Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

「高所作業車」とは、どんな車なのでしょうか。また、運転をするにはどのような資格が必要なのでしょうか。このぺージでは、「高所作業車」をテーマにして、運転をするのに必要な資格や走行装置の種類などについて、考察・ご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。


高所作業車とは

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

世の中には、普通乗用車のように人が移動するための車以外にも、さまざまな車が存在しています。人が安全に作業や業務をするための、ショベルカーやクレーン車といった工事用の車も多数あり、「高所作業車」もその1つに含まれると考えられます。

高所作業車は、名称どおり高い場所で作業や工事を行う際に使用される車で、作業用のバスケットを高所まで上昇させる昇降装置と自走するための動力である走行装置を備えています。

高所作業車が活躍する場所

続いて、高所作業車は具体的にどのような場所やシチュエーションで使用されるのか、考えていきます。高所作業車は主に、高所で安全かつ効率的に作業するために使用されます。

具体的な活躍場所としては、高層ビルなどの窓ガラスの清掃・修理などや、天井が高くて広いホールなどの照明の設置などが挙げられます。その他、工事現場や工場などで高所で作業したり高い場所にある物を整理したりする場合などに使われています。

高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10コ

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

高所作業車は、特殊な車のため、普通自動車と同じ感覚で運転できるものではありません。

そこで続いては、高所作業車を運転するために必要な資格や資格取得に必要なこと、実際に運転する際の注意点などについて、考察していきます。

職業などの関係で、高所作業車を運転したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

高所作業車運転時のポイント1:高所作業車を運転するために必要な資格

冒頭でも述べたように、高所作業車は、普通運転免許があれば運転できるというわけではありません。高所作業車を運転するには、対応している資格を取得する必要があります。

高所作業車を運転するのに必要な資格は、運転したい高所作業車のタイプによって変わります。作業床の高さが基準で、10m以下か1m以上かがポイントとなり、必要となる資格や資格を取得するためのプロセスも変わります。

高所作業車運転時のポイント2:資格を取るために必要なこと

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

上記では、高所作業車の運転には資格が必要だとご紹介しました。

作業床の高さが10m以下の高所作業車を運転したい場合は、特別教育の学科6時間と実技3時間を受ける必要があるとされています。

また、作業床の高さが10m以上の場合は、高所作業車運転技能講習を受ける必要があり、学科11時間・実技6時間とされています。

高所作業車運転時のポイント3:資格を取るためにできること

上記でも述べたように、高所作業車の運転資格を得るためには、特定の講習や実技訓練を受ける必要があるとされています。

高所作業車を運転するために受ける必要がある講習などは、特定のものを受ける必要がありますが、中には民間の教習機関などで受けることができるものもあります。

ですから、高所作業車の資格を取得したい場合は、どのような講習をどこで受ければ良いのか、考えてみることが大切です。

高所作業車運転時のポイント4:高所作業台での作業

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

高所作業車の運転をするには、上記で挙げたような講習などを受け、資格を取得する必要がありますが、高所作業車のような走行機能を持たない「高所作業台」の場合は、操作の資格などが必要なのか、気になるところです。

結論から言うと、高所作業台の使用には、特定の資格や特別な免許などは、必要ないと言われています。

ですから、高所作業車なのか高所作業台なのかによっても、資格が必要かどうかは変わると言えそうです。

高所作業車運転時のポイント5:免許が必要な高所作業車

高所作業車と一言で言っても、さまざまなタイプや種類が存在します。上記では、高所作業車を運転するには、各種講習などを受けて資格を得る必要があるとご紹介しましたが、中には資格だけでなく免許が必要なタイプもあります。

高所作業車の中には、トラックタイプのように、公道を走行できるタイプもあります。トラック式の高所作業車などを運転する場合は、資格の他に車の運転免許も必要です。

高所作業車運転時のポイント6:高所作業車の運転に必要な免許の種類

トラックタイプなどの高所作業車の運転には、資格とともに車の運転免許が必要だとご紹介しました。高所作業車の運転に必要な免許の種類は、運転する高所作業車の車両総重量によって変わってきます。

車両総重量によって、準中型自動車免許や中型自動車免許、大型自動車免許などが必要になるため、運転する高所作業車の車両総重量とどの免許が必要なのかについて、把握しておくことが大切です。

