Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年06月13日

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

フォークリフトの仕事がきついと感じる人ときつくないと感じる人がいます。どうして仕事がきついと感じてしまうのか、その理由について10個ご紹介しましょう。さらに、フォークリフトの仕事が向いている人の特徴を3つご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。


フォークリフトの仕事がきついと感じる人とそうでない人がいる

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

フォークリフトの仕事がきついと感じる人とそうでない人がいます。仕事がきついと感じる人は後輪駆動のためにハンドル操作が上手くできないことが難しいと感じてしまうでしょう。

一方仕事がきつくないと感じる人は、ハンドル操作の練習をしてコツを掴み、動きの感覚を身に付けています。

また、荷物の重量とサイズも考えて持ち運び、ぶつけないように荷物を積む練習をすることで操作が上手くできるので、きついとは感じません。

フォークリフトの仕事がきつい理由10個

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

フォークリフトの仕事がどうしてもきつくて嫌になると嘆く人がいます。どうしてそんなに仕事がきついと感じてしまうのでしょうか。

なぜ、フォークリフトの仕事がきついのかその理由を10個取り上げて、どのような点がきついと感じてしまうのか詳しくご紹介します。

フォークリフトの仕事がきつい理由1:腰や腕などが疲れる

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

フォークリフトの仕事がきつい理由は、腰や腕が疲れるからです。ずっと座っている体勢でハンドル操作しなければならないので、そこが腰に負担がかかり、腰が疲れたり、腰痛になって長時間座ることができなくなります。

また、ハンドルを長時間操作することが多く、狭い倉庫内では何度もハンドルを左右に回しては操作して動かさなければなりません。そのため、腕が疲れてしまい、力が入らなくなる場合もあるでしょう。

フォークリフトの仕事がきつい理由2:荷物に傷をつけたり落とさないように神経を使う

大切な荷物に傷をつけたり、落とさないように神経を使うことが多いフォークリフトの仕事はきついでしょう。

割れ物の入った箱を他の荷物にぶつけただけでも瓶が割れてしまうことがありますし、缶が入った箱を落とせば中の缶が潰れてしまい中身が出てしまうため、細心の注意が必要です。

また、ポテトチップスや煎餅なども落とすと割れてしまうことが多いので、落とさないように神経を使うことから、仕事がきついと感じるでしょう。

フォークリフトの仕事がきつい理由3:人や物にぶつけないように神経を使う

人や物にフォークリフトをぶつけないように神経を使うことが、仕事がきついという理由になります。倉庫内では、人が作業をする間を潜り抜けて荷物を冷凍庫やトラックの荷台に運びますが、人にぶつかれば怪我の元になり、荷物の入った箱も潰れてしまうでしょう。

また、他の荷物にぶつければ両方の箱が潰れ、商品は傷付き、破損させるなどのトラブルが起こるので神経を使うことになり、仕事がきつくなってしまいます。

フォークリフトの仕事がきつい理由4:間違えずに運ぶ作業に神経を使う

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

間違えずに荷物を運ぶ作業にかなり神経を使うこともフォークリフトの仕事がきついと感じてしまう理由でしょう。

荷物の中身をチェックせずに積み込み、間違いに気付いた時は一から荷物の積み直しをしなければなりません。配達の時間に遅れれば他の従業員の仕事を増やしてしまい、迷惑をかけます。

フォークリフトで荷物を運ぶ際は間違いのないように仕事をしなければならないため、神経を使うことからきついと感じるでしょう。

フォークリフトの仕事がきつい理由5:同じ作業を繰り返すから

フォークリフトは同じ作業を繰り返すことがきつい理由となります。荷物を倉庫内やトラックの荷台に運び込む作業ばかり、機械操作も同じことの繰り返しでは単調の作業に飽きてしまうでしょう。

さらに、倉庫内を往復しては同じ荷物を何度も荷台に積み込んだり、冷凍庫内に運び入れる作業も1日中やっていると飽きてしまい、きついと感じます。

フォークリフトの仕事がきつい理由6:人を轢いてしまう恐れがある

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

狭い倉庫内には多くの従業員が作業しており、その間を潜り抜けるようにして上手くハンドル操作をし、フォークリフトで荷物を運搬しなければなりません。運転に慣れていないと、少しのハンドル操作のミスが人を轢いてしまうことになってしまいます。

そのため、フォークリフトを操縦する時は、荷物をぶつけてしまう以上に人の動きに注意して運ばなければならないので、作業時間が長ければストレスになってしまうことがあるでしょう。

