Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年05月17日

優良タクシーの乗り場10選|優良事業者の判定基準3つ

優良タクシーの乗り場10選|優良事業者の判定基準3つ

ここでは優良タクシー乗り場についてみていきます。優良タクシーとは、サービス面や安全面などで一定の評価を受けたタクシーのことをいいます。東京の代表的な優良タクシー乗り場もご紹介しますので、ぜひご覧いただき、お役立ていただければ幸いです。


優良タクシー乗り場とは何か

ここでは、優良タクシー乗り場について詳しく見ていきます。優良タクシーとは、サービス面や接客面、安全面などで、高い評価をうけているタクシーのことを言います。優良タクシーの運転手は、無事故無違反はもちろんのこと、接客マナーや運転技術なども優れています。

優良タクシー乗り場は、優良タクシーだけが入れるタクシー乗り場です。優良タクシー乗り場を以下でご紹介しますのでぜひご覧ください。

優良タクシーの乗り場10選

優良タクシー乗り場は、利用する人の利便性など考え平成20年から運用が開始されています。優良タクシー乗り場には、安全面やサービス面で基準をクリアした優良タクシーしか入ることができません。そのためお客さんにとって、安全なタクシーを選ぶことができます。

優良タクシー乗り場は決まった場所に設けられています。場所を覚えておけば、急にタクシーが必要になった時もスムーズに優良タクシーに乗ることができます。

優良タクシー乗り場1:東京駅八重洲口

優良タクシー乗り場として1番目に挙げられるのが東京駅八重洲口です。平成28年2月1日から運用が開始されています。八重洲口を出るとすぐに乗り場が見つかります。タクシーの待機台数は、一般車が30台、ワゴン車が6台となっています。

東京駅は、ビジネスマンはもちろんのこと海外からの旅行者などたくさんの人で溢れかえりますが、優良タクシー乗り場があるのでにスムーズに優良タクシーに乗ることができます。

優良タクシー乗り場2:東京駅丸の内南口前

優良タクシーの乗り場の2つ目として、東京駅丸の内南口が挙げられます。平成24年11月5日から運用が開始されている乗り場です。優良タクシーの待機台数は、乗り場に2台、待機所に37台となっています。

待機所から乗り場が少し離れているように見えますが、乗り場の優良タクシーが出ていくと、すぐに次のタクシーが待機所に入るようになっているので、待つことはほとんどなくスムーズに優良タクシーに乗ることができます。

優良タクシー乗り場3:品川駅高輪口

優良タクシー乗り場の3つ目として品川駅高輪口が挙げられます。平成26年1月20日から設置されています。品川駅の高輪口の改札を出たら左側に歩いていき、階段を降りると、優良タクシー乗り場がみえてきます。

この優良タクシー乗り場は待機台数などがはっきりしないため、混雑時は行列ができて、待つ可能性が高いということも言えるでしょう。

優良タクシー乗り場4:銀座4号

優良タクシーの乗り場の4つ目として銀座4号が挙げられます。平成21年11月30日から設置されています。銀座4号の場所は、晴海通り沿いのルミネ前にあり、平日の午後10時から翌日の午前1時まで間運用しています。

終電を逃してしまった人や、遅くまで残業や接待をしていた人などにも良く利用されています。こちらの優良タクシー乗り場も待機台数が不明なため、混雑時は込み合う可能性があるので注意が必要です。

優良タクシー乗り場5:三越日本橋本店前

優良タクシー乗り場の5つ目として、三越日本橋本店前が挙げられます。平成28年2月1日から設置されています。場所は、三越日本橋本店前の日銀通り沿いにあります。

三越本店と新店の間にはさまれた場所ですので、三越でのお買い物帰りの人が良く利用する優良タクシー乗り場です。

優良タクシー乗り場6:銀座1号

優良タクシー乗り場の6つ目として、銀座1号が挙げられます。平成22年2月1日から運用が開始されています。銀座1号は、御門通り沿いの土橋交差点近くに設置されています。頭上には首都高速が走っている場所です。

