Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年08月15日

運送業に将来性はあるのか・ない理由・将来性に対する対策一覧

運送業に将来性はあるのか・ない理由・将来性に対する対策一覧

運送業という仕事ではなかなか将来性を感じる事ができない人も少なからずいます。勤務時間や勤務内容が厳しかったり、ハードな仕事で若手の働き手を確保できないこともあるからです。運送業で将来性を感じる為には会社選びや働く側のことを考えてくれる会社を選ぶ必要があります。


運送業という仕事に将来性はあるのか?

運送業に将来性はあるのか・ない理由・将来性に対する対策一覧

今、インターネットを使った通販が盛んです。物流そのものの仕事は増えていっていますが、実際に運送業として働いている人にとっては、なかなかその恩恵を受けにくくなっています。なぜなら、運ぶ物が多く、運送業として働いている人の個人の生活や健康を留意してもらえず、劣悪な環境の中で仕事をしているからです。

また、自動運転の技術が進んで来たり、若手のドライバーが集まらなかったりとさまざまな問題もあります。そのことを考えると運送業に将来性がないと考える人も少なくないでしょう。

運送業として働く人の仕事自体は、将来性があるとは一言で言えませんが、未知の可能性があり、これからの社会が物流に関してどのように考えているかで、将来性が決まって来ると言えるでしょう。

ドライバー不足という問題

どの職場や会社にも人手不足という問題がまとわりつきます。特に運送業というハードな仕事の場合は、体力があることはもちろん運転の豊富な経験がなければ、なかなか長く運送業のドライバーとして働く事は難しいでしょう。

運送業で働く人の確保が難しいので、運送会社は常にドライバー不足という問題を抱えており、経験が豊かで運送業の職場で中心になって、皆を引っ張っていくような人材がなかなかいないという現実があります。その点をクリアできれば、運送業の将来性は明るいものになるでしょう。

自動運転が進んだ場合

2020年の東京オリンピックで自動運転の車で海外の人達を迎えるという政府の計画があります。実際にトヨタなどでは、自動運転の技術が進んでおり、将来は自動運転で走ることでしょう。

運送業自体に自動運転はさほど影響がないと言えるでしょう。運送業として働く人にとって自動運転自体の技術が進んでも、なかなか荷物を運ぶまでの技術が進んでいないので、現在の運送業には影響がないでしょう。そのことを考えた場合、運送業自体に将来性があると言えるでしょう。

運送業に将来性がない主な理由って何?

運送業に将来性はあるのか・ない理由・将来性に対する対策一覧

一概に運送業に将来性がないと考えるのは早計です。運送業として働いている人が、個人事業主として仕事ができていれば、もらう給料も多くなり、東京オリンピックや古いインフラの整備の仕事を得られれば、運送業自体で将来性を感じる事ができるでしょう。

また大きな会社に属していれば、それらの仕事をする事も可能なので、運送業に将来性がないと一言で片付けられないでしょう。

イメージが悪いという問題

人が作ったイメージというものは当てになりません。運送業自体のイメージも人それぞれで、悪いイメージが一人歩きしているのは一昔前の価値観です。

ドライバーが作業着で、ハードな仕事をしているイメージがありますが、運送業に携わっている人には女性も多く、最近では明るいイメージも強くなっています。女性が働いているから良いイメージという訳でなく、現在の物流には運送業はなくてはならなくなっており、佐川男子という言葉が出てくるほど運送業のイメージは変わりつつあります。

それらのことを考えても、運送業のイメージが悪いとは言えません。また将来性という面で考えても、可能性のある仕事と言えるでしょう。

若手がいないという問題

若手の働き手がいないのは、どの職場や会社でも一緒です。特に運送業の場合、若いうちに腰を痛める人も多く、長く続けるには難しい仕事です。若い人の無理をして運送業に就かなくても他の仕事を探せばいいという考えが、人手不足を招き、年配のドライバーが多くなっていることにも繋がっています。

若い人は仕事を選ぶ余裕があるので、どの職種でも若手が少ないという問題があります。若手が少ないのは運送業だけの問題ではないでしょう。どの仕事でも若手が確保できなければ、将来性自体は明るいものではなくなります。

3Kの仕事だからなのか?

