Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

社会不適合者か診断するチェック項目・向いている仕事・生き方

社会不適合者か診断するチェック項目・向いている仕事・生き方
世の中には社会生活が苦手な、いわゆる社会不適合者と呼ばれる人が居ます。自分自身に心当たりがある方や、身近にそんな人が居ると感じている方は少なくないでしょう。今回は社会不適合者のチェックリストや、社会不適合者の特徴や仕事の探し方をご紹介します。

初回公開日:2018年7月6日

更新日:2018年7月6日

記事に記載されている内容は2018年7月6日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


社会不適合者か診断できるチェック項目10個

いわゆる社会不適合者という、一般的な社会生活に向いていない人が居ます。自分自身が、社会不適合者ではないかと疑う方や、身近な人で心当たりのある方は少なくないことでしょう。社会不適合者かチェックできる項目を作りましたのでご紹介します。

チェックその1:平気ですぐばれる嘘をつく

実生活では嘘も方便なので、まったく嘘を付けない人がいたのなら、それはそれで社会不適合者ですが、社会不適合者は平気ですぐばれる嘘をつきます。また、社会不適合者の嘘は独特で嘘をついたことを覚えていないことが少なくないため、毎回嘘の内容が変わることも珍しくはありません。

嘘に関連して言い訳も非常に多いです。聞いてもいない真偽不明の言い訳を行い、責任転嫁を繰り返します。どうしても申し開きがしたい場面は誰にでもありますが、社会不適合者は、どんなに些細なことでも言い訳を繰り返します。

すぐにバレてしまうような嘘を連発するような人間は誰にも信用されませんし、責任転嫁を繰り返す人とは関わりたい人は少ないです。社会不適合者本人は嘘がばれていないつもりですが、周りの人が面倒なだけであったり、やさしくて指摘していないだけです。自覚がある場合は、せめて嘘をつく前に一呼吸おいて考え直しましょう。

チェックその2:時間に極めてルーズ

社会不適合者は時間に極めてルーズです。自分がルーズに扱った時間を相手は無駄にしていることや、時間通りに来ないと心配させてしまうということも理解していません。学校であれば授業に平気で遅刻しますし、会社であっても遅刻します。待ち合わせであっても時刻どおりに現れる事はまれでしょう。

遅刻の理由を世間一般の常識では考えられない理由で正当化してくることがあります。多くの場合はまともな理由は無く、自己中心的でったり自堕落な理由を正当化してくるでしょう。

時間を守らないという事は、軽く扱われている、どうでもいいと思われているなどの、さまざまなマイナスイメージを関わる人に与えます。心当たりがある場合は時間は守る、どうしても時間に間に合いそうに無い場合は連絡して事情を伝えるなどを心がけましょう。

チェックその3:コミュニケーション能力が低い

社会不適合者はコミュニケーション能力が低いです。コミュニケーション能力といわれるものには場の空気を読む、相手に合わせた言い方を行う、立場や距離感を考えるなどが考えられますが、社会不適合者はどれを取っても絶望的に下手です。

空気を読まない場にそぐわない発言、相手の立場や考え方を意識しない物言い、距離感を考えずやたらと高圧的だったりなれなれしかったりと、社会不適合者は嫌われやすい言動をしています。そのために、造らなくてもいい敵を作っています。

心当たりがある場合、消極的になりすぎて縁がなくなるのも問題ですが、発言する前に一呼吸おいて発言しても良いか考えましょう。

チェックその4:キレやすい

自分にとって都合の良い展開をしなかったり、注意を受けた場合にキレて何とかしようとする子どもが居ますが、子どもは力が無いため大人の力でたしなめる事は簡単です。しかし大人が同じ事を行うと、腕力や経済力、社会的な立場などさまざまな力を利用できて、大人が力で応じるとデメリットが多いため、従うしかないので非常に効果的です。

それを知ってか知らずか、社会不適合者は都合が悪くなると、すぐにキレます。大人になってからキレる相手に関わると確実に負けるため、関わらないようになります。もしも起こりやすい自覚がある、もしくは怒りやすいねといわれたのなら、少し自分を省みてみましょう。

チェックその5:異常に頑固

人間誰しも絶対に譲れないことや、許せないこと、過去のトラブルなどで許せない相手などがあるもので、俗に地雷と表現することがありますが、社会不適合者の頑固はそういった範囲を超えていて、さまざまな範囲で異常な頑固さを見せます。

社会で暮らすにはルール、仕事を行うにはマニュアルがありますが、社会不適合者の頑固さは、ルールやマニュアルすら無視するほどです。ルールやマニュアルの無視はたいていの場合トラブルを呼び込むので嫌われがちです。

もしも、ルールやマニュアルに反発したくなるほどの頑固さを自覚している場合は、なぜルールやマニュアルがあるのか、それを守らないことでトラブルを起こしていないか、トラブルを起こしたのであれば自分で処理したのか、自分を省みて見ましょう。

