Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー業者の特徴・業種区分一覧表・バス運転手との違い|コード

タクシー業者の特徴・業種区分一覧表・バス運転手との違い|コード

タクシードライバーに興味を持っている方は、業種についてやバスの運転手との違いなど、細かな点について知っておきたいですよね。求人を探す際のコードなど、あまり知られていないポイントについてもお伝えしていきますので、最後までお付き合いくださいね!

初回公開日:2018年06月06日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年06月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


物流業界を知るならドライバーワークスへ!

これから、運送業界の今後の将来性や、物流業界の仕組みを学ぶことはなかなか難しくなっていきます。

この記事を読んでる方にも物流業界の仕組みやタクシーの予約ができない原因や運送会社などの豆知識について気になっている方もいるかと思います。そんな方はぜひドライバーワークスをご覧ください!

物流業界を理解しておくことは、今後転職や就職の際に役に立つかもしれません。2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやタクシードライバーの需要が高くなっているので学んでおいて損はありません。

2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシー業種の特徴とは

世の中にはたくさんの業種がありますが、タクシードライバーという業種はどのような特徴があるのでしょうか。大きな特徴として言えるのは、長く働けること、自由度が高いこと、歩合制なので自分次第で稼げるということ、 会社勤めならではの人間関係のストレスに悩まされることが少ないということです。

他の業種と比べて勤務体系も特殊ですし、勤務時間のほとんどはお客さまの対応をするとはいえ、仕事は一人でします。他の運送業と比べるとかなりの自由度がありますし、ストレスを感じることがありません。歩合制の会社が多いためうまく稼げれば収入も大きく上がるでしょう。しかしその反面体調管理が難しいという点があり、注意しておくべきポイントです。

タクシー業界の現状は?

タクシードライバーの平均年齢は58歳前後で、約半数が60歳以上といわれています。再就職や転職先として選ばれることが多いためか、ドライバーの高齢化が深刻化しており、判断力の低下により事故が増えているといった問題があげられるでしょう。また、新卒の入社も業界としてはまだまだ少なく、人員確保が大変であるのが現状です。

人員確保を優先することによって、技術が伴っていないタクシードライバーもいるというのが現状の問題であると言えます。研修や資格取得支援を充実させても若い世代がまだまだ少なく、今後も2020年の東京オリンピックに向けて高まるニーズに対応できるよう、各社で人員確保と若手の育成に力を入れる流れになるでしょう。

再就職・転職先として人気!

タクシードライバーになるためには特殊な資格は必要なく、普通自動車第二種免許を取得し、一部地域では地理試験に合格すればよいため、前職がなんであれ再出発が大いに可能であるという面から再就職や転職先として人気です。また雇用年齢が幅広く、70歳近くまで働くことができるというのも大きな特徴といえるでしょう。

一般的な退職年齢は65歳前後ですが、それよりも長く働けるというのは大きなメリットです。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシーの業種区分一覧表をチェック

総務省統計局によるタクシーの業種区分は「運輸業」となります。法的定義上におけるタクシー事業は、道路運送法上の「一般乗用旅客自動車運送事業」です。

コードは?

産業分類コードで、一般乗用旅客自動車運送事業のコードは「432」です。大分類ではH運輸業・郵便業となり、中分類では43道路旅客運送業となります。

タクシー業種の分類の仕方は?

業種分類に関しても確認しておきましょう。世の中には多くの業種がありますので、その類似性や求人・求職の取扱件数(主にハローワーク)などに基づいて体系的に分類したものが職業分類です。求人と求職者をマッチさせることや、職業別の動向把握などを行うために使用されます。

職業名は?

職種としては「タクシー乗務員」、産業名としては「運輸業,郵便業のうち一般乗用旅客自動車運送業」というのがハローワークでも使用されている名称です。端的に職種を乗務員、業種を旅客運送業としても良いでしょう。きっちりと決まったものはないので、提出書類における記入方法として参考にしてください。

職業欄は?

こちらも細かな規定はなく、会社員と記入しても良いですし、個人タクシーを営んでいる場合は自営業としてもよいので、大きく逸脱したものでなければ適したと判断できるもので良いでしょう。業種としてタクシードライバー、タクシー乗務員とするのももちろん可能です。

Bottom banner

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

バスとタクシー運転手の業種の違いは?

