Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

これがブラック企業だ!ブラック企業の特徴まとめ

これがブラック企業だ!ブラック企業の特徴まとめ
ブラック企業の定義というのはパワハラ、セクハラ、残業代未払い、勤務時間の異常な長さ、過労死などが起きている会社の事を差します。ブラック企業の定義を満たしている企業で働く事になったら転職も考え、できない事はできないと意思表示することでも労働環境が違ってきます

初回公開日:2017年10月27日

更新日:2018年11月9日

記事に記載されている内容は2017年10月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


一般的にいうブラック企業の定義について

高度経済成長の時代には、ブラック企業というものは存在していませんでした。悪徳企業は高度経済成長の時代にもありましたが、今のような社会問題になる程の企業は、ごく少数でした。

ブラック企業がよくニュースで取り上げられますが、会社の規模に関わらず、残業代の未払い、規定時間を超えた長時間労働など、通常の労働基準法では収まらない範囲で雇う場合が、ブラック企業なのか、そうでないのかの定義になります。

一般的には労働基準法を守らない企業をブラック企業と呼ぶことが多いです。働いている人がパワハラや、セクハラで雇い主から嫌がらせを受けている場合も、ブラック企業の定義を満たしている状態になります。

大手の運送会社や放送局などで、過労死が起きたニュースなどが報道されています。過労死までいかなくても、今現在働いている人にはブラック企業というキーワードは、働く際について回ることになります。

なぜブラック企業が多くなったかというと、20年前からデフレ経済が始まり、15年前の派遣業務の一般的に認める法案、請負、規制緩和などが急速に進み、企業自体も従業員を満足させる勤務をさせることができなくなったこともあります。

そういった時代背景もあり、テクノロジーの進化と相まって働く人の人数が足りなくなり、さまざまなサービスに対応できなく、ブラック企業と定義される企業が増えてきた背景があります。

ブラック企業が生まれた時代背景

高度経済成長の時代には、少なくても悪徳企業はありましたが、悪徳企業は従業員ではなく顧客や取引先にとって悪い存在になっており、現在のように企業で働く人の勤務状態を悪くする企業ではありませんでした。少なくともも昔の日本には、今より助け合う精神があり、雇っている企業が従業員に悪い条件になるような、ブラック企業はありませんでした。

現在、15年前の規制緩和、派遣業務の法案がとおり、請負が増えて20年前からはデフレ経済が始まりました。企業が厳しい状態で会社を維持していかなくてはならなくなり、従業員にプラスになる定義の勤務条件などを示せなくなり、逆にマイナスになる条件ばかりを、受け入れさせられることが多くなりました。

それが問題になると、ブラック企業としてニュースとなるのです。つまり、働いている人にはプラスにならない条件を飲まなくてはならない場合、その企業をブラック企業なのだと、社会が定義してきました

ブラック企業の定義が曖昧なのはなぜ

ブラック企業と定義するための基準を定めた法律がないためです。ブラック企業と決める定義は、働いている人に不利になる条件を、雇い主から受け入れなくてはならない場合、ブラック企業だと定義できる条件になります。

ブラック企業と定義する法律がないため、ブラック企業と決めるのは社会や働く人達です。パワハラ、セクハラ、長時間労働、残業代の未払い、など大きく分けると4つの条件の内一つでも満たせば、ブラック企業と決める定義を満たしている事になります。

一般的なブラック企業の主な特徴

会社の利益ばかりを優先して、働いている社員への見返りがない企業がブラック企業の定義を満たしています。社会問題になる程の従業員への不利なできごとがあったりした場合も同じです。利益を追求している背景には現在のデフレ経済や非正規雇用での就労なども関わってきます。

派遣社員や契約社員、アルバイトの人を多く満足な条件で雇い入れず、企業の3割くらいが正社員で残りの7割が非正規雇用の場合はブラック企業と定義される企業が多いです。非正規雇用の社員と正社員の人の仕事の内容は変わらず、まったく違う給料で働かせる場合も、ブラック企業の定義を満たしています。

最近は非正規雇用の人が、企業を相手に訴訟を起こす場合があります。訴訟理由としては、正社員と変わらない仕事内容にも関わらず、正社員の人のように年末手当がつかなかったり、正社員より安い給料で働いた場合です。

