Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

中古トラックリースのメリット9つとデメリット4つ|レンタカーとの違い

中古トラックリースのメリット9つとデメリット4つ|レンタカーとの違い
この記事では、中古トラックをリースすることについて調べているという方を対象に、中古トラックをリースすることのメリットやデメリット、またはリースのほうが向いているケースもご紹介しています。ぜひ参考にして、リースすることへの理解を深めていきましょう。

初回公開日:2019年5月21日

更新日:2019年5月21日

記事に記載されている内容は2019年5月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


中古トラックのリースとは?

中古トラックのリースとは、リース会社がトラックを購入して、企業や個人に貸し出すことを言います。

貸出期間はリース会社によって異なりますが、主に複数年であることがほとんどです。商品の所有権と保守はリース会社が持つことになっています。中古トラックのリースにはさまざまな特徴があるため、それらの特徴をしっかり把握することが求められます。

中古トラックのリースとレンタカーの違い

中古トラックのリースとレンタカーの違いはさまざまあります。

リースの場合は、所有権がリース会社にあり中途解約が原則不可な上に契約期間が主に3年以上なのに対して、レンタカーは所有権がレンタル会社にあり中途解約が可能で、契約期間が1週間から1ヶ月です。

唯一の共通点が、取引の法的扱いが賃貸借ということだけであり、全くの別物ということがわかります。

中古トラックのファイナンスリース

中古トラックのファイナンスリースは、お客様が希望する車両をリース会社が購入し長期間賃貸することを言います。

借主が特定されるため、レンタル特有の不特定多数が対象ということとは異なります。また、車両の所有権が契約終了後に使用者に移る所有権移転と、使用者に移らない所有権移転外に分かれます。

中古トラックのメンテナンスリース

中古トラックのメンテナンスリースとは、リースの中でもメンテナンスなども併せてリース会社に任せることを言います。そうすることで、メンテナンスの手間や消耗品の購入コストなどを含めた全体的なコストを下げることができます。

メンテナンスにかかる費用もすべてリースのプランに入っているので、メンテナンス手続きも簡単に行うことができます。

中古トラックをリースするメリット9つ

中古トラックのリースを利用することによって、どのようなメリットが発生するのでしょうか。これからは、中古トラックのリースを利用することのメリットを9つご紹介していきます。

中古トラックをリースすることを検討しているという方は、本当に自分にとって本当にメリットか、しっかり考えながら読んでいきましょう。

中古トラックをリースするメリット1:急な仕事や事故に対応できる

中古トラックをリースにすることの1つ目のメリットは、急な仕事や事故に対応することができるということです。

中古トラックをリースにすることは、購入したと比べてトラックの納期がとても早いです。そのため、急にトラックが必要な仕事が発生した場合でも迅速に対応することができます。さらに、事故などはリース会社が対応してくれるため、適切な対処を行うことができます。

中古トラックをリースするメリット2:月々の支払いがローンよりも安い

中古トラックをリースする2つ目のメリットは、ローンがないため、月々の支払いがローンよりも安いということがあります。

ローンがない分、利息も発生しないので金銭的な負担が少なく済みます。1台当たりに数万円から数十万円の毎月のリース料は支払う必要がありますが、トラックの購入と比べると支払う金額はとても少なくなります。

中古トラックをリースするメリット3:月々の支払い金額が固定できる

中古トラックをリースにすることの3つ目のメリットは、支払いは毎月固定された金額を払えばいいということです。

リース代の支払いは車両本体代に加えて、各種保険料などを含めた維持費を全部合計し、その金額をリース契約期間で割って毎月支払うといった方法をとっています。さらに、契約満了時に残価分を支払えば、そのまま買い取ることができます。

中古トラックをリースするメリット4:会計処理が簡単

中古トラックをリースにすることの4つ目のメリットは、トラックの維持や管理に関わる会計処理が簡単に済むということがあります。

リースであれば、事故でトラックの修理が必要になった時でも修理工事への運搬や修理費の支払いはほとんどがリース会社が行ってくれるため、面倒な処理をする必要がありません。

中古トラックをリースするメリット5:税金はリース会社が支払う

中古トラックをリースにすることの5つ目のメリットは、諸税金の支払い義務はリース会社に課せられるため、諸税金の負担は不要ということです。

税務上、リース代は全額必要経費となるので、経営コストを抑えるという面でも有益な選択肢ということが言えます。しかし、契約内容によっては、減価償却費などで経費処理する場合があるので注意する必要があります。

中古トラックをリースするメリット6:リース代金は経費として計上できる

中古トラックをリースにすることの6つ目のメリットは、毎月のリース代が100%経費計上できるということです。

例えば、社用車の毎月のリース代が20万円だとしたら、その20万円のリース代は売り上げから経費として差し引くことができます。そのため、節税対策にもつながります。これが購入した車である場合は、固定資産計上となります。

中古トラックをリースするメリット7:修理費をリース会社が負担する場合が多い

中古トラックをリースにすることの7つ目のメリットは、リース車が傷ついたり故障したりした時に、リース会社が費用を負担してくれる場合が多いということです。そのため、故障した場合に備えてあらかじめ確認をしておく必要があります。

