Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーの予約ができない理由10個|タクシー配車アプリ3つ

タクシーの予約ができない理由10個|タクシー配車アプリ3つ
タクシーの予約をしようとして断られた経験はありませんか。タクシーを利用することはタクシー会社にとってメリットのはずなのに、なぜ断られるのか疑問に思ったことのある人も多いのではないでしょうか。この記事では、タクシーの予約ができない理由について紹介していきます。

初回公開日:2019年4月23日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2019年4月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシーの予約ができないことを疑問に思う人は多い

タクシーの予約をしようとして断られた経験はありませんか。タクシーを利用することはタクシー会社にとってメリットのはずなのに、なぜ断られるのか疑問に思ったことのある人も多いのではないでしょうか。

この記事では、タクシーの予約ができない理由や、利用すると便利なタクシーの配車アプリについて紹介していきます。事前にタクシーを予約できない理由を知っておくことで、対策がとれるようになります。

タクシーの予約ができない理由10個

タクシーの予約ができない理由を10個紹介していきます。タクシーを利用したいのに断られたとき、イライラしてしまったことはありませんか。

電車やバスと違ってタクシーは多額の料金が発生します。せっかく高い料金を払ってでも利用しようと思ったのに断られると、疑問や不信感を持ってしまいます。タクシー会社が予約を断る場合の事情をこの機会に知っておきましょう。

理由1:予約時間まで拘束される

1つ目のタクシーの予約ができない理由は「予約時間まで拘束される」です。予約を受けてしまうと、その予約時間が来る前に受けたタクシーの依頼を受けることができなくなってしまいます。

特に忙しい時間帯の予約は、予約がなければもっと数をこなす可能性があるために断られることがあります。1件の予約よりも複数件の予約なし利用の方がメリットがあるからです。

理由2:迎車料金や予約料金は美味しくない

2つ目のタクシーの予約ができない理由は「迎車料金や予約料金は美味しくない」です。タクシーの予約にかかるお金ははした金のため、タクシー会社にとってメリットが小さいです。

タクシーの予約をすると、出発地まで送迎にかかる料金や予約料金がかかる場合があります。しかし、その料金はタクシー会社にとっておいしくありません。メリットが小さいために予約を断る会社もあります。

理由3:時間単価がよくない

3つ目のタクシーの予約ができない理由は「時間単価がよくない」です。予約対応は時間単価が低いため、好まないタクシー会社が多いです。

予約に対応するために、指定された時間に合わせたタクシーの確保、人員の確保、余裕を持った出発地までの送迎など拘束時間が長いです。予約でないタクシー利用の場合と比較して、とられる時間も長いため、時間的コストも消費されてしまいます。

理由4:キャンセルされると売上ゼロ

4つ目のタクシーの予約ができない理由は「キャンセルされると売上ゼロ」です。予約を受けていてキャンセルされると売上はないため、時間だけが奪われてしまったことになります。

予約を受けていると、人員とタクシーの確保、送迎への余裕を持った時間管理など予約に向けて動いています。しかし直前、当日のキャンセルもあり、その場合はこれまでの準備はすべて無駄になってしまいます。

理由5:準備時間の確保が非効率

5つ目のタクシーの予約ができない理由は「準備時間の確保が非効率」です。予約に向けた準備は効率的ではないため、無駄な時間が生まれてしまいます。

タクシーの予約を受けた場合、指定された時間に合わせた人員とタクシーの確保が必要となります。また、予約時間よりも早く出発地に到着しておく必要があるので、通常より多くの時間を取られてしまいます。

理由6:売上機会の損失を避けたい

6つ目のタクシーの予約ができない理由は「売上機会の損失を避けたい」です。売上につながらない予約対応のために、売上期待値の高い顧客を失ってしまうことがあります。

予約のためにタクシーや人員を確保してしまうことによって、売上となるはずだった機会を失ってしまっている場合があります。例えば、予約に対応していた時間に外を走っていれば、帰宅時間に合わせてタクシーを利用する顧客を獲得できた可能性があるからです。