フォークリフトの仕事がきつい理由7:手作業での仕事もあるから

Bottom banner

手作業での仕事もあるところがフォークリフトの仕事はきついと感じる理由です。住宅街にある小さな倉庫内での作業はフォークリフトで搬入するのが難しいので、降りてから一つ一つ荷物を手作業で運ぶことになります。

荷物の中には重量がある重い荷物もあり、運ぶのがきついと感じるでしょう。肩や腰、脚にも負担がかかる手作業での荷物運びは、年齢を重ねた中高年にはきつい仕事と感じてしまいます。

フォークリフトの仕事がきつい理由8:給料が安いから生活がきつい

フォークリフトの仕事がきつい理由は給料が安いところです。就職してから数年は年収が250万ほどにしかならない会社は多く、給料にすると月に20万前後です。

そこから色々と引かれ16万円ほどになれば、賃貸を借り、一人暮らしをするのはきついと感じてしまうでしょう。

さらに、車を購入すればローンや保険金を支払い、メンテナンス費用もかかるなど、さらにきつい生活になります。

フォークリフトの仕事がきつい理由9:上司の指示が厳しすぎる

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

上司の指示が厳しすぎるところがフォークリフトの仕事がきついと感じる理由となります。時間がかかりすぎていると荷物を早くに届けられないですし、冷凍食品であれば傷んでしまう恐れがありますので、早くしろと怒鳴られてしまうでしょう。

また、もたもたしていれば邪魔扱いされたうえに怒られます。頑張って早く作業をしても遅すぎるとやはり怒鳴られれば心も折れてしまい、楽しくないから仕事がきついと感じてしまいます。

フォークリフトの仕事がきつい理由10:環境の厳しさ

フォークリフトの仕事がきつい理由は、倉庫内の環境が厳しさです。冷凍食品を扱う場合、倉庫内がマイナス30度以上も低くなっている状態の中、荷物を運び込みます。

積み込む作業に手間取っていると痛いほど凍えますし、気温の低い冬は風邪をひいてしまうなど、体調管理にも気をつけなければなりません。

次の日は、冷房が効いていない倉庫での仕事もあるなど、その日によって環境がガラリと変わるので、きついと感じてしまいます。

フォークリフトの仕事が向いている人の特徴3つ

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

仕事が自分に向いているからこそ楽しく働けることはあるでしょう。このフォークリフトの仕事にも向いている人と向いていない人はいます。

それでは、フォークリフトの仕事が向いているのはどのようなタイプの人なのか、特徴を詳しく3つご紹介します。

フォークリフトの仕事が向いている人の特徴1:運転が好き

運転が好きな人はフォークリフトの仕事が向いています。運転が好きな人は難しいハンドル操作を進んで練習してコツを掴み、上手く運転したいと考える人が多いでしょう。

難しい車だからこど乗りこなしたいとの気持ちが強いので、後輪駆動でも乗りこなし、テキパキと仕事ができます。

また、運転が好きな人は、ずっと座った状態で運転するのが苦になりませんので、長時間フォークリフトに乗って仕事をしても疲れないので向いています。

フォークリフトの仕事が向いている人の特徴2:機械操作が苦にならない

機械操作が苦にならない人がフォークリフトの仕事に向いています。フォークリフトは、前進と後進クラッチレバーの切り替えを何段階もコントロールし、アクセルをオンにしてADSをコントロールするなど色々な機械操作をします。

機械操作が苦にならない人であれば、操作するタイミングを覚えるため、しっかり長時間勉強しても苦になりません。フォークリフトの仕事が向いているでしょう。

フォークリフトの仕事が向いている人の特徴3:丁寧な仕事を楽しめる

丁寧な仕事を楽しめる人がフォークリフトの仕事が向いています。日頃から丁寧な挨拶をし、丁寧に作業を心がけて行う人は、荷物を丁寧に扱い、運ぶことができるでしょう。

荷物をぶつけないように注意を払って積み込みをしますし、荷卸も静かにできます。こういった仕事ができると割れ物を割らずに運べますし、荷物の箱を潰すこともありません。いい状態で運ぶのが楽しくなり、より仕事を丁寧に進めようと考えるので向いています。

フォークリフトの仕事がきつい理由を把握しましょう

フォークリフトの仕事がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

フォークリフトの仕事がきつい理由を把握しましょう。腰や腕などが疲れたり、荷物を傷つけ、落とさないように神経を使うから、人や物にぶつけないように神経を使うなど、何かと仕事がきついと感じてしまう理由があります。

きつい理由についてしっかり把握すればフォークリフトの仕事がきつくても苦にならず、長く荷物を運ぶ仕事を続けられるでしょう。まずは仕事の内容を学び、きつくならないよう工夫することが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related