Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年06月13日

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

物流業界に対してのイメージはどんなものがありますか?現在、物流業界は、人手不足の問題を解消するための取り込みが盛んに行われており、かつてのイメージと現状が変わってきています。今回はそんな物流業界のイメージについて紹介していきます。


物流業界に対するイメージは必ずしも現状と合致しているわけではない

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

あなたは物流業界について、どんなイメージをお持ちですか。

近年、深刻な人手不足のニュースなどから、物流業界のイメージは決して良いイメージとは言えません。しかし、実態はどうでしょうか。現在の物流業界に対するイメージは、必ずしも現状と合致しているわけではありません。

物流業というと、ドライバーの仕事が思い浮かびますが、配送や輸送の仕事以外にも、保管、荷役、流通加工、包装、情報管理などの業務があります。

物流業界のイメージ10個

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

色々な業務内容がある物流業界ですが、何を運ぶかにもよってその現状や実態は変わっていきます。

生鮮食品など、毎日の生活に欠かせないものを扱っている場合や、家具・家電などの大きいものを扱っている場合などでは、大変なことも変わってきます。店舗宛なのか、個人宅宛なのか、荷物をどこに運ぶ荷物かによっても変わってきます。

それでは、物流業界のイメージと現状の実態について、ひとつひとつ確認していきましょう。

物流業界のイメージ1:休日・休暇が少ない

物流業界のイメージとして、休日や休暇が少ないというイメージがありますが、必ずしも休みがないわけではありません。

慢性的な人手不足の中、24時間365日稼働している通販の倉庫や、生鮮食品を扱っているトラックなど、常に稼働することが求められる商品を扱っている場合、休日が少ないかったり休暇がとれないこともあります。

しかし、扱う商品によって土日祝日は、モノを動かしていない場合もあり、しっかり休日がとれます。

物流業界のイメージ2:仕事が安定していない

以前は、物流業の中でも、繁閑の差が激しいと言われる引越しや、荷主の都合に振り回されがちな小規模な会社では、閑散期に仕事がなかったり、景気に左右されるなど仕事が安定していないイメージがありました。

しかし、近年は人手不足の中で、閑散期の引越ドライバーを倉庫業務に転換したり、共同配送を行い年間を通しての業務の効率化を図っています。そのため、以前の仕事が安定していないイメージは払しょくされつつあります。

物流業界のイメージ3:給料が少ない

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

物流業界は給料が少ないというイメージがあります。ただ、一概に給料が少ないとは言えません。

もちろん薄給で働いている人もいます。それなりにはもらいながらも、長時間労働で割には合わないと感じている人もいます。出来高で、やればやるほどもらえる契約の人もいます。そして、物流関係の資格所持者は、通常よりも基本給が高かったり、手当がつくこともあります。

物流業界のイメージ4:将来性が期待できない

物流業界は将来性が期待できないというイメージがありました。それは、何かを作るわけでもなく、売るわけでもなく、モノを運ぶ仕事の性質からくるものです。

しかし、昨今は、物流の必要性が高まりつつあります。通販市場の拡大で、取り扱う荷物の数が倍増するなど、物流業界も拡大しています。人手不足という課題があるものの、決して将来性が期待できない分野ではありません。

物流業界のイメージ5:派遣や学生アルバイトが多い

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

物流倉庫内や引越作業の仕事は、派遣や学生アルバイトが多いというイメージがあります。物流現場は、繁閑の差が激しく、慢性的な人手不足でもありますから、派遣や学生アルバイトに頼らざるを得ません。

特に倉庫内の流通加工の作業や引越作業には、単純な手作業が多いので、派遣や学生アルバイトを即戦力として受け入れやすい環境となっています。

物流業界のイメージ6:働いている人が粗暴

物流業界で働く人の中には、粗暴な人もいます。それは、職に就くまでに学歴を必要としない場合があるからです。また、学歴がなくても、物流現場で役に立つ資格を取ることもできます。

ドライバーの仕事といえば、最近まで、圧倒的な男性社会だったことや、入職までのハードルの低さから、粗暴な人が多いという職場環境があるということは否定できません。

物流業界のイメージ7:長時間労働である

物流業界の仕事の中には、長距離トラックの運転手など、長時間労働を強いられる職種があります。また、流通加工の仕事では、出荷の締め切りが決められており、終わるまで残業せざるをえず、繁忙時期は長時間労働になりがちです。

