくらい走行するか、便利な機能などについても詳しくなりますので、お客様が求めるトラックを探すことができるようになるのが魅力的な部分でもあるでしょう。

トラックの営業マンの魅力3:実力次第でいくらでも稼げる

実力次第でいくらでも稼げるのが、トラックの営業マンの魅力となります。営業マンはトラックの知識を身につけてお客に詳しく説明できれば、トラックの魅力をしっかり伝えられますので、売れるようになるでしょう。

新しいトラックが販売されればすぐに機能やデザインの良さなどを調べ、わかりやすくセールスポイントを説明したり、売れるように上手く交渉する力を身につけるなど、実力次第でいくらでも稼げるのが魅力です。

トラックの営業マンの仕事内容を一通り把握しましょう

トラックの営業マンの仕事内容を一とおり把握しましょう。営業マン同士でミーティングをしたり、お客さま訪問に対応する、メーカーとの打ち合わせをする、メールの送受信や書類作成などの仕事をします。

一とおり仕事内容を先にチェックし、一日のスケジュールを考えることで、スムーズに仕事をすることが可能です。

トラックの機能から性能をいち早くチェックし、知識を身につけることで売り上げを伸ばす営業マンとなれるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related