Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

未来のトラックにどのようなものがあればいいと感じますか。本体にはどのような機能や性能があると運転手も道路の近隣住民もいいと思うのか、未来のトラックに求めるものは何か10個ご紹介します。トラックを自動運転化するメリットも3つお伝えしますので参考にしてください。

未来のトラックでもすべてを自動化するのは難しい

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

未来のトラックでもすべてを自動化するのは難しい現実があります。全てのトラックに自動ブレーキ、自動走行する機能を取り入れることはかなりお金がかかり、会社の予算では、今あるトラックを全て廃棄し、新しく購入することは難しいでしょう。

また、自動運転化は乗用車に比べると機能も複雑ですし、取り付けるパーツも高価なため、販売価格も高くなり、購入する会社に大きな負担がかかることも全てを自動化できない理由です。

未来のトラックに求められるもの10個

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

排気ガスによる環境破壊やトラックの事故が多く取り上げられている昨今、未来のトラックには問題を解決しなければならない課題が求められるでしょう。

では、未来のトラックに求められるものは一体どのようなことなのか、求められるものを10個ご紹介します。

未来のトラックに求められるもの1:歩行者や車両に対する高い安全性能

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

歩行者や車両に対する高い安全性能が未来のトラックに求められます。横断歩道を渡っている歩行者に気付かず轢く、歩道にいる歩行者をはねてしまう事故が多くあります。

よそ見運転して乗用車、トラックに追突する事故や分離帯を乗り越えて反対道路に飛び出し、対向車にぶつかる事故も後を絶ちません。

運転手に知らせる機能や居眠り運転しても、自動運転で正しい位置に戻すような高い安全性能を搭載したトラックが求められます。

未来のトラックに求められるもの2:排気ガスが出ない

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

排気ガスが出ないのが未来のトラックに求められます。トラックの排気ガスの量は乗用車やワゴン車に比べものにならないほど量が排出されており、これが環境汚染の原因となっています。

また、トラックの往来の多い幹線道路沿いは、排気ガスが影響といわれる呼吸器系の疾病に悩まされる人もおり、人体への影響も問題視されています。

ですから、未来のトラックには排気ガスの出ない、クリーンな電気自動車にすることが求められます。

未来のトラックに求められるもの4:故障しにくい

故障しにくいことが未来のトラックに求められることです。いくら性能が良くても、機能が良くても、メンテナンスを頻繁にしていても、走行距離が多く、重い荷物を大量に運ぶトラックは故障しやすく、修理代に多額のお金がかかります。

故障しにくいよう丈夫なエンジンからタイヤ、窓、荷台にすることで壊れにくくなり、修理に出す回数も少なくできます。石がぶつかってもヒビが入り難い窓にすることも大事なことです。

未来のトラックに求められるもの3:格段に燃費がいい

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

格段に燃費がいいいのが未来のトラックに求められることです。トラックの燃費はガソリンを多く入れないと長距離を走り難い問題があります。

未来のトラックは大型の乗用車並みに燃費が良くなれば、多くのガソリンを消費することもなくなり、企業としても金銭的にも負担がかからなくなるでしょう。

多くのガソリンをタンクに入れて走行しなくなれば車体が軽くなり、燃費も良くなりますし、大量の排気ガスを排出しなくても済みます。

未来のトラックに求められるもの5:エンジン音がしない

エンジン音がしないのが未来のトラックに求められることです。トラックのエンジンはかなり大きく、走行すると大きな音がします。これが騒音問題になり、道路を走行する近隣の住民は煩くて寝ていられない、勉強も仕事に集中できないと問題になっています。

未来のトラックにはエンジンをかけても音がしないものを搭載し、道路の近隣住民が快適に暮らせて、歩行者にも不快な気持ちにさせないトラックが求められるでしょう。

未来のトラックに求められるもの6:運転手を守る高い安全性能

運転手を守る高い安全性能のある未来のトラックに求められます。型の古いトラックには衝突した時にハンドルから運転手の顔や胸を守るエアバッグが取り付けていないことが多いです。

衝突をした時に衝撃を守るためにも大きなエアバッグを前方から出るトラックがあるといいでしょう。また、左右から車が突っ込んできた時に運転手を守るため、エアバッグが左右のドアから出るとさらに高い安全性能になるといえます。

