Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

パワハラを放置すると大変なことに!運送会社で起きるパワハラの種類6つ

パワハラを放置すると大変なことに!運送会社で起きるパワハラの種類6つ

運送会社で起こるパワハラの実態とはどのようなものなのでしょうか。また、発覚したらどのように対処すれば良いのでしょうか。このぺージでは、「運送会社のパワハラ」をテーマにして、実態や種類、発覚した際の対処法や放置した場合の危険性について、考察・ご紹介しています。


運送会社のパワハラの実態とは

近年、「パワハラ」は社会的な問題となっています。パワハラは、「パワーハラスメント」という言葉を省略した言葉で、さまざまな業界や会社で行われていると言われています。

運送会社でも、パワハラが起こるケースもあるとされ、実際に被害にあった方もいるとされています。

そこで今回は、「運送会社のパワハラ」をテーマにして、パワハラの種類や対応などについて、考察・ご紹介していきます。

パワハラが常態化している会社もある

パワハラは、一時的なもので済むケースもありますが、中には常態化しているケースもあります。

パワハラが常態化してしまうと、一人の社員をターゲットにして、上司やその他の社員が嫌がらせをしつづける光景が職場に定着してしまうこともあります。

エスカレートすると、パワハラをされた社員が退職せざるを得ない状態になってしまう可能性もあり、軽視できる問題ではありません。

運送会社で起きるパワハラの種類6つ

一言で「パワハラ」と言っても、さまざまな種類があります。種類やパターンによって、対処法なども変わってくるので、パワハラの種類について知っておくことは、重要なことだと言えそうです。

そこで続いては、運送会社で起こりやすいと言われているパワハラの種類について、考察・ご紹介していきます。

運送会社のパワハラの種類1:身体的な攻撃

運送会社で多いと言われているパワハラの1種として、身体的なものが挙げられます。

パワハラの中でも、殴る蹴るなどの直接的な暴力によるものは、身体的な攻撃として見做されます。

また、手や足で直接的に殴る蹴るの暴力を振るわなくても、書類などを投げつけるなど、物を使用して暴力を振るった場合も、身体的な攻撃のパワハラとされ、運送会社などでも起こりがちだと言われています。

運送会社のパワハラの種類2:精神的な攻撃

暴力を振るわずとも、相手の尊厳を傷つけるような言葉を言ったり行動を取ったりすると、精神的な攻撃のパワハラと見做されます。

特定の人の悪口を職場全体で言い続けたり、特定の社員の言動を嘲笑したりすると、精神的なパワハラに該当するケースがあります。

また、何時間にも渡って叱責し続けたり、言葉汚く相手を罵ったりする行為も、パワハラとなるケースがあり、運送会社でも問題になっています。

運送会社のパワハラの種類3:行き過ぎた要求

上司や先輩が部下に仕事を依頼することは自然な流れですが、依頼する仕事の内容や量によっては、行き過ぎた要求のパワハラとなる場合もあります。

一例として、1人ではできない量の仕事を依頼したり、必要がない残業や休日出勤などを強要したりする行為は、行き過ぎた要求に該当するケースがあります。

運送会社でも、特定の社員にのみ大量の仕事を任せるなどのパワハラが起こっている所もあると言われています。

運送会社のパワハラの種類4:能力に見合わない要求

能力や実力がある人物に、その能力に見合わない簡単な仕事しか任せないことも、パワハラとなる可能性があります。

ある程度の年齢やポジションに就いている社員に、簡単な仕事しか任せなかったり、仕事を与えなかったりする行為は、社員の成長や出世のチャンスを奪うことにもなります。

運送会社でも時折見られるパワハラで、能力を活かす機会が与えられないことに悩む方もいらっしゃると言われています。

運送会社のパワハラの種類5:人間関係から遠ざける

パワハラを放置すると大変なことに!運送会社で起きるパワハラの種類6つ

会社は仕事をする場所ですが、スムーズに仕事をするためには、良好な人間関係は必須と言えます。そのため、特定の人物の悪口を言いふらして会社の人間関係からのけ者にしたり、会社の行事などに特定の人物だけ呼ばなかったりすることは、パワハラに該当すると考えられそうです。

