Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック業界の現状・シェアランキングTOP3・景気はいいのか

トラック業界の現状・シェアランキングTOP3・景気はいいのか

トラック業界は急成長している業界です。ネット通販やインフラ整備、建設業などでの需要があるからです。トラックドライバーの仕事は増える事はあっても減る事はないでしょう。それほど需要のある仕事です。非正規雇用も少なくトラック業界の雇用は安定しています。

初回公開日:2018年06月29日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年06月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラック業界の現状ってどうなっているの?

トラックにも2トントラックから4トントラック、もっと大きいトラックもあり、用途や仕事に合わせて選ぶ事ができます。ネット通販が飛躍的に進んだ今では、トラック業界自体の仕事は忙しいでしょう。きちんとした会社に属していれば、それなりの賃金がもらえるようになっています。

2020年の東京オリンピックなどもあり、今年の建設業の夏のボーナスはとてもよいものでした。大手のゼネコンなどに勤めている人はもちろん、トラックでの仕事をしていれば、トラック業界の恩恵を受ける事ができています。

そもそも人手不足なのか

トラックの仕事は自分でトラックを購入しなければいけない場合もあるので、誰でもトラックの仕事をする事はできません。個人事業主として仕事をする場合は、トラックを自分で購入する必要があります。

どの仕事でも、2こと目に出てくるのが人手不足という言葉です。実際は人手不足ではないのに、それなりに仕事を任せられる人がいないという意味で人手不足という表情を使う場合があります。

そのため、トラック業界も同じで、人手不足と言われていてもそれなりにトラックのドライバーとして仕事をする人はいますが、会社自体が信頼の置ける人が少ないので人手不足と言っている場合があります。

労働時間に見合った賃金の支払いはあるのか

完全歩合制の場合も多いので、頑張ればそれなりに稼げる仕事です。タクシーのドライバーのように仕事のあてもなく運転しているわけではないので、トラック業界でトラックの仕事をする場合はバスの運転手と一緒に運転の仕事としては賃金はきちんと支払う会社が多いです。

トラック業界での仕事は、非正規雇用という雇用形態はあまり存在しません。そのため、賃金体系は安定しています。中には厚生年金を完備していない会社もあるので、自身で国民年金や保険会社の年金へ加入する必要があります。

トラック業界のトラックメーカーのシェアベスト3

トラック業界のトラックは荷台に重要な物を載せるので、信頼できるトラックメーカーの車体を使う必要があります。トラックでの仕事をするために、より快適に使えるように考えられているようなトラックメーカーのトラックをトラック業界は好んで使っています。

長い距離を走る必要があるので、燃費の良さや運転のしやすさ、車体の丈夫さなどをトラック業界の人は求めています。また、トラックメーカーもトラック業界の人がより使いやすい車体の開発に積極的です。

3位 トヨタ

トヨタは自動車の販売でも大きな信頼を得ています。車体の価格は他のメーカーよりも高いですが、価格に見合った信頼と安心を得る事ができます。最近は価格も考えられており、トータルで考えれば、トヨタの信頼できる車体がいいと言ってトヨタのトラックを選ぶ人も増えています。

自動車などでもヒット商品があるトヨタですが、トラックでも大きな信頼を得る事に成功しているメーカーでもあります。アフターサービスなども充実しており、トラック業界の人からの信頼も厚いです。

2位 いすゞ

車体の価格のコストパフォーマンスが良く、ディーゼルエンジンの信頼も厚いのでトラック業界の人から大きな信頼を得ています。また安価で信頼できる車体なので、海外、特にアジアなどでよくいすゞのトラックは利用されています。

トラックも車もバイクもエンジンがダメになってしまえば、終わりなので信頼できるエンジンを積んでいるいすゞのディーゼルエンジンは捨てがたいものがあります。信頼できるエンジンを探している場合はいすゞのトラックを選ぶと良いでしょう。

1位 日産自動車

日産自動車で製造されているトラックは現在ありません。三菱やマツダのOEM車を製造していますが、元が日産自動車なので昔からのファンも多く、トヨタや日産自動車のトラックを選ぶドライバーは多いです。

日産ディーゼル工業は日産自動車との資本提携は解消されており、現在はUDというスウェーデンのボルボの子会社となっていますが、ボルボという車の信頼度もあり、日産ディーゼル工業のトラックはそれなりに需要があります。昔からの日産自動車のファンのトラック業界の人は、日産ディーゼル工業のトラックを好んで使っています。

トラック業界の今後は明るいものなのか?

