Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送という言葉を聞いた事があるでしょうか。軽運送とは軽貨物とも言い、その仕事内容は軽自動車を利用して荷物を運送するという事です。比較的小さい荷物を届ける場合は軽運送の方が便利な事もあるでしょう。軽貨物の仕事内容や軽運送をする場合の知識をご紹介します。

軽運送の基礎知識

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送という言葉を聞いた事がある方は少ないのではないでしょうか。軽運送の仕事内容を理解するために、まずは軽運送についての基礎知識をご紹介します。運送業界は物流の中でも重要な役割を担っていますが、人手不足が深刻化している業界でもあります。

軽運送の仕事内容は、そのような深刻な人手不足に悩んでいる運送業界にとって、新しいビジネスチャンスになると言えるでしょう。開業のための基礎知識を役立てて下さい。

軽運送の呼称

軽運送の仕事内容についての基礎知識を身につけるにあたって、「軽運送」の正式名称をご紹介します。軽運送は「貨物軽自動車運送事業」といい、個人事業です。軽運送は「軽貨物」「軽貨物運送業」といってもつうじますので呼称についてはさまざまな種類がある事を覚えておきましょう。

軽運送を開業したいと考えている方にとっては、資格などがなくてもはじめる事ができる個人事業としてオススメです。

軽運送の主な仕事内容

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

運送業界でも注目されている、軽運送の主な仕事内容についてご紹介します。軽運送の主な仕事内容は「荷物を運ぶ」事です。自分の持っている軽トラックやワンボックスカーを利用して荷物の配送をおこないますが、軽トラックを持っているという事だけでは配送の仕事はできません。

軽運送として開業する場合には陸運局で書類を提出し黒ナンバーの登録をする必要があります。仕事内容は登録する業者によっても内容が異なるでしょう。

軽運送の労働時間

軽運送の仕事内容に続いて、労働時間についてもご紹介します。軽運送の仕事内容にも言える事ですが、個人事業主と同じような立場にありますので、労働時間は登録する業者にもよりますが、基本的には軽運送のドライバーだけではなくトラックを運転するドライバーの労働時間は13時間までとなっています。

仕事内容が終わらないからといって、13時間も走らせて良い訳ではありませんし、個人事業だからと無理をする事もいけません。

軽運送の拘束時間

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送の拘束時間も仕事内容と同じで業者に一任されている場合が多いでしょう。一日に8時間以上の労働では基本的に休憩をとる必要がありますが、拘束時間が長く休憩も取らせてもらえないような事にならないように、事前に決めておく必要があります。

軽運送のドライバーの中で月に100万稼いでいるという方がいる場合は、労働基準法違反の可能性が考えられるでしょう。最大の拘束時間は13時間といわれています。

軽運送の仕事内容の特徴2つ

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送の仕事内容には主に「貨物軽自動車運送事業」と「個人事業主」の二つがあります。仕事内容には資格などの特別な経験や知識は一切必要がなく、そのために軽運送を開業しようと考えている方は、仕事内容の特徴を知ってから自身に向いているのはどのような事なのか考えてみましょう。

2つの特徴ある仕事内容もチェックして、今後の活動に役立ててみてはいかがでしょうか。

貨物軽自動車運送事業

仕事内容である「貨物軽自動車運送事業」特徴には人件費がかからず、仕入れや在庫を抱えるといった問題がない事が考えられるでしょう。軽運送の場合、自分で所有している軽トラックまたはワンボックスカーを使って配送業務に就きますので比較的小さな荷物を配送する事になります。

また、軽運送業務には125㏄以上の二輪バイクでも登録すれば開業する事ができるようになるでしょう。

個人事業主

軽運送の仕事内容として「個人事業主」である事も特徴の一つといえるでしょう。「個人事業主」ですので、運送会社勤務というわけではありませんので車の維持費やガソリン代などは全て自分が出費しなければいけません。

軽運送の場合、仕事内容は引越し荷物を運び入れたりするなど多岐にわたる場合がありますので注意しましょう。仕事内容だけではなく、個人事業主ですから健康保険や年金なども自分で支払う必要があります。

軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送の仕事内容を知って、軽運送を開業してみたいと考えている方もいますが、まずは軽運送をはじめるために必要な10個の基礎知識についてご紹介しますので参考にしてみて下さい。

軽運送の仕事内容は自分で自由に休日を決めることができたり、うまく軌道に乗せることができれば、仕事内容を増やして業務拡大も夢ではありません。開業するために必要な基礎知識を得て、軽運送として活躍してみましょう。

貨物軽自動車運送事業経営届出書

軽運送の仕事内容をスムーズに行っていくためには、まず「軽貨物自動車運送事業経営届出書」という書類を提出する必要があります。「軽貨物自動車運送事業経営届出書」記載項目は、軽運送をはじめるために必要な「名前」「住所」「電話番号」などの基本的な項目の他に「事業計画」の内容を記入しなければいけません。

「車庫の位置」や「収容能力」「事業用自動車の種別」なども記入します。

運送約款

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

「運送約款」は荷物を運ぶという事に関して利用者に提示する契約条件になります。「運送約款」は基本的に国土交通省が用意している運送約款を使用する事で、スムーズに手続きをおこなう事ができるようになるでしょう。

