Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

朝起きれない人や子供におすすめの対策方法・理由|二度寝

朝起きれない人や子供におすすめの対策方法・理由|二度寝
朝起きれないと悩んでいませんか。昔は、気持ちの問題として片付けられてきましたが、最近では、きちんとした理由があると、認知されるようになってきました。まだ自分が朝起きれない原因や対策を知らずに悩んでいるのなら、本記事で紹介している方法を試してみてください。

初回公開日:2017年11月1日

更新日:2017年11月1日

記事に記載されている内容は2017年11月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


朝起きれない理由

朝起きれないのは、根性がないからだ、と一昔前ならば言われましたが、最近では、きちんとした原因があることが知られてきています。朝起きれない原因として、明らかにされているのは、次のような内容です。

・睡眠の質の低下
・体内時計が狂っている
・セロトニン不足

睡眠の質の低下は、生活習慣と深く関係があります。夜遅くに食事を取ったり、寝酒をしたりすると、睡眠が浅くなり、睡眠時間の割に睡眠が満たされないことになります。

「毎日同じ時刻に寝て同じ時刻に起きる」「朝日を浴びる」という習慣を身につければ、体内時計の機能を整えることができます。

セロトニンは、朝日を浴びたり、適度な運動をしたりすると分泌量が増えます。しかし、体質的にセロトニンを生成しにくい人もいます。

仕事が原因かも

仕事が大変で、ストレスを感じている場合、身体はアミノ酸不足になり、寝つき・寝起きとも、悪くなります。しかし、仕事がうまくいっていたり、波に乗っている場合も、朝起きれないことがあります。これは、なぜでしょう。

集中力を高めたり、身体能力を高めたりするときは、脳を興奮状態におきます。この状態は、睡眠に対し、マイナス作用をもたらすことがあります。脳が興奮状態にあるために、しっかりと深く眠ることができなくなり、結果として、眠りの質が低下してしまいます。

ストレスが溜まっていませんか?

自分で自覚しているストレスの他に、自分では気づかないストレスが溜まっている場合もあります。ストレスが溜まってしまうと、自分ではきちんと眠れているつもりでも、実際には睡眠の質が低下し、朝起きれないということになってしまいます。

自分でストレスを感じていないとしても、職場の雰囲気が悪かったり、どこかで居心地の悪さを感じていたりすると、自覚しない程度のストレスがかかり続けます。弱く長いストレスは、強いストレスよりも身体に影響を与えます。朝起きれない人は、自分ではストレスを感じていなくても、もう一度自分の生活にストレスがないか、振り返ってみましょう。

朝起きれない人におすすめの対策方法

「朝起きれない人は、まず朝日を浴びることを心がける」、これは、人間として最善の対策と言えます。雨戸を締め切った部屋や、遮光カーテンで朝日を遮られた部屋で寝ていると、どうしても朝起きれなくなります。体内時計もうまく機能しなくなってしまいます。

朝日を浴びることができない理由がある場合は、人工的な光でも効果があります。目覚まし時計などで一旦目覚めたら、すぐに電気をつけましょう。目覚めるためには、蛍光灯などの白色灯が効果的です。

睡眠の質を上げて、自然と目覚められるようにするためには、睡眠前にサプリを飲んだり、寝酒をやめる、寝る前にはスマホを使わない、身体をお風呂などで温めてから眠るなど、寝るときから工夫することも必要です。

朝起きれない時に二度寝をしてしまうの場合の対策

朝起きれない原因として、「二度寝」というものもあります。二度寝は、せっかく一度起きたのに、そのまま起床せず、もう一度眠りの世界に戻ってしまうものです。二度寝は、とても気持ちのいいものですが、どのようなときに二度寝をしてしまうのでしょう。

「眠すぎて起きれない」「身体が起きない」「寒くて布団から出れない」など、理由は様々です。それぞれの理由によって、対応策も異なってきます。

眠さに負けてしまう

朝起きれないときに、「目が開かない」「起きる気がない」という場合は、次のような方法を試してみてはいかがでしょうか。いずれも枕元に用意しておき、起床とともに使用します。

・目薬をさす

爽快感のある目薬を用意しておいて、起きてすぐに、目薬をさしましょう。もう一度、目を閉じても、目がスッキリしてしまうので、再び眠りに落ちていくことはないでしょう。

・水または白湯を飲む

起床後すぐに、1杯の水か白湯を飲みましょう。内臓が動き始めるので、身体の起きる準備ができてきます。再び寝入ってしまうことを防げます。

・アロマ効果

起きてすぐに香りをかぎます。アロマオイルなら、ローズマリーがおすすめです。ローズマリーの香りが好みでない場合は、自分が一番スッキリする香りを探して使ってみましょう。調味料に用いるスパイス類でも効果があります。

布団から出たくない

冬であれば、布団の暖かさが恋しくて、夏であっても布団の柔らかさから離れられずに、とにかく布団から抜けられないまま、二度寝に突入してしまう人は、とにかく身体を動かして、布団からでてしまうように工夫します。

目覚まし時計を、布団周辺に置かず、必ず数歩以上歩かなければ止められない場所に置く、という方法があります。目覚まし時計が鳴っていても、寝続けることができる人には効果がありませんが、「止めよう」という意志の強い人には効果的です。逃げ回る目覚まし時計も販売されているので、利用してみるのも良いでしょう。