未来のトラックに求められるもの7:格段に運転のストレスが少ない

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

格段に運転のストレスが少ない未来のトラックに求められます。運転しているときに運転手がストレスを感じないようシートの座面が長時間座っていて腰やお尻が痛くならないことも必要です。

走行中のタイヤの音や振動をほとんど感じられないようにする、雨が屋根に当たった時の音が静かである、風が吹いても横揺れし難いようなトラックだと、格段に運転手が走行していてストレスを感じないでしょう。

未来のトラックに求められるもの8:メンテナンスが簡単

メンテナンスが簡単であることが未来のトラックに求められることです。長距離を走行するトラックは、頻繁に部品の交換をしたり、エンジンルームの掃除、点検、タイヤの交換をしますが、メンテナンスが簡単であれば長距離トラックでのメンテナンスの回数は減ります。

また、メンテナンスをする部位の構造が簡単にできていれば、オイルの投入も簡単にできます。タイヤも丈夫で空気が抜け難いものにすれば運転手の負担が減るでしょう。

未来のトラックに求められるもの9:自動運転化

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

自動運転化ができることが未来のトラックに求められることです。バイパスや高速道路を頻繁に走行するトラック運転手は、どうしても運転している時に眠くなってしまいがちです。

居眠り運転での事故が多いため、事故がおこらないようなトラックが求められます。安全速度を守り、左右からの道路変更も素早く感知する、そして前方、後方の安全確認をしつつハンドルから手を離してもトラック本体が運転します。

未来のトラックに求められるもの10:後方が確認しやすい

後方、左右が確認しやすいのが未来のトラックに求められることです。前方だけではなく、後方をモニターでチェックしながらバックできると安全に駐車できます。

左右にある障害物がモニターに出て、声でどのような物があるからハンドルをどちらにきればいいか、ブレーキの踏み方をアドバイスするサポート機能があると良いでしょう。サイドミラーに映る後方、サイドもモニターで走行できればより安心して走行できます。

自動運転化のメリット3つ

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

自動運転化のトラックを導入することで、企業にはどのようなメリットがあるのか気になる人も多いでしょう。では、未来のトラックを自動運転化することで得られるいいメリットを3つご紹介します。

メリット1:コスト削減

1つ目の未来のトラックを自動運転化したメリットは、コスト削減できることです。年間に一人当たり420万円ほどかかる運転手の人件費が、自動運転化することで100万円以上ものコストを削減できます。

自動運転化により、事故でかかる補償やトラックの修理代などが全国で19兆円も節約できるとされています。

先頭の車両だけ運転手に運転させ、後の数台のトラックを自動運転化にすれば、かなりの人件費を削減できるでしょう。

メリット2:事故防止

未来のトラックを自動運転化にすることで事故防止ができます。運転手の居眠りや前方確認不注意で起きてしまう事故が多いです。

99%が運転手のミスとされている事故を減らすには、自動で危険を素早く察知してオートブレーキをかけ、速度を落とす、走行を止める自動運転化であれば、事故リスクが下がります。

トラック運転手をアシストし、快適に、そして安全に運転できるよう促すことができます。

メリット3:ドライバーの負担の軽減

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

自動運転化を未来のトラックに取り付けることで、ドライバーの負担を軽減します。何時間も単調な高速道路を運転しているとドライバーは疲れてしまい、仕事に支障をきたすことがあります。

少しでも運転を自動運転に切り替えれば疲れにくく、仕事も効率的にできるようになります。

車庫入れや縦列駐車など複雑な作業はドライバーが行うことになりますが、自動運転化が導入されると精神的にも肉体的にも軽減するでしょう。

未来のトラックに求められるものを一通り把握しましょう

未来のトラックに求められるもの10個|自動運転化のメリット3つ

歩行者や車両に対応する高い安全性能、排気ガスが出ない、格段に燃費がいい、故障しにくい、エンジン音がしないなど、今のトラックにはない機能や性能が求められます。

運転手の安全を守り、ストレスを感じさせない、本体が快適に乗れるように製造されているのはもちろんのこと、道路がある近隣住民も快適と感じるトラックが当たり前に走るようになる時代を想像してみてはいかがでしょうか。

Related