高所作業車運転時のポイント7:各講習で学べること

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10
Bottom banner

高所作業車の運転資格を得るための講習や実技では、何を学べるのか、考察していきます。

高所作業車を運転する資格を得るために受講する学科の講習では、主に高所作業車の特徴や構造、高所作業車に関する基本的な知識を学びます。

そして実技の講習では、高所作業をするための操作を学ぶことになり、主に昇降装置の操作方法を修得することが可能です。

高所作業車運転時のポイント8:高所作業車の種類

高所作業車には種類やタイプが複数存在しています。種類やタイプによって、向いている作業や運転に必要な資格・免許などが異なってくるため、高所作業車の種類・タイプは覚えておくことをおすすめします。

後述で詳しくご紹介しますが、一般道路の走行はできないものの自走機能を持った「自走式」や、トラックと昇降装置が1つになり、公道も走行可能な「トラック式」などが挙げられます。

高所作業車運転時のポイント9:昇降装置の種類

高所作業車は、昇降装置を備えた車を指す言葉ですが、昇降機能にも種類があります。そのため、上記でご紹介した走行機能の種類・タイプと昇降装置の種類・タイプの組み合わせを考えると、高所作業車の種類はかなり多いと言えそうです。

昇降装置の主な種類としては、「シザース式」や「垂直マスト式」、「屈折ブーム式」「垂直ブーム式」などが挙げられます。

高所作業車運転時のポイント9:点検の必要性

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

高所作業車を運転するには、資格が必要ですが、高所作業車自体も点検などを済ませて、安全な状態にしておくことが大切です。

高所作業車の法定点検は、特定自主点検を年に1回行うことが法律で決められています。点検をした記録については、高所作業車を所持している人が管理し、3年間は保管する必要があるとされています。

高所作業車運転時のポイント10:高所作業車の事故

資格や免許を持っている人が運転や操作をしても、高所作業車に関する事故が発生してしまう可能性はゼロではありません。

高所作業車関連の事故で特に多いのが、逸走事故と転倒事故です。高所作業車は、普通自動車などとは運転の感覚や操作が異なります。ですから、高所作業車ならではの運転の感覚や操作方法をしっかり覚えて安全に運転することが大切です。

高所作業車の走行装置3つ

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

上記でも触れましたが、高所作業車には複数の種類やタイプが存在しています。

高所作業車の種類やタイプは、走行機能の種類と昇降機構の種類によって分類されていますが、特に走行機能がどのようなものなのかは、運転時に必要になる免許が変わる可能性もあるため、理解しておくことが大切です。

そこで続いては、高所作業車の走行機能について、特徴などを種類別に考察・ご紹介していきます。

高所作業車の走行装置1:トラック式

トラック式は、その名の通、高所作業用の昇降装置を備えた機器などを車輪シャシに搭載しているトラック肩の高所作業車です。

大きさにもよりますが、運転するのには、高所作業車の運転資格に加え、中型自動者免許や大型自動車免許が必要なケースが多く、一般道路を走行して移動することも可能です。

また、ナンバー登録をする必要がある高所作業車でもあります。

高所作業車の走行装置2:ホイール式

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

高所作業車のタイプの1つに、「ホイール式」と呼ばれるものもあります。

ホイール式の走行装置を持つ高所作業車は、ゴムタイヤがついているため、乗り心地や運転の感覚は一般自動車などに近いとも言われています。

また、「タイヤ式」などの名称で呼ばれることもあります。

高所作業車の走行装置3:クローラ式

「クローラ式」という言葉は、日常生活ではあまり耳にしないため、馴染みがない方も多い走行装置の名称だと考えられます。

クローラ式とは、「キャタピラ式」などと呼ばれることもある走行装置で、整備されていない道などでも走行可能な点が特徴です。

また、クローラ式の高所作業車にも種類があり、キャタピラにゴムが使用されているものとスチール製のキャタピラが使われているものがあります。

資格を取得して高所作業車を運転しよう!

どんな資格が必要?高所作業車を運転するために知っておきたいポイント10

今回は、「高所作業車」をピックアップして、資格の取得方法や運転のポイント、高所作業車の走行装置の種類などについて、考察・ご紹介しました。

高所作業車を運転するには、特定の講習や実技などを受け、資格を取得する必要があります。また、高所作業車の走行装置の種類によっては、資格とは別に免許が必要なケースもあります。自分が運転したい高所作業車の特徴や必要な資格を覚えて、安全に運転できるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related