そもそも非正規雇用という枠組みがトラック業界にはありません。そのことだけでもトラックでの仕事はしやすく、安定している仕事と言えるでしょう。ネット通販や震災や自然災害があれば真っ先に物流が重要になるので、トラック自体の需要が多くなります。

トラックの仕事は重労働ですが、会社自体の待遇や働き方次第で安定した収入を得る事も可能です。トラックの仕事はこれからの未来に向けた仕事と言えるでしょう。

Bottom banner

トラックドライバーの平均給料っていくらなの?

トラックドライバーの平均給料は30万円から45万円ほどになります。トラック業界でもピンからキリまであります。どのような会社に勤めているのか、また仕事をしている年齢などからも、給料が決まってくるのでトラック会社で給料が決まってくる場合が多いです。

個人事業主として自身でトラックを購入して、稼いでいる場合は年収800万円を越えている人も実際にいます。サラリーマンと一緒で自分の能力やスキルに合わせた給料が支払われる事になっています。

海外のトラック業界の現状は明るいものなのか

アメリカなどでは大きなトレーラーやコンボイなどを運転するので、大きく稼ぐ事も可能です。アジア圏でもネット通販の需要もあり、トラック業界は潤っています。

学歴社会と言われる日本でさえ、トラック業界で働けば、独立を考えられるほど収入がある場合もあり、運転を仕事にしている人に取っては希望のある仕事と言えるでしょう。

海外はトラックも日本よりも安く買える事が可能なので、免許とスキルがあればトラック業界に入りやすいでしょう。

中国の場合

中国でもネット通販も盛んなので、トラック業界の需要は大きいです。中国は空気汚染の問題があるので、より高度なエンジンを積むことも義務付けられており、道路を走行する時間帯なども決められている地域などもあります。

海外からの企業が中国に支店を持っている事もあり、中国でのトラック業界はより多くの仕事を手にする事ができています。世界で使われている通信機器や、パソコンや家電もほとんど中国で作られており、それらを運ぶためトラック業界の仕事は年々増えています。

トラック業界の景気は良くなっているのか?

サラリーマンもそうですが、トラック業界もドライバーの仕事の仕方次第です。どの業界も独立採算なので、自分で仕事を開拓しなければより多くの仕事を手にする事は難しくなります。そのため大型免許を取得したり、大きなトラックを購入する余裕がなければ、トラック業界で多くの収益を上げる事は難しいでしょう。

ネット通販や飲食業の過剰なサービス合戦もあり、トラックの仕事は増えています。人手不足が解消されて、一人一人が稼げるようなシステムが会社にあればドライバーの景気は良い状態が続くでしょう。

運転を仕事にしている場合は健康面を留意しよう

トラックドライバーは健康面に問題があるとなかなか長く続けるのが難しくなります。タクシーやバスの運転手も同じですが、健康に留意しなければ、ドライバーの仕事は続けられません。

荷台の荷物も扱う場合もあるので、体力が必要になります。そのためにはきちんとした賃金体系を採用している会社で、勤務時間を明確にした会社を選ぶ必要があるでしょう。

頑張ればそれなりに見返りのある仕事である

独立もできるほど稼げる仕事です。塗装工や建築業はこれからは需要が広がっていくでしょう。戦後のインフラの整備が残っているので、仕事には困らない業種になります。

いつまでもトラックドライバーの仕事したい場合は、より多くの免許やスキルを身に付け、健康面に気をつける必要があります。

トラックの仕事は夢を叶えられる仕事だ!

ネット通販や震災、自然災害、飲食業の過剰なサービスなどでトラック業界の仕事は増えています。これから物流の仕事は増える事はあっても減る事はないでしょう。それほど物流の仕事は重視されています。

トラックドライバーで独立して、起業する事も可能になり、個人事業主としてドライバーをしている人も増えています。それらのことを踏まえて考えれば、自分の夢や希望を現実のものにできる仕事言えるでしょう。トラックドライバーはやりがいのある仕事です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related