Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

女性ドライバーの仕事の実態10個|女性向きのドライバー職3つ

女性ドライバーの仕事の実態10個|女性向きのドライバー職3つ
ドライバーといえば男性ドライバーのイメージが強いですが、近年は女性ドライバーの数も急増してきています。そんな女性ドライバーの仕事の実態にはどんなものがあるのか、女性向きなのはどんなドライバーなのかを紹介します。ドライバーを目指す女性の方、ぜひご覧ください。

初回公開日:2019年4月19日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年4月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


力仕事が苦手な人でも女性ドライバーになれる

ドライバーといえばひと昔前まではほぼ男性ドライバーのみの環境でしたが、最近では女性ドライバーもどんどん増えて来ています。男性に比べて女性に向かない部分は確かにありますが、丁寧な運転やこまやかな接客にはむしろ男性よりも女性が向いているとさえ言われています。

力仕事は女性に不利ですが、ドライバーといっても重い荷物を運ぶ必要はない力仕事がないドライバーもありますので、女性ドライバーに向いているでしょう。

女性ドライバーの仕事の実態10個

最近では女性ドライバーが増えてきているとは紹介しましたが、実際に仕事として働いてみるとその実態は男社会であるため他の会社や業界にはない苦労がある、というのも確かなところです。

ここからは、女性ドライバーの仕事の実態としてどのような問題があるのか解説していきます。ドライバーとして働きたい女性は、ぜひチェックしてみてください。

実態1:業界では女性の比率が少ない

会社の上層部も男社会であり続けていることが多く、女性が増えたとはいえ相対的に少ないことから、女性の目線で見ることが少なくなっています。

ドライバー業界は古くから男性ドライバーの比率が非常に高く、女性の比率が少ないことで知られています。男女の比率の違いによって、数の少ない女性ドライバーの方にしわ寄せがくることは少なくありません。

実態2:女性が働くための制度や環境が整っていない

ドライバー業界全体で女性ドライバーの数が少ないために、会社の制度や環境を女性のために整えているところが少ないという実態があります。具体的に言えば、困るのはトイレや更衣室でしょう。

女性ドライバーの困った声として男性と同じトイレしかなかったというものや、女性が着替える場所に困るといった問題があるという声があります。女性ドライバーの受け入れが進んでも、環境や制度はまだ追いついていない部分があります。

実態3:差別的発言を浴びせられることもある

昨今コンプライアンスが厳しくなっており、一般の会社では言われないようなセクハラ的な言動がまかりとおっているような会社などもいまだにあるという女性ドライバーの声があります。

例えばスカートの方がいいのに、といったような男性がとくに意識していないような言動でも、女性側からみればセクハラや差別的な発言となるでしょう。業界全体として、コンプライアンス意識の向上はまだまだといったところでしょう。

実態4:近年は雇用が増えてきている

人手不足を背景として、近年では女性ドライバーの雇用を増やしている会社が増えてきており、女性ドライバーとして就職するハードルは低くなっています。

ここまで女性ドライバーの実態として男社会の弊害を述べてきていますが、女性をドライバーとして受け入れるため、人数を増やすために女性ドライバーも想定した制度や環境を急速に整えてきているところもあります。昔よりは確実に、働きやすくなっていると言えるでしょう。

実態5:未経験者を歓迎している会社もある

女性ドライバーに限らず、ドライバーの成りてが少なく人手不足になっていることから、ドライバーの経験がない未経験者でも歓迎するとしている会社があります。

これまでドライバーとして働いたことがない女性でも、実際に働くことで経験を積んでいくことができますので女性ドライバーになるのは難しくなくなっています。運転免許があり直近3年間にとくに大きな事故を起こしていなければ、未経験でも問題ない場合が多いでしょう。

実態6:運転が好きな人には向いている

運転が好きな人というと男性が多いイメージでしたが、最近は運転が好きだという女性も増えてきており、そういった動機から女性ドライバーとして働きたいという人も続々出てきています。