運送約款は時代の流れとともに見直されて改正されてきていますし、手軽にウェブページから取得する事が可能ですので活用してみる事をおすすめします。

貨物軽自動車運送事業運賃料金表

「貨物軽自動車運送事業運賃料金表」の提示も必要になります。「貨物軽自動車運送事業運賃料金表」を作成するにあたって書式は自由です。「貨物軽自動車運送事業運賃料金」の作成時間を短縮する事も可能で、運輸局が用意しているひな形が活用できます。

相場の料金なども記述例が用意されている場合もありますので活用してみましょう。業務委託の場合でも同じように申請する事になります。

事業用自動車等連絡書

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

「事業用自動車等連絡書」はいわゆる車両の証明書の役割を担っています。「貨物軽自動車運送事業経営届出書」でも同じように事業用の自動車の種別を記入しますが、「事業用自動車等連絡書」はより具体的な項目を記入する事になるでしょう。

車両を登録した場合、登録した車両を処分する際には許可を取らなければいけなくなりますので注意してください。

車検証または完成検査終了証

「車両証または完成検査終了証」も必要な書類ですので用意しましょう。「車両証または完成検査終了証」とは「車検証」の事を言います。軽運送業務をはじめるにあたって新車を用意した場合には「完成検査証明書」が必要になるでしょう。

必要となる書類は特に指示などがない場合には原本の必要はありませんので、コピーを用意して提出してください。

提出先

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

必要書類を用意した後の提出先は運輸局になります。本拠地となる営業所のある地域の運輸局でおこなわなければならず、他の場所では提出できませんので気をつけて下さい。

運輸支局での手続きが滞りなく進んだ場合には発行番号が付与される事となります。その書類を持って「軽自動車検査協会でナンバープレートを黒ナンバープレートとして交付してもらいましょう。ナンバー代金が1,400円前後かかります。

仲介手数料

軽運送をはじめるためには、企業からの業務委託を受けてはじめますので、仲介手数料を報酬額から支払わなければいけなくなります。業務委託の仲介手数料とは業務紹介料という名称の場合もありますが、報酬額の5%から20%程度が目安になっており、他にも必要経費を差し引いた金額が実質的な収入と考えて良いでしょう。

固定報酬などで契約する場合には仲介手数料が引かれない場合もありますので契約時に確認してください。

加盟金

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

「加盟金」を要求される場合もありますので注意しましょう。基本的に「加盟金」を要求される事はありませんので、「加盟金」を要求された場合には悪質な業者である事を疑った方が良いです。詳細な説明を会社でおこなうといった言葉で呼び出し、「加盟金」を要求してあまり仕事を回してもらえないなどの可能性もありますので気をつける必要があるでしょう。

事前研修

業務委託で軽運送をはじめる方の中にはどのようにはじめたらよいのかわからないという方も多く、はじめての運送業に戸惑ってしまう方もいらっしゃるでしょう。企業によって仕事内容が違う場合もありますので、企業の方で事前研修期間を設けている事もあります。

事前研修期間については企業によってさまざまです。初めての業務に不安を感じてしまう方は制度の整った会社で業務委託をはじめましょう。

取得援助

キャリアアップのための「取得援助」をおこなっている企業もありますのでチェックしてみましょう。軽運送は普通運転免許を持っていれば誰でも始めることができますが、将来的に事業を拡大したいと考えているという方は、軽自動車だけではなく大型免許やけん引免許なども取得していることをオススメします。

資格取得のための援助をおこなっている企業を探して業務委託契約を結んでみてはいかがでしょうか。

軽運送の報酬

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送の報酬面についてもいくつかご紹介しますので参考にしてみて下さい。軽運送の報酬については、開業しようとしている方にとって、一番気になる部分ではないでしょうか。企業によっては日払いや週払いの所もありますので確認しておきましょう。

軽運送の月収

軽運送の月収は企業によってさまざまです。多くの企業が出来高制を採用していますので、求人サイトなどで見かける「月収50万」などの文字はノルマの量が通常よりも多い事を示しています。一日にこなせる量のノルマなのかどうかも確認しておく必要があるでしょう。基本的には固定給ではない限り報酬額は変わります。

平均して34万から36万くらいになるのではないでしょうか。

最低収入補償

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

支払われる報酬額には「最低収入補償」を用意している企業もあります。収入が少ない場合には生活する事ができなくなってしまいますので、毎月の収入補償が欲しいという方は、「最低収入補償」制度を用意している企業と業務委託契約を結ぶようにしてみて下さい。

福利厚生

「福利厚生」は個人事業主に適用される事はありませんので気をつけて下さい。運送会社によっては福利厚生を一部用意してくれている企業もありますが、基本的には福利厚生が付く事はありません。

健康保険

軽運送を個人事業として始める方は「国民健康保険」に加入する必要があります。あくまでも個人事業主ですので、業務委託契約を交わしても会社員として保険料の負担を受ける事はできません。

軽運送はやりがいのある仕事

軽運送の仕事内容は?軽運送をするために知っておきたい10の基礎知識

軽運送の仕事内容や開業するにあたっての基礎知識をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。軽運送の仕事内容は手軽にできるモノもありますが、やりがいある仕事もたくさんあります。初期投資が少なくて済むうえに手軽にはじめられるとあって、はじめようと考える方もたくさんいらっしゃいます。

メリットだけを見るのではなく、仕事内容に関してやりがいを感じるかどうかで判断してみる事が続けるためには必要になるでしょう。

Related