Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

倉庫業界で年収が良い会社ランキングTOP3・動向・仕事内容

倉庫業界で年収が良い会社ランキングTOP3・動向・仕事内容

ここでは、倉庫業界について詳しくみていきます。倉庫業界の現状と今後、履歴書を書く時のアピールポイントなどについても見ていきます。また、倉庫業界の年収ランキングなども載せていますので、倉庫業界への就職を考えている方は是非ご覧ください。

初回公開日:2018年06月29日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年06月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


倉庫業界で年収が良い会社ランキングTOP3

ここでは、倉庫業界の年収について詳しくみていきます。まずは、年収の良い会社をランキング順にご紹介します。

3位 三井倉庫ホールディングス

3位は、三井倉庫ホールディングスです。三井倉庫ホールディングス株式会社は、東京都港区に本社がある三井グループに属する物流の会社です。平均年収は、約755万円です。従業員数は144人で、平均年齢は40.9歳となっております。基本的には、年功序列であるため、年齢とともに上がっていくという安定性があります。

2位 三菱倉庫

2位は、三菱倉庫です。三菱倉庫は、東京都中央区新川に本社がある企業です。三菱グループに属しています。平均年収は、約758万円です。従業員数は863人で、平均年齢は39.8歳はとなっております。社内の雰囲気もよく、ノルマなどのプレッシャーもほとんどないので長く働く社員が多いです。

1位 東京汽船

1位は、東京汽船です。東京汽船は、神奈川県横浜市に本社がある海運会社です。平均年収は、約899万円です。従業員数は236人で、平均年齢は37.1歳となっております。安定した企業で人気が高いです。

倉庫業界の今後の動向

ここからは、倉庫業界の今後についてみていきます。まずは、現状をみていきましょう。倉庫業界を含む物流業界の全体の売上はおよそ5~10兆円くらいといわれています。ネット通販が拡大している現在、個人向け中心の物流会社の売上は確実に伸びています。

ネット通販は手軽に欲しいものが手に入る大変利便性にすぐれたものなので、この流れはこれからも続くとみています。逆に法人向けの物流会社の売上は、頭打ち状態になっています。大事な顧客といえるメーカーが次々と海外に拠点を移しているため、それに呼応するように物流会社の売り上げも落ち込んでいます。

課題

これからの課題は、倉庫業界を含め物流業界全体が、会社の数が多くなりすぎて、利益率が低くなってしまっていることです。これから人口は減っていくので、需要も減る一方です。また人材不足も大きな課題といえるでしょう。人口の高齢化も大いに関係しています。トラック業界では、トラックは余っているのに運転手がいないという現象も起きています。

将来性

倉庫業界の将来は、二極化していくでしょう。首都圏に土地を持つ倉庫会社については今後も安定した業績を確保することができます。首都圏の不動産開発はまだまだ続くからです。しかしながら、地方を中心に展開している倉庫会社、運送会社は今後も厳しい状態が続くでしょう。

倉庫業界におすすめの志望動機

ここからは、倉庫業界におすすめの志望動機についてみていきます。倉庫業界は、公共性の高い業種です。人気の高い業界ですので、就職を希望する場合は、志望動機はとても重要です。

倉庫業界の仕事内容

ここからは、倉庫業界の仕事内容について、詳しく見ていきます。

倉庫業界の業種

倉庫業界には、さまざまな業種があります。倉庫内の作業員のほかにも、営業、事務職、コンサルティング業務などがあります。志望動機を書く前に、具体的にどのような業務を希望するのかをはっきりさせましょう。

倉庫内作業志望の場合

倉庫内作業を志望する場合、肉体労働も辞さないという気持ちを書きましょう。体力勝負の仕事なので、体力をアピールできる具体的なエピソードを盛り込んだ志望動機を書くのがよいでしょう。

また、倉庫業界では、商品に対して慎重であるという態度もアピールポイントになります。商品を大切に扱いますという気持ちも必ず書きましょう。

Bottom banner

営業職志望の場合

営業職志望の場合は、高いプレゼンテーション能力を求められます。ですので、自分なりの倉庫業界の展望やビジョンを必ず書きましょう。まずは、倉庫業界に対する知識を深めるところから始めて、その上で自分に何ができるのかを志望動機としてアピールしていきましょう。

