Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月01日

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

インターネット通販の利用者が増加したこともあり、女性ドライバーに荷物を届けてもらいたいと女性スタッフを希望される方が増えています。男性ドライバーにはない細かい気配りや、安心感を与えられる女性ドライバーの活躍がますます期待されています。

女性ドライバーが増加している?

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

年々女性ドライバーとして活躍される方が増えています。国土交通省が女性ドライバーの採用をすすめています。

近年多くの女性が働いていますが、ドライバー業界はまだまだ女性の活躍が遅れている状況です。しかし女性ドライバーの採用をすすめていることから、どんどん女性によって働きやすい環境が作られていくと期待されています。

女性がドライバーをすることのメリット5つ

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

ドライバーというと男性が働くイメージがあるため、女性ドライバーをすることのメリットがあるのかと感じるでしょう。しかし女性ドライバーにとって、働くメリットはたくさんあります。

ここではメリットを5つあげます。さまざまなメリットがあるので、自身が働く姿を想像しながら見ていきましょう。

女性がドライバーをするメリット1:一人暮らしの女性からの安心感

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

宅配便を受け取る時に、女性ドライバーだと安心感があります。特に一人暮らしの女性からの安心感があり、多くの支持を得ています。

一人暮らしをしている女性は、インターフォンがなると誰が来たか不安に感じることが多いです。宅配便は予告なく届くこともあります。急にインターフォンがなり、不安な気持ちを感じながら対応しようとしたときに、女性ドライバーが顔をのぞかせるとほっとします。

女性がドライバーをするメリット2:女性ならではの細かい気配りが活かせる

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

男性と比べて、女性は細かい気配りが得意な傾向があります。そのため女性ドライバーは、男性ドライバーと比べて、仕事中も気配りをしてお客さんを安心させることができます。

赤ちゃんや小さい子どもを抱っこして、玄関口に出てくるお客さんがいます。その際、扉を開けてすぐのところまで荷物を運びましょうかと声かけをする女性ドライバーは多いです。子育て世代のママさんをはじめ、同じ女性ならではの気づきがあります。

女性がドライバーをするメリット3:男性と比べて親しまれやすい

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

男性ドライバーは、声をかけづらいというイメージを持たれやすいです。荷物を運んでくれてありがとうございましたとお礼を言いたい、こんにちわとあいさつをしたいと考えても、声をかけることを躊躇することがあります。

しかし女性ドライバーは、男性と比べて親しまれやすくお客さんが声をかけやすいです。お礼を言ってもらえた、挨拶をしてもらったなどと、仕事中嬉しい気持ちになることが多くやりがいを感じるでしょう。

女性がドライバーをするメリット4:男性ドライバーから受け取るのが恥ずかしい品物を受け取りやすい

インターネット通販で購入した女性の下着など、男性ドライバーから受け取るのは恥ずかしいという品物があります。女性ドライバーからであれば受取りやすく、恥ずかしい思いをしません。

インターネットが普及してきたことから、インターネット通販を利用される方が増えました。それに伴い、男性に購入したことが知られると恥ずかしい品物も増えています。今後、女性ドライバーの活躍が期待されている一面です。

女性がドライバーをするメリット5:荷物を丁寧に扱うので安心

宅配ドライバーというと、荷物を乱雑に扱うイメージがあります。特に忙しい時は1つ1つの荷物を丁寧に扱わず、箱がつぶれることも少なくありません。

その点、女性ドライバーは忙しくなってきても荷物を丁寧に扱う傾向があります。壊れ物はもちろん、そうではないものも受け取るお客さんの気持ちを考えて動きます。丁寧さを求められる仕事でもあるため、女性ドライバーが注目されています。

女性ドライバーをすることのデメリット3つ

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

女性ドライバーのメリットを紹介しましたが、続いてデメリットに注目しましょう。ここでは3つに絞って説明します。

女性ならではの悩みもあり、今後女性ドライバーが活躍するための環境作りに取り組んでいかなくてはいけないと実感させられます。

女性ドライバーをすることのデメリット1:重量物を運ぶので体力が必要

軽い荷物もあれば、重たい荷物もあります。重たいから宅配で送ってほしいと、宅配サービスを利用するお客さんも多いです。そのため、重量物を常に運ばなくてはいけません。男性と比べると女性は体力が弱いため心配になるでしょう。

はじめは短時間の仕事でも辛くなり、仕事が続かないのではと不安になるでしょう。しかし日々仕事をこなすことで、段々と体力がついてきます。

女性ドライバーをすることのデメリット2:トイレが少ない

仕事中にトイレに行きたくなりますが、トイレが少なく探さなくてはいけません。コンビニに昼食を買いに行くときに済ませたり、気軽に利用できるトイレを探したりと一苦労でしょう。

特に生理中は、すぐにトイレにいけずひやひやすることもあります。地域ごとに行きやすいトイレを把握し、トイレに行きたいと感じたらすぐ行けるように工夫が必要です。

女性ドライバーをすることのデメリット3:ドライバー業界は男性体質が根強い

夫婦共働きの家庭も多く、未婚女性や既婚女性それぞれ社会に出て働くようになりました。どの業界でも女性が活躍していますが、まだドライバー業界は女性が少ないです。

そのためドライバー業界は男性体質が根強く、女性が働いているなんてと懸念されることがあります。職場によっては、女性への風当たりが強いこともあるのが現状です。女性ドライバーが活躍している企業を選び、仕事をはじめる方が良いでしょう。

大見出し:ドライバーとして働きたい女性におすすめの求人サイト

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

女性ドライバーとして働きたい方に、おすすめの求人サイトを紹介します。各求人サイトによって特徴があるので比較して選びましょう。

男性ドライバーだけなく、女性ドライバーを採用しようと積極的に活動している企業もあります。

おすすめの求人サイト1:ドライバーワークス

ドライバーワークスは、全国のドライバー求人情報が掲載されています。勤務したい希望エリアを選択し検索ができるため、スムーズに求人情報を探せます。

転職ノウハウが掲載されていて、はじめてドライバー業界に飛び込む方や転職される方と幅広く役立てられます。

おすすめの求人サイト2:はたらいく

はたらいくは全国のさまざまな職種の求人情報が掲載されています。ドライバー求人も多く、また女性ドライバー歓迎の企業を見つけることができます。

会員になると、プロフィールをみた企業から声をかけてもらえたりと特典があります。求人情報満載のメールも届くので、利用する際は会員になりましょう。

おすすめの求人サイト3:ドラEVER

ドラEVERはドライバー専門の求人サイトです。トップページからエリアごとに仕事を探せます。検索キーワードで、女性ドライバーと入力して検索もできます。

会員登録をしプロフィール入力をすると、プロフィールをみた企業から声をかけてもらえます。資格を持っているとスカウトされやすいです。

ドライバーは女性ならでは視点で活躍が期待できる仕事

女性がドライバーをすることのメリット5つとは?デメリットも知っておこう!

これまでドライバー業界は男性ドライバーが大半で、女性ドライバーはほとんどいませんでした。しかしインターネット通販の利用者が増加しているなど、時代の変化とともに女性ドライバーが求められています。

細かい気配りができる、安心感があるという点からも女性ドライバーは活躍できます。女性ならではの視点で、どんどん活躍してステップアップしましょう。

Related