チェックその6:清潔感が無くTPOをわきまえない

体質により汗の多い方や大衆の強い方は居ますが、社会不適合者は清潔感がありません。お風呂やシャワーを毎日使わない、同じ服を洗濯せずに毎日着用する、服もしわだらけシミだらけなどです。

また、服装のTPOもわきまえません。ある程度フォーマルな場にカジュアルでラフな服装で現れることもありますし、その逆もあります。心当たりがある場合は毎日お風呂に入って体を洗い、服は毎日洗濯しましょう。服装などもインターネットで無難な服装を探すことができるので参考にすることができます。

チェックその7:不注意でドン臭い

社会不適合者は、運動が苦手であるとか体力が無いのではなく、不注意でドン臭いです。触れなくてもいい物に触れて壊す、不用意に体を動かして何かにぶつかる、足元を気にしないので何かを踏んづけてしまうなどです。さらに、やらなくていいことをやって仕事を増やすことがあります。

不注意でドン臭いのは仕方がありませんが、仕事などでは足を引っ張ってしまうことや、場合によっては周りを危険に晒してしまうため、好かれる事はありませんし、場合によっては嫌われてしまいがちです。

心当たりがある場合は、周辺をしっかり確認する、行おうとしていることが本当に行う必要があるのか一呼吸置いて考えるなど、周辺と結果に注意しましょう。

チェックその9:エネルギー不足

世間的にアニメやマンガが好きな俗に言うオタクが、趣味のイメージからくるものでオタクである事そのものは社会不適合者ではありません。本当の社会不適合者はエネルギーが少なく興味のある物事がありません。といって元気が無いわけではありません。ボーっとして何を考えているのかわからず、興味を示さないだけです。

心当たりがある場合は、興味の有無に関わらずとりあえず、さまざまな物事に触れてみると良いでしょう。始める事は自由ですし、辞める事は自由です。合わなければ辞めればいいですし、自分に合うものを見つけたのなら深く踏み込んでみると良いでしょう。

チェックその10:チームプレイが苦手

社会不適合者はチームプレイが苦手です。社会とは世間一般ではなく、何人であっても人が集まれば、それはチームであり社会です。社会不適合者が社会不適合者といわれてしまう根本的な原因ともいえます。チームプレイが苦手なので何処にも居場所が無く、孤立しがちです。

心当たりがある場合は、チームの目的や空気、自分の立ち位置を考えて、自己犠牲まで行う必要はありませんが、チームにとってプラスとなる行動、空気や雰囲気に合う行動を心がけ、自分の立ち位置から考えて出過ぎない、引っ込みすぎて存在感がなくならないように気をつけましょう。

社会不適合者の特徴3個

社会不適合者かわかるチェック項目をご紹介しましたが、チェック項目は社会不適合者によく見られる表面的な現象です。なぜ社会不適合者はそのような行動を取るのか、社会不適合者の本質的な特徴をご紹介します。

特徴その1:社会不適合者は自己中心的

嘘や言い訳が多い、時間を守らない、キレて相手をコントロールする、清潔感が無い。これらは一見共通点はありませんが、相手がどう思うかを考えていればなかなかできない行動です。嘘を言われれば信用されてないのかと考え悲しくなりますし、時間を守らないと時間が無駄になり心配もします。清潔感がないと不快ですし一緒に居て恥ずかしくなります。

相手を考えていれば、これらの行動を行う事はできませんが、社会不適合者は自己中心的で相手のことを考えていないため、これらの行動を平気で行うことができます。また、自己中心的なので相手が同じ行動を行うと、自分がないがしろにされたと考えキレます。

特徴その2:社会不適合者は非常に不注意

「すぐにバレる嘘を言う、時間を守らない、相手のことを考えない言動、ドン臭い。」これらは非常に不注意なために本人の悪意無く行われることもあります。悪意が無くても迷惑なことに代わりはありませんが、相手のことを考えないために、ごまかそうとするなど神経を逆なでしてしまうことも少なくありません。

社会不適合者は、自己中心的でなくても非常に不注意なために自己中心的に見える場合があります。不注意なために自分の行為と結果が結びつかず嘘や言い訳を繰り返すこともあり、指摘されると起こってしまうこともあるでしょう。

特徴その3:社会不適合者はコミュニケーション下手

社会不適合者はコミュニケーションが極めて苦手です。相手の気持ちや立場、考え方の違い、言外の意味、コミュニケーションはさまざまな要素が絡みますが、社会不適合者は自己中心的な特徴や不注意な特徴から、それらを取りこぼしたり見落としたりしてコミュニケーションを取ろうとします。

