Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

手取り18万の人の平均家賃・貯金・年収と生活|夫婦/新卒

手取り18万の人の平均家賃・貯金・年収と生活|夫婦/新卒
手取り18万で生活していくことは可能なのでしょうか?新卒で就職した場合の初任給は大体手取り18万程度であることが多いです。新卒であれば問題ありませんが、年齢を重ねても手取り18万の場合は生活していくことができるのかなどを解説していきます。

初回公開日:2017年10月31日

更新日:2017年10月31日

記事に記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


手取り18万の人の平均家賃は?

生活するためにはお金が必要であり、生活費の大部分となるのが家賃です。手取り18万は初任給としては平均的、あるいはやや低いぐらいですが、手取り18万の人の家賃の平均は3~5万程度であることが多いです。

生活をするためには家賃以外にもさまざまな出費がありますし、家賃をそれほど高く設定することはできません。手取り18万の人は生活コストを少しでも減らそうと考え、家賃を低く設定している人が多いです。

また家賃は立地によっても異なりますが地域によっても異なります。地方であれば家賃が安い場合も多く、手取り18万でも問題がない場合も多いですが、都市部などであれば家賃が高い家も多く、場合によってはワンルームでも7万円程度を支払っている場合もあります。

手取り18万で一人暮らしは可能か?

手取り18万は給料としては低いですが、実家で暮らすのであれば問題はありませんし、出費を抑えれば貯金に回すこともできます。しかし一人暮らしとなると話は別です。一人暮らしの場合は家賃に加えて食費や水道光熱費など、さまざまな生活費が必要になります。

手取り18万円では一人暮らしは難しいと考える人は多いです。結論から言えば、手取り18万であっても一人暮らしをすることは可能です。家賃を低く抑える、その他生活費を低く抑えれば生活していくことは充分に可能ですので、その内訳を確認していきましょう。

内訳

手取り18万の場合の生活費の内訳としては、家賃5万、水道ガス光熱費など1万、食費3万、通信費など1万程度です。生活に必ず必要なものを挙げただけでも10万円の出費で済みますので、残り8万円は自由に使うことができます。

交際費や雑費などを3万円に抑えれば毎月5万円ずつ貯金することもできますし、生活コストを考えれば手取り18万でも充分に一人暮らしをし、貯金をすることもできます。一人暮らしで気をつけたいポイントは家賃と食費です。

この二つが最もお金がかかりますので、これらをいかに安く済ませるかがポイントです。家賃はできるだけ低い家を選び、食費を節約するためにも外食は控え、できるだけ自炊することが大切です。

手取り18万の人の平均貯金は?

手取り18万であっても出費を見直せば充分に貯金をすることはできますが、平均的な貯金額は200~300万程度とそれほど高くはありません。手取り18万ではコツコツと貯めていれば年間で100万円を貯めることも不可能ではありません。

しっかりと生活コストを見直し、節約を心がけて貯金しようという気持ちを強く持つことが大切です。手取り18万の人の貯金額が少ない理由としては、単純に給料が低いこともありますが、それだけではなく、やはり出費が多いことが挙げられます。

家賃や食費、交際費などの出費が多いため、月々で貯金ができていない場合も多いです。人によってはもらった分を全て生活費として使ってしまうこともあり、貯金が全くないということもあります。

手取り18万だと年収はいくらになるのか?

手取り18万円の場合の年収としては、18×12で計算すれば216万です。216万円が手取りとしての年収になりますが、企業によってそこからさらにボーナスが追加されます。ボーナスの額も企業によって異なりますが、1.5倍程度の企業が多く、夏と冬で2回あれば250~300万程度の年収になります。

基本給が少ないのでボーナスもそれほど高額にはなりませんが、それでもボーナスの有無によって、下手をすれば100万円近く手取りの年収が異なる場合があります。同じ手取り18万の仕事でもボーナスによって年収は大きく変わりますので、就職時にはボーナスが出るかどうかを必ず確認しておきましょう。

手取り18万で結婚できるのか?