では、バスの運転手とタクシー運転手の業種の違いはどのようなものなのでしょうか。バスは乗合旅客を運送する「一般旅客自動車運送事業」で、タクシーは1契約により乗車定員10人以下の自動車を貸し切って旅客を運送する事業である「 一般乗用旅客自動車運送事業 」と分類されます。

似ていますが、業種の分類上はしっかりと分かれているので、確認しておきましょう。

業種としては旅客自動車運送事業というくくりではありますが、業種の分類上は細分化しているので求人を探す際などは注意して下さい。

勤務形態の違い

バスの運転手に関しては乗務するバスの形態によって勤務時間が異なります。労働基準法で2日間で1日平均9時間という規定があるため、長時間勤務が連続することは基本的にありません。路線バスの運転手の場合、1日の労働時間は約8時間です。早番、遅番、夜番のシフト制になっており、勤務時間は運転と小休憩繰り返し、疲労が蓄積しないようになっています。

一方タクシードライバーは日勤、夜勤、隔日勤務と分かれています。多くのタクシードライバーは隔日勤務で、長時間働いた後に連休があるという勤務形態です。

必要資格の違い

バスの運転手の場合、大型第二種自動車運転免許の取得が必要です。取得するためには普通自動車運転免許か大型一種自動車運転免許、もしくは大型特殊自動車免許を取得したのち、3年以上の期間が経っている必要があります。入社後には運行路線の停留所や地理の勉強、アナウンスや技術訓練、マナー研修を受講したのち運転手としてデビューします。

一方タクシードライバーは普通自動車二種免許の取得が必要となり、就職地域によっては地理試験に合格することも求められます。普通自動車第一種免許を所持している人が優先的に採用されることが多いようで、年齢制限はないことが多いものの第二種運転免許の受験資格は21歳以上となっています。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシー運転手はおすすめできる職種なのか

タクシードライバーは今注目されている業種です。世の中にたくさんの業種がある中で、タクシー運転手に注目できる理由は何でしょうか。最初にタクシードライバーの業種の特徴でもふれましたが、タクシー運転手になるメリットはたくさんあります。ここでは3つ取り上げ、それぞれについて確認していきます。

メリット①長く働ける

新卒で入社して長く働くことができるのはもちろんのこと、転職や再就職で70歳近くまで働くことができるという、定年が他の業種・職種に比べて長いのが大きな特徴です。タクシードライバーになるための特殊な資格というものもなく、頑張れば取得できる資格と、常識的な試験に合格すればしっかりと働けるので、転職や再就職先に人気があります。

メリット②個人で仕事ができる

会社勤めによくある上司や同僚、後輩への気遣いや取引先とのトラブルがないため、ストレスフリーで働くことができるのが魅力の一つです。お客さまを安全に目的地まで案内する必要があるため、集中力と判断力、コミュニケーション力は必須となりますが、勤務中、顧客対応中以外はほぼ一人で自由に行動できます。

チームで仕事をしていくのに抵抗があったり、個人で業績を積んでいきたいタイプの人にはとても向いている職業であるといえるでしょう。

メリット③休暇が魅力的

前述のように隔日勤務が多いタクシードライバーは連休を取りやすくなります。一回に働く時間は長いものの、その後連休があるので自分の時間を充実させやすくなります。趣味や旅行など、自分の時間を多くとりたいと考えている人には嬉しい勤務形態といえるでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシー運転手は知られざる魅力が多い!

いかがでしたでしょうか。タクシードライバーは他の業種とは異なった特徴が多くありますが、知られていないだけで働くメリットが大いにある職業です。バスの運転手との違いや業種の分類についても見てきましたが、バスの運転手と比較すると同じ旅客自動車運送事業でも異なる業種に分類されていることなどから、独立性のある職業であることがわかります。

就職先の候補になかったという方も、これを機にタクシードライバーという業種に目を向けてみてはいかがでしょうか。

物流業界を知るならドライバーワークスへ!

これから、運送業界の今後の将来性や、物流業界の仕組みを学ぶことはなかなか難しくなっていきます。

この記事を読んでる方にも物流業界の仕組みやタクシーの予約ができない原因や運送会社などの豆知識について気になっている方もいるかと思います。そんな方はぜひドライバーワークスをご覧ください!

物流業界を理解しておくことは、今後転職や就職の際に役に立つかもしれません。2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやタクシードライバーの需要が高くなっているので学んでおいて損はありません。

2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人