Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

働きたくないと思った時の対処法8つ・おすすめの本3冊

働きたくないと思った時の対処法8つ・おすすめの本3冊
働きたくないと思う人は非常に多いです。生活をするためにはお金が必要であり、お金を稼ぐためには働かなければなりません。それでも働きたくないと考える人は多く、仕事をしている人でも実は働きたくないと考えていることもあります。今回は働きたくない人について解説します。

初回公開日:2017年10月30日

更新日:2018年10月2日

記事に記載されている内容は2017年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


働きたくないと思う原因とは

就職時から仕事一筋で頑張っている人もいれば、仕事に生きがいややりがいを見出して懸命に働いている人がいる一方で、もう働きたくないと考えている人もたくさんいます。

仕事は大変なものですし、仕事で辛いことがあったり、充分に働いたとなれば働きたくないと考えてしまうこともあります。また、仕事に意味を見いだせなくなったり、仕事よりもやりたいことがある場合も働きたくないと感じるでしょう。

働きたくないと思った時の対処法8つ

働かなくても生活できるだけの貯金があれば働く必要はありませんが、そうでない場合には働く必要があります。もう働きたくないと考えたときには、どんなことを考えればいいのでしょうか。

以下に、「働きたくない」と思ってしまっているときの対処法を8つご紹介します。働きたくないという気持ちを無理に押し殺して生活していると、ストレスがたまりすぎて精神を壊してしまうこともあるので早めに対処しましょう。

対処法1:限界なら退職する

現在の職場で働きたくないのであれば、転職を考えることが大切です。世の中には膨大な数の企業があり、それぞれの職業によって向き不向きはあります。

同じ業界で仕事をする場合でも企業が違えば待遇も違いますし、労働環境も違いますので、より良い職場を求めて転職することも選択肢にいれておきましょう。自身に合った仕事をすることで仕事に対しての意欲を回復することもできますし、新たな仕事を求めて転職も考えてみましょう。

対処法2:自分の適職について考える

もうこれ以上働きたくないと感じている場合、現在の職業が適していない可能性があります。自分には本当に何があっているのか、もう一度考えてみましょう。

働き始める前には自分に向いていると考えられていたことでも、実は違っていることはよくあります。それを恥じて我慢して働き続けるより、適職を見つけてジョブチェンジしてしまった方がその後の人生が充実したものになる可能性があります。

対処法3:働きたくない原因を考える

自分がなぜ働きたくないのかよく考えてみることも重要です。何かほかにやりたいことがある、職場に行くことがつらい、仕事に興味がわかないなど、原因はさまざまで人それぞれです。

自分の場合は何が原因になっているのか突き止めれば、次にどのような行動をすればよいか見えてくるでしょう。適切に原因をつぶすことで働く意欲が戻ってくることが期待されます。

対処法4:1人旅に出る

どうしても働きたくないと感じてしまっているときは、一旦仕事を休んで一人で旅に出てみるのも良いでしょう。一人になって自分を見つめなおし、仕事から離れることでリフレッシュすることができます。

仕事のことばかり考えていて嫌になってしまっている可能性もあるので、少し距離を置くことでまた頑張れる気持ちになることもあります。たまにはのんびりと日常から離れて非日常を楽しんでみてはいかがでしょうか

対処法5:趣味を極めてみる

毎日毎日仕事しかやることがなく、うんざりしてしまっているという人は熱中できる趣味を始めてみるのも良いでしょう。趣味をしている間は仕事から離れられるので、生活にメリハリがつき、仕事に対する意欲を高めやすくなります。

ずっとどっぷり仕事モードで暮らしていては、誰でもストレスがたまります。そんな状態にある人は、ストレスを発散する時間が必要です。趣味がない人は趣味探しから始めてみましょう。

対処法6:会社勤め以外の生き方を模索する

働きたくないから死にたいと考えた場合には、まずは働く=生きることではないことを再確認しましょう。生活をするためにはお金が必要で、お金を稼ぐためには仕事をしなければなりません。

生活をすることと働いてお金を稼ぐことはイコールでつながっていますが、それが生きることに直結しているわけではありません。生活は生きることの一部であって全部ではありません。