手取り18万では一人暮らしでもぎりぎりな場合もありますが、結婚し、二人で暮らすことも可能です。二人で暮らすとなればその分家賃も高くなりますので、7~10万程度となることが多いですが、そこから食費として4~5万、水道ガス光熱費などで1~2万程度としてもぎりぎり生活することはできます。

二人であっても節約すればさらに生活コストを抑えることができますし、上手にやりくりすれば貯金をすることもできます。また共働きであれば世帯としての収入も増えますので、無理なく生活することができます。

手取り18万で誰かを養うのは難しいですが、それでも不可能ではありませんので、節約を心がけて生活コストを抑えていくことが大切です。

手取り18万の人の平均的な生活は?

手取り18万でも一人暮らしはできますし、結婚して二人で暮らしていくこともできます。しかし給料が少ないので生活コストをできるだけ抑えなければなりませんし、こまめに節約をして、質素な暮らしをしなければなりません。

手取り18万円では生活に苦しむのではないかと考える人も多いですが、実際はそうではありません。手取り18万でも充分に生活することはできますし、極貧の生活を送るわけではありません。それでは手取り18万の人の平均的な生活はどんなものなのか、さまざまなシチュエーション別でみていきましょう。

夫婦

手取り18万の夫婦の場合はどちらかが家庭に入るのではなく、夫婦共働きをしていることが多いです。一人の収入でも工夫すれば生活することはできますが、それでは貯金にお金を回すことができません。

共働きをして世帯としての収入を増やすことで、貯金額を増やし、将来のために蓄えている夫婦は多いです。また共働きで収入が増えるからといって贅沢をすることはほとんどなく、とにかく貯金をするためにも、生活コストをできるだけ抑えて生活していることが多いです。

新卒

手取り18万円の新卒の場合は、給料日などは景気よく遊んでいますが、給料日前になると遊ぶお金がなくなり、苦しんでしまうことも多いです。また自炊をしている人はほとんどおらず外食やコンビニの弁当や総菜など割高なもので食事を済ませることが多く、食費が多くかかってしまうことも多いです。

出費のほとんどは交際費と食費であり、月々の貯金が全くできていない人もいます。また人によっては会社の財形貯蓄の制度を利用して貯金をしている人もいます。毎月しっかりと貯金ができている人は少ないですが、それでも生活ができなくなるということはほとんどありません。

家族3人

手取り18万円で家族が3人の場合は夫婦共働きであることが多いです。子供が成長するにつれて学費などが必要になりますし、少しでも貯金をするために共働きで生活コストも切り詰めていることが多いです。

また学費の高い私立ではなく、国立や公立に行かせるために勉強に力を入れる家庭も多く、高校生であれば子供もバイトをして、生活費の足しにする、あるいは自身のお小遣いはバイトでまかなうということも多いです。手取り18万円では家族3人で暮らすことは難しいですが、それでも共働きをするなどさまざまな工夫をして、生活している人が多いです。

手取り18万だと額面でいくらになるのか?

手取り18万円というのは、1ヶ月の給料が18万円という意味ではなく、税金や保険料などさまざまなものが引かれて、手元に残ったお金が18万ということです。手取り18万の場合は額面の給料は21~22万程度です。

額面の給料が上がるほど引かれる税金や保険料なども多くなりますが、手取り18万の場合は2~3万程度引かれることになります。

お金がなくても幸せになれる

手取り18万の人の平均家賃・貯金・年収や手取り18万で結婚・生活できるのか、手取り18万だと額面でいくらになるのかなどを紹介しましたが、手取り18万あれば充分に生活することはできます。

生活コストを切り詰めたり、節約をするなどさまざまな工夫は必要ですが、それでも不幸になるわけではありません。お金がなくても幸せに生活することはできますので、給料が低くても生活の中でさまざまな工夫を凝らし、素晴らしい生活を送りましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related