Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

一般事務との違いは?運送会社事務の主な仕事内容12|向いている人の特徴

一般事務との違いは?運送会社事務の主な仕事内容12|向いている人の特徴
一般事務との違いや運送会社事務の主な仕事内容についてご紹介します。運送会社での事務の仕事内容は多種多様でやりがいもあります。その反面、苦労することも多いことを理解した上で、自分が運送会社で働くのに向いているかを確かめてから応募するようにしましょう。

初回公開日:2019年5月21日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2019年5月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


運送会社の業務について

運送会社では貨物の管理やトラックドライバーへの指示など仕事の種類は多岐にわたります。運送会社に求められるのは、納期を守り正確に配達することです。そのために、運送会社の事務のお仕事は欠かせません。

では、運送会社事務の一般事務との違いや主な仕事内容、向いている人の特徴についてご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。

運送会社事務と一般事務の仕事内容の違い

一般事務の場合の基本的なお仕事は、納品書や請求書などの発行や、営業さんのアシスト業務や電話対応などがメインになります。しかし、運送会社の事務はそれに付け加えて配車業務が加わります。

配車業務とはドライバーへの指示書を発行したり、何をいつどこに運ぶかを管理しなくてはなりません。また、ドライバーとの折衝も大切な仕事で運送会社ならではの仕事が多く発生します。

運送会社事務の主な仕事内容12

では、運送会社での事務のお仕事の内容について詳しくご紹介します。運送会社での事務は仕事の内容が豊富なため、やりがいを感じられる仕事の1つです。一言で運送会社での事務といっても、その職務内容は実際には一言ではあらわせません。

女性に人気がある事務のお仕事ですが、どの業界に入社するかによっても同じ事務職でも内容は異なりますので、転職活動をする際には慎重で選びましょう。

運送会社事務の仕事内容1:時間外にもかかってくる電話対応

運送会社での事務の仕事内容の1つに電話対応があります。一般事務であっても電話対応は職務につきものですが、運送会社での事務では、時間外の電話対応をしなければいけないことがあります。

運送会社では定時時間外でも、納品先である取引先は営業時間内である可能性もあります。夕方以降の納品が発生することもあります。運送業界では基本的に24時間365日の対応が求められることがあります。

運送会社事務の仕事内容2:来客対応

運送会社での事務の仕事内容として、来客対応があります。来客対応では、取引先や荷物の持ち込みをされるお客様などが来所します。また、同じ運送会社のドライバーということもあり、来客対応といってもさまざまです。

そのため、運送会社での事務は臨機応変に対応できることが求められます。また、配送物を受け取ったり、配送物の社内での仕分けも仕事内容の1つです。

運送会社事務の仕事内容3:ドライバーの仕事調整

運送会社での事務の主な仕事内容として、ドライバーとの仕事の調整があります。限られた人数のドライバーのなかで、できる限り効率よく配送ができるようにドライバーと調整を行います。そのため、日々ドライバーとのコミュニケーションが欠かせません。

ドライバーと仕事の調整をする上で、指示書を発行したり、配車業務が発生します。そのときには、お預かりしている在庫の管理なども重要な仕事内容の1つになります。

運送会社事務の仕事内容4:法人からの仕事調整

取引先など新規の相談など、法人からの仕事の調整も、運送会社での事務の仕事内容の1つです。法人から電話で相談を受けた場合には、いつ頃、どのようなものを、どこからどこにへ運ぶのかを聞き、自社で配送が可能かどうかの判断をすることもあります。

内容によっては営業に仕事を振り分けたりすることもあり、状況判断を正確に行う必要があります。社内での調整のみならず、運送会社の事務の仕事内容は社外との調整も大切です。

運送会社事務の仕事内容5:歩合制の給与計算

運送会社での事務の仕事内容は、ドライバーなどへの歩合制の給料計算もあります。ドライバーは歩合制のことも多く、配車業務を行う上で給料まで管理していることもあります。

大手企業の運送会社での事務の場合は、経理や総務で行われることもあり給与計算だけではありませんが、間違いは絶対にあってはなりません。1か月のなかで、給料の締め日になるとより業務量が多くなり忙しくなることがあります。

運送会社事務の仕事内容6:運行許可の申請

運送会社での事務の仕事内容の1つとして、運行許可の申請があります。運行許可の申請をする前に、運送会社では欠かせないトラックや配送車の車検時期の管理が必要になります。配送車が安全に走行できるように点検や車検は欠かせません。

運行許可は車検が切れている車が、車検を受けるために移動するときなどに一時的に許可してもらう制度です。臨時運行許可を得て、仮ナンバーを発行してもらい合法に車道を走ることができます。

運送会社事務の仕事内容7:本社と支社の連絡調整

運送会社では、支社をたくさん持っていることが多く、仕事内容の1つとして支社と本部の連携を行います。仕事内容としては、現状をメールや電話などで連絡します。また、本部に経費の申請を行ったり、売り上げの報告を行うこともあります。

その他にも本社からの要望に応えることもあり、仕事内容は多岐に渡ります。売り上げや報告書などはエクセルやワードの知識を要求されることもあります。

運送会社事務の仕事内容8:軽作業

運送会社では倉庫を持っていることもあり、事務の仕事内容では軽作業も含まれます。軽作業とは段ボールに箱詰めしたり、女性でもできるような仕事内容がほとんどです。これらをピッキング作業やパッキング作業と呼ばれています。