本人は何が悪いのかを自覚できず、空気の変化も読み取ることも苦手なため「やらかした」と考えることもできず、周囲の人間からは変な言動を取る人間として煙たがられます。またコミュニケーションが苦手なため意思疎通が重要となるチームプレイが苦手です。

社会不適合者の生き方

社会不適合者になってしまった原因は、色々と考えられますが、社会不適合者がごく一般に言われる社会生活を営む事は困難が伴います。社会不適合者の生き方としては、お互いのストレスを減らすためにも余り多くの方とのかかわりを持つのは避けて、気楽に居られる場所や職場、集まりを見つけてそこで生きていくことがおすすめです。

社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者は、社会で生きていくことが苦手な特徴がありますが、生きていくためには仕事をする必要があります。しかし、社会で生きていくことができない社会不適合者に仕事があるのかと気になる方も居られるでしょう。そんな社会不適合者に向いている仕事をご紹介します。

基本は一人で行う仕事

社会不適合者は社会が苦手で、周囲の人たちにストレスを与え煙たがられますが、社会不適合者自身も周囲が苦手で社会生活にストレスを感じてしまいます。そのため、どんな仕事であれ基本的に社会不適合者におすすめの仕事はひとりで行う作業系の仕事がおすすめです.

IT系は場合によってはコミュニケーションが必要

一人でできる仕事の定番にIT系の仕事が上げられることがありますが、チームのメンバーとの役割の分担や、仕様書を読み解き仕様を確認、場合によってはクライアントとの打ち合わせもありえるため、高いコミュニケーション能力が求められる場面もあります。IT系統の仕事にもご注意ください。

クラウドソーシングは自由だが一人ではない

現代ではクラウドソーシングで極めてフレキシブルな働き方も可能ですが、仕事を請け負う時にクライアントと条件や仕様の確認などコミュニケーションが求められる仕事もありますので、フレキシブルに働けるからといって一人で仕事ができるわけではないことにご注意ください。

データ入力、アフィリエイト、フリーライターなど

アフィリエイトは自らサイトの立ち上げなどを行う必要がありますが、データ入力やテープ起こし、フリーライターなどはクラウドソーシングで比較的良く見かける案件でなおかつ、余り人と関わらないため社会不適合者の方でも簡単にできる仕事でしょう。

ただし、単価が低いものが多く給料も出来高払いのため、相当がんばらないと生活が難しい場合が多く就職が非常におすすめですのでご紹介します。

社会不適合者の就職方法

社会不適合者は、社会生活が難しいため就職が難しいのですが、できないわけではありません。社会不適合者でも何とか就職する方法や仕事を行える方法をご紹介します。

就活は入念な調査を行おう

たとえ社会不適合者といわれるような素質を持っていたとしても、世の中にはそういった性質があっても働ける場所があります。逆に、俗に言うブラック企業のように社会不適合者はおろか、いわゆる普通の人でも精神を壊してしまう環境もあります。なので、入念な調査を行い社会不適合者でも働けそうな場所を探すことが無難です。

さまざまな支援を利用してみる

もしも、働けそうな場所が見つからない、見つけられない、もしくは入社できない場合は行政による就業の支援などがあります。利用条件にさまざまなものがありますが、年齢が若い場合に利用できる若年者むけハローワークなど、さまざまなトレーニングや講座を行っている場合があるので、それを利用して社会不適合者脱出を目指すこともできます。

バイトでソフトランディングを目指す

バイトでも仕事は仕事です。ブラックバイトなど劣悪な労働条件のアルバイトもありますが、一般論として正社員よりは役割や責任が少ないため、いきなり正社員は無理でも徐々にアルバイトで慣らしていくこともできます。場合によってはアルバイトから正社員を目指す道もあるでしょう。

社会不適合者は結婚できるのか

社会不適合者は社会不適合者のままでは結婚は難しいです。ご紹介した、自己中心的に見える特徴や、不注意な特徴、コミュニケーションが下手な特徴があり、そもそも付き合ってくれる人を探すことが困難ですし、関係を維持することも困難です。

また、社会不適合者で仕事をしていない場合は経済的にも結婚は困難です。社会不適合者として自分の苦手なことや、できないことを自覚しそれを意識して行動する事ができれば結婚も可能です。そのときには社会不適合者とは言われなくなっているでしょう。

人はみんなちがうから自分らしく生きよう

残念ながら、もって生まれた個性が現代社会では社会不適合者だといわれてしまうことがあります。しかし、大多数の人とはちがう小数派だから悪意を持った人が社会不適合者だと言うだけで、もしも社会不適合者といわれている人のほうが多数派であれば、いまのいわゆる普通の人が社会不適合者といわれているでしょう。

人間は一人一人ちがっていて決して同じ人は居ません。社会不適合者だと自分を追い詰めるのではなく自分を受け入れて苦手な事やできない事は改善することでより、自然に生きられます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related