事務職志望の場合

倉庫業界において、事務職は大変重要です。人員の管理や商品管理、経理、法務など、職種は多岐にわたります。志望動機には、細かな点にも配慮できるということを具体的なエピソードを盛り込んでアピールしましょう。所持している資格やスキルも書きましょう。

倉庫業界の研究の仕方

ここからは、倉庫業界の研究の仕方をみていきます。研究するには、まず、倉庫業界の書籍を読むのが良いでしょう。おすすめの書籍、「図解でわかる 物流の基本としくみ」「ビジュアル図解 物流センターのしくみ」の2冊をご紹介します。

図解でわかる 物流の基本としくみ

この本を読めば、流業界の基本的な仕組みを理解することができます。基本的な仕組みを知ることで、業界に対しての理解が深まりますし、同時に自分の興味のある職種も見つけることができるでしょう。倉庫業界だけではなく、物流業界を目指す人にもおすすめです。

ビジュアル図解 物流センターのしくみ

この本は、物流センターや倉庫業界の役割や仕組み、業務内容についてわかりやすく解説しています。倉庫業界は物流業界の中心的な存在ですので、物流という大きな流れの中での倉庫業界の役割を確認することができます。

また、物流センター内の業務内容についても詳しく知ることができます。在庫管理やコスト管理、技術などについても解説されているので、物流業界についての知識を深めることができます。

倉庫業界はホワイト企業が多いのか

ここからは、倉庫業界はホワイト企業が多いのかということについてみていきます。結論からいえば、大手企業であれば、限りなくホワイト度が高いといえるでしょう。やりがいのある仕事を任され、さまざまな経験が積むことができ、その上、福利厚生制度も充実しているので、落ち着いた環境で仕事に取り組めます。

その上で、職場の雰囲気や上司との相性などによっても環境は変わってきますし、人それぞれ感じ方も違うので、一概にホワイトかブラックかは言えないでしょう。

倉庫業界への就職方法

ここからは、倉庫業界への就職方法についてみていきます。倉庫業界の中でも「財閥倉庫」と呼ばれているのが、三菱倉庫、三井倉庫、住友倉庫、澁澤倉庫、安田倉庫の5社です。これらは、三井財閥や安田財閥など旧財閥の系統に属する倉庫会社です。この財閥倉庫は安定していてるため、求職者に人気がとても高いです。この財閥倉庫への就職活動ををみていきます。

まずは、説明会に参加しましょう。その後、3~4月にエントリーシートを提出、4~5月に面接が行われます。中でも三井倉庫、三菱倉庫ではグループ面接があり、住友倉庫ではグループディスカッションが課されますので、対策が必要になります。人気があるので、ライバルも多いです。自己アピールに力を入れましょう。

倉庫業界の求人の探し方

倉庫業界の求人の探す方法は、インターネットの求人サイトを利用するのが一番効率的です。またお住まい近くのハローワークに出向くのも良いでしょう。また、学生さんなら、インターンシップ制度を利用するのも一つの手です。

インターンシップ

インターンシップとは、就業体験を通して、仕事や企業、業界への理解を深めることができる制度です。社会に出る前に就業経験をしておくことで、企業研究や業界研究をすることができます。インターンシップに初めて参加するのは、大学3年生からという人が多いです。

企業がインターンシップを実施する時期は、学校が夏休みと春休みの期間に実施されることが多いので、学業との両立も可能です。また、インターンシップには、参加人数に制限がある場合もあり、その場合は選考が行われます。選考の流れを調べておく必要があります。インターンシップからそのまま就職という道もあるので、注目したい制度です。

倉庫業界の知識を深めましょう

ここまで、倉庫業界について詳しくみてきました。倉庫業界は、比較的安定していてていて、クリーンなイメージがあり、学生さんからも人気のある業界です。しっかりと業界研究を行った上で、知識を深め、就職活動に臨みましょう。そして、憧れの倉庫業界に就職してください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related