また、宅配ドライバーについては、荷物の再配達の対応が、ドライバーの長時間労働の要因になっていると問題になっています。そのため、長時間労働に対して、現在会社が改善策を講じているところです。

Bottom banner

物流業界のイメージ8:危険な仕事である

物流業界の仕事は、危険が伴う仕事であるというイメージがあります。倉庫内で梯子を使って商品をとるなどの高所作業、特殊な機械を運転する作業、重量物の運搬などの危険が伴う仕事もあります。

物流現場では、人が怪我をしたり、腰を傷めたり、また、フォークリフトでの物損事故や、商品を落下させてしまうなど、一定の割合で、怪我や事故が起きてます。

物流業界のイメージ9:力仕事である

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

物流業界の仕事は力仕事というイメージがあります。物流とは物を運ぶことが仕事ですから、運ぶものが重量物の場合、力仕事となります。

たとえば飲料水を扱っている倉庫で働く場合や、家電や家具の配送の仕事に就いた場合は重量物を扱うことになるでしょう。物流の中でも、引越業者は力仕事をこなさなければならない場面が多いです。

しかし、物流現場の中には、メール便を扱ったり、小さな商品を扱う倉庫で働く場合もあります。

物流業界のイメージ10:社会の中で必要な仕事

決して派手な業界ではありませんが、社会の中で必要で重要な役割を果たしているというイメージが、昨今の物流業界にはつきはじめています。

現在物流業界は、通販市場の拡大による宅配の増加、早く届くことへのニーズ、人手不足からくる引越難民の出現などで、物流業界の必要性、重要性に気が付き、社会全体から注目されています。

物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

近年、人手不足に端を発した物流業界のニュースが増え、そのイメージは決していいイメージばかりではありません。

しかし、現在、人手不足に対しての改善の取り組みが急ピッチでなされています。そのため、必ずしも今までのイメージのままの物流業界のままというわけではありません。それでは、どんな取り組みがなされているのか確認していきましょう。

物流業界のイメージを良くする取り組み1:省人化・無人化による業務の最適化

人手不足のイメージがつきまとう物流業界において、AIやロボットの技術の導入、活用によって省人化、無人化がはかられています。

手作業だった倉庫内でのピッキングや包装、梱包などの単純作業を機械化したり、宅配ドライバーの負担軽減のために駅などに宅配ボックスの設置の取り組みが進められています。自動運転システムの開発も注目を集めています。

今後、物流業界のイメージが最先端の技術の導入によって一新していきます。

物流業界のイメージを良くする取り組み2:女性ドライバーの積極採用

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

物流ドライバーといえば、屈強な男性ドライバーのイメージが強いですが、近年は女性ドライバーも積極的に採用しています。

ネット通販の拡大で増えた個人宅への宅配便は、小さい荷物も多いことから、女性ドライバーでも対応することができます。

また、都市部では大きなトラックより、バンや電動自転車での配送の方が効率が良く、就社場所にも困らないため、大型免許を持っていない女性がドライバーの仕事に就きやすくなっています。

物流業界のイメージを良くする取り組み3:免許取得費用の負担

会社が福利厚生の一環として免許所得費用を、一部、または全額負担してくれる制度のある会社もあります。

物流業界で役に立つ資格や免許は、さまざまな種類があります。どの資格が役に立つかは、職場によっても変わってきます。

代表的なものとしては、普通自動車免許はもちろんのこと、人を運ぶことができる2種免許、大きな車を動かせる中型免許や大型免許、倉庫の中で重宝されるフォークリフトの免許などが挙げられます。

物流業界に対するイメージを一通り把握しましょう

物流業界のイメージ10個|物流業界のイメージを良くする取り組み3つ

物流業界は今、急成長を遂げた通販市場への対応や人手不足の対策、スピードへのニーズの対応で、大きな転換期を迎えています。物流業界へのイメージも、今までのイメージから脱却し、社会の中で重要な役割を担っているというイメージに変わりつつあります。

物流業界に興味を持ったら、良いイメージも悪いイメージも新しいイメージも合わせて、物流業界に対するイメージも一通り把握しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related