こちらのタクシー乗り場は銀座4号と同様、平日の午後10時から翌日の午前1時まで運用していますので、仕事帰りや終電を逃した場合などに心強い存在になります。

優良タクシー乗り場7:銀座2号

Bottom banner

優良タクシー乗り場の7つ目として、銀座2号が挙げられます。平成29年4月24日から運用されています。銀座2号は、外堀通り沿いの銀座西6丁目交差点近くのDKビル前に設置されています。

こちらの優良タクシー乗り場も、銀座4号、1号と同じように、平日の午後10時から翌日の1時までの運用になっています。

優良タクシー乗り場8:銀座11号

優良タクシー乗り場の8つ目として、銀座11号が挙げられます。平成21年11月30日から設置されています。銀座11号は、外堀通り沿いの銀座西6丁目、数寄屋橋交差点近くにあります。

やはりこちらの乗り場も平日午後10時から翌日1時までの運用となっていますので、午前1時を過ぎてしまった場合は注意が必要です。

優良タクシー乗り場9:銀座8号

優良タクシー乗り場の9つ目として、銀座8号が挙げられます。平成31年2月1日から運用が開始されています。銀座8号は、銀座7丁目近くのヤマハホール前に設置されています。こちらも平日の午後10時から翌日の午前1時までの運用となっています。

銀座のタクシー乗り場は、1号、2号、4号、8号、11号と5つの乗り場をご紹介しましたが、いずれもそう遠くない場所にあります。混雑していたら他の乗り場も見てみましょう。

優良タクシー乗り場10:新橋駅東口前

優良タクシー乗り場の最後にご紹介するのが、新橋駅東口です。平成20年3月6日から運用が開始されています。待機台数は、乗り場に1台、待機所に10台となっています。なお、この新橋駅東口の優良タクシー乗り場は、すぐ隣に一般のタクシー乗り場も設置されています。

優良タクシー乗り場でタクシーを待つ人の方が多いですが、混雑している場合は隣の一般のタクシーに乗り場を利用することも可能です。

優良事業者の判定基準3つ

ここからは、優良事業者の判定基準をみていきます。どんな基準で優良事業者となったとか、その理由はとても気になることろです。基準がわかれば、さらに安心して優良タクシーに乗ることができるでしょう。

優良タクシーには、優良事業者証や優良運転者証であるステッカーや貼ってあるので見分けやすいですが、どんな判断基準で優良事業者や優良ドライバーになるのかをみていきましょう。

判定基準1:接客・サービス

判定基準の1つ目として、接客やサービスが挙げられます。やはり、お客さんに喜ばれ、安心して乗っていただけるということが重要です。

接客やサービスの面でお客さんからクレームが入ったりすると、優良運転者の資格を取り上げられてしまいます。タクシー運転手にとって、運転と同じくらい接客態度は大事なものになります。

判定基準2:安全・運行管理

判定基準の2つ目に安全と運行管理が挙げられます。これはドライバーは無事故無違反であることが条件になります。優良運転者証には、5年、10年、20年、30年、40年の5種類があり、40年になると特別表彰があります。

人身事故を起こしてしまうと、この優良証を取り上げられてしまいます。優良運転者になるためには、日ごろから運転には最新の注意を払わなければなりません。

判定基準3:経営姿勢

判定基準の3つ目として経営姿勢が挙げられます。優良事業者であることの判断基準はドライバーのみならず会社の経営姿勢も関わってきます。東京タクシーセンターでは、法人タクシー事業者に対し、接客サービスや安全運行管理、経営姿勢といった観点から評価を下しています。

評価が高かったタクシー会社は、繁華街などの優良タクシー乗り場に優先的に乗り入れができるようになっています。

優良タクシーの乗り場を一通り把握しておきましょう

優良タクシーの乗り場10選|優良事業者の判定基準3つ

ここまで、優良タクシー乗り場を見てきました。誰でも、タクシーに乗るなら、安全で乗り心地の良いタクシーに乗りたいと考えています、優良タクシー乗り場から乗れば、より安全で快適に目的地まで行くことができます。

日常には、急な雨に降られたり大きな荷物があったり、終電を逃す、とタクシーが突発的に必要になるシーンがいくつもあります。普段から良くいく場所にある、優良タクシー乗り場を把握しておくのが良いでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related