軽作業とは、体力は必要としない簡単な作業のことをいいます。年齢や性別などは関係なくできる作業なので、重労働が苦手な方でも問題なくできます。

運送会社事務の仕事内容9:事故の際の対応

運送会社ではドライバーが配送中に交通事故を起こすこともあります。運送会社では交通事故の処理を事務職が行うこともあります。事故の処理を行う仕事内容では、保険会社への連絡や交渉、時には警察に連絡することもあります。

また、事故だけでなく、ドライバーの交通違反の管理を行うこともあります。ドライバーであっても、スピード違反や駐車違反などの違反切符を切られることもあり、事務がフォローアップすることもあります。

運送会社事務の仕事内容10:書類管理

運送会社では請求書や納品書などたくさんの種類の書類が発生します。書類管理も事務の大切な仕事内容の1つです。書類管理をする上で、データ化したりパソコンを使用する場面もたくさんあります。

紙で保管することもありますが、原本の保管期間などを把握しておかなければなりません。また、何かあったときには、すぐに書類を取り出せるように保管しておく必要があります。

運送会社事務の仕事内容11:経理関係

運送会社での事務の仕事内容の1つとして、経理関係の仕事も含まれます。経理の仕事内容は、保険の管理や売り上げ、仕入などのお金の流れを管理します。運送会社の場合、ドライバーの保険の管理などが該当します。

中小企業の場合、財務処理や決算書作成などの経理のお仕事も含まれる場合があります。そのため、日商簿記などを取得していると有利になります。

運送会社事務の仕事内容12:備品管理

運送会社では、パッキングをするためにガムテープなどの備品を使用することも多くあります。また、事務所で使用する文房具など、備品の管理も事務が行うことは珍しくはありません。物品購入を行う上で、在庫管理をすることもあります。

運送会社ならではの備品である結束バンドやロープなど、運送品を固定するものがあります。ドライバーが使用する備品に関しても事務で調達することが多いです。

運送会社の事務が向いている人の特徴6つ

運送会社では、トラックなどの陸送と飛行機での空輸、また大型船での海上の運送があります。一般的には、トラックなどを使用する陸送が多いです。運送会社での事務では、自身で運送を行わないといっても運送に関する知識はあればあるほどよいです。

では、運送会社での事務のお仕事に向いている人の特徴をご紹介します。運送会社で事務の仕事内容をこなすために、必要な知識やスキルを確認しましょう。

運送会社の事務が向いている人の特徴1:大型車などに詳しい

運送会社での事務であっても、大型車などに詳しいと仕事がスムーズにできます。大型車といっても、牽引車や大型何種など種類はたくさんあります。運搬物によって適正な車種を選ぶことが必要です。

さらに、大型車の種類によって、ドライバーを保持しておかなくてはならない、運転免許の種類も異なります。大型車と免許に詳しい方は、運送会社の事務に向いているといえます。

運送会社の事務が向いている人の特徴2:地理に詳しい

運送会社の事務に向いている方の特徴として、地理に詳しい方があげられます。運送会社の事務の仕事内容の中で電話対応をすることが多々あります。そのときに、地名を出されることも多く、地理に詳しいと折衝がスムーズに行えます。

日本の場合には地名の読み方が難しいことも多く、地名の読み方などをより多く知っていることは有利になります。漢字は特別な読み方が多いので、読み間違えには注意しなければなりません。

運送会社の事務が向いている人の特徴3:建設用語や機械などに詳しい

運送会社では、配送物の積み下ろしなどで建設機器などを使用することも多いです。フォークリフトは認知度が高いですが、聞きれない建設機器も多く、車両などに詳しい方は運送会社の事務に向いているといえます。

運送会社でもスポット的に、建設機器のレンタルを行うこともあります。これらのオーダーを事務が行うこともあり、建設機器などに詳しいと事務職であっても知識を活かせる可能性があります。

運送会社の事務が向いている人の特徴4:コミュニケーション能力が高い

運送会社での事務の仕事内容では、ドライバーとの折衝や、取引先との対応が欠かせません。そのため、あらゆる場面でコミュニケーション能力が高いことが求められます。コミュニケーションが好きな方や、能力が高い方が向いている職業です。

コミュニケーション能力とは、現状をわかりやすく相手に伝えたり、相手の要求を正確に聞き入れることが求められます。

運送会社の事務が向いている人の特徴5:問題解決能力が高い

運送会社での仕事内容はイレギュラーなことも多く、トラブルが起きた時の解決力が求められます。そこでは、臨機応変に対応できる能力が問われます。また、問題が起きた時には、その後同じことが起きないように改善力も求められます。

運送会社の事務が向いている人の特徴6:業務調整能力が高い

運送会社での事務の仕事内容に向いている方は、業務調整能力が高い方です。突発的な業務も多く、運送会社では調整業務が欠かせません。たくさんある仕事のなかで優先順位を付けなくてはなりません。

業務調整をするなかで、瞬時に現状を把握して対応することが重要です。

運送会社事務の仕事内容を理解しよう!

一般事務との違いと運送会社事務の主な仕事内容12個、そして向いている人の特徴についての記事はいかがでしたか。運送会社での事務の仕事内容を事前に把握して、条件に合った求人に応募しましょう。

転職を考えている方の場合、事前に仕事内容を把握することは転職を成功させるためにもとても大切なことです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related