会社への志望動機でも運転が好きだから、を理由にしている人は多いです。女性ドライバーといえど長時間運転することになるので、まず運転が好きな人でないとドライバーには向いていません。

実態7:力仕事は少ない

女性ドライバーに限らず、ドライバー自身に重い荷物運びなどの力仕事をさせる機会は減ってきています。

最近ではフォークリフトを利用することにより力仕事の割合が減ってきており、女性にも働きやすくなってきています。また、近年爆発的に増えているネット通販でも軽い荷物である場合が多いため、業界全体としてみても力仕事は昔に比べて減っていると言えます。

実態8:長距離では労働時間が長い

とくに長距離トラックドライバーとなった場合に直面する実態が、労働時間の長さでしょう。トラックドライバーは1日13時間までが基準となってはいますが、1日15時間以上働く場合は週2回までといった決まりがあります。

女性ドライバーであっても、こうした長距離ドライバーなどの労働時間の長い職場もあるということを知っておきましょう。また、こういった労働時間の面で女性ドライバーが不利になることもあります。

実態9:トイレが困難な場合がある

女性ドライバーが困ることで、ドライバーでの出先でのトイレの確保に困るといったことがあります。道の駅の利用などトイレがきちんとルート上にあると分かっていた場合でも、渋滞などにはまり長時間トイレに行けない状況が発生する可能性があります。

実態10:犯罪に巻き込まれるリスク

夜間にトラックの中で寝ているドライバーや、タクシードライバーとして働く女性ドライバーが犯罪の被害者となるリスクは、悲しいことですが男性ドライバーよりも高い場合があります。

会社によってこういったトラブルに巻き込まれたときの対応が定められていますので、それをよく確認しておきましょう。SOSサインの出し方もチェックしておくとよいでしょう。

女性に向いているドライバー職3つ

女性ドライバーの実態について紹介してきましたが、ここからはそんな女性ドライバーにより向いているドライバー職の紹介になります。近年ではこまやかな対応ができたり、丁寧な対応ができる女性ドライバーの需要は高まってきています。そんな女性に向いているドライバー職にはどのようなものがあるのでしょうか。

ドライバー職1:観光バスのドライバー

観光バスといえば大きなバスですが、そのドライバーとして女性ドライバーが向いている理由は力仕事がほぼないということがあります。

観光バスのドライバーは花形であり、他のドライバーとして経験を積んだ人がよくなるものでしたが、最近では経験がなくても観光バスドライバーを採用している会社があります。問題点としては、泊まりになるということで労働時間が長めというデメリットがあります。

ドライバー職2:タクシーの運転手

タクシードライバーはお客さんと接するドライバーなので、対人接客が丁寧な女性ドライバーの人気が高まっています。とくに女性客を対象とした、女性ドライバーを指定できるサービスも登場しています。

タクシーは女性ドライバーが向いている、また女性ドライバーへのニーズが高くなっていますがその理由としては、運転手が女性ドライバーなことで女性や子どもさんが利用するときに安心感があるため、と言われています。

ドライバー職3:トラックの運転手

トラックの運転手といっても色々あるのですが、女性に向いているのは宅配トラックのドライバーでしょう。

宅配ではネット通販の広がりにより、需要が高まっている反面で重い荷物などが少なく、逆にこまやかなサービスを求められる場合があり女性にとって働きやすいドライバー職となっています。通販サイトの利用者が増えることで宅配ドライバーの人手不足が深刻になっており、女性ドライバーが進出しやすいという理由もあります。

女性ドライバーの仕事の実態を一通り把握しましょう

今回の記事では女性ドライバーの仕事の実態を中心に、女性向きのドライバー職も紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。現在、人手不足なことを原因としてドライバー職も女性ドライバーの求人を増やしてきています。

まだまだ環境の整っていない面はありますが、女性にとって働きやすい方向になってきていることも事実です。ドライバーを目指している女性は、仕事の実態を把握して働きやすい会社や職を見つけてみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related