3Kとは汚い、危険、キツい仕事を表しています。デスクワークのようにエアコンの効いた部屋での仕事ではないので、外仕事で職場環境もキツいものがあります。

運送業をしている人の中には、デスクワークができなくて、あえて運送業の仕事を選んでいる事もあるので、デスクワークよりも仕事がしやすいと考えている人も多いです。

運送業をしている人には3Kという事を気にしない人も多く、デスクワークができない人にとっては、運送業の仕事でデスクワークよりも稼ぐ事ができますので、将来性を感じる事のできる仕事となっている現実もあります。どのような仕事にもメリットとデメリットがあると言えるでしょう。

運送業の将来性に対する対策を一覧にした場合

運送業の将来性に対する対策を一覧にしてご説明します。

Bottom banner
生産性を上げる場合→人手を増やし、作業の効率化を考える
働き手の勤務時間→プライベートの時間を確保して、仕事のモチベーションを上げる
健康面の問題→長く仕事を続ける為に定期的な健康診断や普段の食事や睡眠を考える

生産性を上げるという対策

運送業で働く人の将来性を明るくするためには多くの荷物を運び、会社自体の収益を上げる事です。ドライバーが扱う荷物の運送費を適切な価格にして、的を得た人員配置をすれば、それだけで生産性を上げる事が可能です。

他に生産性を上がるための対策として、燃費の良いトラックの利用や再配達をできるだけなくすことで生産性を上げる事ができるでしょう。

勤務時間の問題

運送業でなかなか定時で帰られる会社は少ないです。それだけ勤務時間内で仕事を終わらせるのが難しい仕事と言えます。

将来性という面で考えた場合、経験の豊かな人をどれだけ長く運送業の仕事に就かせるのかが重要になります。運送業で働く人が仕事に張り合いを持つためには、プライベートと仕事の区切りがつけられるような勤務時間の設定をして、長く仕事を続けられる事が必要になります。

モチベーションを保てるような勤務時間で働く事が必要となるので、顧客への過剰なサービスをなるべくなくしていく必要があります。

ドライバーの健康を考える場合

ドライバーの健康面に留意しなければ、運送業自体の将来性を考えることはできません。お酒に頼るような勤務内容にならないようにすることも大切ですが、仕事自体に充実感を感じられるようなやりがいを与える必要があります。

ドライバーの健康を考える事自体が、運送業の生産性を上げる事に繋がるので、働く人の健康を管理する事は、運送業そのものの将来性を考える上では無視できないと言えるでしょう。

運送業の将来性が明るいと考えた場合はどうなるか?

昨今の通販の急成長や災害や震災に合わせた物流の必要性を考えると、運送業自体の将来性は明るいものとなるでしょう。なぜなら通販で運ぶものが増える事があっても、減る事はないからです。その他の物流を考えた場合も同じで、震災が頻繁に起こった場合も運ぶものが多くなっていますので、運送業の仕事自体に重要性がでてくるでしょう。

ドライバーの仕事も世の中の流れを読んで、人々の需要に上手く応える事ができれば、運送業の将来性はいくらでも明るいものとなります。

このまま通販が進んでいった場合

運送業に将来性はあるのか・ない理由・将来性に対する対策一覧

今はネット通販のものを運ぶ事に特化している運送会社も多いので、人手不足や勤務時間が多くなり、運送業に将来性を感じる事ができていません。ドライバーだけに仕事をさせないようにして、自動運転やドローンを利用した運送業を展開すれば、生産性を上げながら、運送業で働く人の負担を減らす事も可能になり、将来性を明るいものに変える事も可能です。

このまま通販が進んでいっても、トラックでの配送以外の方法も確立できれば、運送業の将来性も明るくなるでしょう。

民間の企業が運送会社が参入して競争化が進んだら

現在の運送業に将来性を感じる企業は少ないので、新しく大きな物流のネットワークが築きにくくなっています。そのため新たに運送業に参入してくる会社が少ないです。それはサービスを充実をさせつつ、生産性を上げるのはなかなか難しくなっているからです。

現在は運送業を利用したビジネスが横行しており、新しい会社は大きな物流のネットワークが築きにくくなっているので、運送業に参入してくる会社が少ないです。運送業で働く人にとって運送会社の競争が進めば、ドローンなどの技術を取り入れる会社が増えて、それだけ働きやすい職場作りが進み、働き手に負担のかからない仕事ができきるようになるでしょう。

将来性があるかないかは働く人の頑張り次第になる!

自分が今している仕事で将来性を感じながら、仕事ができている人はなかなかいないでしょう。どんな仕事にもメリットとデメリットがあり、良い面を伸ばしてデメリットをカバーする仕事の仕方をしていかないと、どんな仕事にも将来性を感じる事は難しくなります。

運送業という職場ではハードでプライベートも確保できていない人も多いので、なかなか将来性を感じにくい仕事となっています。ドライバーという仕事をしている場合は、よい運送業者を選び、自分のできる範囲で効率化を考えないとドライバーの仕事で充実感を感じる事はできません。

さまざまな技術が進んで来ているので、それらの技術を上手く利用できれば運送業で将来性を感じる事も可能になります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related