理由7:目的地や出発地が遠い

7つ目のタクシーの予約ができない理由は「目的地や出発地が遠い」です。タクシー予約者の目的地や出発地が遠い場合、断る場合があります。

タクシーの待機地から出発地まで遠い場合、迎えに時間的にも金銭的にもコストがかかります。また、予約時に告げられた目的地が遠方の場合、範囲外として断られることがあります。送った後に帰る時間や距離が長く、デメリットが多いためです。

理由8:利用時間が早朝や深夜

8つ目のタクシーの予約ができない理由は「利用時間が早朝や深夜」です。タクシーを予約する時間が早朝や深夜の場合、断るタクシー会社もあります。

早朝や深夜の公共の交通機関が動いていない時間に移動をしたいとき、タクシーの利用を考える人も多いでしょう。しかし、夜勤をする人員が少ないことを理由に断られることが多いです。時間帯にも注意しましょう。

理由9:悪天候で運行できるかわからない

9つ目のタクシーの予約ができない理由は「悪天候で運行できるかわからない」です。タクシー利用日の天候が台風や雪などと悪いとき、予約を断られます。

台風や雪などの中の運転は事故の危険度が上がります。台風は風にハンドルが取られてまっすぐ運転できない、雪はスリップの恐れがあり通常通りの運転ができないといった理由です。お客様、運転手、車体の安全を考えて予約を断ることがあります。

理由10:乗せる荷物が大きすぎる

10個目のタクシーの予約ができない理由は「乗せる荷物が大きすぎる」です。社内や荷台に乗せる荷物が大きすぎる場合、タクシーの予約は断ることがあります。

タクシーを利用する目的は重い荷物を運ぶときという人も多いでしょう。折り畳み自転車などは大きくて入らない、車体を傷つける恐れがあると断られることがあります。予約の際に電話で可否を確認するようにしておきましょう。

オススメのタクシー配車アプリ3つ

続いて、おすすめのタクシー配車アプリを確認していきましょう。タクシーを利用したいと考えたとき、どこの会社に電話したら良いのか迷うことはありませんか。アプリを利用すれば簡単にタクシーを呼ぶことができます。

アプリによっては、決済や予約ができるアプリやエリア問わず利用できるアプリもあります。自分の住む地域に適した利用しやすいアプリを探していきましょう。

アプリ1:日本交通

1つ目のおすすめのタクシー配車アプリは「日本交通」です。日本交通のアプリは全国各地の約3万台のタクシーを対象に利用することができます。

アプリに会員登録やカード情報の登録をすることで、支払手続きが不要になるため手軽に利用ができます。1タップで簡単な予約が可能な点が特徴で多くのユーザーがいます。

アプリ2:スマホdeタッくん

2つ目のおすすめのタクシー配車アプリは「スマホdeタッくん」です。スマホdeタッくんは東京における共通タクシーの配車アプリです。

東京都の23区、武蔵野市、三鷹市、多摩地区で利用できるアプリで、近くの空車タクシーを呼ぶことができます。自分の今いる場所を地図上に入力することで、その場に迎えのタクシーが来ます。LINEスタンプなども販売しており、馴染み深いところも特徴です。

アプリ3:Uber

3つ目のおすすめのタクシー配車アプリは「Uber」です。Uberは世界的に発展しているタクシーの配車システムです。

アプリで検索して近くにいるタクシーを呼ぶことができます。利用したいときにすぐに使えるため便利です。一方でUberはワンランク上のタクシーと謳われており、料金も少し高いです。予約料金や車種指定料、迎車料金がプラスでかかります。

タクシーの予約ができない理由を把握しましょう

いかがでしたでしょうか。タクシーの予約ができない理由や、おすすめのタクシー配車アプリについて紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

タクシーの予約は、さまざまな理由によって受け付けられないこともあります。タクシーの予約ができない理由を把握しておきましょう。あらかじめ知っておくことでイライラすることなく、他社に電話をかけたり別の手段を考えたりと行動に移せることでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related