対処法7:資産運用のやり方を調べてみる

脱サラリーマンをして資産運用で暮らしている人もいます。会社勤めがつらく、働きたくないと感じているなら、資産運用を勉強してみるのも良いでしょう。

資産運用で生活を立てていくためにはそもそも莫大な資産が必要となります。仕事を辞めるということを目標にお金を貯めるために働く、という目的でも今の仕事をとりあえずは続けていく動機になるでしょう。資産がたまったら仕事をやめても良いのですから。

対処法8:同じ気持ちの人を探す

「働きたくない」という気持ちを発信すると、「怠けている」「社会人としてなっていない」と冷ややかな目を向けられるために気持ちを言うことができず、ストレスになっている場合もあります。しかし、事実日本には「働きたくない」と考えている人が山ほどいます。

SNSなどを用いて同じ気持ちの人を探し、気持ちを共有し合うだけでもストレス発散になるでしょう。ストレスが減れば少し気が楽になるはずです。

働きたくない職場はやめてしまおう

働きたくないと感じる原因が職場の環境にあるなら、その仕事を辞めて他の仕事をしてみましょう。特に新卒で採用されたばかりの人は、今の職場以外の環境を全く知らないため、「仕事はこういうものだ」と思い込んでいる可能性があります。

「転職エージェント」は、本当にあなたに適している職業を分析してくれます。また、転職するまでをトータルサポートしてくれる頼もしいサービスとなっています。

働きたくない人におすすめの本3冊

ここからは「働きたくない」と感じている人に読んでほしいおすすめの本をご紹介していきます。働かなくてもお金を稼ぐことができれば、問題は解決してしまいます。そんな生き方がしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

本1:働きたくないけどお金は欲しい

働かなくてもお金を手にしている人は、実はこの世の中に確実に一定数存在しています。会社に勤めて真面目に働かなければ生きていけない、という思い込み自体があなたを「労働階級」にとどめ置いている原因である可能性があります。

時間の自由と経済的余裕は反比例する、という一般常識は実は何の根拠もないことだということに気づかされます。働かなくてもお金を生み出すことができれば、と願う人におすすめの本です。

解説が分かりやすくてすごく腑に落ちた。
最新の世の中の動向や今後どうなっていくのかといった内容が面白かった。
人は自分の器以上のお金を持ち続けることは出来ないといった話も自分や周りの人を思い出しなる程なと思った。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RAP0T0DUNA8Z... |

本2:なるべく働きたくない人のためのお金の話

働くこととお金と、人生について考えさせられる本です。お金がなければ幸せな人生を送ることができない、そのお金を手にするためにはあくせく働かなければならないという思い込みを捨てさせてくれる内容になっています。

仕事はそもそもお金のための物です。この本では、仕事よりも、おかねよりも大事なはずの「人生」について考察しています。お金と人生の関係を一度考え直してみましょう。

お金を語る本でもあるが、お金より著者の実践する「幸せな生活」方法。著者は、「ある程度お金も大事だけど、無くても生きていけます」という難しい事を自身で体験して、読者にわかりやすく教えてくれる。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2VWJE5BCGRR... |

本3:働くことがイヤな人のための本

この本は、働くことと生きることがどうしても切って離すことができないと思い込んでいる多くの人に疑問を抱かせる内容を含んでいます。世の中には働いていない人も実はいます。その人たちは不幸だと誰が決めたのでしょうか。

人にはそれぞれ色々な生き方があり、働かないことも自由に選択できます。「働きたくない」という気持ちを押し殺して無理をしてまで働き続けることに本当に意味はあるのでしょうか。

「働きたくない」と思っている人に向けて書かれている本で
これまで読んだもののなかで、この一冊が一番ピンと来ました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1K2ZC8VKZRE... |

働きたくない時は原因を考え対処しよう

「働きたくない」と感じてしまっているときは、その原因をまず突き止めましょう。原因が「働くこと」自体にある場合は働かなくても生きていける方法を、働きたくない原因が職場環境の場合は転職を考えましょう。

楽な気持ちで働ける場所もある

今よりも楽な気持ちで働ける場所もたくさんあります。働きたくない職場はすっぱりとやめて、あたらしい生活を始めましょう。前よりも生活がカラフルに見えてくるはずです。ストレスフルな生活と決別しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related