一度、働いていた会社相手に訴訟を起こすと、その会社では働けなくなります。条件が悪い場合は、まず職場の上司などに報告をして、改善の努力をしてもらいましょう。

残業時間について

労働基準法の8時間という時間の中で働くのは難しくなってきています。仕事の内容や業務の内容が8時間を越える場合が多く、労働基準法の1日8時間という基準は、ブラック企業とみなされている会社には、初めから労働基準法を守る気はないです。企業の利益を優先に考えます。

残業が必要な仕事の場合、残業代も支払わない場合が多く、そのことが大きな社会問題になっています。最近のニュースでは残業代を支払わせるための専門の弁護士も登場して、労働者の労働環境を良くしようとしている程です。

テクノロジーが大きく進化を遂げても、そのテクノロジーに人の心がついていかなければ、テクノロジーの進化を素直に喜べる状態ではなくなってきています。テクノロジーが進化すれば、人間が必要にならなくなる仕事も増えます。その反面、人間が異常に必要になる労働環境が生まれることもあり、ブラック企業と称される企業が増えていく事になります。

離職率

ブラック企業で働く人は他の仕事がなく、選択肢のない人が仕方なくブラック企業で働いている場合が多く、離職率は逆に低いです。企業は従業員のことを理解しながら、厳しい条件を示してきます。ブラック企業といわれる企業での離職率は少ないと言った方が正しいでしょう。

特に残業代が未払いで働いている場合などは、企業は従業員の弱みにつけこみ、ぎりぎり合法の就労を従業員にさせています。とはいえ最近の人手不足の影響もあり、転職は以前と比べるとかなりハードルが下がってきています。他の会社では働けないと思っているような人も、一度相談してみることをおすすめします。

ブラック企業のパワハラ

正社員の人、もしくは上司が、非正規雇用の人に無理難題の仕事をさせたり、暴言を言ったり、非正規雇用の人の仕事を奪い、離職させようとする場合がパワハラとなります。

パワハラは、時には暴力に発展する場合もあり、ブラック企業と定義される企業でパワハラを受けた場合は、労働基準監督署などに通報して事の解決を試みましょう。

ブラック企業のセクハラの定義

今やセクハラも、女性のみにされる嫌がらせではなくなりました。男性にも言動や行動でセクハラとなることされることもあり、ハラスメントの種類も増えています。お酒や体臭などもハラスメントの対象となります。

セクハラを女性が受けている場合は、警察への届け出や、度合によっては訴訟を起こすことも考えなければなりません。ブラック企業と定義されている企業は、社員の教育ができておらず、女性や弱い立場の人に辛く接するとこもあります。

もしセクハラや、パワハラを受けている場合は、勇気を持って意思を相手に伝えましょう

厚生省が決めているブラック企業の主な定義

ブラック企業と定義される企業の条件は、残業代の未払い、勤務時間を労働基準法に定められた条件で雇わないと、大きく二つに分けられます。労働基準法は決まっていても、時代背景に合わせた内容ではありません。労働条件も時代が変わると変えなくてはならない、ということもあります。

ブラック企業では従業員に不利な条件で雇い入れることが多く、厚生省も労働基準法を基にブラック企業という定義を決めています。しかし、ブラック企業をなくすことにはまだまだ貢献できていない状態です。

正社員でもブラック企業で働く事もある

非正規雇用で働く人ばかりが、ブラック企業で辛い思いをしている訳ではありません。ブラック企業では、非正規雇用で働く人も、正社員も厳しい条件で仕事をしています。

正社員で働く場合も、残業代未払い、長時間労働、パワハラなどを受ける場合があり、時には正社員という立場なので、非正規社員より過酷な労働条件の場合もあり、過労死に至る場合もあります。

もしブラック企業で働く事になったら

ブラック企業と気づくまで時間がかかります。実際働いてみて、ブラック企業と気づく事が多いです。もしブラック企業と分かったら早めに転職活動をしましょう。

自ら意思表示をしてよい労働環境で働こう!

非正規社員が増えてブラック企業と定義される企業も増えました。アニメーションの製作会社や芸能プロダクションなども、ブラック企業の場合があります。

戦後、繁栄した企業はさまざまな事業に展開している場合が多く、フランチャイズや小会社などに会社が分かれると、フランチャイズや小会社への厳しいノルマなどが従業員に科せられ、ブラック企業と称されてしまう場合があります。

もしブラック企業で働く事になったら、無理をせず上司に相談しましょう。また、残業代の未払いがあった場合は、信頼のおける弁護士や労働基準監督署などに連絡をして労働環境の改善につとめます

もしそれでも改善の見込みがなければ転職すべきです。快適な職場で仕事ができるように、できることはしていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related