冬に朝起きれない原因

冬の朝起きれない原因は、何と言っても寒いことです。布団の中は一晩体温で温められていますが、部屋の気温は一晩で冷えています。この、気温差が原因で、朝起きれない場合の対策は、とても単純です。部屋を温めれば良いのです。

エアコンはじめ、暖房器具のほとんどに、タイマー機能が搭載されています。寝る前に、翌朝起きなければいけない時間の30分〜1時間程度前に、暖房が開始されるようにセットしておきましょう。朝起きたときに、部屋が温まっていれば、布団が恋しいこともなく、布団から離れることができます。

朝起きれない子供の対策方法

朝起きれない子供の場合も、寝つきに問題がないか確認してあげる必要があります。小さな子供の中には、お昼寝時間がずれたために、夜寝る時間もずれてしまい、結局朝起きれないという連鎖になっている場合もあります。

寝る直前まで、ゲームをやっていたり、テレビをみていると、脳が覚醒しているので、なかなか眠りにつくことができません。

眠る前の1〜2時間は、できればテレビを見ずに、家族で1日の出来事を報告し合うなど、コミュニケーションの時間にあてたいものです。子供が昼間感じた、ストレスにつながるような出来事を、吐き出させてあげると、子供のストレス解消にもつながり、心地よい眠りに入れます。

就学前

朝起きれない就学前のお子さんは、お母さんやお父さんの声で起こしてあげましょう。また、寝床に朝日が届くように、カーテンを開けてあげます。寝床から起き上がれないようであれば、親が背中に手をかけて、上半身を起き上がらせてあげましょう。

お子さんが気に入っている子供番組の音声を流して、起床を促すのも効果があります。小動物に興味のあるお子さんであれば、小鳥のさえずりの音声を流すのも効果があります。

おしぼりで顔を拭いてあげるのも効果的です。おしぼりは、冷たくても温かくても目が覚めます。季節に合わせて、使い分けてあげましょう。

小学生

朝起きれない小学生も、まだ親が手をかけてあげる必要があります。「起きなさい」「時間ですよ」と声をかけてあげたり、カーテンを開けてあげたりしましょう。光を浴びても起きないようであれば、布団をはいでしまいましょう。

ここまでしても、朝起きれないのであれば、身体をゆすったりして刺激を与えることになりますが、就寝時間や行動についても、もう一度見直す必要があります。ここまでしても、朝起きれないということは、良質な睡眠が足りていないはずです。睡眠時間はもちろん、睡眠前の行動を見直してあげてください。

中学生以上

中学生くらいになれば、子供が朝起きれないときも、なるべく子供の自主性に任せるようにしましょう。それでも、学校に遅刻させるわけにはいかないので、親もある程度の手助けをする必要があります。

カーテンを強制的に開けてあげるなど、朝起きれないときに対応してあげるのも必要ですが、もっとも大切なのは、就寝前の行動チェックです。スマホ・パソコン・ゲーム・テレビなどを、就寝直前まで使っていないか、就寝前に興奮状態になる行動をしていないか確認し、良質の睡眠を取るためのアドバイスをしてあげましょう。

目覚ましが聞こえないので朝起きれない人の対策方法

目覚ましをたくさんセットしているのに、まったく気にせず寝入っており、朝起きれない、という人もいます。こういった人が、たくさんの目覚ましを使うと、隣人の方がうるさくて寝ていられないという、近所迷惑な状態になりかねません。また、目覚ましは聞こえており、止めているけど、その記憶がまったくない、という人もいます。

こういった人たちは、普通の目覚ましではなく、各症状に応じた、特殊な目覚まし時計を使ってみましょう。

Gearmax®走る!逃げる!絶対起きる!面白目覚まし!目覚まし時計)

無意識で目覚まし時計を止めてしまうため、朝起きれないという人は、逃げる目覚まし時計を使ってみましょう。この目覚まし時計は、アラームがを鳴るとき、不規則な回り方で走り逃げるので、捕まえないと目覚まし時計を止めることができません。

フライングアラームクロック (空飛ぶ目覚まし時計)

目覚ましを無意識で止めてしまうために、朝起きれないという人でも、無意識では止められない目覚まし時計には、空中を飛んでいってしまうというものもあります。

目覚まし時計本体が飛ぶわけではありませんが、ローターが時間になると飛び立ちます。飛んで行ったローターを、目覚まし時計本体に差し込まなければ、音が止まりません。朝から、ローターを追いかけることで、朝起きれないなどということがなくなり、すっかり目が覚めることでしょう。

YABAE Wake Up Light 光療法 自然音 アラーム ベッドサイドランプ

目覚まし時計の音が聞こえない、まったく気づかないので、朝起きれないという人には、目覚ましライトをおすすめします。人間の体内時計は、光をあびることでリセットされるので、朝日を浴びることで、目覚められるようにできています。

光+音の目覚ましライトで、セットした時間の30分前から徐々に明るくなっていきます。また、森・海・雨などの自然音をアラームとして使えます。自然に心地よく起きれて、睡眠も改善できるように設計された製品です。

朝起きれないときは原因の把握から

朝起きれないということには、必ず原因があるはずです。体質や持病が影響していることもありますが、就寝前から起床時までに原因がないか、確認してみましょう。たいていの場合は、就寝前の行動を改善することで、睡眠の質が改善されます。睡眠が改善されれば、気持ちよく起床できるようになり、朝起きれないという劣等感からも解放されます。

起床時に工夫することで、強制的に目を覚ますこともできます。朝のまどろみは気持ちがいいものですが、なんとか抜け出して、新たな1日をゆとりを持ってスタートしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related