運送会社においても、特定の人物を人間関係から省くような行為をすると、パワハラと見做される可能性があります。

運送会社のパワハラの種類6:プライベートの侵害

社会人であっても、プライベートの時間やプライバシーは、保護されるべき個人の権利です。

電話やメールで、必要以上に業務に関係のない連絡を取ったり、社員の日常生活や恋愛に関して干渉したりする行為は、パワハラの1種に該当します。

悪気はなく、スキンシップやコミュニケーションのつもりだったとしても、本人が嫌がればパワハラになる可能性があるため、運送会社でも時折起こる問題だと言われています。

パワハラを放置することで起きる問題

Bottom banner

続いて、職場のパワハラを放置し、常態化させてしまった場合、どのような問題が起こるのか、考察していきます。

パワハラは、些細な問題と思われがちな内容もありますが、それらが積み重なることで、大きな問題に発展するケースもあります。

運送会社でパワハラを放置した場合、どのような危険性があるのか、この機会に把握しておくことをおすすめします。

職場の雰囲気の悪化

パワハラが常態化したり、パワハラを放置し続けると、職場の雰囲気は著しく悪化します。連携すべき業務がスムーズに連携できなくなったり、業務に遅れが生じたりする原因になる可能性もあります。

また、パワハラの被害者でも加害者でもない無関係の社員も、委縮してしまうことが多く、パワハラを放置し続けることによって職場が緊迫した雰囲気になったり、新たなパワハラの被害者が出てきてしまったりする危険性もありそうです。

被害者からの損害賠償請求

あまりにも酷いパワハラが続き、被害者が精神や肉体的に苦痛を感じて健康を損ねたり、退職せざるを得なくなったりすると、被害者から損害賠償請求がされる可能性があります。

損害賠償請求になると、職場や部署だけの問題でなく、会社全体の問題となり、パワハラに加担したメンバーの評判はもちろん、会社の評判も悪くなりがちです。

金銭面でも大金を賠償することになるため、会社にとって大きな損害やダメージになります。

営業停止

パワハラの内容やパワハラに対する対処方法によっては、会社が営業停止になってしまうケースもあると考えられます。

運送会社だけでなく、全ての業界の会社に言えることですが、営業停止の期間がたとえ短かったとしても、会社にとって予想外に業務を行えない日が続くのは、大変大きな痛手と言えます。

パワハラが発覚した際に企業がとるべき対応

上記では、運送会社などで、パワハラを放置した場合、どのような結末になる可能性があるのか、考察しました。

営業停止や損害賠償請求など、いずれも運送会社にとっては大きな損害となる可能性があるため、パワハラが発覚した場合は、正しく対応することが重要だと考えられます。

そこで続いては、社内でパワハラが発覚した際に、運送会社がとるべき対応や行動について、ご紹介していきます。

事実関係の調査

社内でパワハラの可能性がある場合は、まずは事実関係の調査をすることが大切です。パワハラは、線引きが難しい問題でもあるため、教育や仕事の一環なのか、パワハラと呼べる状態なのか、調査してはっきりさせる必要があります。

タイムカードやパソコンの履歴を遡ったり、メールや電話の内容を確認したりすることも、重要な調査方法だと考えられそうです。

加害者への処分

調査をした結果、社内でパワハラがあったことが判明した場合、加害者への処分をしっかり行うことが大切です。処分を行わないと、一時的にパワハラがなくなることはあるものの、再発する危険性があります。

また、パワハラの加害者をしっかり処分することで、他の社員にもパワハラの問題の重要性を認識させられる可能性もあります。

損害賠償金を払う

パワハラの被害者から損害賠償請求をされ、実際にパワハラがあった場合は、たとえ個人の判断によるパワハラであったとしても、企業は損害賠償金を支払う必要があります。

また、たとえ個人が行ったパワハラであっても、企業のイメージは大幅にダウンします。ですから、自社の社員がパワハラを行ったことを認め、きちんと損害賠償金を支払って謝罪することは、企業の存続のためにも、重要だと言えそうです。

再発防止とパワハラについての社員教育の徹底

損害賠償金を支払い、被害者に誠心誠意の謝罪をしたら、二度と同じ過ちを犯さないよう、社内で徹底していく必要があります。

運送会社だけでなく、全ての業界に言えることですが、パワハラは社員がそれぞれにいけないことと認識し、行わないよう意識しないと、再発する危険性がある厄介な問題です。

社員にもしっかり教育や研修を行い、パワハラをしない人材を育てることも、企業の使命だと言えそうです。

パワハラは犯罪であるという意識をしっかり持とう

今回は、「運送会社のパワハラ」をテーマにして、運送会社のパワハラの実態や、運送会社で起こりやすいパワハラの種類、パワハラを放置する危険性や、パワハラが発覚した場合の対処法などについて、考察・ご紹介しました。

パワハラの加害者は、ちょっとした気晴らしや冗談のつもりでも、被害者は深く傷付く危険性があります。犯罪と認識し、絶対に起こらないよう、社内での教育を徹底することが大切です。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人