しかし、100%負担してもらえるということでなく、場合によっては別途追加料金が発生することも十分あり得ますので、注意することが必要です。

中古トラックをリースするメリット8:新車購入に比べて納期が早い

中古トラックをリースにすることの8つ目のメリットは、新車を購入したときに比べて、納期が早いということです。

新車を購入した際は、購入から納品まで数週間または数か月とかかる場合があります。しかし、リースをすることで契約から納品までの期間は数日となっており、新車を購入した場合に比べてすぐに使用することができます。そのため、すぐに仕事に活用することができます。

中古トラックをリースするメリット9:頭金が不要

中古トラックをリースにすることことの9つ目のメリットは、頭金が要らないということです。

トラックを購入する場合は、多額の自己資金が必要となります。しかし、リースの場合は頭金が要らないため、銀行借り入れよりも簡単に契約することができます。しかも無担保で契約することができるので、新しいトラックが簡単に手元に来るということがあります。

中古トラックをリースするデメリット4つ

中古トラックをリースすることにはメリットもありますが、逆にデメリットもあります。これからは中古トラックをリースすることのデメリットを4つご紹介していきます。

メリットだけでなく、デメリットもしっかり把握したうえで、リースすることを検討しましょう。

中古トラックをリースするデメリット1:契約期間中に解約できない

中古トラックをリースにすることの1つ目のデメリットは、基本的に契約期間中の中途解約ができないということです。

契約したトラックが契約期間中に新型を発売し、そちらに移りたいと考えても乗り換えるということはできません。あくまで結んだ契約の年数を最後まで履行しなければいけません。

中古トラックをリースするデメリット2:長期で利用すると損

中古トラックをリースにすること2つ目のデメリットは、長期的なリース契約は逆に損ということです。

通常10年くらいトラックに乗るという方や、乗りつぶすまで乗るという方は逆にコストがかかってしまいます。そのため、ローンでの購入や助成金などを利用して購入したほうが、リースでトラックを借りるよりもお得に済むというケースが多くなっています。

中古トラックをリースするデメリット3:いつまでたっても所有できない

中古トラックをリースにすることの3つ目のデメリットは、毎月費用を支払っても結局はレンタルであるため、ほとんどの場合に自分の所有物にはならないということです。

毎月支払っているのは、あくまでもリース料であるため、支払い続けたからといってそのうち自分の所有物になるといった契約はほとんどありません。

中古トラックをリースするデメリット4:本体のカスタムができない

中古トラックをリースにすることの4つ目のデメリットは、リース契約後に勝手にカスタマイズをすることができないということです。

リースの契約内容によって細かいことは異なってきますが、もしカスタマイズしても契約終了後、リース会社にトラックを返却するときには、元の借りた状態に戻さなければいけません。

中古トラックリースが向いているケース4つ

トラックをリースする場合のメリットやデメリットをご紹介してきましたが、リースがいいのか、またはトラックを購入したほうがいいのかという点については、その時の状況に応じて判断するのがベストです。

これからは中古トラックをリースにするほうが適しているケースを4つご紹介していきます。4つのケースと似たような状況にあるという方はぜひ参考にして、中古トラックをリースすることを検討してみてはいかがでしょうか。

中古トラックリースが向いているケース1:短期間トラックが必要になった場合

中古トラックをリースすることが向いている1つ目のケースは、リース期間が短期間という個人または法人であるということです。

中古トラックをリースすることのデメリットの一つに長期で利用することによって、逆にコストがかかってしまい、損をするということがありました。

そのため、短期での利用は購入する場合より低コストで抑えることができるため、短期間トラックが必要になった場合はリースすることが最適であります。

中古トラックリースが向いているケース2:事務員などの人件費を削減したい場合

中古トラックをリースすることが向いている2つ目のケースは、人件費を削減したいという時です。

トラックを購入した場合には、メンテナンスが必ず必要となります。そのため、メンテナンスかかる人件費が発生します。しかし、リースすることで、メンテナンスなどはリース会社が行ってくれるためメンテナンスにかかる人件費は削減することができます。

中古トラックリースが向いているケース3:すぐにトラックを利用したい場合

中古トラックをリースすることが向いている3つ目のケースは、すぐにトラックを利用したいというときです。

トラックを購入した場合だと、購入してから納品されるまで数週間または数か月かかるということがほとんどであり、すぐに利用することはできません。しかし、トラックをリースすると数日で納品されるため、契約してからすぐに利用することができます。

中古トラックリースが向いているケース4:将来的に乗り換えを検討している場合

中古トラックをリースすることが向いている4つ目のケースは、将来的にトラックを乗り換えることを検討しているという時です。

中古トラックをリースする期間は主に3年です。しかし、購入した場合はローンで支払うことが多いため、ローンが支払い終わるまで乗り換えることはできません。そのため、将来乗り換える可能性が高いという方はリースを利用することが最適であると言えます。

中古トラックのリースについて理解しよう

中古トラックをリースすることについて詳しく理解することができたでしょうか。中古トラックをリースすることにはメリットもデメリットもあります。特徴をしっかり把握したうえでリースすることを検討してみましょう。

中古トラックをリースすることを検討しているという方は、リースするべきか購入するべきか、現在の状況を確認したうえで検討することが大切となります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related